ライチョウ(雷鳥、Lagopus muta)は、キジ目キジ科ライチョウ属に分類される鳥類。

ライチョウ
ライチョウ(手前:オス、奥:メス)
ライチョウ(手前:オス、奥:メス)
Lagopus muta muta
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キジ目 Galliformes
: キジ科 Phasianidae
: ライチョウ属 Lagopus
: ライチョウ L. muta
学名
Lagopus muta (Montin, 1781)[2][3][4]
シノニム

Lagopus mutus[5]
Tetrao mutus Montin, 1781

和名
ライチョウ[3][6]
英名
Ptarmigan
Rock ptarmigan
[1]

分布域

季節が変わってもすみかを移動せず丸一年を同じ地域で過ごす留鳥であり、気温が激しく低下する冬場においても、それ以外の季節と同様、高山で暮らす[要出典]

英語圏では、冬に白い羽となるライチョウ属の種をPtarmigan、羽の色を変化させない種はGrouseと呼び区別される[7][要検証 ]

目次

分布編集

ライチョウ科の鳥は世界に6 属17種が生息し(但し分類には諸説ある)、ライチョウの仲間では最も寒冷な気候に適応した種である。ユーラシア大陸北アメリカ北極海沿岸、ヨーロッパアジアの一部の高山帯に広く分布する[5]ピレネー山脈アルプス山脈日本には隔離分布している[8]。Johsgardによる1983年の報告で、フィンランドで約8,000羽、イギリスで2,000-20,000羽が生息していると推定されている[9]

形態編集

 
ハイマツ帯に生息するライチョウの母と子

孵化直後のヒナは背丈およそ6cmほどで、足は体と比較して大きい。成鳥の体重は400-600g程度(ヨーロッパのものがオス375-610 g、メス347-475g[8])。全長は約37cm、翼開長は約59cm[10]

夏は褐色・冬は純白と季節によって羽毛の色が変化するのが特徴である。冬は羽毛の中に空気をたっぷり蓄えて体温を逃さないようにしている。羽毛は軸が2つに分かれその軸に突いた細かい羽毛の密度が高いため、空気をたくさん含むことができる。

春は黒い羽毛が混じりはじめる。オス個体では目の上には赤色の肉冠がある。これはオスの特徴で興奮しているサインである。メスは背中が茶色になる。

分類編集

北極を中心とした周極地方の以下の亜種に分類されていて[11][12][13]、スカンジナビア半島からコラ半島までのヨーロッパ大陸とスコットランドに分布する秋に翼が秋に灰色になるグループと、これ以外のグループ(北シベリア、アラスカ、北部ユーコン地域アリューシャン列島に分布する)に分類される[8]。日本の固有亜種 の亜種ライチョウは、後者である。

以下の分類はIOC World Bird List(v 7.3)、分布はIOC World Bird List(v 7.3)および黒田・橋崎(1987)に従う[2][6]

Lagopus muta muta (Montin, 1781)
スカンジナビア半島北部、ロシア北西部(コラ半島)
Lagopus muta atkhensis Turner, 1882
アダック島アトカ島
L. m. chamberlainiL. m. sanfordiはシノニムとする。
Lagopus muta dixoni Grinnell, 1909
アラスカ南東部のグレイシャー湾
Lagopus muta evermanni Elliot, 1896
アッツ島
Lagopus muta helvetica (Thienemann, 1829)
アルプス山脈
Lagopus muta gerasimovi Red'kin, 2005
ロシア(Karaginsky島)
Lagopus muta hyperborea Sundevall, 1845
ノルウェースバールバル諸島とロシアのフランツ・ヨーゼフ諸島の最北に分布する最大亜種[4][14]
Lagopus muta islandorum (Faber, 1822)
アイスランド
Lagopus muta japonica Clark, 1907 ライチョウ[3]
日本(本州中部)固有亜種[15]。飛騨山脈・赤石山脈・火打山・焼山・乗鞍岳・御嶽山で繁殖する[15]。以前は木曽山脈・白山・八ヶ岳などにも分布していた[15]
Lagopus muta kurilensis Kuroda, 1924
千島列島
Lagopus muta millaisi Hartert, 1923
スコットランド
Lagopus muta nadezdae Serebrovski, 1926
シベリア南部、モンゴル国北部
Lagopus muta nelsoni Stejneger, 1884
アラスカ南部、アリューシャン列島(Unimak島・Unalaska島)
Lagopus muta pleskei Serebrovski, 1926
シベリア北部
Lagopus muta pyrenaica Hartert, 1921
ピレネー山脈
Lagopus muta reinhardi (Brehm, 1824)
グリーンランド南部
Lagopus muta ridgwayi Stejneger, 1884
コマンドルスキー諸島
Lagopus muta rupestris (Gmelin, 1789)
北アメリカ
Lagopus muta saturata Salomonsen, 1950
グリーンランド北西部
Lagopus muta townsendi Elliot, 1896
アムチトカ島キスカ島、小シットキン島
L. m. gabrielsoniはシノニムとする。
Lagopus muta welchi Brewster, 1885
ニューファンドランド島
Lagopus muta yunaskensis Gabrielson & Lincoln, 1951
アメリカ合衆国(ユナスカ島)

