メインメニューを開く

ラデク・ステパネクRadek Štěpánek, チェコ語発音: [ˈradɛk ˈʃcɛpaːnɛk] ,1978年11月27日 - )は、チェコカルヴィナー出身の男子プロテニス選手。2012年全豪オープン男子ダブルス2013年全米オープン男子ダブルスで、インドリーンダー・パエスとペアを組んで優勝した選手である。ATPツアーでシングルス5勝、ダブルス18勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス8位、ダブルス4位。チェコの同僚選手たちからは“Steps”(ステップス)という愛称で呼ばれている。

ラデク・ステパネク
Radek Štěpánek
Tennis pictogram.svg
Stepanek RG16 (3) (26795911593).jpg
ラデク・ステパネク
基本情報
愛称 ステップス (Steps)
国籍  チェコ
出身地 同・カルヴィナー
生年月日 (1978-11-27) 1978年11月27日(41歳)
身長 185cm
体重 75kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1996年
引退年 2017年
ツアー通算 23勝
シングルス 5勝
ダブルス 18勝
生涯通算成績 697勝497敗
シングルス 384勝302敗
ダブルス 313勝197敗
生涯獲得賞金 $11,343,464
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2003・05・07・09・13)
全仏 4回戦(2008)
全英 ベスト8(2006)
全米 4回戦(2009)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(2012)
全仏 ベスト4(2007)
全英 ベスト4(2013)
全米 優勝(2013)
優勝回数 2(豪1・米1)
国別対抗戦最高成績
デビス杯 優勝(2012・13)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 8位(2006年7月10日)
ダブルス 4位(2012年11月12日)
獲得メダル
男子 テニス
オリンピック
2016 リオデジャネイロ 混合ダブルス

来歴編集

父親の手ほどきで3歳からテニスを始め、1996年にプロ入り。1999年4月、地元プラハ・オープンで同国のマルティン・ダムとペアを組んでダブルス初優勝。ステパネクの4大大会挑戦は、2002年ウィンブルドン選手権から始まる。初めてのウィンブルドンでは3回戦まで進出したが、それ以来なかなか成績が伸びなかった。同年の2002年全米オープン男子ダブルスで、ステパネクはイジー・ノバクとペアを組んで決勝に進出したが、マヘシュ・ブパシ/マックス・ミルヌイ組に3-6, 6-3, 4-6で敗れて準優勝になっている。

ダブルスではコンスタントに好成績を出していたステパネクだが、シングルス決勝の初進出はようやく2004年11月のパリ・マスターズになってからである。この大会はATPマスターズシリーズの1つに指定されている大規模なトーナメントだが、ステパネクはこの大舞台の決勝でマラト・サフィンに3-6, 6-7, 3-6で敗れ準優勝。2005年は2大会でシングルス準優勝がある。

2006年2月26日、ラデク・ステパネクはABNアムロ世界テニス・トーナメント決勝でクリストフ・ロクスを6-0, 6-3で破り、プロ入り10年目にしてATPツアー大会のシングルス初優勝を果たした。3ヶ月後、ハンブルク・マスターズ決勝ではトミー・ロブレドに敗れ準優勝。4大大会でも、2006年ウィンブルドンで自己最高のベスト8に入った。準々決勝ではヨナス・ビョルクマンと長い熱戦を繰り広げたが、6-7, 6-4, 7-6, 6-7, 4-6で惜敗した。

2007年7月第3週のファーマーズ・クラシックで男子ツアーのシングルス2勝目を達成。9月21日-23日、ステパネクは3年ぶりにデビスカップチェコ代表選手に起用され、「ワールドグループ・プレーオフ」の対スイス戦で3試合に出場した。第1試合でステパネクはロジャー・フェデラーに敗れたが、第3試合のダブルス戦と最終第5試合に勝ち、チェコ代表はワールドグループ残留を決めた。

