メインメニューを開く

フィリップ・コールシュライバー

フィリップ・エーベルハルト・ヘルマン・コールシュライバー(Philipp Eberhard Hermann Kohlschreiber, 1983年10月16日 - )は、ドイツアウクスブルク出身の男子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス16位、ダブルス51位。これまでにATPツアーでシングルス8勝、ダブルス7勝を挙げている。身長178cm。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。

フィリップ・コールシュライバー
Philipp Kohlschreiber
Tennis pictogram.svg
Kohlschreiber MA14 (13) (14424779922).jpg
フィリップ・コールシュライバー
基本情報
フルネーム Philipp Eberhard
Hermann Kohlschreiber
愛称 コーリィ
国籍 ドイツの旗 ドイツ
出身地 同・アウクスブルク
生年月日 (1983-10-16) 1983年10月16日(36歳)
身長 178cm
体重 70kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2001年
ツアー通算 15勝
シングルス 8勝
ダブルス 7勝
生涯獲得賞金 12,770,134 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2005・08・12)
全仏 4回戦(2009・13)
全英 ベスト8(2012)
全米 4回戦(2012-14・17・18)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(2005-07)
全仏 1回戦(2007)
全英 1回戦(2006)
全米 1回戦(2005-07・11)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 16位(2012年7月30日)
ダブルス 51位(2008年11月10日)
2018年9月4日現在

経歴編集

ガソンリンスタンドでオペレーターとして働く父と幼稚園教諭の母の間に生まれ、4歳からテニスを始める。2001年にプロ入り。2004年からトップ100位以内に定着し始め、翌2005年にはベトナム・オープンのダブルスでツアー初優勝を遂げ、2006年もオーストリア・オープンでダブルス2勝目を挙げる。とはいえ、シングルスでは2005年全豪オープンでの4回戦進出以降なかなか上位に食い込めず、長らくニコラス・キーファートミー・ハースの後塵を拝していた。

2007年にコールシュライバーは更なる躍進を見せる。同年4月、地元ドイツでのBMWオープンミハイル・ユージニーを2-6, 6-3, 6-4で下しシングルス初優勝を遂げると、ユージニーと組んで出場したダブルスでも優勝し、同大会で単複優勝を果たす。

2008年もその好調は続き、年初のハイネケン・オープンでシングルス2勝目を挙げると、全豪オープン3回戦で当時世界ランク6位、第6シードのアンディ・ロディックを試合時間3時間50分、6-4, 3-6, 7-6, 6-7, 8-6の激戦の末下し、2005年以来2度目の4回戦進出を果たす。4回戦ではヤルコ・ニエミネンに敗れた。

2009年全仏オープンの3回戦で第4シードノバク・ジョコビッチを6-4, 6-4, 6-4で破り全仏では初の4回戦進出を果たした。トミー・ロブレドに4-6, 7-5, 6-7, 2-6で敗れ4大大会初のベスト8進出を逃した。

2011年ゲリー・ウェバー・オープンでシングルス5度目の決勝に進出。ドイツ対決となったフィリップ・ペッシュナーが途中棄権したことにより優勝。3年ぶりのシングルスツアー3勝目を挙げた。2012年のBMWオープンマリン・チリッチを7–6(8), 6–3で破りツアー4勝目を挙げた。 同年のウィンブルドンではキャリア初の4大大会でのベスト8に進出。準々決勝ではジョー=ウィルフリード・ツォンガに6-7(5), 6-4, 6-7(3), 2-6で敗れた。

2012年からは主に得意としてるクレーコートで実力を発揮し、2016年のBMWオープンでは決勝でこの年2勝をあげていたドミニク・ティームに対し7-6(7), 4-6, 7-6(4)で下した。

2017年のドバイ・テニス選手権の準々決勝では世界ランク1位のアンディ・マリー相手に7回のマッチポイントを迎えるも、7-6(4), 6-7(18), 1-6で敗れた。第2セットのタイブレークの18-20のスコアは史上最高タイで、1991年以来史上6度目である[1]

