エリク・パールタル

エリク・エンデル・パールタルErik Endel Paartalu1986年5月3日 - )は、エストニアオーストラリア人のサッカー選手。元オーストラリア代表。ポジションはMF

エリク・パールタル Football pictogram.svg
Erik Paartalu.jpg
名前
本名 エリク・エンデル・パールタル
ラテン文字 Erik Paartalu
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
 エストニア
生年月日 (1986-05-03) 1986年5月3日(36歳)
出身地 シドニー
身長 193cm
体重 87kg
選手情報
在籍チーム インドの旗 ベンガルールFC
ポジション MF(DMF)/DF(CB)
利き足 両足
ユース
オーストラリアの旗 NSWIS
オーストラリアの旗 ノーザン・スピリト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2004 オーストラリアの旗 ノーザン・スピリト 1 (0)
2004 オーストラリアの旗 ノーザン・タイガース 17 (4)
2004-2006 オーストラリアの旗 パラマッタ 28 (2)
2006-2008 スコットランドの旗 グレトナ 35 (4)
2008 スコットランドの旗 スターリング・アルビオン(loan) 10 (1)
2008-2010 スコットランドの旗 グリノック・モートン 57 (6)
2010-2013 オーストラリアの旗 ブリスベン・ロアー 79 (10)
2013 中華人民共和国の旗 天津泰達 30 (4)
2014 タイ王国の旗 ムアントン・ユナイテッド 24 (5)
2014-2016 オーストラリアの旗 メルボルン・シティ 40 (7)
2016 大韓民国の旗 全北現代モータース 2 (0)
2016 カタールの旗 アル・フライティヤート(loan) 10 (0)
2017- インドの旗 ベンガルール
代表歴2
2003  オーストラリア U-17 3 (0)
2013  オーストラリア 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年10月18日現在。
2. 2013年7月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クラブ歴編集

NSL編集

ニュー・サウス・ウェールズ・インスティチュート・オブ・スポーツ出身でノーザン・スピリトFCの下部組織に入り、トップチームに昇格。2004年1月11日のメルボルン・ナイツFC戦で途中出場しオーストラリアン・ナショナルサッカーリーグデビューするも出場はこの試合に止まり、クラブが解散した。

ノーザン・スピリトが解散したため、ニュー・サウス・ウェールズ・ウィンター・スーパーリーグに参加するノーザン・タイガースFCに移籍、2004シーズンで17試合に出場し4得点[1]

同年、ニュー・サウス・ウェールズ・プレミアリーグに参戦するパラマッタFCに移籍、2006シーズンまで在籍した。

スコットランド編集

 
2009年のパールタル

イングランドフットボールリーグ1に参戦するドンカスター・ローヴァーズFCのトライアルに参加し、移籍が期待されていたが、監督のデーヴ・ペニーが解任となって移籍はならなかった[2]

2006年9月にトライアルを経て短期間の契約ではあるが、スコットランドグレトナFCに加入。目覚ましい活躍を遂げ、2007年1月に2年半の契約を勝ち取った。2008年1月には2007-08シーズン終了までスターリング・アルビオンFCへのレンタル移籍となった[3]。スターリング・アルビオンでの初出場は2008年1月5日に行われたハミルトン・アカデミカルFC戦であった[4]。出場2試合目となったリヴィングストンFC戦でスターリング・アルビオン時代唯一の得点を記録した[5]

2008年3月にグレトナが財政破綻したため放出[6]グリノック・モートンFCに加入[7]。クラブをスコティッシュ・フットボールリーグ・ファースト・ディヴィジョンに残留させた功を評価され、2008年4月に2010年までの2年契約を勝ち取った[8]

ブリスベン・ロアー編集

 
ブリスベン・ロアーFCAリーグ2012グランドファイナル勝利をベサルト・ベリーシャとともに祝うパールタル(左)

