大阪屋ショップ

日本の小売業者

株式会社大阪屋ショップ(おおさかやショップ)は、富山県富山市を中心に「大阪屋ショップ」の屋号スーパーマーケットを展開している総合小売業者である。CGCグループに加盟している。

株式会社 大阪屋ショップ
OOSAKAYA
Osakaya-Shop Main Office.jpg
本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
939-8064
富山県富山市赤田487番地1
北緯36度39分21.8秒 東経137度13分1.5秒 / 北緯36.656056度 東経137.217083度 / 36.656056; 137.217083座標: 北緯36度39分21.8秒 東経137度13分1.5秒 / 北緯36.656056度 東経137.217083度 / 36.656056; 137.217083
設立 1973年12月[1]
業種 小売業
法人番号 7230001000473 ウィキデータを編集
事業内容 食品スーパーマーケットの経営[1]
代表者 平邑秀樹(代表取締役社長)[1]
資本金 2000万円[1]
売上高 675億円(2016年6月期)[2]
従業員数 約2,793名(パート社員も含む)[1]
決算期 6月30日
主要子会社 キョーエイ、アイディック[2]、富山青果センター[3][4]
関係する人物 平邑文男(創業者)
外部リンク https://www.ohsakaya-shop.jp/
テンプレートを表示
赤田店

かつては店舗名に『SPAR』ブランドを冠していた[2]が、現在は全て『大阪屋ショップ』に統一されている。

沿革編集

店舗編集

2020年11月現在、富山・石川の両県に45店舗を展開している。

譲受して進出した店舗編集

富山県編集

富山市
  • 新庄店(旧・トーカマートを居抜きとして使用後、現在は建て替え済み)
  • 北新町店(旧・みつづか)
  • 婦中店(旧・アップルサンショウ)
上市町
  • パル店(旧・パルアーク)
立山町
  • 立山店(旧・パルフェ)
魚津市
  • サンプラザ店(旧・サンプラザ食品街)
黒部市
高岡市
  • 佐野店(旧・じーえむ佐野)
射水市
  • アプリオ店(旧・ユニー大島店)

石川県編集

金沢市
  • 近岡店(旧無量井ストアー・メガバリュー近岡店)
  • 大徳店(旧パチンコタイガー大徳店)
野々市市
白山市
  • 松任店
かほく市
  • かほく店(旧トマト)

閉店した店舗編集

  • 加積店(魚津市、旧・さんふれんど加積店、後にスーパーマーケット『ライク』を経て現在は更地となっている)
  • 赤江店(富山市
  • 堀店(富山市)現在はローソン
  • 旧・新庄店(富山市向新庄町)現在は店舗建て替えを行い、V・drug 向新庄店となっている
  • 荏原店(富山市)現在はセブンイレブン
  • 長江店(富山市)現在はスギ薬局西長江店

子会社編集

  • キョーエイ(食品スーパー)[2]
  • まるまん[6]
  • アイディック(食品卸)[2]
  • 富山青果センター(青果卸)[3][4]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 会社概要(株式会社大阪屋ショップ公式ページ)2020年11月7日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h 北日本新聞 2017年6月3日付朝刊5面『老舗のチカラ・大阪屋ショップ』
  3. ^ a b c 「大阪屋ショップ 青果卸を子会社化 買い付けから販売まで担う」(2020年11月7日付北國新聞朝刊4面)2020年11月7日閲覧
  4. ^ a b c ㈱富山青果センターの株式取得(グループ化)に関するお知らせ(2020年11月6日、株式会社大阪屋ショップ<PDFファイル>)2020年11月7日閲覧
  5. ^ 北日本新聞 2018年6月19日付34面広告
  6. ^ a b 北日本新聞 2018年9月21日付5面『大阪屋ショップがまるまんを子会社化 滑川で店舗網強化』
  7. ^ 北日本新聞 2009年2月17日付朝刊5面『大阪屋 4月 黒部に初進出』
  8. ^ 北日本新聞 2011年12月1日付朝刊5面『宇奈月店を開店』
  9. ^ 『昭和63年 魚津市・黒部市・下新川郡 住宅明細図』(1988年7月、刊広社発行)175ページ。

関連項目編集

外部リンク編集