ウィキペディアの検閲

各国政府によるウィキペディアへの検閲

本項目では、各国におけるウィキペディアの検閲(ウィキペディアのけんえつ)について記載する。自己検閲のないウィキペディアには、数々の政府による検閲・アクセス封鎖が行われてきた。2022年5月現在、中華人民共和国およびミャンマーではウィキペディアへのアクセスが政府によって封鎖されている。

  現在ウィキペディアをブロックしている国
  過去にウィキペディアをブロックしたことのある国
  ウィキペディアの一部のコンテンツが政府によって検閲されていた国

これは、ウィキペディアのコンテンツを含む一般的なネット検閲の例である。その他の政府は、不快と見なされる特定のコンテンツの表示を防止するための対策を講じている。なお、ウィキペディアへのアクセス封鎖の長さは、数時間、数日から数年までとさまざまである。ウィキペディアがHTTPプロトコルで運営されていたときは、政府は特定の記事へのアクセスを封鎖することが可能であった。しかし、2011年にウィキペディアはHTTPS上での運営を開始し、2015年に完全にHTTPSへ移行した[1]。それ以来、ウィキペディアに対する唯一の検閲方法は、特定の言語でサイト全体へのアクセスを封鎖することとなった。その結果、一部の国では制限が解除され、中国などの一部の国では制限がウィキペディア全体に拡大された。その結果、ウィキペディアは2019年4月23日以降中国で、2021年2月21日以降ミャンマーで完全にアクセスを封鎖されている。

オーストラリア編集

2018年、ビクトリア州裁判所のピーター・キッド判事は、オーストラリアジョージ・ペルの裁判で、すべての証拠と評決について非公開命令を出した。命令は、「オーストラリアのすべての州および準州」および「オーストラリア内でアクセス可能な任意のWebサイトまたはその他の電子形式または放送形式」に適用された[2]。これには、ウィキペディアも明確に含まれていた[3]

中華人民共和国編集

中華人民共和国内でのウィキペディアへのアクセスは、中国語版が他のウィキペディアページよりも厳しく管理されており、その制限は長年にわたって変化している。 2019年4月の時点で、ウィキペディア全言語版がグレート・ファイアウォールによって中国本土においてブロックがされている[4][5][6]

中国語版ウィキペディアは2001年5月に12のほかのウィキペディアと共に設立された[7]。ウィキペディアは2004年の初めに中国の国営メディアで肯定的な報道を受けたが、 天安門事件の15周年を前に、2004年6月3日にアクセス制限が実施された。サイトを復元するための自己検閲を実施する提案は、中国のウィキペディアのコミュニティによって拒否された[7]。しかし、毛沢東台湾などのトピックに関する中国語と英語のウィキペディアのコンテンツを比較したインターナショナル・ヘラルド・トリビューンの記事では、中国語版ウィキペディアの記事は政治的論争の「骨抜きにされ、消毒された」と結論付けた[8]。2004年6月22日、ウィキペディアへのアクセスは理由不明で復元された[7]。その後、ウィキペディアは9月[9]に不明な理由で再びアクセス封鎖されたが、4日後に再び復元された[7]。ウィキペディアは2005年10月に中国で再びアクセス封鎖され、ウィキペディアのユーザーであるShiZhaoとCuiWeiは、ウィキペディアのブロックを解除するよう説得するために、技術者や当局に手紙を送った。手紙の一部には、「ウィキペディアのアクセス封鎖、中国の声を世界に提示する機会が失われ、邪悪なカルト、台湾独立軍などが...中国に対する歪んだイメージを発信することが許可されてしまう」とあった[7]

2006年10月、ニューヨーク・タイムズは、中国での英語版ウィキペディアへのアクセスが解放されたが、中国版ウィキペディアは封鎖されたままであると報道した。しかし、ニューメディア研究者のアンドリュー・リー氏は、天安門事件に関する英語の記事を読むことができなかったとブログに書いている[10]。リー氏は、「中国のグレート・ファイアウォールを一枚板に運用しているわけではない」と述べ、中国のさまざまな場所にあるさまざまなインターネットサービスプロバイダ(北京のチャイナネットコム、上海のチャイナテレコム安徽省のさまざまなプロバイダ)のユーザーには、中国のWikipediaは安徽内でのみブロックされた[11]国境なき記者団は、ウィキペディアの管理者たちが自己検閲をしていないことを称賛した[12]

2006年11月10日、リー氏は、中国語版ウィキペディアが完全にブロック解除されたと報告した[13]。リー氏は数日後に完全なブロック解除を確認し、中国語版ウィキペディアでの新規アカウント作成率に基づいた効果の部分的な分析を提供した。ブロックを解除する前は、毎日300〜400の新しいアカウントが作成されていたが、ブロックが解除されてから4日間で新規登録の割合は3倍以上、つまり1日あたり1,200人以上になり、英語版に次いで2番目に急成長しているウィキペディアになった。同様に、11月6日の週には、前の週よりも75%多くの記事が作成された。中国語版ウィキペディアが記事数100,000を突破したのと同じ週末に、リー氏は、すぐに記事数200,000の突破が来ると予測したが、中国語版ウィキペディアの既存のユーザーは、新しいユーザーに基本的なウィキペディアの方針や規範を教えることで忙しかった[14]

2006年11月16日、ロイター通信は中国語版ウィキペディアのメインページは表示できるが、「6月4日の[1989年の抗議]」などのタブーな政治的主題に関するページは表示できないと報告した。 [15]しかし、その後の報告では、中国語版と英語版の両方へのアクセスが翌日の11月17日に再び封鎖されたことが示唆された[16]。2007年6月15日、英語版ウィキペディアの非政治的な記事へのアクセスが回復した。 [17] しかし、2007年9月6日、IDG Newsは、英語版ウィキペディアが再びアクセス封鎖されたと報道した[18]。2008年4月2日、 ザ・レジスターは、英語版および中国語版ウィキペディアへのアクセスの封鎖が再び解除されたと報道した[19][20]。 これはBBCによって確認され、 2008年の夏季オリンピック国際オリンピック委員会による大会中の報道の自由の要請について報告するために北京に到着した外国人ジャーナリストの文脈の中で行われた[21]。2008年9月、ジミー・ウェールズは、中国国家評議会情報局の副所長である蔡名照と会談した。合意はされていないが、ウェールズはウィキペディアのコミュニティと中国政府の間でコミュニケーションのチャネルが開かれたと信じていた[22]

2011年にAmerican Economic Reviewによって発表されたレポートによると、中国語版ウィキペディアがアクセス封鎖されると、ユーザーのグループサイズが減少しただけでなく、アクセスを封鎖されていないユーザーの貢献度も平均で42.8%減少した[23]

2012年には、政治記事を除いて、中国語と英語の両方のウィキペディアが中国でアクセス可能となった[24]。中国のユーザーが「機密性の高い」記事にアクセスまたは検索しようとすると、そのユーザーは数分から最大1時間の間ウィキペディアへのアクセスを制限されていた[25]

