メインメニューを開く

アジア太平洋放送連合(アジアたいへいようほうそうれんごう、英語: Asia-Pacific Broadcasting Union, ABU)とは、アジア太平洋地域の放送局、および放送関連団体の連合体である。マレーシアクアラルンプールに本部を置いている。

アジア太平洋放送連合
Asia-Pacific Broadcasting Union (logo).svg
ABUロゴ
設立年 1964
種類 放送局連合
本部 マレーシアの旗 マレーシアクアラルンプール
メンバー 200 members
公用語 英語
会長 上田良一
ウェブサイト http://www.abu.org.my/

世界放送連合(World Broadcasting Unions、WBU)の構成員である[1]

歴史編集

1964年NHK(日本放送協会)の呼びかけで設立された。会長は2代目から4代目までがNHKの最高幹部だった(現在も会長・副会長いずれかを務める上、永久常任理事局でもある)ため、「連合を牛耳っている」との批判もある[2]

主要な業務編集

  • ニュース素材の相互提供(アジアビジョン)
  • 番組の共同制作
  • スポーツ中継の放映権調整
  • 放送技術、番組制作などの技術交換

会長(2018年)編集

会員編集

55か国150団体以上が加盟している。日本の会員を以下に示す。

日本の正会員編集

両社局は正会員なので、アジア大会(夏季)の放映権も保持している。

日本の準会員編集

日本の団体会員編集

日本の賛助会員編集

脚注編集

  1. ^ [1]
  2. ^ 本多勝一『NHK受信料拒否の論理』

関連項目編集

外部リンク編集