2008年の主な成績は、全仏オープンで初めての4回戦進出があった。デビスカップでも、チェコ代表はワールドグループ準々決勝まで勝ち進み、ステパネクもワールドグループ1回戦・準々決勝の両方に起用された。11月に行われた男子ツアー年間最終戦のテニス・マスターズ・カップでは、故障で途中棄権をしたアンディ・ロディックの代役として急遽出場している。

2009年度はツアーでシングルス2勝、ダブルス1勝を獲得し、全米オープンで初の4回戦に進出した。

2011年8月のシティ・オープンでは決勝でガエル・モンフィスを6–4, 6–4で破り2年半ぶりのツアー5勝目を挙げた。

2012年全豪オープン男子ダブルスリーンダー・パエスと組み決勝に進出。決勝では4連覇を狙ったブライアン兄弟を7–6(1), 6–2で破り初の4大大会優勝を果たした。全米オープンではブライアン兄弟に敗れ準優勝している。スペインとのデビスカップ2012決勝では第1試合でダビド・フェレールに3-6, 4-6, 4-6で敗れたが、トマーシュ・ベルディハと組んだ第3試合のダブルスを制し通算2勝2敗で迎えた最終試合でステパネクはニコラス・アルマグロを6-4, 7-6(0), 3-6, 6-3で破りチェコは1980年(当時はチェコスロバキア)以来32年ぶりの優勝を果たした。

2013年全米オープン男子ダブルスではリーンダー・パエスと組んで決勝に進出した。アレクサンダー・ペヤ/ブルーノ・ソアレス組を6–1, 6–3で破り4大大会2勝目を挙げた。

ステパネクはオリンピックチェコ代表として、2008年北京五輪2012年ロンドン五輪2016年リオ五輪の3大会に出場している。リオ五輪の混合ダブルスでルーシー・ハラデツカと組み、3位決定戦でインドのサニア・ミルザ&ロハン・ボパンナ組を 6-1, 7-5 で破り銅メダルを獲得した。

ステパネクは2017年全豪オープンを最後に試合出場が無く、11月に現役引退を表明した。2018年はノバク・ジョコビッチのコーチを務める。

私生活編集

サッカーチェコ代表GKのヤロミール・ブラジェクはいとこである。

2006年11月、ステパネクはマルチナ・ヒンギスと婚約したが、2007年8月に婚約解消を発表した。2010年3月ニコル・バイディソバとの結婚を発表。2010年7月に挙式した。しかし2013年に離婚することを公表した。 その後、2018年にバイディソバと再婚し、6月に第一子女児が誕生した。

ATPツアー決勝進出結果編集

シングルス: 12回 (5勝7敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-2)
ATPワールドツアー・500シリーズ (2-1)
ATPワールドツアー・250シリーズ (3-4)
サーフェス別タイトル
ハード (5-3)
クレー (0-1)
芝 (0-0)
カーペット (0-3)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2004年11月1日   パリ カーペット (室内)   マラト・サフィン 3–6, 6–7(5), 3–6
準優勝 2. 2005年1月31日   ミラノ カーペット (室内)   ロビン・セーデリング 3–6, 7–6(2), 6–7(5)
準優勝 3. 2005年9月26日   ホーチミン カーペット (室内)   ヨナス・ビョルクマン 3–6, 6–7(4)
優勝 1. 2006年2月26日   ロッテルダム ハード (室内)   クリストフ・ロクス 6–0, 6–3
準優勝 4. 2006年5月21日   ハンブルク クレー   トミー・ロブレド 1–6, 3–6, 3–6
優勝 2. 2007年7月22日   ロサンゼルス ハード   ジェームズ・ブレーク 7–6(7), 5–7, 6–2
準優勝 5. 2008年2月24日   サンノゼ ハード   アンディ・ロディック 4–6, 5–7
優勝 3. 2009年1月11日   ブリスベン ハード   フェルナンド・ベルダスコ 3–6, 6–3, 6–4
優勝 4. 2009年2月15日   サンノゼ ハード (室内)   マーディ・フィッシュ 3–6, 6–4, 6–2
準優勝 6. 2009年2月22日   メンフィス ハード (室内)   アンディ・ロディック 5–7, 5–7
準優勝 7. 2010年1月10日   ブリスベン ハード   アンディ・ロディック 6–7(2), 6–7(7)
優勝 5. 2011年8月7日   ワシントンD.C. ハード   ガエル・モンフィス 6–4, 6–4