亜種ライチョウ編集

日本には亜種ライチョウが本州中部地方の高山帯(頸城山塊飛騨山脈御嶽山赤石山脈)のみに生息する。日本の生息地が、ライチョウの南限である。日本国内の、現在の分布北限は新潟県頸城山塊の火打山焼山、分布南限は赤石山脈(南アルプス)のイザルガ岳である[16]。なお、北海道にはエゾライチョウ属Tetrastesエゾライチョウが生息する。北海道にLagopus属 が生息しない理由は分かっていない。

現在の亜種ライチョウの生息地
19世紀中頃の亜種ライチョウの生息地

日本の過去の生息地編集

江戸時代以前の文献では蓼科山八ヶ岳白山[17]にライチョウが生息していたと記録されているが、現在は生息していない[16]岐阜石川県境に位置する白山は大正初期を最後に確認が途絶え、絶滅したとされた。しかし70年後の2009年6月2日に石川県白山自然保護センターが雌1羽を確認し[18]、3年間生存が確認されている[19]。このライチョウは石川県立大学によるDNAの解析などで飛騨山脈方面から飛来したものと推定されている[20]中央アルプス1960年代まで生息が確認されていたが、駒ヶ岳ロープウェイの開通後数年で絶滅したとみられている[16]

本来ライチョウの繁殖活動が確認されていない八ヶ岳東天狗岳飯縄山戸隠連峰高妻山で、1960年代以降数回にわたり登山者により写真撮影されたり、糞が確認されたことがある。これは、本来の生息地である高山帯の生息環境が悪化した事によって、新しい生息場所を求めて飛来した個体と考えられる[21]


日本に生息する種の起源編集

ライチョウが日本にやってきたのはおよそ2万年前の氷河期で、カラフト、カムチャッカを経由し本州中央部の高山帯に定住したが、氷河期が終わり温暖になったことで大半のライチョウは寒い北へ戻ったがごく一部が日本の高山に残った[11]。現在は北極周辺が主な生息地域である。日本のライチョウは一番南の端ということになる。ミトコンドリアDNAの解析結果では、北アルプスに2系統、南アルプスに2系統が生息している[22]。また、年平均気温は現在より2-4℃高かった 6000年前から9000年前のヒプシサーマル期の前半に著しく個体数を減少させた事が遺伝的多様性に欠けた個体群を形成させた[23]。南部の生息地ほど遺伝的多様性に欠けている。同属の Lagopus属の分布で物理的な距離が最も近いのはカラフトであり、日本に生息する種は物理的にも隔絶されている。

日本の生息数編集

2005年の調査によれば新潟県頸城山塊の火打山と新潟焼山に約25羽、北アルプス朝日岳から穂高岳にかけて約2000羽、乗鞍岳に約100羽、御嶽山に約100羽、南アルプス甲斐駒ヶ岳から光岳にかけて約700羽生息しているとみられる。日本国内では合わせて約3000羽程度が生息していると推測されている[10][16]2007年には南アルプス北岳で絶滅したとの報告があったが2008年には生息が再確認されている。