2010年夏に契約が切れるのに先立って、彼は2010年2月24日にブリスベン・ロアーFCと仮契約に合意[9]。ブリスベン・ロアーに加入後は中盤の楔としてそして決定的な得点者として活躍、クラブに不可欠な選手となった[10][11][12]。2011年のAリーググランドファイナルでは延長戦に縺れ込んで120分に同点弾を決めてPK戦に持ち込ませ、PKも決めてクラブのリーグ制覇に大きく貢献した[13]。なおこのシーズンのレギュラーシーズン最終節、ゴールドコースト・ユナイテッドFC戦で決めたボレーシュートは同年のAリーグ年間最優秀ゴールに選定された。

翌2011-12シーズンのファイナルシリーズ第1試合でも強烈な得点を決めて、クラブの勝利に貢献した。なお彼は2010-11シーズン、2011-12シーズンともに全試合でスターティングメンバーに名を連ねていた[14]

天津泰達編集

2013年1月21日に、中国サッカー・スーパーリーグ天津泰達足球倶楽部に2年契約で加入[15]

ムアントン・ユナイテッド編集

2014年2月に天津泰達を退団すると、タイ・プレミアリーグムアントン・ユナイテッドFCに加入[16]

2014年7月にはニューカッスル・ユナイテッド・ジェッツFCから国内のマーキープレーヤーとしてのオファーが来たが、彼はムアントン・ユナイテッド残留を選んだ[17]。ニューカッスル・ジェッツはクレイグ・グッドウィンの後釜として9月にも再び声を掛けた[18]

メルボルン・シティ編集

しかし彼はこれだけ熱心で待遇も良いオファーを蹴って、9月15日に4年契約で普通のサラリーキャップのメルボルン・シティFCに移籍した[19]。これについて彼は「フィールドの内外を問わず勝利出来る気概を持っているクラブに所属したくて、そのクラブがメルボルン・シティだった」と述べている[20]。2シーズン近くで40試合7得点の結果を残した後、大韓民国に活路を求めて退団[21]

全北現代モータース編集

メルボルン・シティを退団した彼はKリーグクラシック全北現代モータースに加入[22]。しかし数ヶ月で崔康熙監督から韓国の速いサッカーに適応できないと見做されメンバー外落ちとなった[23]。その後数週間でトレーニングも自身でしなければならなくなるまで境遇が悪化したが、彼自身はメンバーに復帰したいと思っていた[24]。2016年10月にカタール・スターズリーグアル・フライティヤートSCにレンタル移籍[25]。同年末を以て全北を退団し、無所属となった。

ベンガルール編集

2017年7月5日、インド・スーパーリーグに1年契約でベンガルールFCに加入。8月23日に行われたAFCカップ20174.25体育団戦で初出場、3-0で勝利した。

代表歴編集

2003 FIFA U-17世界選手権にオーストラリアU-17代表として3試合全てに出場した[26]

2012年2月21日の2014 FIFAワールドカップ・アジア3次予選サウジアラビア代表戦で代表初招集[27]。7月20日に行われた東アジアカップ2013大韓民国代表戦で代表初出場。

