吉田鋼太郎

日本の俳優、演出家

吉田 鋼太郎(よしだ こうたろう、1959年1月14日 - )は、日本の俳優演出家東京都出身。ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。本名同じ。

よしだ こうたろう
吉田 鋼太郎
本名 吉田鋼太郎
生年月日 (1959-01-14) 1959年1月14日(62歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 174 cm
血液型 B型
職業 俳優演出家
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
配偶者 あり(離婚歴あり)[1]
所属劇団 劇団AUN
事務所 ホリプロ・ブッキング・エージェンシー
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
舞台
オイディプス王
タイタス・アンドロニカス
MIDSUMMER CAROL ガマ王子 vs ザリガニ魔人
ムサシ
ヘンリー四世
テレビドラマ
ギルティ 悪魔と契約した女
カラマーゾフの兄弟
半沢直樹
MOZU』シリーズ
花子とアン
東京センチメンタル
ドクターX〜外科医・大門未知子〜
おっさんずラブ
今日から俺は!!
麒麟がくる
SUITS/スーツ2
映画
ワイルド7
帝一の國
劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜
カイジ ファイナルゲーム
今日から俺は!!劇場版
アニメーション映画
映画ドラえもん のび太の月面探査記
ルパン三世 THE FIRST
テンプレートを表示

来歴編集

小学生時代の6年間を大阪で過ごした後、日野市で育つ。日野市立第三中学校を卒業後、全寮制の聖パウロ学園高等学校に進学。高校在学中に、劇団雲シェイクスピア喜劇『十二夜』を見て役者を志す[1]上智大学文学部ドイツ文学科在学中、シェイクスピア研究会公演『十二夜』で初舞台を踏む。同大学中退。

劇団四季に6か月在団[2]し、シェイクスピア・シアター、劇工房ライミング、東京壱組を経て、1997年に演出家栗田芳宏と共に劇団AUNを結成、演出も手がける。シェイクスピアやギリシア悲劇など、海外古典作品に要求される演技をこなせる役者として重宝され、蜷川幸雄が手がけた作品の常連であった。蜷川作品に出演が多かった藤原竜也小栗旬と親交が深い。

2013年に『半沢直樹』で半沢の上司役を、2014年に『花子とアン』で実業家の伊藤伝右衛門をモデルとする嘉納伝助役を演じる[3]。これらの演技が注目されて映像作品への出演が一躍増え、『東京センチメンタル』では初の主演となる[4]

2016年1月1日に一般女性と結婚(事実婚1回を含めると4回目の結婚)、2017年2月に結婚式を催す[5]

2016年10月に蜷川幸雄の後継として『彩の国シェイクスピア・シリーズ』の2代目芸術監督に就任する[6]

