アガマ科(アガマか、学名Familia Agamidae)は、爬虫綱有鱗目に属する模式属アガマ属英語版キノボリトカゲ科ともいう。

アガマ科
Agamidae
生息年代: Cenomanian–現世
リヒテンシュタインガマトカゲ
地質時代
中生代白亜紀後期(後期白亜紀セノマニアン[1][2](約9960万~約9350万年前[3]) - 新生代第四紀完新世メガラヤン現世
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Sauria
下目 : イグアナ下目 Iguania
階級なし : アクロドンタ Acrodonta [3][4]
: アガマ科 Agamidae
学名
Agamidae Gray1827 [5]
タイプ属
Agama Daudin1802
和名
アガマ科
英名
agamids [6]
agamid lizards
下位分類(亜種

分布編集

アフロ・ユーラシア大陸ヨーロッパ南西部から南アジアにかけてと、アフリカ)とオセアニアに広く分布する[8][9]。国家・地域で言えば、アジアでは、日本フィリピンシンガポールインドネシアスリランカなどにも棲息する。

日本にはキノボリトカゲのみ南西諸島沖縄県)に自然分布する[9]。近年、ハルドンアガマ和歌山県への移入が確認された。

形態編集

大半の種は全長30センチメートル前後で、最大級は[アンボイナホカケトカゲ英語版cf. ホカケトカゲ属)の約90センチメートル、最小級はスナジアガマ英語版の約12センチメートルまでと、かなりの幅がある[8]。多様な棲息環境に合わせて適応し、様々な形態を具えた種が見られる。近縁のイグアナ科の構成種とは分類と分布する大陸こそ違うものの、同じような環境に適応した結果として類似した形態を具えるに到った(収斂進化した)種もいる。

の基部は顎骨癒着する。

生態編集

森林砂漠など様々な環境に棲息し、地上棲の種も樹上棲の種も含まれる。多くの種は動物食で、昆虫類、小型爬虫類、小型哺乳類などを捕食するが、雑食植物食の種もいる。繁殖形態はほぼ卵生であるが、スリランカには卵胎生の種もいる。

最古種編集

既知で最も古い時代のアガマ科動物は、中生代三畳紀カーニアン(約2億3700万年前~約2億2700万年前)のゴンドワナ大陸インド亜大陸部に棲息していた絶滅種ティキグァニア (Tikiguania) である可能性がある。この属は2006年化石が発見された[1][2]トビトカゲ亜科の1属に分類する説と、アガマ科に近縁の未分類属とする説[5]がある。この属をアガマ科に含めない場合、アガマ科の最初期は中生代白亜紀後期(後期白亜紀セノマニアン(約9960万年前~約9350万年前)まで下がる[10]。右のテンプレートでは後者を採用した。

イグアナとの関係編集

アガマ科は、原始的なイグアナ科のトカゲの祖先型から分化した一群であり、旧世界アフロ・ユーラシア大陸)でイグアナ科に取って代わり、繁栄したものと考えられている[8]。ただ、海を隔てたマダガスカル島フィジー諸島トンガ諸島には到達しておらず、それらの地域には現在もイグアナ科が分布している[8]

分類編集

下位分類(2020年代)編集

アガマ亜科編集

ヒゲトカゲ亜科編集

トビトカゲ亜科編集

(左)Kinabalu Crested DragonHypsicalotes属)
(中央)black-spotted kangaroo lizardOtocryptis属)
(右)Flower’s long-headed lizardニセカロテス属
左:Hump-nosed lizardLyriocephalus属)
右:Roux's forest lizardMonilesaurus属)

ホカケトカゲ亜科編集

バタフライアガマ亜科編集

トゲオアガマ亜科編集

下位分類(2000年代)編集

2000年代の分類体系では、ほとんどの属をアガマ亜科に属するものとし、トゲオアガマ属バタフライアガマ属のみをトゲオアガマ亜科に分類していた。

保全状況編集

2021年の発表で、近絶滅種 10、絶滅危惧種 25、危急種 26、近危急種 16、低危険種 334、データ不足 56、未評価 107。

ギャラリー編集

記載論文編集

参考文献編集

事事典
書籍、ムック
  • 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド トカゲ1 アガマ科&イグアナ科』、誠文堂新光社、2004年、8-66頁。
  • 深田祝監修 T.R.ハリディ、K.アドラー編 『動物大百科12 両生・爬虫類』、平凡社1986年、108-109頁。
  • 『爬虫類・両生類800図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、36-42頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 両生類・はちゅう類』、小学館2002年、86-87頁。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c d Datta & Ray (2006).
  2. ^ a b c d Fw Tikiguania.
  3. ^ a b Mindat.
  4. ^ Taxonomicon.
  5. ^ a b c d Fw.
  6. ^ 英辞郎.
  7. ^ ITIS.
  8. ^ a b c d kb1.
  9. ^ a b kb2.
  10. ^ Mindat, 99.6 - 93.5 Ma.

関連項目編集

外部リンク編集

データベース編集