アレックス・リンス

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はリンス第二姓(母方の)はナバーロです。(Template:スペイン語圏の姓名

アレックス・リンス・ナバーロ (Álex Rins Navarro[1], 1995年12月8日 - ) は、スペインバルセロナ出身のオートバイレーサー

アレックス・リンス
2015年
生年月日 (1995-12-08) 1995年12月8日(25歳)
スペインの旗 スペイン
カタルーニャ州バルセロナ
現在のチーム Team SUZUKI ECSTAR
ゼッケン 42
ウェブサイト AlexRins.com
レースでの経歴
ロードレース世界選手権 MotoGPクラス
活動期間2017年
マニファクチャラースズキ
チャンピオン0
2020年 順位3位 (139 pts)
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
63 3 12 0 4 572
ロードレース世界選手権 Moto2クラス
活動期間2015年2016年
マニファクチャラーカレックス
チャンピオン0
2016年 順位3位 (214 pts)
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
36 4 17 4 7 448
ロードレース世界選手権 Moto3クラス
活動期間2012年-
マニファクチャラースッター ホンダ, KTM
2012年 順位5位 (141 pts)
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
30 5 12 7 2 391

経歴編集

2011年のスペイン選手権125ccクラスでタイトルを獲得、2012年に世界選手権Moto3クラスでデビューした。デビュー2戦目のスペイングランプリではポールポジションを獲得した[2]

MotoGP編集

2017年からチーム・スズキ・エクスターよりMotoGPクラスに参戦。チームメイトはアンドレア・イアンノーネ。第3戦アメリカGPのフリー走行の転倒で左腕尺骨と左手首関節骨折、アメリカGP決勝とその後4戦を欠場した。

2018年、第2戦のアルゼンチンGPでMotoGPクラス初の表彰台を獲得。6月にはスズキとの契約を2年延長したことを発表。2019年,2020年はチームメイトにジョアン・ミルを迎え参戦することとなった。

クラス3年目となる2019年には、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われたアメリカGPで、バレンティーノ・ロッシとのバトルを制し初優勝。スズキにとって2016年以来の勝利をもたらした。また同年のイギリスGPにて、マルク・マルケスと0.013秒差で勝利を収め、2度目の優勝を飾った。

2020年は1度の優勝を含む4度の表彰台を獲得。中でも第13戦ヨーロッパGPではチームメイトのミルと共に、スズキとして1982年西ドイツGP以来の1-2フィニッシュを達成。ライダーチャンピオンシップは3位となり、所属するチーム・スズキ・エクスターはチームランキングでチャンピオンを獲得した。

戦績編集

シーズン編集

シーズン クラス 車両 出走数 優勝回数 表彰台数 ポールポジション ファステストラップ ポイント 順位
2012年 Moto3 スッター ホンダ 17 0 1 1 1 141 5位
2013年 Moto3 KTM 17 6 14 8 1 311 2位
2020年 MotoGP スズキ 13 1 4 0 2 139 3位
合計 47 7 19 7 11 591
  • * 現在進行中

編集

クラス 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 順位 ポイント
2012年 Moto3 スッター ホンダ QAT
10
SPA
4
POR
7
FRA
3
CAT
Ret
GBR
Ret
NED
6
GER
20
ITA
7
IND
7
CZE
5
RSM
4
ARA
6
JPN
4
MAL
7
AUS
4
VAL
16
5位 141
2013年 Moto3 KTM QAT
3
AME
1
SPA
Ret
FRA
2
ITA
2
CAT
2
NED
3
GER
1
IND
1
CZE
4
GBR
2
RSM
1
ARA
1
MAL
2
AUS
1
JPN
24
VAL
3
2位 311
2014年 Moto3 ホンダ QAT

5

AME

4

ARG

5

ESP

3

FRA

2

ITA

3

CAT

Ret

NED

2

GER

Ret

IND

5

CZE

9

GBR

1

RSM

1

ARA

4

JPN

10

AUS

3

MAL

3

VAL

5

3位 237
2015年 Moto2 カレックス QAT

4

AME

3

ARG

2

ESP

18

FRA

17

ITA

11

CAT

2

NED

4

GER

3

IND

1

CZE

3

GBR

2

RSM

DSQ

ARA

2

JPN

11

AUS

1

MAL

Ret

VAL

2

2位 234
2016年 Moto2 カレックス QAT

8

ARG

4

AME

1

ESP

3

FRA

1

ITA

7

CAT

2

NED

6

GER

Ret

AUT

3

CZE

2

GBR

7

RSM

2

ARA

6

JPN

20

AUS

Ret

MAL

14

VAL

5

3位 214
2017年 MotoGP スズキ QAT

9

ARG

Ret

AME

DNS

ESP FRA ITA CAT NED

17

GER

21

CZE

11

AUT

16

GBR

9

RSM

8

ARA

17

JPN

5

AUS

8

MAL

DSQ

VAL

4

16位 59
2018年 QAT

Ret

ARG

3

AME

Ret

SPA

Ret

FRA

10

ITA

5

CAT

Ret

NED

2

GER

Ret

CZE

11

AUT

8

GBR

C

RSM

4

ARA

4

THA

6

JPN

3

AUS

5

MAL

2

VAL

2

5位 169
2019年 QAT

4

ARG

5

AME

1

SPA

2

FRA

10

ITA

4

CAT

4

NED

Ret

GER

Ret

CZE

4

AUT

6

GBR

1

RSM

Ret

ARA

9

THA

5

JPN

7

AUS

9

MAL

5

VAL

5

4位 205
2020年 QAT

C

SPA

DNS

ANC

10

CZE

4

AUT

Ret

STY

6

RSM

5

EMI

12

CAT

3

FRA

16

ARA

1

TER

2

EUR

2

VAL

4

POR

15

3位 139
2021年 QAT
6 
DOH
4
POR
Ret
SPA
20
FRA
Ret
ITA
Ret
13位* 23*
  • * 現在進行中

参照編集

外部リンク編集

タイトル
先代:
マーベリック・ビニャーレス
CEV Buckler 125GP
Champion

2011
次代:
アレックス・マルケス