中国当局は、2013年5月31日に、WikipediaのHTTPSバージョンへのアクセス封鎖を開始した。HTTPバージョンは引き続き利用可能であったが、キーワードフィルタリングに対して脆弱であり、個々の記事を選択的にアクセス封鎖することが可能であった。 GreatFireは、ウィキペディアとユーザーに、ウィキペディアが所有する他のIPアドレスにHTTPSでアクセスしてアクセスの封鎖を回避するように促した[26]。 2013年、ジミー・ウェールズがウィキペディアは「5秒」の検閲を容認しないと述べた後、復旦大学のインターネット研究者であるシェン・イー氏は、「ウィキペディアは中国政府に対して厳しいが、アメリカ政府やヨーロッパ司法システムによる記事の改編や削除に対してはそれほど厳しくはないかもしれない」と述べた[27]

GreatFireによると、暗号化された中国語版ウィキペディアと暗号化されていない中国語版ウィキペディアの両方が2015年5月19日にアクセスが封鎖された[28]

2015年6月以降、すべてのWikipediaはHTTPリクエストをHTTPSアドレスにリダイレクトするようになったため、すべてのユーザーに暗号化が必須になり、中国ではサイトにアクセスすることができなくなる。その結果、中国の検閲官は、個人が閲覧している特定のページを確認できないため、過去数年間のように、ページの特定のサブセットをアクセスを封鎖することが困難となった[29]

ウェールズ氏は、2015年12月2日にクアラルンプールで開催されるLeadership Energy Summit Asia 2015で、2週間以内にサイトのロックを解除するよう中国政府に働きかけるために中国を訪問すると述べた。しかし、中国政府は、12月4日に、ウィキペディア全言語版へのアクセスを再び封鎖した[30]。多くの中国のインターネットユーザーがSNSなどに対するアクセス封鎖について不満を述べたが、そのほとんどは短期間で削除された[31]。 しかし、12月6日に再び中国内で、中国語以外のウィキペディアにアクセスすることが可能となった[32]

ウェールズ氏は、2015年12月17日、浙江省烏鎮で開催された世界インターネット会議で、中国サイバースペース管理局長のル・ウェイ氏と会った。ウェールズ氏は、彼らが出会ったのはこれが初めてであり、特定の問題についてのコンセンサスはなかったが、会議の目的は二人が「会い、お互いを知る」ことであったと述べた。ウェールズはウィキペディアとウィキメディアが世界でどのように機能しているかをウェイ氏に語り、ウェイ氏と中国のサイバースペース管理局と将来に定期的に会うことへの希望を表明した。記者が中国でのウィキペディアの安定した運営を維持するために、情報を隠すように命じたかどうか尋ねると、彼は「決して」と答えた[33]。だが、ウェールズ自身の言葉は検閲されていた。彼は、機械翻訳の改善により、将来にパネルディスカッション中に当局が情報の流れを制御することが「もはや不可能」になる可能性があると述べたが、中国語の翻訳では、彼の声明が、機械翻訳の改善は政府がオンラインでの通信をよりよく分析するのに役立つだろうというふうに変わっていた[34]

2019年4月23日、ウィキペディアの全版が再び中国でアクセス封鎖された[4][5][35]

2020年9月23日、世界知的所有権機関としてのWikimediaに関する申請は、中国の代表者が「一つの中国に違反する大量のコンテンツと情報を発見した」と主張し、中国政府によって拒否された。中国側は、ウィキメディアと提携しているウェブページで、台湾のウィキメディアが「政治活動を行っている ...これによって州の主権と領土保全が損なわれる可能性がある[36]」と主張した。

2020年10月24日、浙江省舟山市の地元警察は、「ウィキペディアを不法に訪問した」として中国市民を罰した[37][38][39]

2021年10月5日、中国政府はウィキメディア財団による世界知的所有権機関の要請を再び拒否した[40]

フランス編集

 
フランスの国内情報機関に記事の削除を命じられたはフランス語版ウィキペディア管理者のレミ・マティス英語版

フランスの治安情報機関である国内治安総局(略称DCRI)は、2013年4月、ピエール・シュール・オート軍事無線局 (frのウィキペディア記事を、フランス語版ウィキペディアボランティア管理者であり、フランスの居住者であるレミ・マティス英語版にを削除するよう圧力をかけ[41][42]、実際に削除を強要した。ウィキメディア財団は、軍事無線局の記事はオンラインで無料で入手できるフランスの地方テレビ局であるTélévisionLoire7が作成した2004年のドキュメンタリーの情報を反映していると主張し、DCRIに記事のどの部分が問題を引き起こしているのかを尋ねた[41][43]。しかし、DCRIは削除要求の詳細を提供することを拒否し、記事削除の要求を繰り返した。 2013年4月6日、ウィキメディア・フランス地区会は、

2013年4月4日、DCRIはその事務所にウィキペディアのボランティアを呼び出した。ページを削除できるツールへの接続を有する利用者のひとりであるそのボランティアは、要求に応じない場合は拘留・起訴されることを教えこまれ、DCRIの事務所において項目の削除を強要された。彼はDCRIに対してウィキペディアがどのように運営されているかを説明はしたものの、圧力のもとでは、項目を削除する以外の選択肢がなかった。彼は他のシステム・オペレーター[44]に対して、削除の復帰をしようとすれば、法的な責任が発生すると警告した。このボランティアは件の項目とは全く接点がなく、DCRIの事務所に入るまで、その項目を一度も編集したことがないのはおろか、存在自体も知らなかったのである。彼が選ばれたのは、彼がフランスにおいてウィキペディアとウィキメディアのプロジェクトの促進活動を定期的に行なっており、容易に身元が割れ、呼び出すことが可能だからであった。 — ウィキメディア・フランス地区会[45]

と主張した。

結局、この記事はスイスに住んでいた別の利用者によって復元された[45][46]。この記事は騒動によって、フランス語版ウィキペディアで最も読まれたページになり[47] 、2013年4月6日から7日の週末に12万回以上閲覧され[48]、更には各言語版に次々と翻訳されていった。 フランスの新聞20ミニュッツ[49]Ars Technica[47]そしてスラッシュドット[50]は、この騒動はストライサンド効果の実例であると指摘した。フランス内務省フランス通信社(AFP)に対し、この騒動についてコメントしないと述べた[51]

AFPの4月8日の記事は、この記事の削除はフランス語版ウィキペディアの記事が「核発射命令の伝達の連鎖に関連する資料」を侵害したことを理由に、「パリ検察庁の反テロリスト部門」が主導する「予備調査の一環として行われた」とした司法筋を引用した[52]