ダブルス: 33回 (18勝15敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 1999年4月26日   プラハ クレー   マルティン・ダム   マーク・ケイル
  ニコラス・ラペンティ
6–0, 6–2
優勝 2. 2001年4月9日   エストリル クレー   ミハル・タバラ   ドナルド・ジョンソン
  ネナド・ジモニッチ
6–4, 6–1
優勝 3. 2001年4月30日   ミュンヘン クレー   ペトル・ルクサ   ジャイミ・オンシンス
  ダニエル・オラサニック
5–7, 6–2, 7–6(5)
準優勝 1. 2001年8月25日   ロングアイランド ハード   レオシュ・フリエドル   ジョナサン・スターク
  ケビン・ウリエット
1–6, 4–6
準優勝 2. 2001年9月30日   香港 ハード   ペトル・ルクサ   カーステン・ブラーシュ
  アンドレ・サ
0–6, 5–7
優勝 4. 2001年10月14日   ウィーン ハード
(室内)
  マルティン・ダム   イジー・ノバク
  ダビド・リクル
6–3, 6–2
準優勝 3. 2002年2月17日   コペンハーゲン ハード
(室内)
  イジー・ノバク   ユリアン・ノール
  ミヒャエル・コールマン
6–7(8), 5–7
優勝 5. 2002年4月29日   ミュンヘン クレー   ペトル・ルクサ   ペトル・パラ
  パベル・ビズネル
6–0, 6–7(4), [11–9]
準優勝 4. 2002年9月6日   全米オープン ハード   イジー・ノバク   マヘシュ・ブパシ
  マックス・ミルヌイ
3–6, 6–3, 4–6
準優勝 5. 2002年10月13日   ウィーン ハード
(室内)
  イジー・ノバク   ジョシュア・イーグル
  サンドン・ストール
4–6, 3–6
優勝 6. 2003年1月27日   ミラノ カーペット (室内)   ペトル・ルクサ   トマーシュ・ツィブレツ
  パベル・ビズネル
6–4, 7–6(4)
準優勝 6. 2004年1月16日   オークランド ハード   イジー・ノバク   マヘシュ・ブパシ
  ファブリス・サントロ
6–4, 5–7, 3–6
優勝 7. 2004年2月16日   ロッテルダム ハード
(室内)
  ポール・ハンリー   ジョナサン・エルリック
  アンディ・ラム
5–7, 7–6(5), 7–5
優勝 8. 2004年7月12日   シュトゥットガルト クレー   イジー・ノバク   シーモン・アスペリン
  トッド・ペリー
6–2, 6–4
優勝 9. 2004年9月13日   デルレイビーチ ハード   リーンダー・パエス   ガストン・エトリス
  マルティン・ロドリゲス
6–0, 6–3
準優勝 7. 2004年10月10日   リヨン カーペット (室内)   ヨナス・ビョルクマン   ジョナサン・エルリック
  アンディ・ラム
6–7(2), 2–6
優勝 10. 2005年2月7日   マルセイユ ハード
(室内)
  マルティン・ダム   マーク・ノールズ
  ダニエル・ネスター
7–6(4), 7–6(5)
優勝 11. 2005年2月21日   ドバイ ハード   マルティン・ダム   ヨナス・ビョルクマン
  ファブリス・サントロ
6–2, 6–4
優勝 12. 2006年2月13日   マルセイユ ハード
(室内)
  マルティン・ダム   マーク・ノールズ
  ダニエル・ネスター
6–2, 6–7(4), [10–3]
準優勝 8. 2007年1月7日   アデレード ハード   ノバク・ジョコビッチ   ウェスリー・ムーディ
  トッド・ペリー
4–6, 6–3, [13–15]
準優勝 9. 2007年3月3日   ドバイ ハード   マヘシュ・ブパシ   ファブリス・サントロ
  ネナド・ジモニッチ
5–7, 7–6(3), [7–10]
優勝 13. 2009年2月15日   サンノゼ ハード
(室内)
  トミー・ハース   ロハン・ボパンナ
  ヤルコ・ニエミネン
6–2, 6–3
準優勝 10. 2010年8月8日   ワシントンD.C. ハード   トマーシュ・ベルディハ   マーディ・フィッシュ
  マーク・ノールズ
6–4, 6–7(7), [7–10]
優勝 14. 2012年1月26日   全豪オープン ハード   リーンダー・パエス   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
7–6(1), 6–2
優勝 15. 2012年3月31日   マイアミ ハード   リーンダー・パエス   マックス・ミルヌイ
  ダニエル・ネスター
3–6, 6–1, [10–8]
準優勝 11. 2012年9月7日   全米オープン ハード   リーンダー・パエス   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
3–6, 4–6
準優勝 12. 2012年10月7日   東京 ハード   リーンダー・パエス   アレクサンダー・ペヤ
  ブルーノ・ソアレス
3–6, 6–7(5)
優勝 16. 2012年10月14日   上海 ハード   リーンダー・パエス   マヘシュ・ブパシ
  ロハン・ボパンナ
6-7(7), 6-3, [10-5]
準優勝 13. 2013年8月4日   ワシントンD.C. ハード   マーディ・フィッシュ   ジュリアン・ベネトー
  ネナド・ジモニッチ
6-7(5), 5-7
優勝 17. 2013年9月8日   全米オープン ハード   リーンダー・パエス   アレクサンダー・ペヤ
  ブルーノ・ソアレス
6–1, 6–3
優勝 18. 2015年7月26日   ボゴタ ハード   エドゥアール・ロジェ=バセラン   マテ・パビッチ
  マイケル・ヴィーナス
7–6, 6–3
準優勝 14. 2016年1月30日   全豪オープン ハード   ダニエル・ネスター   ジェイミー・マリー
  ブルーノ・ソアレス
6-2, 4-6, 5-7
準優勝 15. 2017年1月6日   ドーハ ハード   バセク・ポシュピシル   ジェレミー・シャルディー
  ファブリス・マルタン
4–6, 6–7(3)

