動画工房

日本のアニメ制作会社

株式会社動画工房(どうがこうぼう)は、日本アニメ制作会社一般社団法人練馬アニメーション理事。

株式会社動画工房
Doga Kobo inc.
Doga Kobo Logo.svg
Doga Kobo Anime Office Nerima.jpg
本社が入居する矢島ビル
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
176-0012
東京都練馬区豊玉北2-21-11[1]
矢島ビル
設立 1973年7月11日(有限会社として)[2]
業種 情報・通信業
法人番号 4011601012230 ウィキデータを編集
事業内容 アニメーション制作[3]
代表者 代表取締役社長 石黒竜[1]
資本金 5,000,000円[1]
発行済株式総数 5,000株[4]
売上高 4億1,136万9千円(2008年7月期)[4]
営業利益 2,141万3千円(2008年7月期)[4]
従業員数 約100人(2019年7月時点)[5]
決算期 7月31日
外部リンク http://www.dogakobo.com/
特記事項:2006年7月11日から[2]2009年4月23日まで[4]ティー・ワイ・オー子会社
テンプレートを表示

沿革編集

1973年7月11日に設立[3]。当初は有限会社だった。戦前から活躍した漫画家兼アニメーターの古沢日出夫とともに、初代社長はアニメーター兼演出家の石黒育が務めた。古沢は戦前からのベテランアニメーターで、東映動画がテレビアニメを開始するときに独立し、自ら設立した日動新プロやFプロなどのプロダクションで活動していた[6]

作画力は高く[7]、1980年代には『風の谷のナウシカ』の作画を、1990年代には『ポケットモンスター』の作画を担当した[7]。2000年代以降は他社の下請けだけでなく、自社オリジナル作品も制作している[7]2006年7月11日、株式会社に登記を変更[1]すると、TYOが発行済み株式の70%を取得し、ハルフィルムメーカーゆめ太カンパニーとともに同社のグループ傘下に入った[2]。同年には石黒竜が代表取締役に就任している[7]2009年4月23日、経営方針への意見の食い違いを理由として、TYOが保有する動画工房の全株式を代表取締役の石黒竜に譲渡し、TYOグループから離脱した[4]

2017年1月、マーチエキュート神田万世橋イベントスペース佇マイにて、アニメ制作会社feel.と合同で原画展を開催した。

制作体制編集

社内に制作・管理部、版権事業部、演出部、作画部、仕上げ部、撮影部を構える。色彩設計、撮影監督に関しては自社スタッフの起用率が高い。

制作作品においてはCG監督を起用しない方針がとられており、3DレイアウトやCGモデリング・アニメーションに関しては1人のスタッフが単独で務めることが多い。近年の動画工房作品では3Dレイアウト、3DCG、モニターワークスの大半を渡辺悦啓が担当している。

制作協力としてグロス請け専門スタジオの寿門堂が動画工房の元請作品のほぼすべてに関わっており、元請作品の作画監督、原画、第二原画、動画検査、動画、色指定、仕上げ、撮影の全てに関わることが多い。動画工房元請作品によっては、動画・仕上げに関して他のスタジオにはほとんど発注せずに動画工房と寿門堂のみで大半の作業を賄う作品もある。

背景美術に関しては専門スタジオに外注しており、スタジオ・イースタースタジオなやの起用率が高い。

作風編集

制作元請を始めた当初はアダルトゲーム原作のアニメを中心に手がけていた。

2011年以降は『ゆるゆり』『NEW GAME!』などの萌えアニメの制作元請が増えており、いわゆる美少女系の描写を得意としている。

その他、『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』ではオレンジと共同で動画工房初のロボットアニメを制作している。

また、スタジオジブリ作品の作画・動画協力は、トップクラフト(ジブリの前身)制作の『風の谷のナウシカ』以降も頻繁に担当している。また、近年では他社制作のテレビアニメやアニメ映画の制作協力作品も増加傾向にある。その他、オリジナルアニメーション作品も制作しており、上記のアニメだけではなく、自社制作も手掛けている。

2018年以降は、KADOKAWA製作のアニメ作品を制作する傾向にある。2020年4月末から6月まで[8]は同社が関わった作品の1話を集めた「動画工房 春のアニメまつり」がTOKYO MXなどで放送された。

作品履歴編集

テレビアニメ編集

放送年 タイトル 備考
2007年 Myself ; Yourself  
2008年 薬師寺涼子の怪奇事件簿
恋姫†無双
2009年 真・恋姫†無双
11eyes
2010年 真・恋姫†無双 〜乙女大乱〜
2011年 星空へ架かる橋
ゆるゆり
2012年 ゆるゆり♪♪
夏雪ランデブー
2013年 まんがーる!
GJ部
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 共同制作:オレンジ
恋愛ラボ  
魔界王子 devils and realist
ラブリームービー いとしのムーコ
2014年 GJ部@
ラブリームービー いとしのムーコ Season2
未確認で進行形
月刊少女野崎くん
曇天に笑う
2015年 プラスティック・メモリーズ
ミカグラ学園組曲
ガンバレー部NEXT!
干物妹!うまるちゃん
緋弾のアリアAA
2016年 ラクエンロジック
三者三葉[9]
NEW GAME!
刀剣乱舞-花丸-
PJベリーのもぐもぐむにゃむにゃ
2017年 ガヴリールドロップアウト
ひなろじ〜from Luck & Logic〜
NEW GAME!!
干物妹!うまるちゃんR
2018年 続 刀剣乱舞-花丸-
多田くんは恋をしない
うちのメイドがウザすぎる![10]
アニマエール!
2019年 私に天使が舞い降りた!
世話やきキツネの仙狐さん
ダンベル何キロ持てる?
2020年 恋する小惑星
放課後ていぼう日誌
イエスタデイをうたって
池袋ウエストゲートパーク
魔王城でおやすみ
時期未定 先輩がうざい後輩の話