騒動後、TélévisionLoire7は、ウィキペディアの記事の基となった元の2004年のレポートはフランス軍の全面的な協力を得て撮影および放送されたものの、DCRIがそのレポートの削除を依頼することを予想していると発表した[53]。全国警察連合は、当局がフランス内のインターネットサービスプロバイダにウィキペディアの当該記事へのアクセスをブロックするよう命令することだと主張、提案したが[54]、フランスを拠点とする国境なき記者団は、 DCRIの行動を「悪い前例」として批判した[55]

ドイツ編集

ある裁判では、Wikipedia.de(ウィキメディアドイツが運営するインターネットドメイン)が実際のウィキペディアに接続することを禁じた。裁判所命令は、旧ドイツ民主共和国の諜報機関であるシュタージとの過去の関与に関する主張をめぐって政治家ルッツ・ハイルマンが提起した訴訟の一時的な差し止め命令であった[56]

イラン編集

ペンシルベニア大学グローバルコミュニケーション研究センター英語版が2013年11月に発表したレポートで、研究者のコリン・アンダーソンとニマ・ナゼリは80万のペルシア語版ウィキペディアの記事をスキャンし、イラン政府がその内963ページへのアクセスを封鎖していることを発見した。彼らによると、「検閲官は、反政府意見、少数派の宗教的信念、および州、当局者、警察への批判のあるウィキペディアのページを繰り返し検閲の標的にした。アクセス封鎖されたページの半分弱は伝記であり、当局が拘留または殺害したとされる個人に関するページも含まれている[57]」。アンダーソン氏によると、ペルシャ語版ウィキペディアは、イランのインターネットの縮図として「制限されているオンラインコンテンツを明らかにするのに便利な場所であり、より優れたインターネットに適用される制限されたキーワードに関するテーマとフィルタリングのルールを特定するための優れたテンプレート」であると述べた[58]。またマッシャブルによると、2014年5月、イラン政府はペルシャ語版ウィキペディアの最低2ページへのアクセスを封鎖した[59]

2015年、ウィキペディアサイトはHTTPSに移行し、イラン政府はそれを完全にアクセス封鎖するか、全くしないかのどちらかしか選択がなく、結局イラン政府は後者を選び、ウィキペディアへのアクセスが完全に解除された。ウィキメディア・コモンズは2016年前半にアクセスが封鎖されたが、それ以降は封鎖が解除されている[要出典]。2013年、イラン情報通信技術大臣は、イランのウィキペディアのコピーが作成されると発表した[60]イラン軍を支持するタスニム通信英語版は、ウィキペディアがスパイ活動を試み、シオニストから資金提供を受けていると非難した[61]AP通信によると、コロナ禍のウィキペディアへのアクセスはイランのネットワークで中断された[62]

ミャンマー編集

2021年2月21日、軍事クーデターに続いて、ミャンマーは、軍事政権の検閲の一環として、すべての言語でウィキペディアへのアクセスを封鎖した[63]

パキスタン編集

2006年3月31日、パキスタンでは、ムハンマド風刺漫画掲載問題に関する情報が記事に含まれていたため、Wikipedia.orgのドメイン全体が7時間アクセス封鎖された[64][65][66]

英語版ウィキペディアは、2010年5月、 みんなでムハンマドを描く日英語版をめぐる論争の最中に数日間パキスタン内でのアクセスを封鎖された[67][68]

ロシア編集

2010年代初頭以来、ロシア語版ウィキペディアとその編集者は、ロシア政府による全国的なアクセス封鎖やブラックリストの全国的な施行、インターネット検閲プロパガンダ、および偽情報などの脅威を数多く経験してきた[69][70][71][72][73][74]。最近では、ドンバス戦争[75][76][77][78]および2022年現在、ロシアのウクライナ侵攻などがある。

2013年4月5日、ロシア連邦通信・情報技術・マスコミ分野監督庁[79](別名ロスコムナゾール、以下監督庁)は、ウィキペディアがブラックリストに長い間登録されたことを認めた[80]。同日、監督庁はロシア語版ウィキペディアに対し「大麻喫煙ロシア語版」という記事を削除するよう命じ、対応しない場合は、ロシア語版ウィキペディア全体へのアクセスを封鎖するとした[81]。2013年11月頃に新しい法律が可決された後、ロシア内でのインターネット検閲はより一般的になり、政府は違法または子供に有害であると見なされるコンテンツへのアクセスを封鎖できるようになった[82]

2015年8月18日、監督庁は、ロシア語版ウィキペディア管理者に、大麻の一種であるチャラスロシア語版に関する記事を2015年8月21日までに削除するよう命じた[83]。この記事は、ロシアの地方裁判所によって、麻薬を作るための詳細な説明が含まれていることが判明し、違法であると見なされた[84]。 監督庁は、「ウィキペディアはHTTPSで運行されており、サイトの個々のページに制限することができず、サイト全体へのアクセスが封鎖される」と説明した[84][85]。差し迫ったアクセス封鎖を控え、NPウィキメディアロシアのディレクターは、科学記事と国連文書を使用して、論争の的となる点を取り除き、秩序を満たすために、記事はすでに迅速かつ適切に書き直されていると主張し[83][86]、またタイトルを「 ハシシru:Гашиш )」という記事に変更して保存しようとした。ウィキペディアの代表者は、アクセスが制限される場合、監督庁に対して検察庁に苦情を申し立て、訴えると述べた[87]。ただ、アクセス封鎖を予想したロシア語版ウィキペディアは、「ウィキペディアがアクセス封鎖された場合の対処法」というタイトルのリソースを公開した[86][88]。そして同年8月24日、監督庁はロシアのインターネットプロバイダーにウィキペディアへのアクセスを制限するよう指示した[83][87]。翌日8月25日の夜までに、ロシアのユーザーの約10〜20%はウィキペディアへのアクセスに何らかの問題があった[86][89]。そして同日、アクセス封鎖されたサイトのレジストリからチャラスの記事が削除され、監督庁は「連邦麻薬流通管理局から、裁判所命令の条件を満たす十分な編集が行われたことを知らされた」と説明した[88]

ウクライナ侵攻編集

2022年2月、ロシアのウクライナ侵攻の最初の週に、ロシアのウィキペディア編集者はプーチン主導のロシア政府による政治的検閲やロシア兵、ウクライナの民間人、子供たちなどの死者に関する記事の荒らしなどの試みがあることを読者に警告した[90]。3月1日、ロシア連邦通信・情報技術・マスコミ分野監督庁は、ロシア語版ウィキペディア上の2022年ロシアのウクライナ侵攻の記事(ロシア語版: Вторжение России на Украину (2022))をめぐってロシア語版ウィキペディアへのアクセスを封鎖すると脅迫した。監督庁は、この記事には「ロシア連邦のサービス要員と、子供を含むウクライナの民間人の間での多数の死傷者に関する報告」を含む「違法に配布された情報」が含まれていると主張した[91]

