サミュエル・デドゥーノ

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はデドゥーノ第二姓(母方の)はレイです。

サミュエル・"サム"・デドゥーノ・レイクSamuel "Sam" Deduno Lake , 1983年7月2日 - )は、ドミニカ共和国ラ・ロマーナ州ラ・ロマーナ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在はフリーエージェント

サム・デドゥーノ
Sam Deduno
Samuel Deduno 2011.jpg
サンディエゴ・パドレス時代
(2011年4月6日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 ラ・ロマーナ州ラ・ロマーナ
生年月日 (1983-07-02) 1983年7月2日(34歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2003年 アマチュア・フリーエージェントとしてコロラド・ロッキーズと契約
初出場 2010年8月27日 ロサンゼルス・ドジャース
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国代表
WBC 2013年2017年
獲得メダル
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
ワールド・ベースボール・クラシック
2013 野球

目次

経歴編集

ロッキーズ時代編集

2003年コロラド・ロッキーズに入団[1]

2007年テキサスリーグのAA級タルサ・ドリラーズでプレーした[要出典]

2008年は肘の怪我及びトミー・ジョン手術のため全休した[要出典]。オフに40人枠に登録された[2]

2010年8月26日にメジャーに昇格し、同日のロサンゼルス・ドジャース戦で初登板を果たした[要出典]

パドレス時代編集

2011年1月28日ウェーバーサンディエゴ・パドレスへ移籍した[要出典]5月23日DFAとなった[要出典]

ツインズ時代編集

2011年11月17日ミネソタ・ツインズとマイナー契約を結んだ[要出典]

2012年11月5日にマイナー契約で残留した[要出典]

2013年開幕前の3月に開催された第3回WBCのドミニカ共和国代表に選出された[3]

2014年2月28日にツインズと1年契約に合意した[4]。ツインズでは30試合に投げ、うち8試合で先発登板した[要出典]。防御率4.60・WHIP1.45とやや不調で、2勝5敗と負け越した[要出典]

アストロズ時代編集

2014年8月30日にウェーバーでヒューストン・アストロズへ移籍した[5][6]。アストロズ移籍後は5試合に登板、うち1試合で先発登板したが、勝ち星なしで1敗に終わった[要出典]。だが、投球イニングを上回る奪三振を記録し、三振奪取能力を垣間見せた[要出典]。ツインズとの合算では、35試合の登板中9試合に先発[要出典]。防御率4.47・2勝6敗という内容だった[要出典]

2015年は9試合に投げ、うち2試合に先発登板したが、防御率6.86と打ち込まれた[要出典]。11月10日に40人枠から外れAAA級フレズノ・グリズリーズへ降格した[7]

オリオールズ時代編集

2016年2月19日にボルチモア・オリオールズとマイナー契約を結んだ[8]。2月29日に傘下AAA級ノーフォーク・タイズへ配属された[9]

2017年開幕前の2月8日第4回WBCドミニカ共和国代表に選出され、2大会連続2度目の選出を果たした[10]。レギュラーシーズンは所属球団なく、オフにドミニカのウィンターリーグに参加。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2010 COL 4 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 12 2.2 3 1 1 0 0 3 0 0 1 1 3.38 1.50
2011 SD 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 17 3.0 5 0 3 1 0 4 1 0 1 1 3.00 2.67
2012 MIN 15 15 0 0 0 6 5 0 0 .545 347 79.0 69 10 53 0 5 57 5 0 40 39 4.44 1.54
2013 18 18 0 0 0 8 8 0 0 .500 461 108.0 105 7 41 0 9 67 8 2 48 46 3.83 1.35
2014 30 8 0 0 0 2 5 0 1 .286 408 92.0 92 9 41 1 10 74 8 3 49 47 4.60 1.45
HOU 5 1 0 0 0 0 1 0 1 .000 35 8.2 5 0 5 1 0 9 0 1 4 3 3.12 1.15
'14計 35 9 0 0 0 2 6 0 2 .250 443 100.2 97 9 46 2 10 83 8 4 53 50 4.47 1.42
2015 9 2 0 0 0 0 1 1 0 .000 96 21.0 24 3 9 0 3 17 3 0 16 16 6.86 1.57
MLB:6年 83 44 0 0 0 16 20 1 3 .444 1376 314.1 303 30 153 3 27 231 25 6 159 153 4.38 1.45
  • 2016年度シーズン終了時

背番号編集

  • 47 (2010年)
  • 43 (2011年)
  • 21 (2012年 - 2014年途中)
  • 44 (2014年途中 - )

代表歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Steve Gilbert (2008年11月20日). “Rockies set 40-man roster”. MLB.com. 2015年11月11日閲覧。
  2. ^ Barry Lewis (2009年4月5日). “Pitching leads Drillers”. Tulsa World. 2009年5月5日閲覧。
  3. ^ 2013 Tournament Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月7日閲覧 [リンク切れ]
  4. ^ “Twins agree to terms with all players on 40-man roster”. Twins Press Release. MLB.com. (2014年2月28日). http://m.twins.mlb.com/news/article/68453378 2014年5月1日閲覧。 
  5. ^ Rhett Bollinger (2014年8月30日). “Deduno headed from Twins to Astros on waiver claim”. MLB.com. 2015年11月11日閲覧。
  6. ^ Wilmoth, Charlie (2014年8月30日). “Astros Claim Sam Deduno”. mlbtraderumors.com. 2014年9月2日閲覧。
  7. ^ “Astros' Samuel Deduno: Outrighted by Astros”. CBS Sports FANTASY. RotoWire Staff (CBS Sports). (2015年11月10日). http://www.cbssports.com/fantasy/baseball/news/astros-samuel-deduno-outrighted-by-astros/ 2015年11月11日閲覧。 
  8. ^ [baltimore.orioles.mlb.com/team/transactions.jsp?c_id=bal#month=2&year=2016&team_id=110 Transaction 2016 February] MLB.com (英語) (2016年2月19日) 2016年3月8日閲覧
  9. ^ International League Transactions 2016 February MiLB.com (英語) (2016年2月29日) 2016年3月8日閲覧
  10. ^ DR aims to defend title as WBC '17 roster set MLB.com (英語) (2017年2月15日) 2017年3月16日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集