メインメニューを開く

アーケオケラトプス(Archaeoceratops oshimai)とは、中生代白亜紀前期の中国に生息していたプロトケラトプス科の角竜である。全長は約0.9メートルで草食アルカエオケラトプスとも呼ばれる。

アーケオケラトプス
アーケオケラトプス
アーケオケラトプス想像図
地質時代
白亜紀前期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 周飾頭亜目 Marginocephalia
下目 : 角竜下目 Ceratopia
: アーケオケラトプス科 Archaeoceratopidae
: アーケオケラトプス属 Archaeoceratops
学名
Archaeoceratops
Dong & Azuma (1997)
  • アーケオケラトプス・オオシマイ
    Archaeoceratops oshimai

特徴編集

1992年日本と中国が共同で行ったシルクロード恐竜発掘調査により中国甘粛省で発見された。のようなとがったくちばしがあり、くちばしに歯がある[1]。上あごの歯はプロトケラトプス、下あごの歯はプシッタコサウルスに似ている。角竜類としては珍しく、ミクロケラトゥスと同じ二足歩行をしていた。また、フリルはあるが角はない。

名前の由来編集

トリケラトプスのようなケラトプス類の祖先に近い恐竜であるとされることから、アーケオ(古代の)ケラトプスと命名された。また種名のオオシマイ("oshimai")は、日中シルクロード発掘調査を支援した中日新聞社の大島宏彦顧問にちなんで名づけられた[2]

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集