ウィキペディア自体のアクセス封鎖を脅迫することに加えて、同年3月11日、ベラルーシ内務省組織犯罪汚職対策組織GUBOPiKは、ロシアのウクライナ侵攻に関するウィキペディアの記事を編集していたマルク・ベルンシュテインの身柄を「反ロシア資料を拡散」することがロシアのフェイクニュース対策法に違反しているとして拘束した[92]。彼は、ロシア語版ウィキペディア上の「2022年ロシアのウクライナ侵攻」の編集を行っていて、前日の3月10日にメッセンジャーアプリ「Telegram」に開設されたチャンネル「Мракоборец」において個人情報を晒されていた。

サウジアラビア編集

 
サウジアラビアISPがWebサイトをブロックしている例

2006年7月11日、サウジアラビア政府は、ウィキペディアとGoogle翻訳は性的および政治的にデリケートなコンテンツであると主張し、アクセスを封鎖した[93][94]。Google翻訳は、もともと封鎖されたサイトのフィルターを翻訳することで封鎖を抜けるために使用されていた[95][96]。現在ウィキペディアへのアクセスは可能だが、進化論についての記事など、ウィキペディア上の特定のページが2011年にサウジアラビア政府によって検閲されたと報告されている[97][98]。HTTPSによる暗号化は、これらのページの検閲をより困難にし、今ではウィキペディア上の記事ががまだアクセス封鎖されているという証拠はない[98]

また、サウジアラビアのウィキペディア管理者も、寄稿者に関する情報を収集しようとする政府の力にさらされている。

シリア編集

アラビア語版ウィキペディアへのアクセスは、2008年4月30日から2009年2月13日までシリア内でアクセス封鎖されたが、他言語版へのアクセスは可能であった[99][100]

チュニジア編集

ウィキペディアは、2006年11月23日から27日までチュニジア内でアクセス封鎖された[101]

トルコ編集

2017年4月29日の早朝、監視グループのトルコブロックスは、トルコ全土においてウィキペディア全言語版へのアクセスの遮断を特定した[102][103]。このアクセス封鎖は、トルコ当局がウィキペディアに「テロを支持し、トルコをテログループにリンクさせる作家によるコンテンツを削除する」ことを要求し、政府が満足のいく応答を受け取らなかった後に発生した[104]

以前は、トルコ政府はトルコ語版ウィキペディア上の性的および政治的な記事のみ検閲をしていた。トルコのインターネットプロバイダーの一つであるTTNETは、ウィキペディアが壊れていると推測したが、ウィキメディア財団のキャサリン・マーは、事実ではないと主張した[105]

2019年12月、トルコ憲法裁判所英語版は、2年半に及ぶウィキペディアに対するアクセス封鎖は違憲であるとの判決を下した。そして2020年1月15日、トルコ内でのウィキペディアへのアクセスが回復していることがウィキメディア財団に報告された[106][107]

イギリス編集

2008年12月、英国を拠点とする非政府組織であるインターネット監視財団英語版(Internet Watch Foundation, IWF)は、アルバムカバーの画像と児童ポルノの違法性を理由に、英語版ウィキペディアヴァージン・キラーの記事をインターネットブラックリストに追加した。この画像はIWFによって、法的な懸念の最低レベルであると評価されていた「エロティックなポーズをとっているものの性的な行為には全く関わっていない」といったものであった[108]。その結果、多くの主要な英国のISPを使用する人々は、児童ポルノなどのアクセスを封鎖するクリーンフィードシステムによって記事自体を表示できなくなり[108][109][110]、英国大部分はウィキペディアの編集ができなくなった。ウィキメディア財団による抗議[111]および一般の苦情[112]も出始め、IWFは3日後に決定を覆し、海外でホストされている同じ画像のコピーへのアクセスを封鎖しないことを確認した[113]

ウズベキスタン編集

2007年と2008年の2回、ウィキペディア全体がウズベキスタンで一時的にアクセス封鎖された[114]。2012年2月下旬のウズベク語版ウィキペディアのアクセス封鎖は、国際的な報道機関の注目を集めた[115]。 ウズベク語版ウィキペディアにアクセスしようとしているウズベキスタンのネットユーザーは、 MSNにリダイレクトされた。しかしウズベク語の記事のみがブロックされたため、ウズベキスタンのユーザーは、他の言語でウィキペディアの記事を簡単に開くことができた[116]

ベネズエラ編集

2019年1月12日の夕方、インターネットの監視をするネットブロックスが、ベネズエラ内でウィキペディアの全判がアクセス封鎖されているという技術的証拠を収集した。封鎖は、国内最大の電気通信プロバイダーであるCANTVによって実施されていた。 ネットブロックスは、電気通信インフラストラクチャに影響を与える主要なネットワークの混乱を特定し、過去24時間のベネズエラ人の通信および情報へのアクセスに影響を与える他の制限と一致していたことを発見した。また、収集されたデータは、多くのローカルサイトが最近制限されたことを示しており、国内での危機がネット検閲の強化体制の根本的な原因である可能性があることを示している[117][118][119]