天敵の猛禽類や動物に捕食される以外に、山小屋などから排出されるゴミに混じる病原体やヒトが持ち込むサルモネラ菌ニワトリなどの感染症であるニューカッスル病ロイコチトゾーン感染により国内のライチョウが減少することが懸念されている。また、登山者の増加に伴い登山道周辺のハイマツ帯が踏み荒らされ劣勢となり次第に減少しており、それに伴いライチョウの生息数も減少している。卵及び幼鳥やメスはオコジョテンキツネなどの天敵に捕食されやすいと考えられ、オスの比率が高い地域は絶滅の前兆とされている[21]

登山者の残した残飯を求め飛来するハシブトガラス[24]や温暖化に伴い、ニホンジカキツネニホンザルの生息域が高山帯に拡大することでシカ、ニホンザルとの餌の競合や、ハシブトガラス、キツネに捕食されることにより生息数は減少している[25][26]。更に、以前からニホンザルに幼鳥が捕食されているとの情報がもたらされていたが、2015年には研究者が捕食している姿の写真撮影に成功した[27]

生態編集

高山やツンドラに生息する[6]。日本では岩場・ハイマツの茂みなどを隠れ家とし、ハイマツは営巣場所・食物としても利用される(ハイマツはアジア極東部にのみ分布するため、日本のように本種と同所的に分布する地域は限られる)[28]

 
ライチョウの卵
 
若芽をついばむライチョウ(雄)

夏期は標高2,000-3,000mのハイマツ帯に分布し、繁殖期にはつがい毎に直径300-400m程度の縄張りを形成する。

春にはハイマツやお花畑の周辺に集まり採食する。鳴き声はカエルに似ている。ハイマツ周辺ではオス同士の縄張り争いが行われ、5-6月のハイマツの縄張り形成期には、縄張りに侵入してくるオスと激しい空中戦を行うことがある。孵化後はオスの縄張り活動はなくなり、単独またはオスだけの群れを形成する。

産卵は5月下旬-7月上旬に行われる。産卵用の巣は30cmから40cm程度の比較的背の低いハイマツシャクナゲ類の陰に作られることが多い。メスは淡黄灰色の暗褐色の大小の斑点がある25g程度の卵を5個から10個程度産み、抱卵を行う。抱卵の時期にはメスは通常より10倍ほど大きな糞をする[29]。孵化日数は3週間程度である。孵化した雛は1か月で100gを越える大きさに成長する。幼鳥は4か月程度メスに保護され、10月には親鳥と同じ程度まで成長し親離れする。このころ白色の冬羽へと変化も始まる。

冬のライチョウはめったに飛ばない。ゆっくり歩いて雪の中で体力を温存する。夜、休む時には雪を掘り首だけ出して休む。また、脚に羽毛を持つのは他のキジ類にない特徴である。

一般的に登山者の間では「ガスの出ているような天候の時に見ることが多い」と言われている。もともと寒冷な地域を生活圏とする鳥であるため夏場の快晴時には暑さのためにハイマツ群落内、岩の隙間、雪洞の中などに退避しているという可能性、天敵から身を隠しているという2つの可能性からこのようなことが言われていると考えられる。寒さが得意なライチョウは逆に夏の暑さが苦手で気温が26℃以上になると呼吸が激しくなり、体調を崩したという報告もある。

日本ではライチョウの分布とハイマツの分布には正の相関関係があるが、世界の別な地域に生息するライチョウ科にはこのような特徴はみられない。厳冬期は餌を確保するために森林限界付近まで降下し、ダケカンバの冬芽やオオシラビソの葉を餌としている姿が観察されている。

ヨーロッパと日本の亜種は定住性であるが、北方の亜種は広範囲の移動を行う[8]。飛ぶことはあまり得意ではないといわれており、基本的には地上を徘徊する。飛翔能力については、十分に解明されていないが、前述のように本来の生息域外の山塊で発見されていることから、低山帯を中継しながら15-30km程度の距離を飛ぶ能力は有していると考えられる。