記録編集

※オープン化以降

タイブレーク史上最高スコアタイ 18-20
2017年ドバイ・テニス選手権準々決勝、対アンディ・マリー戦第2セット。1991年以来6度目。

ATPツアー決勝進出結果編集

シングルス: 17回 (8勝9敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-0)
ATPワールドツアー・250シリーズ (8-9)
サーフェス別タイトル
ハード (1-2)
クレー (6-5)
芝 (1-2)
カーペット (0-0)
サーフェス別タイトル
屋外 (8-8)
室内 (0-1)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2007年4月30日   ミュンヘン クレー   ミハイル・ユージニー 2–6, 6–3, 6–4
優勝 2. 2008年1月12日   オークランド ハード   フアン・カルロス・フェレーロ 7–6(4), 7–5
準優勝 1. 2008年6月15日   ハレ   ロジャー・フェデラー 3–6, 4–6
準優勝 2. 2009年9月27日   メス ハード(室内)   ガエル・モンフィス 6–7(1), 6–3, 2–6
優勝 3. 2011年6月12日   ハレ   フィリップ・ペッシュナー 7–6(5), 2–0 途中棄権
優勝 4. 2012年5月6日   ミュンヘン クレー   マリン・チリッチ 7–6(8), 6–3
準優勝 3. 2012年7月28日   キッツビュール クレー   ロビン・ハーセ 7–6(2), 3–6, 2–6
準優勝 4. 2013年1月12日   オークランド ハード   ダビド・フェレール 6–7(5), 1–6
準優勝 5. 2013年5月5日   ミュンヘン クレー   トミー・ハース 3–6, 6–7(3)
準優勝 6. 2013年7月14日   シュトゥットガルト クレー   ファビオ・フォニーニ 7–5, 4–6, 4–6
優勝 5. 2014年5月24日   デュッセルドルフ クレー   イボ・カルロビッチ 6–2, 7–6(4)
準優勝 7. 2015年5月4日   ミュンヘン クレー   アンディ・マリー 6–7(4), 7–5, 6–7(4)
優勝 6. 2015年8月8日   キッツビュール クレー   ポール=アンリ・マチュー 2–6, 6–2, 6–2
優勝 7. 2016年5月1日   ミュンヘン クレー   ドミニク・ティーム 7-6(7), 4-6, 7-6(4)
準優勝 8. 2016年6月13日   シュトゥットガルト   ドミニク・ティーム 7-6(2), 4-6, 4-6
優勝 8. 2017年8月5日   キッツビュール クレー   ジョアン・ソウザ 6–3, 6–4
準優勝 9. 2018年5月6日   ミュンヘン クレー   アレクサンダー・ズベレフ 3–6, 3–6

ダブルス: 10回 (7勝3敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2005年9月26日   ホーチミン カーペット (室内)   ラルス・ブルクスミュラー   アシュリー・フィッシャー
  ロベルト・リンドステット
5–6(3), 6–4, 6–2
優勝 2. 2006年7月24日   キッツビュール クレー   ステファン・クベク   オリバー・マラチ
  シリル・スーク
6–2, 6–3
優勝 3. 2007年4月30日   ミュンヘン クレー   ミハイル・ユージニー   ヤン・ハジェク
  ヤロスラフ・レビンスキー
6–1, 6–4
優勝 4. 2008年1月4日   ドーハ ハード   ダビド・シュコッホ   ジェフ・クッツェー
  ウェスリー・ムーディ
6–4, 4–6, [11–9]
準優勝 1. 2008年2月14日   ロッテルダム ハード
(室内)
  ミハイル・ユージニー   トマーシュ・ベルディハ
  ドミトリー・トゥルスノフ
5–7, 6–3, [7–10]
優勝 5. 2008年7月13日   シュトゥットガルト クレー   クリストファー・カス   ミヒャエル・ベラー
  ミーシャ・ズベレフ
6–3, 6–4
準優勝 2. 2008年10月26日   バーゼル ハード
(室内)
  クリストファー・カス   マヘシュ・ブパシ
  マーク・ノールズ
3–6, 3–6
優勝 6. 2009年6月14日   ハレ   クリストファー・カス   アンドレアス・ベック
  マルコ・チウディネリ
6–3, 6–4
準優勝 3. 2012年1月6日   ドーハ ハード   クリストファー・カス   フィリップ・ポラーシェク
  ルカシュ・ロソル
3–6, 4–6
優勝 7. 2013年1月4日   ドーハ ハード   クリストファー・カス   ユリアン・ノール
  フィリップ・ポラーシェク
5–7, 4–6

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン A A 4R 2R 2R 4R 2R 3R 2R 4R 3R A 2R 1R 3R 1R 2R 21–14
全仏オープン A LQ 1R 2R 2R 1R 4R 3R 1R 2R 4R 3R 2R 1R 1R 1R 2R 14–15
ウィンブルドン A A 1R 3R 1R 1R 3R 3R 1R QF 1R 2R 1R 1R 1R 3R 1R 13-15
全米オープン 1R 2R 1R 1R 3R 2R 3R 2R 1R 4R 4R 4R 3R 1R 4R 4R 1R 24-17

: 2013年全仏2回戦の不戦勝は通算成績に含まない

脚注編集

外部リンク編集