わらび座(わらびざ)は日本劇団のひとつ。日本の伝統芸能を基盤とした演目に特色がある。

株式会社わらび座
わらび座の拠点わらび劇場
わらび座の拠点わらび劇場
種類 株式会社
略称 わらび座
本社所在地 日本の旗 日本
014-1192
秋田県仙北市田沢湖卒田字早稲田430
設立 1971年3月22日
業種 サービス業
法人番号 4410001008600 ウィキデータを編集
事業内容 音楽、舞踊、演劇の創作、企画、出演、興行
代表者 代表取締役社長 山川龍巳
資本金 4900万円[1]
従業員数 240名[1]
外部リンク http://www.warabi.jp/
テンプレートを表示

概要編集

1948年7月、日本共産党党員芸術家会議の席上での要請に基づき原太郎により同年8月に東京で創立された海つばめ(第一次)が淵源[2]1950年原が帰還者楽団に参加することとなり一旦解散したが、1951年海つばめ(第二次)が日本共産党の文化工作隊として再結成された。翌1952年にはポプラ座と改名し北海道を回るが[3]秋田県に拠点を移した1953年からは「黄に紅に花は咲かねどわらびは根っ子を誇るもの」ということにちなんで、現在のわらび座と名称を改めた[4][5]1971年には「株式会社わらび座」として株式会社化。1990年代には日本共産党の文化工作隊としての側面はなくなっており[6]、以後は劇団・劇場経営のほか、温泉ホテル事業、地ビール「田沢湖ビール」の製造販売など多角的な経営を行なっている。

秋田県仙北市の「あきた芸術村」に本拠地を置いている。

本拠地には「わらび劇場」という本格的な常設劇場を持ち、オリジナルミュージカル公演年間250ステージをおこなうほか、7つの公演チームが国内、海外で年間約1200回の公演を行っている。愛媛県東温市にも「坊っちゃん劇場」という拠点劇場を有する。2009年には年間25万人の観客を動員した。

特徴編集

日本では劇団四季宝塚歌劇団に次ぐ規模の劇団である。安達和平岡村雄三戎本みろ三重野葵鈴木裕樹椿千代丸山有子碓井涼子などの看板役者を始め、ベテランから新人まで層が厚い。また、劇団併設の養成所では、2年間のカリキュラムで新たな人材の育成にも努めている。

日本の伝統芸能を重んじ、民謡民舞歌舞などを得意とする一方、ミュージカルにも力を入れており、ジェームス三木、中村哮夫、市川森一高橋克彦甲斐正人内舘牧子栗山民也横内謙介ラッキィ池田など外部の著名なクリエーターからも協力を得て、オリジナルミュージカルの制作に取り組んでいる。

地方での公演や学校での芸術鑑賞会、伝統芸能中心の小公演、多様な楽器を使用したライブ、各種ワークショップなど全国でさまざまな形態の公演を行う。近年は大都市公演のみ有名俳優をメインキャストに招くこともあり、パク・トンハ良知真次杜けあき朝海ひかる今井清隆遠野あすか石井一彰などが客演している。

来歴編集

  • 1951年 - 東京で誕生。
  • 1953年 - 秋田県仙北郡田沢湖町(現仙北市)に定着。
  • 1963年 - アジアにて初の海外公演。
  • 1971年 - 「株式会社わらび座」設立。
  • 1974年 - 「わらび劇場」完成。
  • 1989年 - 初の訪欧公演(フランス・イタリア・東ドイツ・ソ連)。
  • 1992年 - 「温泉ゆぽぽ」オープン。
  • 1995年 - わらび劇場でオリジナルミュージカル常設公演スタート。
  • 1996年 - わらび座のホームベースを「たざわこ芸術村」として本格スタート。
  • 1997年 - 初のアメリカ公演(ロサンゼルス、シアトルなど6都市)。
  • 1997年 - 秋田県初の地ビール・「田沢湖ビール」のブルワリーパブがオープン。
  • 1998年 - 長野オリンピック文化・芸術祭に記念作品「いのちの祝祭」で招待公演。
  • 2000年 - 冬の小劇場スタート、
  • 2004年 - 「男鹿桜島リゾートHOTELきららか」オープン。
  • 2006年 - 愛媛県東温市に「坊っちゃん劇場」オープン。
  • 2016年4月 - 「たざわこ芸術村」の名称を「あきた芸術村」に変更[7]
  • 2018年11月 - 株式会社みちのくジャパン(岩手県北上市)と「男鹿桜島リゾートHOTELきららか」の譲渡契約を交わした[8]
  • 2020年5月 - 川口温泉奥羽山荘が閉館。