       
ライチョウの親子と
高山植物荒川岳にて
砂浴びするライチョウの
幼鳥、間ノ岳南稜コルにて
ライチョウ
冬毛に変わる途中
ライチョウ(雄・晩秋)
上河内岳にて

人間との関係編集

ヨーロッパのいくつかの国、中国、日本でレッドリストの指定を受けていて、その他の地域では狩猟対象となっているところがある[5]スウェーデンでは、1978-1980年に年間11,700羽ほどのライチョウが捕獲されている[9]アイスランドでは、狩猟による生息数への影響調査が行われている[5]

日本編集

岐阜県富山県長野県の県鳥に指定されている[28][10]

イヌワシなど猛禽類天敵を避けるため朝夕のほかにの鳴るような空模様で活発に活動することが名前の由来と言われているが[30]、実際のところははっきりしていない。古くは「らいの鳥」と呼ばれており江戸時代より難、雷難よけの信仰があったが[31]、「らい」がはじめから「雷」を指していたかは不明である[7][32]。ヨーロッパや北アメリカでライチョウ類は重要な狩猟対象の鳥として古くから利用されていて、信仰の対象として崇められていた日本とは対照的である[32]。狩猟文化があるイギリス人のウォルター・ウェストンが日本に長期滞在した際の1894年(明治27年)8月8日に常念岳周辺でライチョウの狩猟を行っていた[9]

文献上での最初の登場は1200年正治2年)にまとめられた歌集「夫木和歌抄」[26]での、後白河法皇が詠んだ「しら山の松の木陰にかくろひてやすらにすめるらいの鳥かな」と従二位藤原家隆が詠んだ「あわれなり越の白根にすむ鳥も松をたのみて夜をあかすらむ」で、当時の白山登山者から伝わった話が京の、後白河法皇に伝わり、「らいの鳥」の名で詠んだとされている[33]。江戸時代初期に中国のから渡来した高泉性敦が『鶆(らい)』を著した名称も用いらるようになった[33]1711年正徳元年)に加賀藩がライチョウを見た白山と立山の登拝者から調査した調査では、「らいの鳥」が用いられ、1720年享保5年)の調査では「らいの鳥」と「雷鳥」の両方が用いられていた[33]。江戸時代には立山、白山、御嶽山にライチョウが生息していることが、登拝者により広く知られていて、江戸時代後期に牧野貞幹が『野鳥写生図』でライチョウのオスとメスを写生し「鶆鳥」と表記し、毛利梅園が『毛利禽譜』で白山のライチョウのオスと雛を写生し「雷鳥」と表記している[31]1779年安永8年)に葛山源吾兵衛の「木の下陰」などにあるように長野県の諏訪や上伊那では『岩鳥』と呼ばれていて、1834年天保5年)の「信濃奇勝録」の乗鞍岳のものには『がんてう』の振り仮名が付けられていた[7]1813年文化10年)の小原文英による「白山紀行」の写生図では「雷鳥」と「鶆鳥」の両方を記している[7]。地方名では富山県で『閑古鳥』、木曽の御嶽山で『御鳥』などの記録がある[7]

日本のライチョウに学名Lagopus muta japonicaが付けられたのは、1907年明治40年)である[7]1916-18年(大正5-7年)の百科事典「広文庫」で『雷鳥に鶆に作るは誤、本邦の神鳥にして支那になし』と記載され、『雷鳥(ライチョウ)』の名称が一般的となった[7]。現在は和名で『ライチョウ』と表記され、識別のために日本の亜種が『ニホンライチョウ』と表記される場合がある[11][34]

 
ライチョウ(冬毛・雌)
南アルプス小河内岳にて

日本のライチョウは江戸時代までは信仰の対象として保護されていたが、明治時代に一時乱獲され、以後の以下年表の法律で保護され現在に至っている[35]

