サオ族(サオぞく、邵族)は台湾原住民の一つ。主に南投県日月潭に分布し、人口僅か800人と台湾の原住民の中でかつて最も少なかった。伝承によれば白鹿を追って阿里山を越え南投に移住したと伝わる。以前はツォウ族の支族と見做されていたが、文化人類学的に差異が認められ、2001年内政部より独立した原住民族として認可された。

サオ族
Er nd 3014 Thao.jpg
1904年に撮影されたサオ族
総人口
約819人[1]
居住地域
台湾南投県日月潭他)
言語
サオ語台湾語北京語日本語
宗教
祖霊崇拝
関連する民族
ツォウ族

文化編集

サオ族は台湾原住民のなかでももっとも小さな民族である。長期にわたり日月潭畔を拠点に、祭事・工芸美食・歌舞といった伝統の文化を守ってきた。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集