オールド・ブラウン・シュー

オールド・ブラウン・シュー」(Old Brown Shoe)は、1969年5月にビートルズが発表した20枚目のオリジナル・シングル(「ジョンとヨーコのバラード」)のB面曲である。

オールド・ブラウン・シュー
ビートルズシングル
A面 ジョンとヨーコのバラード
リリース
規格 7"
録音 アビー・ロード・スタジオ:
1969年4月16日, 4月18日
ジャンル ロック
時間
レーベル アップル・レコード
作詞・作曲 ジョージ・ハリスン
プロデュース ジョージ・マーティン
ビートルズシングル盤 U.K.U.S. 年表
ゲット・バック
b/w
ドント・レット・ミー・ダウン
(1969年)
ジョンとヨーコのバラード
b/w
オールド・ブラウン・シュー
(1969年)
サムシング
両A面
カム・トゥゲザー
(1969年)
ビートルズシングル盤 日本 年表
ゲット・バック
b/w
ドント・レット・ミー・ダウン
(1969年)
ジョンとヨーコのバラード
b/w
オールド・ブラウン・シュー
(1969年)
カム・トゥゲザー
b/w
サムシング
(1969年)
パスト・マスターズ Vol.2 収録曲
  1. デイ・トリッパー
  2. 恋を抱きしめよう
  3. ペイパーバック・ライター
  4. レイン
  5. レディ・マドンナ
  6. ジ・インナー・ライト
  7. ヘイ・ジュード
  8. レヴォリューション
  9. ゲット・バック
  10. ドント・レット・ミー・ダウン
  11. ジョンとヨーコのバラード
  12. オールド・ブラウン・シュー
  13. アクロス・ザ・ユニヴァース
  14. レット・イット・ビー
  15. ユー・ノウ・マイ・ネーム
ヘイ・ジュード 収録曲
ヘイ・ジュード
(7)
オールド・ブラウン・シュー
(8)
ドント・レット・ミー・ダウン
(9)
ライヴ・イン・ジャパン 収録曲
アイ・ウォント・トゥ・テル・ユー
(1)
オールド・ブラウン・シュー
(2)
タックスマン
(3)
ザ・ビートルズ1967年〜1970年 収録曲
ジョンとヨーコのバラード
(6)
オールド・ブラウン・シュー
(7)
ヒア・カムズ・ザ・サン
(8)
ザ・ビートルズ・アンソロジー3 収録曲
ゲット・バック
(ライブ・バージョン)
(12)
オールド・ブラウン・シュー
(13)
オクトパス・ガーデン
(14)
テンプレートを表示

目次

解説編集

ジョージ・ハリスンの作品であり、リード・ヴォーカルもジョージによる。ジョージはこの曲を手がけはじめた時点で、既に独特なビートやフレーズの根幹であるベース・フレーズの着想を得ていたと考えられる。このころ(68 - 70年代)のジョージはベースとギターのオクターブ・ユニゾンを好んでおり、主にサビでいくつかの曲のアレンジで応用している[注釈 1]。87年の「CREEM」誌でのインタビューでジョージは質問に答える形で「自分がベースを弾いた」と語っている。

Creem: You also told me you played bass on "Old Brown Shoe."

George: It’s like a lunatic playing.

Creem: It sounds like McCartney was going nuts again.

George: That was me going nuts. I’m doing exactly what I do on the guitar.

なお、雑誌『レコード・コレクターズ』などで「リフはスライド・ギター」とされることが多いが、ジョージはビートルズ時期にはスライド・ギターは弾いていない[注釈 2]

レコーディングは1969年4月16日および18日の2回のセッションで完了している[注釈 3]

A面曲の「ジョンとヨーコのバラード」と同様にモノラルにミックスされたことがないため、モノラル・ヴァージョンは存在しない。

1991年の日本ツアーでも、ジョージは本作を2曲目に演奏している。

プレイヤー編集

収録シングル/アルバム編集

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 具体的には「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」、「ドント・レット・ミー・ダウン」、「美しき人生」などがある。
  2. ^ ドライヴ・マイ・カー」のソロ終息部分のスライド・ギターはポールによるものである。
  3. ^ 1969年2月25日のセッションでも2テイクレコーディングされたがこのときのテイクは採用されなかった。なお「作曲は1963年に開始され…」という記述が日本では多く見受けられるが、これは香月利一の思い込みコメントを真に受けたものか、彼らのクリスマス・レコードを聞いて勝手にそのような解釈が流通してしまったものである。

出典編集

[ヘルプ]

外部リンク編集