デビスカップ編集

優勝 (2)編集

  チェコチーム ラウンド/相手
2012年 トマーシュ・ベルディハ
ラデク・ステパネク
ルカシュ・ロソル
イボ・ミナール
フランティシェク・チェルマク
1R:チェコ 4–1 イタリア
QF: チェコ 4–1 セルビア
SF: チェコ 4–1 アルゼンチン
FN: チェコ 3–2 スペイン
2013年 トマーシュ・ベルディハ
ラデク・ステパネク
ルカシュ・ロソル
ヤン・ハジェク
イジー・ベセリー
1R: スイス 2–3 チェコ
QF: カザフスタン 1–3 チェコ
SF: チェコ 3–2 アルゼンチン
FN: セルビア 2–3 チェコ

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 通算成績
全豪オープン LQ A A 3R 2R 3R 2R 3R 1R 3R 1R 2R 1R 3R 1R A 2R 2R 15–14
全仏オープン A A LQ 2R 1R 3R 3R 2R 4R 3R A 1R 1R 1R 3R 2R 1R A 14–13
ウィンブルドン LQ LQ 3R 3R 2R 2R QF 1R 3R 4R A 1R 3R 2R 2R 1R 1R A 19–14
全米オープン LQ A 1R 3R 1R 2R A 2R 3R 4R 1R 2R 1R 1R 1R 1R 1R A 10–13

外部リンク編集