2021年3月5日、第二子となる女児(長女)が誕生したことを報告した[7]。2度目の妻との間に長男がいる。

出演編集

舞台編集

テレビドラマ編集

映画編集

Web配信ドラマ編集

劇場アニメ編集

吹き替え編集

ラジオ編集

教養番組編集

CM編集

受賞編集

脚注編集

  1. ^ a b 産経ニュースエンタメ 吉田鋼太郎「いい役者になれると思って」酒と女と…むちゃでぼろぼろ
  2. ^ “フランク・ワイルドホーン音楽×栗山民也演出×浦井健治&柿澤勇人&小池徹平出演『デスノート THE MUSICAL』製作発表会”. シアターガイド. (2014年11月11日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2014/11/11_04.php 2014年11月12日閲覧。 
  3. ^ a b 「発表! 第82回ドラマアカデミー賞」『ザテレビジョン関西版』第20巻46号(2014年11月21日号)、KADOKAWA、 6-10頁。
  4. ^ “吉田鋼太郎主演の年末特別ドラマがテレビ東京で放送”. シアターガイド. (2014年11月11日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2014/11/11.php 2014年11月12日閲覧。 
  5. ^ “吉田鋼太郎が22歳年下女性と元日婚!出会いから約4カ月のスピード婚”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2016年1月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/05/kiji/K20160105011807170.html 2016年1月5日閲覧。  “吉田鋼太郎「再再再婚」 22歳年下の一般女性と”. ZAKZAK(夕刊フジ). 産経新聞社. (2016年1月5日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20160105/enn1601051200013-n1.htm 2016年1月5日閲覧。  “吉田鋼太郎22才差結婚式に藤原、綾野、生田、ムロら集結”. 女性セブン2017年2月16日号 (小学館). (2017年2月1日). https://www.news-postseven.com/archives/20170201_489697.html 2017年8月14日閲覧。 
  6. ^ “【彩の国シェイクスピア・シリーズ】吉田鋼太郎氏が当シリーズの2代目芸術監督に就任いたしました。” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 埼玉県芸術文化振興財団, (2016年10月15日), http://www.saf.or.jp/information/detail/510 2016年10月15日閲覧。  “吉田鋼太郎「彩の国シェイクスピア」2代目芸術監督就任 蜷川さんの遺志継ぐ”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2016年10月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/10/15/kiji/K20161015013535470.html 2016年10月15日閲覧。 
  7. ^ 62歳・吉田鋼太郎、女児誕生を報告「新しい命の誕生に大きな歓びと責任を」”. ORICON NEWS (2021年3月5日). 2021年3月5日閲覧。
  8. ^ 吉田鋼太郎、連ドラ初主演!「東京センチメンタル」で高畑充希&大塚寧々と共演”. シネマカフェ (2015年10月8日). 2015年10月8日閲覧。
  9. ^ 東山紀之、テレ朝“水9”刑事ドラマ枠初登場 豪華共演者にうれしい悲鳴”. ORICON (2015年5月25日). 2015年5月25日閲覧。
  10. ^ 東山紀之×北大路欣也、再タッグで最強チーム誕生 凶悪犯罪に立ち向かう〈コメント到着〉”. モデルプレス (2016年5月26日). 2016年5月26日閲覧。
  11. ^ 吉田鋼太郎、“石炭王”から“電力王”へ”. ORICON (2015年5月22日). 2015年7月1日閲覧。
  12. ^ 安藤サクラ、連ドラ初ヒロインに! 宮藤官九郎脚本「ゆとりですがなにか」”. シネマカフェ (2016年3月9日). 2016年3月9日閲覧。
  13. ^ “黒柳徹子役は満島ひかり ドラマ「トットてれび」出演者決定”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年2月26日). オリジナルの2016年2月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160229090602/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/02/26/kiji/K20160226012110850.html 2016年2月26日閲覧。 
  14. ^ 大原櫻子&佐野ひなこら、7月期“月9”『好きな人がいること』出演”. ORICON (2016年5月12日). 2016年5月12日閲覧。
  15. ^ 橋爪功&満島真之介&清水富美加ら豪華キャスト集結!中谷美紀主演ドラマ「模倣犯」”. シネマカフェ (2016年7月22日). 2016年7月29日閲覧。
  16. ^ “『ドクターX』“失敗しない新布陣”発表 生瀬、吉田、滝藤、草刈が出演”. ORICON STYLE. (2016年9月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2077704/full/ 2016年9月1日閲覧。 
  17. ^ “安田顕&山本舞香&田中圭で3夜連続“変愛ドラマ”を放送”. Smartザテレビジョン. (2016年12月10日). https://thetv.jp/news/detail/95062/ 2016年12月12日閲覧。 
  18. ^ 「おっさんずラブ」おっさんの乙女心が詰まった公式インスタ“武蔵の部屋”で田中圭を隠し撮り!? - ザテレビジョン(2018/04/20)
  19. ^ “「おっさんずラブ」新作で空へ!田中圭×吉田鋼太郎は続投、千葉雄大と戸次重幸が参加”]. ナタリー. (2019年9月27日). https://natalie.mu/eiga/news/349144/ 2019年9月27日閲覧。 