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Clark (2017年). “Analyzing Accessibility of Wikipedia Projects Around the World” (英語). Berkman Klein Center. 2018年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月20日閲覧。
  2. ^ “Why was Pell's conviction kept secret?” (英語). BBC. (2019年2月26日). オリジナルの2019年9月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190918213406/https://www.bbc.com/news/world-australia-47366083 2019年9月22日閲覧。 
  3. ^ en:Wikipedia:Wikipedia_Signpost/2019-08-30/Op-Ed (old revision 913871017)
  4. ^ a b Gandolfo, Ryan. “Wikipedia Currently Down in China”. That's Beijing. オリジナルの2019年4月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190424081614/http://www.thatsmags.com/beijing/post/27660/wikipedia-currently-down-in-china 2019年4月24日閲覧。 
  5. ^ a b Sukhbir Singh (2019年5月4日). “China is now blocking all language editions of Wikipedia”. Open Observatory of Network Interference. 2019年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月7日閲覧。 “The following chart, based on OONI data, illustrates that multiple language editions of Wikipedia have been blocked in China as of April 2019. ... OONI measurements show that many of these Wikipedia domains were previously accessible, but all measurements collected from 25 April 2019 onwards present the same DNS anomalies for all Wikipedia sub-domains. ... Based on these tests, we were able to conclude that China Telecom does in fact block all language editions of Wikipedia by means of both DNS injection and SNI filtering.”
  6. ^ 【新聞大解讀】美中貿易戰延燒 川普封殺華為對中再補一槍! 2019.05.16. Youtube. Public Television Service. 16 May 2019. 2019年5月20日閲覧在中國境內所有的維基百科今天都被封閉都被關閉了
  7. ^ a b c d e Pan, Philip (2006年2月20日). “Reference Tool on Web Finds Fans, Censors”. The Washington Post (Beijing). オリジナルの2011年8月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110805062805/http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/02/19/AR2006021901335.html 2011年12月23日閲覧。 
  8. ^ Montopoli, Brian (2006年11月30日). “Is Wikipedia China Really Wikipedia?”. CBS News. Associated Press. オリジナルの2011年8月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110804234729/http://www.cbsnews.com/8301-500486_162-2218394-500486.html 2011年12月23日閲覧。 
  9. ^ Alert: Authorities block access to online encyclopaedia”. International Freedom of Expression Exchange (2005年10月21日). 2011年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月23日閲覧。
  10. ^ Cohen, Noam (2006年10月16日). “Chinese Government Relaxes Its Total Ban on Wikipedia”. The New York Times. オリジナルの2019年2月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190220083229/https://www.nytimes.com/2006/10/16/technology/16wikipedia.html 2011年12月23日閲覧。 
  11. ^ China PARTIALLY unblocks Wikipedia”. andrewlih.com blog. 2006年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年12月24日閲覧。
  12. ^ “China 'unblocks' Wikipedia site”. BBC News. (2006年11月16日). オリジナルの2012年3月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120326081458/http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/6154444.stm 2011年12月23日閲覧。 
  13. ^ Chinese Wikipedia now fully unblocked?”. andrewlih.com blog. 2007年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年12月24日閲覧。
  14. ^ Chinese Wikipedia's Surge in Growth”. andrewlih.com blog. 2007年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年12月24日閲覧。
  15. ^ “Wikipedia unblocked in China after year-long ban”. Reuters. オリジナルの2012年3月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120309023026/http://news.oneindia.in/2006/11/16/wikipedia-unblocked-in-china-after-year-long-ban-1163687797.html 2006年12月24日閲覧。 
  16. ^ The Nanny changes her mind: Wikipedia blocked again”. DANWEI. 2007年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年12月24日閲覧。
  17. ^ English Wikipedia unblocked in China”. 2007年6月20日閲覧。
  18. ^ Schwankert, Steven (2007年9月6日). “Wikipedia Blocked in China Again”. IDG News via PCworld. オリジナルの2007年11月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071123035951/http://www.pcworld.com/article/id,136879-c,sites/article.html 2008年1月26日閲覧。 
  19. ^ Barak, Sylvie (2008年4月3日). “China uncensors Wikipedia”. The Inquirer. オリジナルの2008年4月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080406233620/http://www.theinquirer.net/gb/inquirer/news/2008/04/03/china-uncensors-wikipedia 2008年4月3日閲覧。 
  20. ^ Cade Metz (2008年7月31日). “Chinese net censors unblock BBC, Wikipedia”. The Register. 2008年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月31日閲覧。
  21. ^ "Beijing unblocks BBC Chinese site" Archived 5 August 2008 at the Wayback Machine., BBC, 31 July 2008
  22. ^ Wikipedia's Jimmy Wales meets China's censors”. Rconversation.blogs.com (2008年10月1日). 2011年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月13日閲覧。
  23. ^ Group Size and Incentives to Contribute: A Natural Experiment at Chinese Wikipedia Archived 17 December 2021 at the Wayback Machine., Xiaoquan (Michael) Zhang, Feng Zhu. American Economic Review. Jun 2011, Vol. 101, No. 4: Pages 1601–1615
  24. ^ Wikipedia founder caps off MSE Symposium”. The Johns Hopkins News-Letter (2012年11月15日). 2013年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月23日閲覧。
  25. ^ "Academics break the Great Firewall of China" Archived 2 December 2013 at the Wayback Machine., Tom Espiner, ZDNet, 4 July 2006
  26. ^ McMillan, Graeme (4 June 2013) "Chinese authorities apparently started blocking access to the site this past May 31" Archived 9 June 2013 at the Wayback Machine., Digital Trends.
  27. ^ "维基百科:宁愿放弃中国业务 网络审查"5秒都不行" Archived 22 February 2014 at the Wayback Machine. ("Wikipedia would rather give up business in China than tolerate '5 seconds of Internet Censorship' "), Global Times, 13 August 2013.
  28. ^ Smith, Charlie (2015年6月18日). “We Had Our Arguments, But We Will Miss You Wikipedia”. Huffington Post (United States). オリジナルの2015年6月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150619083431/http://www.huffingtonpost.com/charlie-smith/we-had-our-arguments-but-_b_7610130.html 2015年6月19日閲覧。 
  29. ^ Interview with Jimmy Wales, founder of Wikipedia and Wikia 5:18”. YouTube.com (2017年10月26日). 2020年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月12日閲覧。
  30. ^ “China has blocked Wikipedia again”. PixelsTech.net. (2015年12月5日). オリジナルの2015年12月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151208051317/http://www.pixelstech.net/article/1449361467-China-has-blocked-Wikipedia-again 2015年12月6日閲覧。 
  31. ^ “基金会全站IP被墙 维基百科所有语言全面阵亡”. China Digital Times. (2015年12月4日). オリジナルの2015年12月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151228200023/http://chinadigitaltimes.net/chinese/2015/12/%E5%9F%BA%E9%87%91%E4%BC%9A%E5%85%A8%E7%AB%99ip%E8%A2%AB%E5%A2%99-%E7%BB%B4%E5%9F%BA%E7%99%BE%E7%A7%91%E6%89%80%E6%9C%89%E8%AF%AD%E8%A8%80%E5%85%A8%E9%9D%A2%E9%98%B5%E4%BA%A1/ 2015年12月29日閲覧。 
