エレクトロ (マーベル・コミック)

エレクトロ (Electro) は、スパイダーマンシリーズに登場する代表的なヴィランの一人である。人間発電機とも称されるように、強力なエネルギー電気を操る能力を持つ。

エレクトロ
Electro and the Shocker (cropped).jpg
出版の情報
出版者マーベル・コミック
初登場アメイジング・スパイダーマン』 9号(1964年2月)
クリエイタースタン・リー
スティーヴ・ディッコ
作中の情報
フルネームマックス・ディロン(Maxwell "Max" Dillon)
所属チームシニスター・シックス
フライトフル・フォー
シニスター・トゥエルブ
エミッサリーズ・オブ・イビル
著名な別名フランシーヌ・フライ(Francine Frye)
能力電気エネルギーの操作・蓄電
磁場を利用した飛行
電線・電気機器を通した移動

初代編集

原作漫画編集

本名は、マックスウェル "マックス" ・ディロン(Maxwell "Max" Dillon)。

父親で会計士のジョナサンは1つの仕事に留まれない性質だったため、マックス含む家族は引っ越しを繰り返していた。その上、ジョナサンはひどい癇癪持ちで何か失敗する度に家族に八つ当たりをしていた。そんな父親も彼が9歳になる前に家族を捨てて家を出た。それ以降、母親のアニタはマックスに依存するようになり、一人息子の彼が傷つかないよう過保護に育ててきた。そして、成長したマックスがアニタに電気技師になると打ち明けると、アニタは彼が失敗して傷つくのを恐れて才能を否定し、電気技師の仕事を諦めさせた[1]

結局、電気工事会社の電気工事人として仕事をし始めたマックスは、ある日電線を工事している間に落雷が直撃し、電線と雷の二重の電気を浴びることになった。それでも彼は生存しており、この事故が人生を劇的に変化させる大きなきっかけとなってしまった。

自らの身体が強力なエネルギー電気を帯電・操作できるようになったことに気づいた彼は、電光火花のような星型マスクと派手なコスチュームに身を包んでエレクトロと名乗り、金品を盗むために悪事を働くようになる。銀行強盗の際に現れたスパイダーマンを一度は打ち負かすのだが、拘置所襲撃の際にはゴム手袋などで電力への対策をしたスパイダーマンに敗れることになった。以降もスパイダーマンと何度も対決し、彼を苦しめている。

  • 1964年発行のアメイジング・スパイダーマン第9号で初登場を果たし、スパイダーマンを代表する悪役の一人として、度々スパイダーマンの前に立ちはだかってきた。
  • 1964年発行のアメイジング・スパイダーマン アニュアル第1号にて、ドクター・オクトパスミステリオヴァルチャーサンドマンクレイブン・ザ・ハンターのスパイダーマンの宿敵5人と共に、悪のヒーローチームシニスター・シックス(邪悪なる6人)を結成し、初代メンバーとしてスパイダーマンと対戦した。
  • 2016年発行のアメイジング・スパイダーマンVol. 4の#17では、スパイダーマンに能力を消されたマックスはジャッカルの協力を得て復活の計画を実行した。しかし、マックスは黒焦げになり死亡。彼のかつての恋人・フランシーヌ・フライに力を受け継ぐこととなった。
  • しかし、2018年発行のDespicable Deadpool Vol. 1 #297において、復活を果たしている。

映画編集

2014年公開の映画『アメイジング・スパイダーマン2』にメインヴィラン(悪役)として登場。役を演じたのはジェイミー・フォックス。日本語吹き替えは中村獅童が担当した。

オズコープ社の優秀な電気技師として登場。彼は冴えない容姿と気弱な性格で誰からも好かれていなかったが、本心は優しい人物であり、ただ周りから認められたいだけのごく普通の青年だった。ある日、スパイダーマンに助けられた恩から彼の大ファンとなり、世界中から注目される彼に強い憧れを抱くようになる。そして自分もスパイダーマンのようになりたいと思いながら、仕事をしていた誕生日に上司からたった一人残業を押し付けられてしまう。その際に事故(感電し水槽に落ちた際に遺伝子操作された電気ウナギに噛まれた)でエレクトロに変貌してしまい、その力をコントロールできずにニューヨークの街を破壊してしまう。その際に現れたスパイダーマンに助けを求めるが、スパイダーマンの制止を無視した警官に銃で狙撃された事、そして自分はみんなから批判されて対照的に彼が愛されている様子を見たことからスパイダーマンを憎むようになってしまう。[2]最後はスパイダーマンとの戦闘中に過電流を浴びた事で爆死した。