OVA編集

発売年 タイトル
1988年 宇宙家族カールビンソン
2006年 Memories Off #5 とぎれたフィルム THE ANIMATION
2009年 恋姫†無双 †はわわっDVD七巻はOVAすぺしゃるですよ〜†
2010年 真・恋姫†無双 LIVE Revolution
2010年 真・恋姫†無双 †はにゃDVD(Blu-ray)第七巻はOVAすぺしゃるなのだ
2011年 真・恋姫†無双〜乙女大乱〜 †あわわっDVD(Blu-ray)第七巻はOVAすぺしゃるです〜†
2014年 未確認で進行形
2015年 干物妹!うまるちゃん
2017年 ガヴリールドロップアウト
2017年 干物妹!うまるちゃん
2017年 NEW GAME!
2017年 ガヴリールドロップアウト
2019年 うちのメイドがウザすぎる!
2019年 私に天使が舞い降りた!

劇場アニメ編集

制作協力編集

テレビアニメ編集

OVA編集

劇場アニメ編集

ゲーム編集

CM編集

その他編集

  • BREETSCHLAG

所属スタッフ・関係者編集

所属スタッフ
  • 藤原佳幸(監督・演出家・シリーズ構成・脚本)
  • 谷口淳一郎(キャラクターデザイナー・アニメーター)
  • 山崎淳(キャラクターデザイナー・アニメーター)
  • 石黒けい(色彩設計)
  • 真壁源太(色彩設計)
  • 伊藤裕香(色彩設計)
  • 竹内優太(色彩設計)
  • 呉政宏(色彩設計)
  • 桒野貴文(撮影監督)
  • 伊藤邦彦(撮影監督)
  • 工藤康史(撮影監督)
  • 杉浦誠一(撮影監督)
  • 呉健弘(撮影監督)
  • 廖程芝(撮影監督)
  • 渡辺悦啓(3DCG・3DLO・モニターワークス)
関係者
  • 太田雅彦(監督・演出家)
  • 木村泰大(監督・演出家)
  • 下田正美(監督・演出家)
  • 大隈孝晴(監督・演出家)
  • 山崎みつえ(監督・演出家・音響監督)
  • 平牧大輔(監督・演出家)
  • 越田知明(監督・演出家)
  • 佐藤雅子(監督・演出家)
  • 直谷たかし(監督・演出家)
  • 大隈孝晴(副監督・演出家)
  • 満仲勧(同社出身、演出家・アニメーター)
  • 菊池愛(キャラクターデザイナー・アニメーター)
  • 熊谷勝弘(キャラクターデザイナー・アニメーター)
  • 中川洋未(キャラクターデザイナー・アニメーター)
  • 天﨑まなむ(キャラクターデザイナー・アニメーター)
  • 大島美和(キャラクターデザイナー・アニメーター)
  • 小泉昇(同社出身、アニメーター)
  • 佐藤昌文(同社出身、アニメーター)
  • 森久司(アニメーター)
  • 中山勝一(アニメーター)

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 株式会社 動画工房 会社概要
  2. ^ a b c “有限会社動画工房の株式の取得(子会社化)に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), ティー・ワイ・オー, (2006年7月11日), http://group.tyo.jp/files/ir/news/4358_20060711dougakoubou2.pdf 2011年11月5日閲覧。 
  3. ^ a b 高嶋 310-311ページ
  4. ^ a b c d e “子会社の異動(譲渡)に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), ティー・ワイ・オー, (2009年4月23日), http://group.tyo.jp/files/doc/364/pdf/douga_mbo.pdf 2011年11月5日閲覧。 
  5. ^ “株式会社動画工房 求人情報”. (2019年7月22日). https://www.kurihaku.jp/pro/company/detail/1648/ 2020年5月17日閲覧。 
  6. ^ 株式会社 動画工房 社史 日本のアニメーションのルーツ 動画工房の創業者 古沢日出夫
  7. ^ a b c d 小林由比「わが町日本一 アニメ産業 東京都練馬区 アニメ制作会社社長・石黒竜さん(33歳) 次も記憶に残る名作を」『東京新聞』2010年5月9日付け朝刊サンデー版、2面
  8. ^ 当時放送中だった『放課後ていぼう日誌』が新型コロナウイルス感染拡大の影響で放送中断を余儀なくされため(その後7月上旬から放送済みだった冒頭3話を改めて放送した後、同月下旬に放送を再開した)。
  9. ^ 三者三葉 : 作品情報”. アニメハック. 2020年5月6日閲覧。
  10. ^ うち​のメイドがウザすぎる! : 作品情報”. アニメハック. 2020年5月18日閲覧。

参考文献編集

  • 高嶋健夫『TYOの勢いはなぜとまらないのか 自己増殖する“クリエイティブビジネス都市”の秘密に迫る』日経BP企画、2006年10月2日。ISBN 9784861301469

関連項目編集

外部リンク編集