メインメニューを開く

エリック・ミヤシロ

ジャズ・フリューゲルホーン奏者、作曲家、バンドリーダー、教授 (1963-)

エリック・ミヤシロエリック宮城とも、英語: Eric Miyashiro1963年7月13日 - )は、アメリカ合衆国ハワイ州生まれのトランペットフリューゲルホルン)奏者。日系三世。ハイノート・ヒッター(非常に高い音域を正確に演奏すること)としても知られている。

エリック・ミヤシロ
生誕 (1963-07-13) 1963年7月13日(56歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ハワイ州
学歴 バークリー音楽大学
ジャンル ジャズ
職業 トランペット奏者、作曲家バンドマスター客員教授
担当楽器 トランペット フリューゲルホルン
活動期間 1982年-
公式サイト  http://www.ericmiyashiro.com/
著名使用楽器

トランペット 本体:YAMAHA YTR-8340EM(エリック・ミヤシロモデル) マウスピース:GR エリック・ミヤシロモデル

フリューゲルホルン 本体:YAMAHA YFH-6310Z マウスピース:GR エリック・ミヤシロモデル

昭和音楽大学ポピュラー音楽コーストランペット講師であり国立音楽大学洗足学園音楽大学大阪芸術大学においていずれも客員教授。

来歴編集

ハワイ州ホノルルにて生まれる。父はプロトランペッター、母は女優兼ダンサーであった。小学生の頃から楽器を始め、中学生の時にプロデビューを果たす。オーケストラやコンチェルトで活躍し、高校3年生の時に、全米高校オールスターバンドのハワイ代表としてカーネギーホールにてメイナード・ファーガソンと共演をする。高校卒業後バークリー音楽大学に奨学金(Maynard Ferguson Scholarship)で招かれ入学、在学中からボストン市内のスタジオ仕事等を教員らと活動するなど、スタジオ・ミュージシャンとして活動を始める。

日本での活動編集

1989年に来日し、サウンドトラックやポップミュージックの録音などスタジオ・ミュージシャンとしての活動を展開する一方で1995年には日本の一流演奏家を集め自らのビッグバンド「EMバンド」を結成。日本中で演奏会を開催し、2000年にはファーストアルバム「Kick Up」をリリースした。 2013年にはBlue Note Tokyo All Star Jazz Orchestraのリーダー兼音楽監督として活動を始めるなど精力的活動を行い現在に至る。

また、ヤマハでは彼をモデルにしたトランペット「YTR-8340EM」が販売されており、エリック本人曰く「市場には絶対にない方向性を持った楽器に仕上がった」と大変な自信を持っている。

EMバンド編集

EMバンド(またはEMビッグバンド)は、エリック・ミヤシロをリーダーとするビッグバンド。1995年結成。メンバー全員が自身をリーダーとするバンドを持つなど、実力者が集まったビッグバンドとなっている。

メンバー編集

ディスコグラフィ編集

  • KICK UP(2000年)
  • CITY OF BRASS(2003年)
  • TIMES SQUARE(2006年)
  • PLEIADES(2008年)
  • Skydance(2010年)

アルバム参加作品編集

脚注編集

  1. ^ 名字が難読なため、一時ひらがな表記の「つづらのあつし」(一部アルバムでは「つづらの敦司」もあり)にしていたこともある。

外部リンク編集