主な作品編集

  • 男鹿の於仁丸(脚本・演出:大関弘政
  • 春秋山伏記(原作:藤沢周平、脚本・演出:大関弘政)
  • 山神様のおくりもの(脚本・演出:菊池准)
  • 歌舞集 いのちの祝祭
  • 銀河鉄道の夜(原作:宮沢賢治、脚本:市川森一、演出:中村哮夫)
  • 小野小町(脚本:内舘牧子、演出:栗城宏
  • 歌舞集 21・飛翔
  • 菜の花の沖(原作:藤沢周平、脚本・演出:ジェームズ三木)
  • 坊っちゃん!(原作:夏目漱石、脚本・演出:ジェームズ三木)
  • 義経-平泉の夢(脚本:齋藤 雅文、演出:井上 思)
  • アテルイ-北の燿星(原作:高橋克彦、脚本:杉山義法、演出:中村哮夫、作曲:甲斐正人)
  • 火の鳥 鳳凰編(原作:手塚治虫、脚本:齋藤雅文、演出:栗山民也、作曲:甲斐正人)
  • アトム(原案:手塚治虫、脚本・演出:横内謙介、作曲:甲斐正人)
  • おもひでぽろぽろ(原作:スタジオジブリ、脚本:齋藤雅文、演出:栗山民也、作曲:甲斐正人)
  • 遠野物語(原案:柳田國男、脚本・演出:栗城宏、安達和平)
  • ブッダ(原作:手塚治虫、脚本:齋藤雅文、演出:栗山民也、作曲:甲斐正人)(平成25年5月)

住所・アクセス編集

  • 株式会社わらび座(代表取締役社長 山川龍巳) 秋田県仙北市田沢湖卒田字早稲田430[1]
秋田新幹線角館駅下車。駅前より直通専用シャトルバスあり(無料)。車で7分。

主な関連施設編集

  • わらび劇場(定員710名の常設劇場)
  • 温泉ゆぽぽ(大浴場、ホテル、お食事処ばっきゃ)
  • 田沢湖ビール(地ビールの醸造所・レストラン)
  • 森林工芸館(手作り体験、木工・陶芸、製作見学等)
  • 坊っちゃん劇場(愛媛県東温市にある常設劇場)

かつて運営していた施設編集

  • 男鹿桜島リゾートHOTELきららか
    秋田県が1979年に開業した旧男鹿桜島荘を、わらび座が取得し2004年にオープンする。だが、施設の老朽化や従業員の確保も難しくなったため、2018年9月末で休館。11月にみちのくジャパンと譲渡契約を交わした[9]
  • 川口温泉奥羽山荘
    秋田県が真木真昼県立自然公園の拠点施設として建設し、旧太田町が営業を受託した[10]。1998年町に無償譲渡される。大仙市が発足後は第三セクターが経営を行うも赤字が続き、2008年に施設運営のノウハウがあるわらび座が支援を含め、無償で譲り受ける。近年は老朽化が著しく、従業員の確保も困難とため、譲渡先を探していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で宿泊キャンセルが相次いだことから、2020年5月末で閉館した[11][12][注 1]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 2020年7月8日に運営を引き継ぐと発表した佐々木興業株式会社(秋田県大仙市)が、同年8月1日にリニューアルオープンした[13][14]

出典編集

  1. ^ a b c 株式会社わらび座 会社概要”. 株式会社わらび座. 2020年8月10日閲覧。
  2. ^ 西嶋一泰 2010, p. 301.
  3. ^ 西嶋一泰 2010, p. 304.
  4. ^ 「わらび座」の名前の由来”. 株式会社わらび座. 2020年8月10日閲覧。
  5. ^ 西嶋一泰 2010, p. 305.
  6. ^ 西嶋一泰 2010, p. 307- 注釈「10」
  7. ^ “秋田)劇団わらび座、地元の魅力発信へ交流事業続々”. 朝日新聞. (2016年1月15日). http://www.asahi.com/articles/ASJ1D40ZXJ1DUBUB005.html 2016年3月18日閲覧。 
  8. ^ “男鹿「ホテルきららか」、北上市の企業が取得”. 秋田魁新報. (2019年5月11日). https://www.sakigake.jp/news/article/20190511AK0009/ 2019年12月27日閲覧。 
  9. ^ “みちのくジャパン、わらび座から男鹿のホテル買収”. 日本経済新聞. (2019年5月9日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44586610Z00C19A5L01000/ 2020年4月15日閲覧。 
  10. ^ 野城千穂; 山谷勉 (2020年4月14日). “秋田)わらび座、一部役者ら休業に 再開の見通し立たず”. 朝日新聞デジタル. https://digital.asahi.com/articles/ASN4F6WL5N4FULUC028.html?pn=4 2020年4月15日閲覧。 
  11. ^ “老朽化にコロナも打撃 大仙・奥羽山荘、5月末で閉館”. 秋田魁新報. (2020年4月11日). https://www.sakigake.jp/news/article/20200411AK0002/ 2020年4月15日閲覧。 
  12. ^ “<重要>川口温泉 奥羽山荘 閉館のお知らせ” (プレスリリース), 株式会社わらび座, (2020年4月8日), https://www.warabi.or.jp/?news=info200408 2020年8月10日閲覧。 
  13. ^ “5月末閉館の奥羽山荘、秋田の佐々木興業が再開へ”. 日本経済新聞. (2020年7月8日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61293660Y0A700C2L01000/ 2020年8月10日閲覧。 
  14. ^ “花火と温泉楽しんで リニューアルの奥羽山荘、1日営業再開”. 秋田魁新報. (2020年8月1日). https://www.sakigake.jp/news/article/20200801AK0008/ 2020年8月10日閲覧。 

参考文献編集

  • 西嶋一泰「一九五〇年代における文化活動のなかの民俗芸能-原太郎と「わらび座」の活動をめぐって-」『Core Ethics』第6巻、立命館大学先端総合学術研究科、2010年、 299-310頁、 doi:10.34382/00005474ISSN 18800467NAID 1100075339682020年8月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集