地球温暖化、低地からのアカギツネ・テン・ハシブトガラス・チョウゲンボウなどの捕食者の侵入および増加、低地からのイノシシ・ニホンジカ・ニホンザルなどの侵入および植生の破壊などにより生息数は減少している[15][28]1980年代に行われた縄張りの垂直分布調査から、「年平均気温が3℃上昇した場合、日本のライチョウは絶滅する可能性が高い」ことが指摘されている[28]。木曽駒ヶ岳ではロープウェイの設置による登山客の増加に伴い残飯を求めて捕食者のテン・キツネ・ハシブトガラスなどが侵入したため、1965年頃までは確認されていたものの絶滅した[28]1960年白馬岳で捕獲した個体(オス1羽、メス2羽、ヒナ4羽の計7羽)を富士山へ、1966年に9羽が確認され繁殖にも成功したが1970年以降の目撃情報はなく定着しなかった[28][46]。梅雨時の悪天候や捕食者による雛の死亡率が高いため、孵化直後の雛を母親と一緒にケージで保護し、飛翔できるようになったら放鳥するという試みが進められている[15]1955年に国の特別天然記念物に指定されている[28][47]。国内希少野生動植物種(種の保存法1993年)の対象である。また以下の都道府県により、レッドリストの指定を受けている[48]。日本での1961 - 1985年の繁殖期の縄張りから推定した生息数は2,953羽とされる[28]。2000年代に同様の調査から推定した生息数は約1,700羽とされる[15]。富山県の立山の生息地で立山黒部アルペンルートの開発前後で生息数が約250羽から約150羽(1983年)に減少したと調査報告されている[49]。 日本のライチョウがトキコウノトリのように絶滅することが危惧されていて、以下年表の飼育研究活動が行われている[50]

  • 1963年(昭和38年) - 生態研究のため、長野県大町市の大町山岳博物館が飼育研究を開始した。
  • 1966年(昭和41年) - 富山県も飼育研究を開始した。
  • 1967年(昭和42年)7月 - 南アルプス北岳から山梨県金峰山に5羽が移植されたが、定着しなかった。定着しなかった理由として、隠れ家や営巣場所となるハイマツ帯の面積が小さかったことや、山体の形成年代が新しく餌となる高山植物が十分に無かったため、とされている。
  • 1969年(昭和44年) - 山梨県も飼育研究を開始した。しかし各県の飼育は、寄生虫や家禽類起源の感染症、サルモネラ菌、トリアデノウイルス、緑膿菌[51]などにより死滅する例が多く、安定した増殖には繋がっていない。
  • 2004年(平成16年) - 大町山岳博物館で飼育鳥の全てが死滅し、現在は飼育されていない。
  • 2008年(平成20年)12月5日 - ノルウェースバールバル諸島産の大型亜種スバールバルライチョウが、上野動物園で公開されており、そこで生まれた個体が長野市茶臼山動物園富山市ファミリーパーク[14]でも公開されている。

日本国指定の特別天然記念物であり[39]、国内希少野生動植物種(種の保存法1993年)の対象である。また以下の都道府県により、レッドリストの指定を受けている[52]。富山県の立山の生息地で立山黒部アルペンルートの開発前後で生息数が約250羽から約150羽(1983年)に減少したと調査報告されている[53]

絶滅危惧IB類 (EN)環境省レッドリスト[15]
  • 絶滅 - 石川県[18]
  • 絶滅危惧IA類 - 山梨県
  • 絶滅危惧I類 - 新潟県[54]、富山県、岐阜県[55]
  • 絶滅危惧II類 - 長野県、静岡県

国際ライチョウシンポジウム編集

ライチョウ属などの研究に関する国際的なシンポジウムがほぼ3年ごとに開催されている。2012年7月20日-24日に長野県松本市で「第12回国際ライチョウシンポジウム」が開催された[4]