  32. ^ “维基创始人:向鲁炜介绍了运作模式 不知为何在内地被禁”. South China Morning Post. (18 December 2015). http://www.nanzao.com/sc/national/151b35d2ba62d9d/wei-ji-chuang-shi-ren-xiang-lu-wei-jie-shao-liao-yun-zuo-mo-shi-bu-zhi-wei-he-zai-nei-di-bei-jin 2015年12月29日閲覧。. 
  33. ^ 楊立贇 (Yeung L.) (17 December 2015). “維基百科創辦人稱永不以審查換解禁 今首晤網信辦未達共識”. Ming Pao. http://news.mingpao.com/ins/instantnews/web_tc/article/20151217/s00004/1450326332419 2015年12月17日閲覧。. 
  34. ^ Areddy, James T. (17 December 2015). “Anti-Wikipedian Translation at China's Internet Conference”. WSJ. https://blogs.wsj.com/chinarealtime/2015/12/17/anti-wikipedian-translation-at-chinas-internet-conference/ 2015年12月29日閲覧。. 
  35. ^ “Wikipedia blocked in China in all languages”. BBC News. (2019年5月14日). オリジナルの2019年5月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190515001341/https://www.bbc.com/news/technology-48269608 2019年5月15日閲覧。 
  36. ^ Hui (2020年9月25日). “Beijing blocked Wikimedia from a UN agency because of "Taiwan-related issues"”. Quartz. 2020年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月25日閲覧。
  37. ^ “行政处罚结果信息公开”. the People's Government of Zhejiang Province. オリジナルの2020年10月29日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20201029033449/http://www.zjzwfw.gov.cn/zjzw/punish/frontpunish/detail.do?unid=A3309026100002020105096&webid=21&guid=3C2774BA00524546AF9EF97DEBEEACBA 
  38. ^ “民众翻墙上维基查资料,遭警方登门逮捕并行政处罚”. China Digital Times. (2020年10月28日). オリジナルの2020年10月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201029122603/https://chinadigitaltimes.net/chinese/2020/10/%E3%80%90%E7%AB%8B%E6%AD%A4%E5%AD%98%E7%85%A7%E3%80%91%E6%B0%91%E4%BC%97%E7%BF%BB%E5%A2%99%E4%B8%8A%E7%BB%B4%E5%9F%BA%E6%9F%A5%E8%B5%84%E6%96%99%EF%BC%8C%E9%81%AD%E8%AD%A6%E6%96%B9%E7%99%BB%E9%97%A8/ 2020年10月29日閲覧。 
  39. ^ VanderKlippe (2020年10月29日). “China cracks down on use of unsanctioned foreign websites and social media”. The Globe and Mail. 2021年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月26日閲覧。
  40. ^ China again blocks Wikimedia Foundation's accreditation to World Intellectual Property Organization”. Wikimedia Foundation (2021年10月5日). 2021年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月7日閲覧。
  41. ^ a b Willsher (2013年4月7日). “French secret service accused of censorship over Wikipedia page”. The Guardian. 2019年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月7日閲覧。
  42. ^ Kleinz (2013年4月6日). “Französischer Geheimdienst verlangt Löschung eines Wikipedia-Artikels” (ドイツ語). Heise Online. Heise. 2019年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月5日閲覧。
  43. ^ Poncet, Guerric (2013年4月9日). “Wikipédia et DCRI : la chaîne locale "s'attend" à être censurée” (フランス語). Le Point (Paris). オリジナルの2017年10月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171022032824/http://www.lepoint.fr/chroniqueurs-du-point/guerric-poncet/wikipedia-et-dcri-la-chaine-locale-s-attend-a-etre-censuree-09-04-2013-1652341_506.php 2013年4月9日閲覧。 
  44. ^ 訳註:管理ボランティアの一。
  45. ^ a b “French homeland intelligence threatens a volunteer sysop to delete a Wikipedia Article” (プレスリリース), Wikimédia France, (2013年4月6日), オリジナルの2013年4月17日時点におけるアーカイブ。, https://www.webcitation.org/6FwfdN84Z?url=http://blog.wikimedia.fr/dcri-threat-a-sysop-to-delete-a-wikipedia-article-5493 2013年4月6日閲覧。 
  46. ^ La DCRI accusée d'avoir illégalement forcé la suppression d'un article de Wikipédia Archived 21 June 2019 at the Wayback Machine. – Le Monde, 6 April 2013 (フランス語)
  47. ^ a b Geuss, Megan (2013年4月6日). “Wikipedia editor allegedly forced by French intelligence to delete "classified" entry”. Arstechnica. オリジナルの2013年4月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130408210234/http://arstechnica.com/tech-policy/2013/04/wikipedia-editor-allegedly-forced-by-french-intelligence-to-delete-classified-entry/ 2013年4月7日閲覧。 
  48. ^ Wikipedia article traffic statistics for 'Station hertzienne militaire de Pierre-sur-Haute'”. stats.grok.se. 2013年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月10日閲覧。
  49. ^ “La DCRI accusée d'avoir fait pression pour obtenir la suppression d'un article Wikipedia” (フランス語). 20 minutes. (2013年4月6日). オリジナルの2013年4月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130408233040/http://www.20minutes.fr/web/1132567-20130406-dcri-accusee-avoir-exige-suppression-article-wikipedia 2013年4月9日閲覧。 
  50. ^ saibot834 (2013年4月6日). “French intelligence agency forces removal of Wikipedia entry”. Slashdot. 2013年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月7日閲覧。
  51. ^ “La DCRI accusée d'avoir fait supprimer un article sur Wikipedia” (フランス語). Agence France-Presse. (2013年4月6日). オリジナルの2013年4月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130409033035/http://tempsreel.nouvelobs.com/societe/20130406.AFP8963/la-dcri-accusee-d-avoir-fait-supprimer-un-article-sur-wikipedia.html 2013年4月9日閲覧。 
  52. ^ CP; Huet, Anne-Claire (2013年4月8日). “Le retrait de l'article Wikipedia demandé dans le cadre d'une enquête préliminaire” (フランス語). La Chaîne Info. オリジナルの2013年4月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130408205540/http://lci.tf1.fr/france/faits-divers/le-retrait-de-l-article-wikipedia-demande-dans-le-cadre-d-une-enquete-7917906.html 2013年4月9日閲覧。 
  53. ^ Poncet, Guerric (2013年4月10日). “Wikipédia et DCRI : la chaîne locale "s'attend" à être censurée” (フランス語). Le Point. オリジナルの2017年10月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171022032824/http://www.lepoint.fr/chroniqueurs-du-point/guerric-poncet/wikipedia-et-dcri-la-chaine-locale-s-attend-a-etre-censuree-09-04-2013-1652341_506.php 2013年4月9日閲覧。 
  54. ^ Poncet, Guerric (2013年4月10日). “Un syndicat de police évoque le filtrage de Wikipédia” (フランス語). Le Point. オリジナルの2013年4月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130412045908/http://www.lepoint.fr/chroniqueurs-du-point/guerric-poncet/un-syndicat-de-police-demande-le-filtrage-de-wikipedia-10-04-2013-1652817_506.php 2013年4月10日閲覧。 
  55. ^ Poncet, Guerric (2013年4月10日). “RSF dénonce les 'manoeuvres de la DCRI' contre Wikipédia” (フランス語). Le Point. オリジナルの2013年4月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130412214036/http://www.lepoint.fr/chroniqueurs-du-point/guerric-poncet/rsf-denonce-les-manoeuvres-de-la-dcri-contre-wikipedia-10-04-2013-1652880_506.php 2013年4月10日閲覧。 
  56. ^ Efroni, Zohar (2008年11月16日). “German Court Orders to Block Wikipedia.de Due to Offending Article”. Center for Internet and Society Blog. Stanford University Law School. 2010年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月18日閲覧。
  57. ^ Anderson (2013年11月7日). “Citation Filtered: Iran's Censorship of Wikipedia”. Center for Global Communication Studies (University of Pennsylvania).[リンク切れ]
