尾上菊之助 (5代目)

歌舞伎役者、5代目尾上菊之助

五代目 尾上菊之助(ごだいめ おのえ きくのすけ、1977年(昭和52年)8月1日 - )は、日本の俳優歌舞伎役者。屋号音羽屋。定紋は重ね扇に抱き柏、替紋は四つ輪。本名は寺嶋 和康(てらしま かずやす)。青山学院大学中退。身長173cm

ごだいめ おのえ きくのすけ
五代目 尾上菊之助
屋号 音羽屋
定紋 重ね扇に抱き柏Kasane Ōgi ni Daki Gashiwa inverted 3.png
生年月日 (1977-08-01) 1977年8月1日(43歳)
本名 寺嶋 和康[1]
襲名歴 1. 六代目 尾上丑之助
2. 五代目 尾上菊之助
出身地 東京都
血液型 B型
七代目尾上菊五郎
富司純子
兄弟 寺島しのぶ(姉)
中村吉右衛門の四女
七代目尾上丑之助
当たり役
歌舞伎
青砥稿花紅彩画』の弁天小僧菊之助
摂州合邦辻』の玉手御前
新作歌舞伎
『NINAGAWA十二夜』の琵琶姫、獅子丸
演劇
グリークス』の オレステス
主な作品
ドラマ
グランメゾン東京』(丹後学 役)
刑事アフター5』(主演/広橋航 役)

来歴・人物編集

可憐な美貌と清潔な色気で女方も二枚目も魅力的に演じる。現代の歌舞伎を担う若手スターのひとり。また、歌舞伎以外にも蜷川幸雄の舞台などにも積極的に出演している。その縁で、2005年にシェイクスピアの戯曲『十二夜』を歌舞伎演目として蜷川に演出を依頼している(2007年に再演、2009年には英国ロンドンで公演)。

市川崑監督のリメイク版『犬神家の一族』(2006年公開)では犬神松子の長男・犬神佐清役で出演したが、犬神松子役は実母である富司純子が演じ、スクリーン上での親子競演となった。

父は歌舞伎役者の七代目尾上菊五郎、母は女優の富司純子、姉は女優の寺島しのぶ

生後2か月の時徹子の部屋に母親と共に「出演」している。2009年12月6日に菊之助が単独で出演した際には「最年少ゲスト」と呼ばれた。

2013年2月、二代目中村吉右衛門の四女と結婚し[2]、11月28日に第1子(長男)が誕生した[3]。2015年7月14日には第2子(長女)[4]、2017年9月4日には第3子(次女)が誕生[5]

2019年5月3日、令和元年5月大歌舞伎『團菊祭』の「絵本丑若丸」に於いて長男が初舞台を踏み、自身の前名である尾上丑之助を七代目として襲名した[6]

年譜編集

受賞歴編集

歌舞伎・芸能活動
その他

主な出演作編集

歌舞伎の当り役編集

新作歌舞伎編集

その他の舞台編集

映画編集

テレビドラマ編集

CM編集

ナレーション編集

脚注・出典編集

  1. ^ 朝日新聞 (2007年6月29日). “古典的で新しい冒険 尾上菊之助 - 歌舞伎 - 文化・芸能”. 2012年3月3日閲覧。
  2. ^ 尾上菊之助が神田明神で挙式「最高におめでたい婚です」ファン500人が祝福”. マイナビニュース (2013年2月27日). 2017年2月5日閲覧。
  3. ^ 尾上菊之助、愛息誕生に歓喜 「和史」と命名”. ORICON NEWS (2013年11月29日). 2017年2月5日閲覧。
  4. ^ 尾上菊之助に第2子長女誕生”. ORICON NEWS (2015年7月17日). 2015年7月17日閲覧。
  5. ^ “尾上菊之助に第3子誕生!次女新ちゃんは父親似?”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年9月5日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1882989.html 2017年9月5日閲覧。 
  6. ^ “「令和の丑之助誕生です」尾上菊之助の長男、堂々の初舞台 歌舞伎座で7代目襲名”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2019年5月3日). https://hochi.news/articles/20190503-OHT1T50141.html 2019年5月3日閲覧。 
  7. ^ 東京新聞 (2008年10月18日). “<歌舞伎>尾上菊之助 31歳で大役『先代萩』乳人政岡 ひたすら耐えためる演技を”. 2008年12月21日閲覧。
  8. ^ 時事ドットコム (2009年3月24日). “歌舞伎とシェークスピアの融合=「NINAGAWA十二夜」ロンドン公演”. 2009年3月27日閲覧。
  9. ^ 尾上菊五郎が体調不良で歌舞伎座休演 今後は未定”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。
  10. ^ 尾上菊五郎が舞台復帰 3日から休養、「胃潰瘍」と説明”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2016年3月13日). 2016年3月14日閲覧。
  11. ^ 会員一覧 | 伝統歌舞伎保存会”. www.kabuki.or.jp. 2020年10月30日閲覧。
  12. ^ “波瑠、W受賞の快挙 プライベートでの素顔は?<第46回ベストドレッサー賞>”. モデルプレス. (2017年11月29日). https://mdpr.jp/news/detail/1731222 2018年4月20日閲覧。 
  13. ^ https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201912090000534.html
  14. ^ 2019年新橋演舞場での上演3日目の12月8日昼の公演のナウシカがトリウマにまたがって花道上を移動するシーンで落下して左ひじを骨折した。以後の場面の上演を取りやめ、当日夜の公演は休演としたが、翌9日からは宙乗りを取りやめるなどの演出の変更を行って上演した。休演に際して共演者(クシャナ役)の中村七之助が観客への説明を行った。演出の変更については劇中で口上役が説明を行った。[13]
  15. ^ ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月16日閲覧。
  16. ^ 大河『西郷どん』新キャスト発表 錦戸亮、又吉直樹らが初出演”. ORICON NEWS. 株式会社oricon ME (2017年10月3日). 2017年10月3日閲覧。
  17. ^ “尾上菊之助、義父・中村吉右衛門と映像初共演「しびれました」”. ORICON STYLE. (2016年9月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2077795/full/ 2016年9月2日閲覧。 
  18. ^ 尾上菊之助『下町ロケット』新シリーズで社長役”. ORICON NEWS. オリコン (2018年9月13日). 2018年9月13日閲覧。

外部リンク編集