開催地編集

地方公共団体の鳥に指定している自治体編集

以下の自治体の鳥に指定されている。

都道府県編集

市町村編集

日本国外編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b BirdLife International. 2016. Lagopus muta. (errata version published in 2017) The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T22679464A113623562. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2016-3.RLTS.T22679464A89358137.en. Downloaded on 28 September 2017.
  2. ^ a b Pheasants, partridges & francolins, Gill F & D Donsker (Eds). 2017. IOC World Bird List (v 7.3). http://dx.doi.org/10.14344/IOC.ML.7.3 (Retrieved 28 September 2017)
  3. ^ a b c 日本鳥学会「ライチョウ」『日本鳥類目録 改訂第7版』日本鳥学会(目録編集委員会)編、日本鳥学会、2012年、1-2頁
  4. ^ a b c 12TH INTERNATIONAL GROUSE SYMPOSIUM(第12回国際ライチョウシンポジウム) (PDF)” (英語). The Conference Committee of the IGS2012. 2012年7月28日閲覧。
  5. ^ a b c d Lagopus mutus Montin, 1776” (英語). GSG. 2012年7月28日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ a b c 黒田長久・橋崎文隆 「ライチョウ亜科の分類」『世界の動物 分類と飼育10-I (キジ目)』黒田長久・森岡弘之監修、東京動物園協会、1987年、45-55頁。
  7. ^ a b c d e f g ライチョウ・生活と飼育への挑戦 (1992)、159頁
  8. ^ a b c ライチョウ・生活と飼育への挑戦 (1992)、184-185頁
  9. ^ a b c ライチョウ・生活と飼育への挑戦 (1992)、163頁
  10. ^ a b c 『ひと目でわかる野鳥』 中川雄三(監修)、成美堂出版、2010年1月、136頁。ISBN 978-4415305325
  11. ^ a b c 雷鳥が語りかけるもの (2006)、19-21頁
  12. ^ Rock Ptarmigan (Lagopus muta) (Montin, 1781)” (英語). バードライフ・インターナショナル. 2012年12月28日閲覧。
  13. ^ Lagopus muta (Montin, 1781)” (英語). ITIS. 2012年7月28日閲覧。
  14. ^ a b スバールバルライチョウ”. 富山市ファミリーパーク. 2012年7月28日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g 中村浩志 「ライチョウ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生動物-2 鳥類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、株式会社ぎょうせい2014年、100-101頁。
  16. ^ a b c d 中村浩志 『日本動物大百科 鳥類II』 日高敏隆(監修)、平凡社1997年3月、10-11頁。ISBN 4582545548
  17. ^ 上馬康生、佐川貴久 (2011年). “白山におけるライチョウの生息可能数の推定と絶滅について (PDF)”. 石川県自然保護センター. 2012年7月28日閲覧。
  18. ^ a b ライチョウ 白山で70年ぶりに確認”. 石川県 (2010年9月28日). 2011年3月27日閲覧。
  19. ^ ライチョウ 白山で70年ぶりに確認(ライチョウのDNA分析結果とその後の観察について)”. 石川県 (2011年3月4日). 2012年7月28日閲覧。
  20. ^ 白山でのライチョウの再々確認(平成23年6月1日に確認されたライチョウ)”. 石川県. 2012年7月28日閲覧。
  21. ^ a b 山岳地帯の環境破壊による鳥類の分布と生態の変化について : 特にライチョウを中心として 日本生態学会誌 24(4) pp.261-264 19741231
  22. ^ ニホンライチョウの遺伝的多様性と分化 日本鳥類学会 (PDF)
  23. ^ ニホンライチョウ(Lagopus mutus japonicus)におけるミトコンドリアDNAコントロール領域の遺伝変異性日本鳥学会誌 Vol.50 (2001) No.2 P53-64,107
  24. ^ 小林真知、中村雅彦:本州中部の高山帯に生息するカラスの分布と個体数 山階鳥類学雑誌 Vol.38 (2006) No.1 P47-55
