メインメニューを開く

アーティチョーク(Artichoke、Globe artichoke、学名Cynara scolymus)は、キク科チョウセンアザミ属多年草。和名はチョウセンアザミ(朝鮮薊)。若いつぼみを食用とする(花菜類)。地中海沿岸原産。

チョウセンアザミ
W artichoke4071.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : アザミ亜科 Cynareae
: アザミ連 Carduoideae
: チョウセンアザミ属 Cynara
: チョウセンアザミ C. scolymus
学名
Cynara scolymus L.
和名
チョウセンアザミ
英名
ArtichokeGlobe artichoke
アーティチョーク、調理済み、加塩
100 gあたりの栄養価
エネルギー 220 kJ (53 kcal)
10.51 g
糖類 0.99 g
食物繊維 5.4 g
0.34 g
2.89 g
ビタミン
チアミン (B1)
(4%)
0.05 mg
リボフラビン (B2)
(7%)
0.089 mg
ナイアシン (B3)
(1%)
0.111 mg
パントテン酸 (B5)
(5%)
0.240 mg
ビタミンB6
(6%)
0.081 mg
葉酸 (B9)
(22%)
89 μg
ビタミンC
(9%)
7.4 mg
ミネラル
カリウム
(6%)
276 mg
カルシウム
(2%)
21 mg
マグネシウム
(12%)
42 mg
リン
(10%)
73 mg
鉄分
(5%)
0.61 mg
亜鉛
(4%)
0.4 mg
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

目次

特徴編集

高さは1.5-2mで、葉は50-80cmに達し、つぼみは8-15cmに達する。

ちなみに、英米ではキクイモチョロギArtichokeと称する。エルサレムアーティチョーク英語: Jerusalem artichoke)とアーティチョーク(英語: ArtichokeGlobe artichoke)は別の種類の植物であり、エルサレムアーティチョークはキク科のヒマワリ属キクイモで、アーティチョークはキク科のチョウセンアザミ属チョウセンアザミである。

利用編集

総体積に占める可食部の割合は少ない。食用とするには、まずつぼみをレモンなどと共に茹でるか、蒸す。そして、花及び果実の冠毛になる繊毛を取り除き、蕚状の苞片を外から剥き、苞片基部の肉質部分を歯でしごくように食べ、最後に花托部分を切り分けて食用とする。食用部分はでんぷんに富んでおり、食感はいもに似ている。水溶性食物繊維に富む。葉にはシナリンを含み、肝臓の解毒に効果がある[1]。 シナリンには味蕾の甘味受容体の働きを阻害し、アーティチョークを食べたあとに食べるものの味をなんでも甘く感じさせてしまう働きがある。そのため、アーティチョークに上質なワインは合わないとされている[2]

ヨーロッパアメリカでは広く食用とされている他、インドでも二日酔いの防止のために飲酒の後に茶に混ぜて飲まれている[3]が、日本では栽培条件が合わないこともあって野菜としてはあまり普及していない(観賞用が多い)。イタリア料理では、イタリア語由来のカルチョーフィ(carciofi【複】)またはカルチョーフォ(carciofo【単】)と呼ばれ一般的な野菜として前菜などに使用される。フランスではゆでたり詰め物をしたりして調理するが、新鮮なものを生で食べるケースもある[4]。花を乳に入れて加熱すると60℃で凝固することから、これを凝固剤として使うカイユボートフランス語版というチーズがある[4]。ポルトガルではアーティチョークのおしべを使って凝固させるチーズがしばしば見られる[5]セーラ・ダ・エストレーラニーザなどである[6]ベトナムでは乾燥させてお茶のように飲むアーティチョーク茶 (trà atisô) がダラットの特産品として知られる[7]

なお、放屁の回数と臭いを抑える効果があるとされる[8]

歴史編集

元は野生のアザミであったが、古代ギリシャローマ時代以降、品種改良が進んで今日の姿となった。近縁種のカルドン学名C. cardunculus)はとげが鋭いが、同様に食用になる(こちらは茎も食用とする)。 アザミをカルドンに改良し、さらに改良してアーティチョークになったという説もある[9]。本格的に栽培され始めたのは15世紀のナポリ近辺で、徐々にヨーロッパ全域に広がった。

16世紀にフランスに輿入れしたカトリーヌ・ド・メディシスによってフランスに伝播した。彼女の悪評の一つとして、当時は媚薬として考えられていたアーティチョークを初夜の日に食べ過ぎたという逸話が残っている。

日本には江戸時代オランダから渡来した。

19世紀末からイタリア移民のグループがカリフォルニアで大規模にアーティチョークを栽培し、ニューヨークのイタリア系マフィアの資金源となっていた。1930年代、マフィアの封じ込めに力を注いでいたニューヨーク市長ラガーディアは市にアーティチョーク禁止令を出したが、アーティチョークの魅力に抗えず1週間後には取り下げられた[10][9]

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ 佐々木・46P
  2. ^ Harold McGee『マギー キッチンサイエンス』2008年、共立出版 p.317
  3. ^ 佐々木・46P
  4. ^ a b 日仏料理協会編 『フランス 食の事典(普及版)』 株式会社白水社、2007年、1および106頁。ISBN 978-4-560-09202-6 
  5. ^ チーズ通垂涎のチーズ大国ポルトガル!絶対食べて欲しい厳選ポルトガルチーズ3選”. ippin. ぐるなび. 2019年4月21日閲覧。
  6. ^ 本間るみ子; 増井和子; 山田友子、文藝春秋編、 『チーズ図鑑』182巻 (7版) 株式会社文藝春秋〈文春新書〉、2009年、184-186頁。ISBN 4-16-660182-2 
  7. ^ ベトナム美人の秘訣!?ベトナム茶をお土産に”. 株式会社iD. 2019年4月21日閲覧。
  8. ^ [1][2]
  9. ^ a b サンティッチ,ブライアント 2010, p. 178.
  10. ^ Artichokes CUESA 2015年5月13日閲覧

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集