  20. ^ “林遣都と吉田鋼太郎、ドラマ「アオゾラカット」で親子役”. Smartザテレビジョン. (2016年12月1日). http://thetv.jp/news_detail/94336/ 2016年12月2日閲覧。 
  21. ^ “船越英一郎、異色の本人役で2時間サスペンス「身を切る覚悟で」”. マイナビ. (2018年8月1日). https://news.mynavi.jp/article/20180801-672465/ 2018年8月1日閲覧。 
  22. ^ “「今日から俺は!!」ムロツヨシのビジュアル解禁、吉田鋼太郎、猪塚健太らも出演”. 映画ナタリー. (2018年8月15日). https://natalie.mu/eiga/news/295423 2018年8月15日閲覧。 
  23. ^ “常盤貴子、19年ぶり日曜劇場主演!「グッドワイフ」で弁護士役に”. シネマトゥデイ. (2018年11月5日). https://www.cinematoday.jp/news/N0104664 2018年11月5日閲覧。 
  24. ^ “吉田鋼太郎と賀来賢人がドラマ「死命」で共演、余命宣告受けた男2人の追走劇”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年4月16日). https://natalie.mu/eiga/news/328013 2019年4月16日閲覧。 
  25. ^ 板野友美主演のホラー「のぞきめ」特報公開、白石隼也ら共演陣も発表”. 映画ナタリー (2015年11月20日). 2015年11月20日閲覧。
  26. ^ “「帝一の國」に野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、千葉雄大、志尊淳ら出演”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年11月16日). http://natalie.mu/comic/news/209522 2016年11月16日閲覧。 
  27. ^ “福士蒼汰主演で「ちょっと今から仕事やめてくる」映画化、工藤阿須加や黒木華ら共演”. 映画ナタリー. (2016年7月29日). http://natalie.mu/eiga/news/196264 2016年7月29日閲覧。 
  28. ^ “広瀬すず、是枝裕和監督と再タッグ!「三度目の殺人」で福山雅治&役所広司と対峙”. 映画.com. (2017年2月21日). http://eiga.com/news/20170221/1/ 2017年2月21日閲覧。 
  29. ^ “『FF』題材の実話ブログ『FFXIV 光のお父さん』実写映画化 坂口健太郎&吉田鋼太郎W主演でドラマ版から変更”. ORICON NEWS. (2019年3月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2132100/full/ 2019年3月24日閲覧。 
  30. ^ 【FFXIV FAN FES】「大杉さんどっかにいってくれ!」 「劇場版 FFXIV 光のお父さん」発表会で、主演の坂口健太郎さんと吉田鋼太郎さんが語ったゲームに対する熱い想いとは?”. GAME Watch (2019年3月24日). 2019年3月25日閲覧。
  31. ^ 田中圭主演「劇場版 おっさんずラブ(仮題)」8月23日に公開決定”. 映画ナタリー (2019年3月25日). 2019年3月25日閲覧。
  32. ^ “藤原竜也主演の実写「カイジ」9年ぶり新作が決定! 共演に福士蒼汰、新田真剣佑、関水渚ら”. 映画.com. (2019年5月31日). https://eiga.com/news/20190531/2/ 2019年5月31日閲覧。 
  33. ^ “「今日から俺は!!劇場版」7月公開”. 映画ナタリー. (2019年12月11日). https://natalie.mu/eiga/news/358976 2020年1月9日閲覧。 
  34. ^ 『孤狼の血 LEVEL2』正式タイトル、公開日、キャスト情報解禁!!”. 東映 (2021年2月4日). 2021年2月4日閲覧。
  35. ^ 菅田将暉主演で密室スリラー「CUBE」リメイク!”. 映画.com (2021年2月2日). 2021年2月2日閲覧。
  36. ^ 田中圭24時間テレビに今田耕司、川栄李奈、山田裕貴、吉田鋼太郎、吉田羊が出演! 第一弾キャスト発表”. AbemaTIMES. 2018年12月5日閲覧。
  37. ^ “「がんばれ田中圭」がトレンド入り! いきなりの吉田鋼太郎登場にSNS熱狂!!<田中圭24時間テレビ>”. ザテレビジョン. (2018年12月16日). https://thetv.jp/news/detail/172980/ 2018年12月17日閲覧。 
  38. ^ “山田孝之主演『全裸監督』、吉田鋼太郎や板尾創路ら豪華脇役陣の役柄公開【独占】”. ORICON. (2019年7月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2139956/full/ 2019年7月12日閲覧。 
  39. ^ 『映画ドラえもん』新作に広瀬アリス、柳楽優弥ら参加!辻村深月が脚本を担当「“聖書の続き”を書くような想い」”. 映画ランドNEWS (2018年10月15日). 2018年10月15日閲覧。
  40. ^ “伊藤健太郎、吉田鋼太郎、釘宮理恵が映画「シンカリオン」に出演、主題歌はボイメン”. 映画ナタリー. (2019年10月1日). https://natalie.mu/eiga/news/349608 2019年10月1日閲覧。 
  41. ^ BS民放5局開局15周年共同特別番組「バック・トゥ・ザ21世紀〜気づけば未来があふれてた〜」、2015年12月23日閲覧
  42. ^ 超実話ミステリー、2017年1月6日閲覧
  43. ^ 吉田鋼太郎がナビゲート、松田聖子がジャズスタンダード歌う「SONGS」、2017年3月23日閲覧
  44. ^ 吉田鋼太郎×馬場康夫 トレンディドラマ全盛の「平成前夜」を振り返る、2018年9月29日閲覧
  45. ^ フェルメールのミステリーに吉田鋼太郎、優香、石原さとみが迫る!、2018年10月3日閲覧
  46. ^ ソフトバンクニュースリリース(2015年2月10日)
  47. ^ CMソングMAX(2015年2月4日)
  48. ^ サントリーCM情報(2015年2月) Archived 2015年2月15日, at the Wayback Machine.
  49. ^ マーベラスニュースリリース(2015年9月1日)