  25. ^ 雷鳥が語りかけるもの (2006)、153頁
  26. ^ a b 中村浩志:ライチョウLagopus mutus japonicus 日本鳥学会誌 Vol.56 (2007) No.2 P93-114
  27. ^ ニホンザル、ライチョウ捕食の瞬間 研究者が初めて確認 朝日新聞デジタル 記事:2015年8月31日、閲覧:2015年9月1日
  28. ^ a b c d e f g h 中村浩志 「ライチョウLagopus mutus japonicus」『日本鳥学会誌』第56巻 2号、日本鳥学会、2007年、93-114頁
  29. ^ 雷鳥が語りかけるもの (2006)、31頁
  30. ^ ライチョウ・生活と飼育への挑戦 (1992)、161頁
  31. ^ a b 雷鳥が語りかけるもの (2006)、101-102頁
  32. ^ a b ライチョウ・生活と飼育への挑戦 (1992)、162頁
  33. ^ a b c ライチョウ・生活と飼育への挑戦 (1992)、157頁
  34. ^ ライチョウ・生活と飼育への挑戦 (1992)、5頁
  35. ^ 雷鳥が語りかけるもの (2006)、104-105頁
  36. ^ a b ライチョウ・生活と飼育への挑戦 (1992)、6-7頁
  37. ^ 1895年(明治28年)3月27日農商務省令第4号「狩猟法施行細則」
  38. ^ 1923年(大正12年)3月7日内務省告示第57号「史蹟名勝天然記念物保存ニ依リ指定」
  39. ^ a b 国指定文化財等データベース・ライチョウ”. 文化庁. 2012年7月27日閲覧。
  40. ^ 1955年(昭和30年)2月15日文化財保護委員会告示第20号「特別天然記念物春日山原始林等指定」
  41. ^ 1969年(昭和44年)3月26日農林省告示第357号「鳥獣保護区を設定した件」
  42. ^ 1984年(昭和59年)10月23日環境庁告示第64号「鳥獣保護区を設定する件」
  43. ^ 1992年(平成4年)6月5日法律第75号「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」
  44. ^ 2002年(平成14年)12月26日環境省令第28号「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律施行規則」
  45. ^ 「ライチョウ保護増殖事業計画の策定について」及び「国指定鳥獣保護区及び特別保護地区の指定について」に関する中央環境審議会答申について(お知らせ)”. 環境省 (2012年9月18日). 2012年12月28日閲覧。
  46. ^ ライチョウ(雷鳥)(3)”. 日本計量新報社. 2011年3月27日閲覧。
  47. ^ 1955年(昭和30年)2月15日文化財保護委員会告示第20号「特別天然記念物春日山原始林等指定」
  48. ^ 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示されます。日本のレッドデータ検索システム(ライチョウ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2012年7月28日閲覧。[出典無効]
  49. ^ ライチョウ・生活と飼育への挑戦 (1992)、7頁
  50. ^ ライチョウ・生活と飼育への挑戦 (1992)、58頁
  51. ^ 肉芽腫病変を伴った日本ライチョウの緑膿菌感染症例 日本獣医師会雑誌 Vol.39 (1986) No.8 P516-519
  52. ^ 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示されます。日本のレッドデータ検索システム(ライチョウ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2012年7月28日閲覧。[出典無効]
  53. ^ ライチョウ・生活と飼育への挑戦 (1992)、7頁
  54. ^ レッドデータブックにいがた (PDF)”. 新潟県. pp. 44 (2001年3月). 2012年7月28日閲覧。
  55. ^ 岐阜県レッドデータブック(ライチョウ)”. 岐阜県 (2009年8月). 2012年7月28日閲覧。
  56. ^ a b 雷鳥が語りかけるもの (2006)、173頁

* 野鳥歳時記 ライチョウ(雷鳥)

注釈編集

  1. ^ 1972年(昭和47年)11月27日総理府令第71号「特殊鳥類の譲渡等の規制に関する法律施行規則」
  2. ^ 1993年(平成5年)2月10日政令第17号「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律施行令」
  3. ^ 1999年(平成11年)9月14日環境庁告示第43号「保護繁殖を特に図る必要がある鳥獣を定める件」

メディア編集

参考文献編集

写真集編集

  • 水越武 『雷鳥―日本アルプスに生きる』 平凡社1991年7月ISBN 4582529275
  • 高木清和 『雷鳥』 山と溪谷社、1994年5月ISBN 4635590305
  • 若林繁 『らいちょう 厳しい自然の中に生きる立山の雷鳥』 光村印刷、1994年9月ISBN 4896158296

絵本編集

関連項目編集

外部リンク編集