タイトル編集

クラブ編集

グレトナ
ブリズベン・ロアー

代表編集

オーストラリア

個人編集

  • Aリーグ年間最優秀ゴール: 2010–11

参考文献編集

  1. ^ OzFootball Australian Player Database”. OzFootball. 2007年4月4日閲覧。
  2. ^ “Roo Erik bouncing as he lines up new deal”. News and Star. (2006年12月12日). オリジナルの2007年9月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070927230406/http://www3.newsandstar.co.uk/unknown/viewarticle.aspx?id=444887 2007年4月5日閲覧。 
  3. ^ Stirling in bold move for McCann”. The Scotsman. 2008年1月1日閲覧。
  4. ^ Stirling Albion.com Match Report”. Robin Bairner, stirlingalbion.com reporter. 2008年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月6日閲覧。
  5. ^ Stirling Albion 1–4 Livingston”. BBC (2008年1月19日). 2014年2月2日閲覧。
  6. ^ Gretna make 22 players redundant”. BBC Sport. BBC (2008年3月26日). 2013年6月6日閲覧。
  7. ^ Paartalu completes Morton switch”. BBC Sport. BBC (2008年4月1日). 2013年6月6日閲覧。
  8. ^ Paartalu signs new deal at Morton”. BBC Sport (2008年4月30日). 2008年9月4日閲覧。
  9. ^ “Erik Paartalu signs for Brisbane”. brisbaneroar.com.au. (2010年2月24日). オリジナルの2011年3月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110306002058/http://www.brisbaneroar.com.au/default.aspx?s=newsdisplay&id=32791 2010年2月24日閲覧。 
  10. ^ http://theworldgame.sbs.com.au/a-league/news/1027419/Oz-brings-best-out-of-Paartalu
  11. ^ http://www.tribalfootball.com/articles/postecoglou-confident-brisbane-roar-can-keep-paartalu-1492331
  12. ^ http://www.couriermail.com.au/sport/soccer/brisbane-roar-player-erik-paartalu-is-the-ironman-of-the-team-having-played-every-game-for-the-last-two-seasons/story-e6frepmf-1226312694405
  13. ^ http://www.sportal.com.au/football-news-display/paartalu-in-disbelief-115270
  14. ^ Brisbane Roar player Erik Paartalu is the ironman of the team having played every game for the last two seasons The Courier Mail
  15. ^ Roar star Eric Paartalu signs two-year deal with Chinese Super League Side Tianjin Teda Herald Sun
  16. ^ Muangthong claims Paartalu signature – The World Game on SBS
  17. ^ Lewis, David (2014年7月31日). “Newcastle Jets pursuit of Paartalu on hold”. SBS. 2014年7月31日閲覧。
  18. ^ Gardiner, James (2014年9月8日). “Erik Paartalu back in the picture for Jets as Goodwin heads home”. The Newcastle Herald. http://www.theherald.com.au/story/2545745/paartalu-back-in-the-picture-as-craig-goodwin-heads-home-video/ 
  19. ^ Melbourne City FC sign Erik Paartalu”. Football Federation Australia (2014年9月15日). 2014年9月15日閲覧。
  20. ^ Windley, Matt (2014年9月15日). “Melbourne City sign former Brisbane Roar midfielder Erik Paartalu for four years”. Herald Sun. http://www.heraldsun.com.au/sport/football/melbourne-city-sign-former-brisbane-roar-midfielder-erik-paartalu-for-four-years/story-fnk6pqhd-1227058759655 
  21. ^ City Release Erik Paartalu”. Melbourne City FC (2016年2月2日). 2016年2月2日閲覧。
  22. ^ Australia international Paartalu seals move to Jeonbuk”. AFC (2016年2月5日). 2016年2月5日閲覧。
  23. ^ Windley, Matt (2016年5月16日). “Former Socceroo Erik Paartalu not featuring for Jeonbuk Motors as speedy K-League takes its toll”. Herald Sun. http://www.heraldsun.com.au/sport/football/former-socceroo-erik-paartalu-not-featuring-for-jeonbuk-motors-as--speedy-kleague-takes-its-toll/news-story/2c1b0663f3a38bb27e053422b258bfc1 2016年10月11日閲覧。 
  24. ^ Lewis, Dave (2016年6月24日). “Exiled Paartalu vows to fight on at Jeonbuk despite being shown the door”. The World Game. http://theworldgame.sbs.com.au/article/2016/06/24/exiled-paartalu-vows-fight-jeonbuk-despite-being-shown-door 2016年10月11日閲覧。 
  25. ^ “Koua joins Al Arabi Club; Sumaila opts for Gharafa”. Qatar Tribune. (2016年10月3日). http://www.qatar-tribune.com/news-details/id/26867 2016年10月11日閲覧。 
  26. ^ Mitchell, Jonathan, “Erik Paartalu ... Homeward Bound”, Greenock Morton F.C. official matchday programme 
  27. ^ Archived copy”. 2012年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月21日閲覧。

外部リンク編集