ウェスリー・ムーディ

ウェスリー・アーサー・ムーディWesley Arthur Moodie, 1979年2月14日 - )は、南アフリカ共和国ダーバン出身の男子プロテニス選手。2005年ウィンブルドン選手権男子ダブルスで、ステファン・フースとペアを組んで優勝した。2009年全仏オープン男子ダブルスディック・ノーマンと組んだ準優勝もある。ATPツアーでシングルス1勝、ダブルス6勝を挙げた。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。自己最高ランキングはシングルス57位、ダブルス8位。

ウェスリー・ムーディ
Wesley Moodie
Tennis pictogram.svg
Wesley moodie.jpg
ウェスリー・ムーディ
基本情報
フルネーム Wesley Arthur Moodie
愛称 ウェス (Wes)
国籍  南アフリカ共和国
出身地 同・ダーバン
生年月日 (1979-02-14) 1979年2月14日(41歳)
身長 196cm
体重 91kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2000年
引退年 2011年
ツアー通算 7勝
シングルス 1勝
ダブルス 6勝
生涯通算成績 228勝203敗
シングルス 58勝70敗
ダブルス 170勝133敗
生涯獲得賞金 $2,455,112
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2006)
全仏 1回戦(2006)
全英 3回戦(2003)
全米 3回戦(2006)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(2008)
全仏 準優勝(2009)
全英 優勝(2005)
全米 ベスト8(2009・10)
優勝回数 1(英1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 57位(2005年10月10日)
ダブルス 8位(2009年8月3日)

来歴編集

ムーディは両親とも大学教員の家庭に生まれ、6歳からテニスを始めた。アメリカ合衆国アラバマ州の学生テニス選手としてプレーし、大学で文系準学士号を取得した後、2000年に21歳でプロ入りする。2002年から男子テニス国別対抗戦デビスカップ南アフリカ共和国代表選手に選ばれ、2003年ウィンブルドン選手権男子シングルスセバスチャン・グロジャンとの3回戦に進出したが、2005年ウィンブルドン選手権男子ダブルス優勝までは、ムーディは世界的には無名に近い選手だった。

2005年ウィンブルドン選手権男子ダブルスで、ムーディとステファン・フースは2回戦でマヘシュ・ブパシ/トッド・ウッドブリッジ組を6-3, 7-6, 6-3のストレートで破って波に乗る。長年にわたってダブルスの世界的名手として君臨したウッドブリッジは、この試合の敗戦を最後に現役を引退した。ムーディとフースは、準々決勝でマーク・ノールズ/ミカエル・ロドラ組、準決勝でヨナス・ビョルクマン/マックス・ミルヌイ組といった強豪ペアを連破し、決勝では第2シードのブライアン兄弟と対戦した。初めての決勝では、伏兵のムーディ/フース組がブライアン兄弟を7-6, 6-3, 6-7, 6-3で破って優勝した。これはムーディにとって、プロテニス経歴の初優勝であった。ウィンブルドン男子ダブルス優勝の3ヶ月後、ムーディはジャパン・オープン・テニス選手権で来日し、決勝戦でマリオ・アンチッチを1-6 7-6, 6-4の逆転で破って初優勝した。これが唯一のシングルスタイトルである。ムーディとフースは11月第2週の男子テニス年間最終戦テニス・マスターズ・カップのダブルスにも出場した。

2006年全米オープン男子シングルスではラファエル・ナダルとの3回戦に進出した。大会前年度優勝者として出場したジャパン・オープン・テニス選手権では、2回戦で世界ランキング1位のロジャー・フェデラーに4-6, 1-6のストレートで敗れた。2007年度はダブルスでトッド・ペリーと組んで2勝を挙げた。デビスカップ南アフリカ共和国代表選手としても、2008年まで7年連続出場を果たしている。