2021年公開の映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』にも登場する。演者および日本語吹き替えは『アメイジング・スパイダーマン2』から続投となる[3]。なお、本作がエレクトロのMCU初登場となる。『アメイジング・スパイダーマン2』の劇中で死亡する直前にMCUの世界へとやって来た。相変わらず、承認欲求を拗らせていたが、自分がスパイダーマンとの戦いで悲惨な運命に逢うかもしれないと知り、悪態を吐きながらもピーターの治療を受ける事にする。しかし、別の世界から来たグリーン・ゴブリンに唆された事をきっかけに、再び暴走。MCUの世界を支配しようと目論む。その後、再びピーターの前に現れて戦闘になるが、その際に体内の電気を吸収するデバイスを付けられた事で、本来のマックスに戻る。最後は電気の力を失った事で戦意を喪失して改心し、同じ世界からやって来たピーターとも和解して元の世界へと帰っていった。

アニメ編集

ゲーム編集

アトラクション編集

アメイジング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン

ジム・ワイズが声を担当。吹き替えは中尾隆聖が担当した。ドクター・オクトパスホブゴブリンハイドロマン英語版スクリームen)のドクター・オクトパス率いるシニスター・シンジケートのメンバーらと共にマンハッタンニューヨークの街を包囲して、ゲストが乗車した取材用車両「スクープ」に襲い掛かる。

ドクター・オクトパス率いるシニスター・シンジケートが隠れる倉庫へと向かったゲストが乗車した取材用車両「スクープ」を発見した後、ゲストが乗車した取材用車両「スクープ」にスパークワイヤーで攻撃を仕掛ける[4]反重力砲を使ったドクター・オクトパスによって、120m(400ft)の高さの空中に持ち上げられて浮かせられたゲストが乗車した取材用車両「スクープ」を地上へ戻そうと助けに入るスパイダーマンにハイドロマンと共に2人同時に襲い掛かるが、自らの電気エネルギーの電撃を撃って攻撃を仕掛けるが、自らが撃った電気エネルギーの電撃が肉体を液状したハイドロマンに当たり爆発を起こしてスパイダーマンに敗れる。その後、ドクター・オクトパス率いるシニスター・シンジケートのメンバーらと共にスパイダーマンに捕らえられ、スパイダーマンのクモ糸でグルグルに巻きつけられてシニスター・シンジケートのメンバーらと共に逮捕された。

二代目編集

本名は、フランシーヌ・フライ(Francine Frye)。エレクトラとも呼ばれる。

2014年発行のアメイジング・スパイダーマンVol. 3の#2から登場。2016年発行のアメイジング・スパイダーマンVol. 4の#17において、スパイダーマンに能力を消されたマックスはジャッカルの協力を得て復活の計画を実行した。しかし、マックスは死んでしまい本来の計画は失敗。彼のかつての恋人であるフランシーヌ・フライが力を受け継ぐこととなった。

以降、二代目エレクトロとして活動しているが、マックスと異なり肉体の分解を避けるために薬を毎日摂取しなければならない。

脚注編集

  1. ^ スパイダーマン大全[増補改訂版]. 小学館集英社プロダクション. (2017). pp. 73頁. ISBN 978-4-7968-7706-0 
  2. ^ なぜエレクトロが誕生したか…『アメイジング・スパイダーマン2』約4分の新映像公開”. シネマトゥデイ (2014年2月4日). 2018年12月6日閲覧。
  3. ^ 『スパイダーマンNWH』中村獅童・銀河万丈・山路和弘らヴィラン役吹替声優も再集結”. ORICON NEWS (2021年12月23日). 2022年6月16日閲覧。
  4. ^ 終盤に登場するスパイダーマンがカメラを持ってゲストとゲストが乗車した取材用車両「スクープ」を撮影するシーンがあるが、実際は自らのスパークワイヤーでゲストが乗車した取材用車両「スクープ」が攻撃を受けるシーンの後に移動する途中で撮影されている。