  58. ^ “How Iran Uses Wikipedia To Censor The Internet”. BuzzFeed. (2013年11月12日). オリジナルの2016年4月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160427075335/https://www.buzzfeed.com/charliewarzel/how-iran-uses-wikipedia-to-censor-the-internet 2017年8月25日閲覧。 
  59. ^ Iran blocks access to Google, Wikipedia: Report”. Times of India (2014年5月17日). 2014年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月17日閲覧。
  60. ^ Archived copy”. 2021年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月17日閲覧。
  61. ^ Archived copy”. 2021年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月17日閲覧。
  62. ^ ویکی‌پدیا فارسی به خاطر شیوع کرونا در ایران مختل شده است”. 2020年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月17日閲覧。
  63. ^ ANI (2021年2月21日). “Myanmar blocks Wikipedia in all languages, internet suspended: NetBlocks”. Business Standard India. オリジナルの2021年3月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210301093644/https://www.business-standard.com/article/international/myanmar-blocks-wikipedia-in-all-languages-internet-suspended-netblocks-121022100112_1.html 2021年4月2日閲覧。 
  64. ^ “Websites blocked, PTA tells SC: Blasphemous material”. Dawn. (2006年3月14日). オリジナルの2013年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130912053554/http://archives.dawn.com/2006/03/14/top16.htm 2013年6月5日閲覧。 
  65. ^ Pakistan Blocks Wikipedia”. Blogcritics (2006年3月31日). 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月13日閲覧。
  66. ^ Wikipedia Blocked in Pakistan for seven hours”. Karachi Metblogs (2006年3月31日). 2011年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月13日閲覧。
  67. ^ Ali (2010年5月20日). “Youtube, Wikipedia, Flickr blocked in Pakistan after Facebook”. 2016年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月28日閲覧。
  68. ^ “Pakistan blocks access to YouTube in internet crackdown”. BBC News. (2010年5月20日). オリジナルの2017年12月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171203223803/http://www.bbc.co.uk/news/10130195 2017年11月28日閲覧。 
  69. ^ “Russian Lawmakers Set to Debate Internet Blacklist”. RIA Novosti. (2012年7月6日). オリジナルの2012年7月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120708232112/http://en.rian.ru/russia/20120706/174427445.html 2012年7月10日閲覧。 
  70. ^ Забастовка Википедии на русском языке” (2012年7月10日). 2012年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月10日閲覧。
  71. ^ “Russian Wikipedia goes dark in protest at censor law”. BBC News. (2012年7月10日). オリジナルの2012年7月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120710191520/http://www.bbc.com/news/technology-18781869 2012年7月10日閲覧。 
  72. ^ “Wikipedia down in protest in Russia”. Euronews. (2012年7月10日). オリジナルの2012年7月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120712171605/http://www.euronews.com/2012/07/10/wikipedia-down-in-protest-in-russia/ 2012年7月10日閲覧。 
  73. ^ Andrew E. Kramer (2013年3月31日). “Russians Selectively Blocking Internet”. The New York Times. オリジナルの2013年4月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130404004908/http://www.nytimes.com/2013/04/01/technology/russia-begins-selectively-blocking-internet-content.html?_r=0 2013年4月8日閲覧。 
  74. ^ “Russian media regulator confirms Wikipedia blacklisted”. Russia Beyond the Headlines. (2013年4月5日). http://rbth.ru/news/2013/04/05/russian_media_regulator_confirms_wikipedia_blacklisted_24706.html 2013年4月8日閲覧。 
  75. ^ “Why Botter: How Pro-Government Bots Fight Opposition in Russia” (PDF). American Political Science Review (Cambridge and New York: Cambridge University Press on behalf of the American Political Science Association) 116 (1): 1–15. (February 2022). doi:10.1017/S0003055421001507. ISSN 1537-5943. LCCN 08-9025. OCLC 805068983. https://www.cambridge.org/core/services/aop-cambridge-core/content/view/D8A8A74976408CF7EC329827AFFFD3FC/S0003055421001507a.pdf/div-class-title-why-botter-how-pro-government-bots-fight-opposition-in-russia-div.pdf 2022年3月10日閲覧。. 
  76. ^ Sorokanich. “A Tweetbot Caught the Russian Gov't Editing Flight MH17 Wikipedia Info”. 2016年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧。
  77. ^ Dewey, Caitlin (2014年7月21日). “Flight MH17's Wikipedia page edited by Russian government; An IP address associated with Vladimir Putin's office has made multiple edits to the Wikipedia page for the MH17 flight page”. Toronto Star. The Washington Post. オリジナルの2018年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180612141246/https://www.thestar.com/news/world/2014/07/21/flight_mh17s_wikipedia_page_edited_from_ip_address_associated_with_putins_office.html 2016年8月10日閲覧。 
  78. ^ Zeveleva, Olga (2014年8月6日). “Knowledge is power: why is the Russian government editing Wikipedia?”. The Calvert Journal. オリジナルの2016年11月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161118071700/http://calvertjournal.com/comment/show/2967/wikipedia-russian-government-edits 2016年12月3日閲覧。 
  79. ^ ロシア連邦(Russian Federation)”. www.soumu.go.jp. 2022年3月19日閲覧。
  80. ^ “Russian media regulator confirms Wikipedia blacklisted”. Interfax. Russia Beyond The Headlines. (2013年4月5日). オリジナルの2021年12月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211217111314/https://www.rbth.com/news/2013/04/05/russian_media_regulator_confirms_wikipedia_blacklisted_24706.html 2013年4月9日閲覧。 
  81. ^ “Russia May Block Wikipedia Access Over Narcotics Article | RIA Novosti”. RIA Novosti. (2013年5月6日). オリジナルの2013年4月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130410031251/http://en.ria.ru/russia/20130405/180469665.html 2013年4月9日閲覧。 
  82. ^ “Russians Selectively Blocking Internet”. The New York Times. (2013年3月31日). オリジナルの2016年1月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160120173704/http://www.nytimes.com/2013/04/01/technology/russia-begins-selectively-blocking-internet-content.html?_r=1& 2017年2月21日閲覧。 
  83. ^ a b c “Роскомнадзор готов заблокировать "Википедию"”. Коммерсантъ. オリジナルの2019年8月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190804194543/https://www.kommersant.ru/doc/2794537 2019年8月4日閲覧。 
  84. ^ a b Russia threatens to block Wikipedia” (英語). The Independent (2015年8月21日). 2015年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月4日閲覧。
  85. ^ Роскомнадзор пригрозил "Википедии" блокировкой” (ロシア語). РИА Новости (2015年8月8日). 2019年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月4日閲覧。
  86. ^ a b c Спорную статью "Википедии" отредактировали сами пользователи”. govoritmoskva.ru (2015年8月25日). 2019年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月4日閲覧。
  87. ^ a b “Роскомнадзор предписал заблокировать страницу "Википедии"”. Коммерсантъ. オリジナルの2019年8月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190804194536/https://www.kommersant.ru/doc/2795488 2019年8月4日閲覧。 
