劉 哲志(りゅう てつし、6月13日[1] - )は、日本シンガーソングライターボイストレーナー作曲家。ミュージックスクール・ボイスファクトリー主宰。一般社団法人日本音楽著作権協会正会員。広島県廿日市市出身。

劉哲志
別名
  • 山崎貴生
  • 山崎哲志
  • りゅう てつし
  • やまざき哲志
出身地 日本の旗 日本広島県廿日市市
学歴 東京薬科大学中退
職業
公式サイト 「劉哲志」公式サイト

来歴 編集

ビートルズ日本武道館に来日した年に当たる1966年、修道中学校2年時に盟友の町支寛二と同じクラスになり、2人でアコースティック・ギターを抱えてビートルズをはじめ多くのコーラス付の洋楽をコピーして演奏をする。

1968年、修道高等学校1年時、バンド「グルックス」を町支・高橋信彦(現:ロード&スカイ社長)と結成、吉田拓郎を筆頭とする広島フォーク村に参加。1969年、フォーク村の自主制作アルバム『古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう』に、グルックスとして、町支によるオリジナル曲「波よ消さないで」で参加した。1970年、グルックス解散。

1972年、東京薬科大学在学中に旧友である浜田省吾、青山徹、町支、高橋らと共にロックバンド「愛奴」を結成。1974年、吉田拓郎の全国ホールツアーのバックバンドとして帯同。1975年5月1日に「愛奴」のボーカルおよびキーボーディストとして、CBS・ソニーからアルバム『愛奴』でレコード・デビュー、翌1976年「愛奴」は解散。

解散後、桜田淳子早見優渋谷哲平太川陽介香坂みゆき竹本孝之などサンミュージックプロダクション所属歌手のツアーバンドに参加しつつ、歌手や声優に楽曲提供を行う。

2007年頃から、町支・古村敏比古のユニット「カンフル罪」として、毎年故郷の広島にて「夏のカンフ劉罪」ライブツアー開催が恒例となっている。

2019年現在は、シンガーソングライターとしてライブ活動をしつつ、東京の下北沢でミュージックスクール・ボイスファクトリーを主宰。ボイストレーナーとして、奥華子をはじめ多くのアーティストを輩出。桜田の専属ボイストレーナーを8年余り担当。桜田のデビュー40周年・45周年の博品館劇場でのコンサートで、ピアニストとしてサポート。2018年に発売された桜田のアルバム『マイ・アイドロジー』に、桜田と共作曲した「ありがとうのかわりに~プロローグ~」「ありがとうのかわりに~エピローグ~」が収録された。

作品 編集

[2]

自身による歌唱 編集

  • 「TAKASHI」
  • 「ハルマフジ」

楽曲提供 編集

アニメ 編集

  • 桃太郎伝説 - テレビ東京 イメージソング
    • 「ムーン・チャイルド」「アラ、お子様恋愛モード」
  • がきデカ - フジテレビ 主題歌
    • 「こまわり☆MAM-BO」「わたし・プルプル・未体験」
  • NG騎士ラムネ&40 - テレビ東京 劇伴・音楽
    • 「めざせ!1番!!」「熱血!!勇者ラムネス」「シアワセになるでんna」
  • NG騎士ラムネ&40 DX ワクワク時空 炎の大捜査戦 - 音楽、エンディング
    • 「ララバイ☆あ・げ・た・い」「L!O!V!E!!OutSider」「ちょっとせつないパジャマパーティー」「アドレナリンは最高潮」
  • ハイスクールミステリー学園七不思議 - フジテレビ 劇伴・音楽
  • 江口寿史の寿五郎ショウ - 主題歌「平成天下泰平節」
  • GS美神 - 朝日放送 キャラクターソング
    • 「呪いのクイーン」「悲しいギャップはDESTINY」

ドラマCD 編集

自身による歌唱のものを含む。

  • あのこに1000%[3]- 作曲・編曲
    • 「YOU WILL HAVE A FRIEND」「おやすみ…」
  • あのこに1000% FINAL -「新しいページ」作曲・歌唱
  • ぷりんせすARMY[4]- 音楽(長内悟と共同)
    • 「エンドラインは必要(いら)ない」「天使の背中」「どどどどどーして?」「春に生まれたきみへ」

脚注 編集

出典 編集

  1. ^ 塚越智朗オフィシャルブログ「塚越智朗の音楽ラブログ」2016年6月11日の内容より
  2. ^ 参照:一般社団法人 日本音楽著作権協会【JASRAC】
  3. ^ あのこに1000% - ウェイバックマシン(2019年7月8日アーカイブ分)
  4. ^ ぷりんせすARMY オリジナルアルバム

関連項目 編集

外部リンク 編集