メインメニューを開く

らくらくゴーゴー!とはCS放送日テレプラス2012年平成24年)1月8日から夕方に放送している落語演芸番組である。

らくらくゴーゴー!
Fukagawa Edo Museum.JPG
東京江東区深川江戸資料館小劇場
主に不定期で公開収録が行われている。
(当初は横浜にぎわい座で収録が行われていた。)
ジャンル 落語演芸番組
出演者 週替わり
制作 日テレプラス
放送
音声形式 ハイビジョン放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2012年1月8日 - 2012年3月4日(第1回 - 第10回)
2012年6月10日 - 2012年8月12日(第11回 - 第20回)
2013年1月11日 - 2013年3月8日(第21回 - 第30回)
放送時間 毎週金曜16:45 - 17:15
放送分 30分
回数 30
らくらくゴーゴー!
第1シリーズ
放送期間 2012年1月8日 - 2012年3月4日
放送時間 毎週日曜17:00 - 17:30
放送分 30分
回数 1 - 10
第2シリーズ
放送期間 2012年6月10日 - 2012年8月12日
放送時間 毎週日曜18:00 - 18:30
放送分 30分
回数 11 - 20
第3シリーズ
放送期間 2013年1月11日 - 2013年3月8日
放送時間 毎週日曜16:45 - 17:15
放送分 30分
回数 21 - 30
テンプレートを表示

概要編集

笑点Jr.』を放送してきた日テレプラスの新しい演芸番組。2012年(平成24年)1月8日に放送がスタート。

番組冒頭におけるナレーションは日本テレビアナウンサー辻岡義堂が担当。

収録は、第1回から第10回は横浜にぎわい座で、第11回以降は深川江戸資料館小劇場で昼に行われている。

放送時間編集

毎週金曜日の16:45~17:15(2013年1月 - 2回連続放送)

  • 以前の放送時間(初回放送)
    • 毎週日曜日の17:00~17:30(2012年1月 - 3月。2回連続放送)
    • 毎週日曜日の18:00~18:30(2012年6月 - 8月。2回連続放送)
  • 新作を放送した翌週に新作の再放送を放送する。

出演落語家編集

スペシャル番組編集

日テレプラス presents らくらくゴーゴー!そうだ落語で笑おうスペシャル編集

2012年3月4日にBSスカパー!で放送。

春風亭昇太による古典落語「壺算」と柳家喬太郎による新作落語「ハンバーグができるまで」、昇太と喬太郎の二人による特別対談(これらは荏原文化センターで収録をしたもの)、ナイツによる寄席リポート、お笑い芸人から落語家に転身した世界のナベアツこと桂三度によるインタビューの四部構成で放送。

後に日テレプラスでも同年6月3日に放送。また6月10日にはナイツのリポートに未公開映像と加えた「らくらくゴーゴー!ナイツの浅草スペシャル」を、6月17日には昇太と喬太郎による対談にも未公開映像と加えた「らくらくゴーゴー!昇太と喬太郎でスペシャル」を放送した。

出演者

らくらくゴーゴー!二人会スペシャル編集

2013年9月29日から、落語家2名が競演する「二人会スペシャル」を放送。

出演落語家2人による落語とトークを放送する。

贅沢な落語会 日テレプラス『らくらくゴーゴー!』スペシャル編集

2014年5月4日に、日テレプラスで5時間55分にわたって落語関連番組を放送する「らくらくゴーゴーゴー!」と、小堺一機がメインMCを担当し、日テレプラス・寄席チャンネルTBSチャンネルが共同制作を行った「贅沢な落語会」の一環として放送された。

春風亭昇太による新作落語「人生が二度あれば」と林家たい平による古典落語「明烏」、小堺さんを交えたの落語トーク、特別ゲストにナイツを迎えた特別企画「落語予備校」(これらはかつしかシンフォニーヒルズ アイリスホールで収録をしたもの)の三部構成で放送。

出演者
  • 小堺一機(メインMC)
  • 春風亭昇太
  • 林家たい平
  • ナイツ

スタッフ編集

過去のスタッフ

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集