  88. ^ a b “Роскомнадзор удалил статью "Википедии" из реестра запрещенных сайтов”. Коммерсантъ. オリジナルの2019年6月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190621070459/https://www.kommersant.ru/doc/2795794 2019年8月4日閲覧。 
  89. ^ Российские провайдеры начали блокировку "Википедии"” (ロシア語). РИА Новости (2015年8月25日). 2019年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月4日閲覧。
  90. ^ Cole, Samantha (1 March 2022). “Russia Threatens to Block Wikipedia for Stating Facts About Its War Casualties, Editors Say”. VICE (New York City: VICE Media). ISSN 1077-6788. OCLC 30856250. オリジナルの2 March 2022時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220302065323/https://www.vice.com/en/article/bvnpq5/russia-threatens-to-block-wikipedia-for-stating-facts-about-its-war-casualties-editors-say 2022年3月2日閲覧。. 
  91. ^ “Moscow threatens to block Russian-language Wikipedia over invasion article” (英語). National Post. (2022年3月1日). https://nationalpost.com/pmn/news-pmn/crime-pmn/moscow-threatens-to-block-russian-language-wikipedia-over-invasion-article 2022年3月2日閲覧。 
  92. ^ [1]
  93. ^ http://archive.arabnews.com/?page=1&section=0&article=85616&d=19&m=7&y=2006 Archived 7 August 2011 at the Wayback Machine.
  94. ^ Saudi Information Agency. Independent Saudi News”. 2012年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月23日閲覧。
  95. ^ Archived copy”. 2012年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月23日閲覧。 Hassna’a Mokhtar, Arab News 19 July 2006 (Archived copy”. 2011年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月23日閲覧。)
  96. ^ Archived copy”. 2012年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月23日閲覧。 SIA News Riyadh, 14 July 2006 (Archived copy”. 2012年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月23日閲覧。)
  97. ^ Zittrain, Jonathan L.; Tilton, Casey B.; Noman, Helmi; Morrison-Westphal, Ryan J.; Faris, Robert M.; Clark, Justin D. (2017). The Shifting Landscape of Global Internet Censorship (Thesis) (英語).
  98. ^ a b New Berkman Klein Center study examines global internet censorship”. Harvard Law Today (2017年6月29日). 2022年4月10日閲覧。
  99. ^ Institute for War and Peace Reporting (2008年6月3日). “Syrian youth break through internet blocks”. 2012年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月1日閲覧。
  100. ^ (アラビア語) Arabic Wikipedia Disappears From The Internet in Syria Archived 21 June 2019 at the Wayback Machine., Menassat, 19 May 2008 (English translation Archived 26 February 2019 at the Wayback Machine. )
  101. ^ "Tunisia: Censoring Wikipedia?" Archived 26 June 2015 at the Wayback Machine., Sami Ben Gharbia, Global Voices, 27 November 2006.
  102. ^ Wikipedia blocked in Turkey”. Turkey Blocks (2017年4月29日). 2017年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月1日閲覧。
  103. ^ “Turkish authorities block Wikipedia without giving reason”. BBC News. (2017年4月29日). オリジナルの2017年4月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170429112030/http://www.bbc.com/news/world-europe-39754909 2017年4月29日閲覧。 
  104. ^ “Wikipedia blocked across Turkey”. Hurriyet Daily News. (2017年4月29日). オリジナルの2017年8月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170806063604/http://www.hurriyetdailynews.com/wikipedia-blocked-in-turkey.aspx?pageID=238&nID=112556&NewsCatID=341 2017年4月29日閲覧。 
  105. ^ Vikipedi sansüre isyan etti” (トルコ語). BirGün (2015年6月19日). 2017年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月29日閲覧。
  106. ^ “Access to Wikipedia restored in Turkey after more than two and a half years” (プレスリリース), Wikimedia Foundation, (2020年10月16日), オリジナルの2020年1月16日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200116065452/https://wikimediafoundation.org/news/2020/01/16/access-to-wikipedia-restored-in-turkey-after-more-than-two-and-a-half-years/ 2020年1月16日閲覧。 
  107. ^ Erkoyun, Ezgi; Sezer, Can; Buter, Darren; Kucukgocmen, Ali (2020年1月15日). “Turkey ban on Wikipedia lifted after court ruling” (英語). Reuters World News (Reuters). オリジナルの2020年5月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200523232748/https://www.reuters.com/article/us-turkey-wikipedia/turkey-ban-on-wikipedia-set-to-be-lifted-after-court-ruling-issued-idUSKBN1ZE0BX?il=0 2020年1月16日閲覧。 
  108. ^ a b Arthur, Charles (2008年12月8日). “Wikipedia row escalates as internet watchdog considers censoring Amazon US over Scorpions image”. Guardian News and Media Limited. オリジナルの2013年9月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130905084947/http://www.theguardian.com/technology/2008/dec/08/amazon-internet-censorship-iwf 2008年12月8日閲覧。 
  109. ^ “Wikipedia child image censored”. BBC News. (2008年12月8日). オリジナルの2008年12月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081209052140/http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/7770456.stm 2008年12月8日閲覧。 
  110. ^ AP: Wikipedia article blocked in UK over child photo”. 2008年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月10日閲覧。
  111. ^ "Censorship in the United Kingdom disenfranchises tens of thousands of Wikipedia editors" Archived 29 September 2018 at the Wayback Machine., Wikimedia Foundation press release, 7 December 2008
  112. ^ ZDNet Archived 19 February 2009 at the Wayback Machine. cites "floods of angry users".
  113. ^ IWF statement regarding Wikipedia webpage”. Internet Watch Foundation. 2009年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月9日閲覧。
  114. ^ “Uzbekistan Blocks Its Wikipedia”. RIA Novosti. (2012年2月17日). オリジナルの2012年2月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120219215312/http://en.ria.ru/world/20120217/171367528.html 2012年2月21日閲覧。 
  115. ^ “The Uzbek Wikipedia is Blocked in Uzbekistan (In Uzbek)”. RFE/RL's Uzbek Service. (2012年2月16日). オリジナルの2012年5月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120528032610/http://www.ozodlik.org/content/article/24486333.html 2012年7月14日閲覧。 
  116. ^ “Wikipedia Articles in Uzbek Blocked”. RFE/RL's Uzbek Service. (2012年2月16日). オリジナルの2012年2月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120221030727/http://www.rferl.org/content/uzbek_wikipedia_blocked/24486460.html 2012年2月21日閲覧。 
  117. ^ Venezuela's crisis of political legitimacy has rocked Wikipedia – and might have led to its blocking · Global Voices” (英語). Global Voices (2019年1月15日). 2019年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月21日閲覧。
  118. ^ Wikipedia blocked in Venezuela as internet controls tighten” (英語). NetBlocks (2019年1月12日). 2019年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月13日閲覧。
  119. ^ “Venezuela Blocks Wikipedia After Maduro 'Ousted' From Article, Internet Watchdog Says” (英語). Haaretz. (2019年1月13日). オリジナルの2019年1月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190114021216/https://www.haaretz.com/world-news/internet-watchdog-venezuela-blocks-wikipedia-after-maduro-ousted-from-article-1.6831777 2019年1月13日閲覧。