ABCアニメーション

株式会社ABCアニメーション(エービーシーアニメーション、ABC Animation, Inc.)は、在阪広域ラテ兼営局朝日放送傘下のアニメーション制作業務を手がける企業である。

株式会社ABCアニメーション
ABC Animation, Inc.
Asahi Broadcasting Corporation Logo.svg
Asahi Shimbun Tokyo head office.JPG
本社が入居する朝日新聞東京本社新館
種類 株式会社
市場情報 未上場
略称 ABC-A
本社所在地 日本の旗 日本
104-0045
東京都中央区築地5丁目3番2号 朝日新聞新館10F(朝日放送東京支社内)
設立 2016年平成28年)4月5日
業種 情報・通信業
法人番号 5010001174903
事業内容 アニメコンテンツの企画制作、およびそれに派生するビデオグラム販売、海外販売、物販、イベントなど
代表者 代表取締役社長 西出将之
資本金 2億円(資本準備金を含む)
決算期 3月31日
主要株主 株式会社ABCフロンティアホールディングス 100%(朝日放送の連結子会社)
外部リンク http://abc-anime.co.jp/
テンプレートを表示

目次

概要編集

朝日放送(ABCテレビ)は、日本のテレビアニメ草創期から現在に至るまでアニメを制作(もしくは製作委員会に参加)し続けており、アニメに積極的に関わっている放送局の1つである。

こうした中で、コンテンツビジネスの環境変化が発生しており、テレビの視聴環境・形態のみならず、動画配信ビジネスやコンテンツの海外輸出、インバウンドビジネスなど、変革に対応する必要があった。放送会社自体も放送事業及びそれに伴う広告収入に頼らない、経営の多角化を進めている[1]

朝日放送はこうした変革に柔軟に対応するため、コンテンツビジネス事業の再編を打ち出し、海外事業やライセンス・物販事業と共にアニメーション事業を分社し、独立した事業会社として発足させたのがABCアニメーションである[1][2]

ABCアニメーションは今後ABCが放送するアニメ番組やアニメ映画などの企画・製作・二次利用を行うほか、劇場や配信を中心としたOVAの開発、海外市場との提携による共同製作なども行う方針である。

コーポレートカラーはピンクで、コーポレートロゴは現行のABC4代目ロゴ(長方形に白抜き)の地の色をサンライズオレンジからピンクに変更し、「ABC」の直下または右(斜めラインの直下)に同書体で「animation」と記載している(下記載の場合は長方形の枠外にコーポレートカラーで記載するロゴもある)。また、著作権表記では「ABC-A」の略表記が用いられている。

沿革編集

  • 2016年(平成28年)
    • 4月5日 - 株式会社ABCアニメーションを資本金1,000万円で東京都中央区(朝日新聞東京本社新館内、朝日放送東京支社と同所)に設立。代表取締役社長に朝日放送常務取締役(総合ビジネス、海外ビジネス、リバーデッキ活性化担当)の沖中進が就任[2]
    • 7月1日 - 朝日放送が引き受ける形で増資を行い、資本金を2億円にすると共に、朝日放送から分割されたアニメーション事業を承継し業務開始。あわせて中間持株会社の株式会社ABCフロンティアホールディングスの子会社となる。代表取締役社長に朝日放送東京支社コンテンツ事業部マネージャーで、アニメ作品のプロデュースを手がけてきた西出将之が就任[3]

主な制作作品編集

2016年7月の業務開始以降に制作を手がけた作品を記載。

現時点でテレビ朝日系列全国ネットである「プリキュアシリーズ」以外のテレビアニメはすべて製作委員会参加にしてローカルセールス放送による深夜アニメである。

テレビアニメ編集

2010年代後半編集

劇場アニメ編集

2010年代後半(劇場アニメ)編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 当初は朝日放送が製作委員会に参加していたが、後にABCアニメーションに移管されており、エンドクレジットやニュース記事[5]などでのクレジット表記も変更されている。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集