フースと組んだ2005年ウィンブルドン選手権優勝から4年後、ムーディは2009年全仏オープン男子ダブルスディック・ノーマンと組み、決勝に進出した。決勝では第3シードのルーカス・ドロウヒー/リーンダー・パエス組に6-3, 3-6, 2-6の逆転で敗れて準優勝になり、ムーディは4大大会男子ダブルス2冠のチャンスを逃した。この後ウィンブルドン選手権男子ダブルスでも、ノーマンと組んで4年ぶり2度目の準決勝に進み、第1シードのブライアン兄弟組に6-7, 6-7, 4-6で敗れた。

ムーディは2009年1月末のSAテニスオープンの予選敗退を最後に、ATPツアーのシングルスから撤退しダブルスに専念していたが、2011年ウィンブルドン選手権を最後に32歳で現役を引退した[1]

ATPツアー決勝進出結果編集

シングルス: 1回 (1勝0敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0-0)
テニス・マスターズ・カップ (0-0)
ATPマスターズシリーズ (0-0)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (1-0)
ATPインターナショナルシリーズ (0–0)
サーフェス別タイトル
ハード (1–0)
クレー (0-0)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2005年10月9日   東京 ハード   マリオ・アンチッチ 1–6, 7–6(9-7), 6–4

ダブルス: 13回 (6勝7敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2005年7月3日   ウィンブルドン   ステファン・フース   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
7–6(7-4), 6–3, 6–7(2-7), 6–3
準優勝 1. 2005年10月31日   バーゼル カーペット (室内)   ステファン・フース   アグスティン・カレリ
  フェルナンド・ゴンサレス
5–7, 5–7
準優勝 2. 2006年2月6日   デルレイビーチ ハード   クリス・ハガード   マーク・ノールズ
  ダニエル・ネスター
2–6, 3–6
優勝 2. 2007年1月7日   アデレード ハード   トッド・ペリー   ノバク・ジョコビッチ
  ラデク・ステパネク
6–4, 3–6, [15–13]
優勝 3. 2007年4月9日   バレンシア クレー   トッド・ペリー   イブ・アレグロ
  セバスティアン・プリエト
7–5, 7–5
準優勝 3. 2008年1月5日   ドーハ ハード   ジェフ・クッツェー   フィリップ・コールシュライバー
  ダビド・シュコフ
4–6, 6–4, [9–11]
優勝 4. 2008年4月20日   エストリル クレー   ジェフ・クッツェー   ジェイミー・マリー
  ケビン・ウリエット
6–2, 4–6, [10–8]
準優勝 4. 2008年11月3日   パリ ハード (室内)   ジェフ・クッツェー   ヨナス・ビョルクマン
  ケビン・ウリエット
2–6, 2–6
準優勝 5. 2009年5月17日   マドリード クレー   シーモン・アスペリン   ダニエル・ネスター
  ネナド・ジモニッチ
4–6, 4–6
準優勝 6. 2009年6月6日   全仏オープン クレー   ディック・ノーマン   ルーカス・ドロウヒー
  リーンダー・パエス
6–3, 3–6, 2–6
優勝 5. 2009年6月14日   ロンドン   ミハイル・ユージニー   マルセロ・メロ
  アンドレ・サ
6–4, 4–6, [10–6]
優勝 6. 2009年6月20日   スヘルトーヘンボス   ディック・ノーマン   ヨハン・ブラルンストロム
  ジャン=ジュリアン・ロイヤー
7–6(7-3), 6–7(8-10), [10–5]
準優勝 7. 2010年4月10日   ヒューストン クレー   ステファン・フース   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
3–6, 5–7

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A P WG Z# PO G S SF-B NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, P=開催延期
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, G=オリンピック金メダル, S=オリンピック銀メダル, SF-B=オリンピック銅メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 通算成績
全豪オープン LQ A LQ 1R LQ 2R LQ LQ 1–2
全仏オープン A A LQ A A 1R LQ LQ 0–1
ウィンブルドン LQ A 3R 1R LQ 1R LQ LQ 2–3
全米オープン A A 2R LQ 1R 3R LQ A 3–3

脚注編集

外部リンク編集