尾上菊之助 (5代目)

五代目尾上菊之助(ごだいめ おのえ きくのすけ、1977年(昭和52年)8月1日 - )は、日本の俳優歌舞伎役者。屋号音羽屋。定紋は重ね扇に抱き柏、替紋は四つ輪。本名は寺嶋 和康(てらしま かずやす)。青山学院大学中退。

ごだいめ おのえ きくのすけ
五代目 尾上菊之助
屋号 音羽屋
定紋 重ね扇に抱き柏 Kasane Ōgi ni Daki Gashiwa inverted 3.png
生年月日 (1977-08-01) 1977年8月1日(40歳)
本名 寺嶋和康[1]
襲名歴 1. 六代目尾上丑之助
2. 五代目尾上菊之助
出身地 東京都
血液型 B型
七代目尾上菊五郎
富司純子
兄弟 寺島しのぶ(姉)
中村吉右衛門の四女
当たり役
歌舞伎
青砥稿花紅彩画』の弁天小僧菊之助
摂州合邦辻』の玉手御前
新作歌舞伎
『NINAGAWA十二夜』の琵琶姫、獅子丸
演劇
グリークス』の オレステス

目次

来歴・人物編集

可憐な美貌と清潔な色気で女方も二枚目も魅力的に演じる。現代の歌舞伎を担う若手スターのひとり。また、歌舞伎以外にも蜷川幸雄の舞台などにも積極的に出演している。その縁で、2005年にシェイクスピアの戯曲『十二夜』を歌舞伎演目として蜷川に演出を依頼している(2007年に再演、2009年には英国ロンドンで公演)。

市川崑監督のリメイク版『犬神家の一族』(2006年公開)では犬神松子の長男・犬神佐清役で出演したが、犬神松子役は実母である富司純子が演じ、スクリーン上での親子競演となった。

父は歌舞伎役者の七代目尾上菊五郎、母は女優の富司純子、姉は女優の寺島しのぶ

生後2か月の時徹子の部屋に母親と共に「出演」している。2009年12月6日に菊之助が単独で出演した際には「最年少ゲスト」と呼ばれた。

ゆる体操を実践している。

2013年2月、二代目中村吉右衛門の四女と結婚し[2]、11月28日に第1子(長男)が誕生した[3]。2015年7月14日には第2子(長女)[4]、2017年9月4日には第3子(次女)が誕生[5]

年譜編集

受賞歴編集

主な出演作編集

歌舞伎の当り役編集

新作歌舞伎編集

その他の舞台編集

映画編集

テレビドラマ編集

CM編集

ナレーション編集

脚注・出典編集

  1. ^ 朝日新聞 (2007年6月29日). “古典的で新しい冒険 尾上菊之助 - 歌舞伎 - 文化・芸能”. 2012年3月3日閲覧。
  2. ^ 尾上菊之助が神田明神で挙式「最高におめでたい婚です」ファン500人が祝福”. マイナビニュース (2013年2月27日). 2017年2月5日閲覧。
  3. ^ 尾上菊之助、愛息誕生に歓喜 「和史」と命名”. ORICON NEWS (2013年11月29日). 2017年2月5日閲覧。
  4. ^ 尾上菊之助に第2子長女誕生”. ORICON NEWS (2015年7月17日). 2015年7月17日閲覧。
  5. ^ “尾上菊之助に第3子誕生!次女新ちゃんは父親似?”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年9月5日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1882989.html 2017年9月5日閲覧。 
  6. ^ 東京新聞 (2008年10月18日). “<歌舞伎>尾上菊之助 31歳で大役『先代萩』乳人政岡 ひたすら耐えためる演技を”. 2008年12月21日閲覧。
  7. ^ 時事ドットコム (2009年3月24日). “歌舞伎とシェークスピアの融合=「NINAGAWA十二夜」ロンドン公演”. 2009年3月27日閲覧。
  8. ^ 尾上菊五郎が体調不良で歌舞伎座休演 今後は未定”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。
  9. ^ 尾上菊五郎が舞台復帰 3日から休養、「胃潰瘍」と説明”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2016年3月13日). 2016年3月14日閲覧。
  10. ^ ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月16日閲覧。
  11. ^ 大河『西郷どん』新キャスト発表 錦戸亮、又吉直樹らが初出演”. ORICON NEWS. 株式会社oricon ME (2017年10月3日). 2017年10月3日閲覧。
  12. ^ “尾上菊之助、義父・中村吉右衛門と映像初共演「しびれました」”. ORICON STYLE. (2016年9月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2077795/full/ 2016年9月2日閲覧。 

外部リンク編集