  50. ^ ORICONSTYLE(2016年1月12日)
  51. ^ 江崎グリコ商品紹介(2016年1月12日)
  52. ^ “吉田鋼太郎、新婚生活「幸せ」 菜々緒“御指名”には大喜び「イエーイ」”. スポニチアネックス. (2016年3月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/29/kiji/K20160329012304850.html 2016年3月29日閲覧。 
  53. ^ “『クリアアサヒ クリアセブン』新TVCM 吉田鋼太郎さん、坂口健太郎さん出演の「心から愛せる7%篇」 7月3日(火)放映開始!”. アサヒビール「ニュースリリース」. (2018年7月3日). https://www.asahibeer.co.jp/news/2018/0703_2.html 2018年7月8日閲覧。 
  54. ^ “「オトナの夢は、カタチにしよう。」をキャッチフレーズに、夢の実現を応援する「Panasonic リフォーム」の新CMを4月13日より全国でオンエア”. CM JAPAN. (2016年4月15日). http://www.cmjapan.com/watcher/pr/cmrelease/panasonic23416/ 2016年4月20日閲覧。 
  55. ^ 温水洋一さんが吉田鋼太郎さんに変身!?『JapanTaxi』アプリ600万ダウンロード記念!初の全国TVCMスタート”. JapanTaxi株式会社 (2018年11月22日). 2018年12月13日閲覧。
  56. ^ “ソリオ TVCM情報”. スズキ. http://www.suzuki.co.jp/car/solio/tvcm/ 2019年2月3日閲覧。 
  57. ^ プチシリーズに春のラインアップ “焼もろこし”“小麦胚芽の香ばしクラッカー”などを3月5日(火)に新発売!(PDF)”. ブルボン (2019年2月28日). 2019年4月17日閲覧。
  58. ^ 瞬時に息をリフレッシュする「スピード®ブレスケア」『劇場版おっさんずラブ〜LOVE or DEAD〜』とのコラボCMが決定!”. 小林製薬株式会社 (2019年7月11日). 2019年8月6日閲覧。
  59. ^ 株式会社インプレス (2019年12月24日). “吉田鋼太郎さんと沢口靖子さんが脳トレに挑戦! 「脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング」のTVCMが公開” (日本語). GAME Watch. 2020年8月1日閲覧。
  60. ^ “【新CMキャラクターに吉田鋼太郎さんを起用】日本No.1ライブ配信アプリ「17 Live(イチナナ)」”. https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000090.000030133.html 2020年2月23日閲覧。 
  61. ^ 藤原 竜也さんと吉田 鋼太郎さんが共演するSKYSEA Client Viewの新テレビCM「見える化」篇を放映”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2020年8月1日閲覧。
  62. ^ “「血圧サポート」のイメージキャラクターに俳優の吉田鋼太郎さんを起用” (PDF). ファンケル・企業情報. (2020年10月1日). https://www.fancl.jp/news/pdf/20201001_yoshidakoutarousan.pdf 2020年10月16日閲覧。 
  63. ^ “吉田鋼太郎さん、佐藤二朗さん出演WEB動画「ほっとけない健康ニュース」配信” (PDF). ファンケル・企業情報. (2020年10月12日). https://www.fancl.jp/news/pdf/20201012_hottokenaikenkounews.pdf 2020年10月16日閲覧。 
  64. ^ “sumikaのニューアルバムCMに吉田鋼太郎が登場” (PDF). barks. (2021年3月5日). https://www.barks.jp/news/?id=1000197945 2021年3月5日閲覧。 
  65. ^ 受賞段落ほかの出典。「発表! 第76回ドラマアカデミー賞」『週刊ザテレビジョン』第20号、角川マガジンズ、2013年5月24日、 32-35頁。
  66. ^ “平成25年度(第64回)芸術選奨文部科学大臣賞及び同新人賞の決定について” (PDF) (プレスリリース), 文化庁, (2014年3月13日), http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/pdf/geijutsusensho_140313.pdf#search='%E8%8A%B8%E8%A1%93%E9%81%B8%E5%A5%A8%E6%96%87%E9%83%A8%E7%A7%91%E5%AD%A6%E5%A4%A7%E8%87%A3%E8%B3%9E+%E5%90%89%E7%94%B0' 2015年11月19日閲覧。 
  67. ^ “東京ドラマアウォード グランプリに「半沢直樹」、堺雅人に主演俳優賞”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年10月23日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/10/23/kiji/K20141023009154070.html 2015年11月19日閲覧。 
  68. ^ “吉田鋼太郎 離婚「2回」1回は未入籍”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2015年11月19日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/11/19/0008579822.shtml 2015年11月19日閲覧。 
  69. ^ 第12回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」”. CONFiDENCE (2018年7月27日). 2018年7月28日閲覧。
  70. ^ ザテレビジョンドラマアカデミー賞”. KADOKAWA. 2018年8月8日閲覧。
  71. ^ 東京ドラマアウォード2018 国内部門”. 国際ドラマフェスティバル:東京ドラマアウォード2018 (2018年10月25日). 2018年10月25日閲覧。

外部リンク編集