サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ

ジョン・レノン > ジョン・レノンの作品 > サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ

サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ』(英語: Sometime in New York City)は、1972年に発表されたジョン・レノンオノ・ヨーコによる共作アルバム

サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ
ジョン・レノン&オノ・ヨーコライブ録音を含む スタジオ・アルバム
リリース
録音 スタジオ: 1971年11月1972年3月
ライヴ: 1969年12月15日 & 1971年6月6日
ジャンル ロック
時間
レーベル アップルEMIEMIミュージック・ジャパン
プロデュース ジョン・レノン、オノ・ヨーコ、フィル・スペクター
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 11位 (イングランドの旗 イングランド)
  • 48位 (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)
  • 15位 (日本の旗 日本)
  • ジョン・レノン&オノ・ヨーコ アルバム 年表
    イマジン
    (1971年)
    サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ
    (1972年)
    マインド・ゲームス
    (1973年)
    テンプレートを表示

    概要編集

    1971年の9月、レノンとヨーコはニューヨークに移住し、政治、平和等に関する活動を行った。本作はレノンのアルバムの中でも最も政治的な色合いが濃い作品に仕上がっている。1970年の『ジョンの魂』や1971年の『イマジン』でも、政治を風刺した楽曲及び平和をテーマとした楽曲は制作されていたものの、本作では非常に直接的な言葉が使われた楽曲が多い。

    また、レノンとヨーコのサポートメンバーとして、エレファンツ・メモリーのメンバーが参加している。

    ライブ音源編集

    本作は二枚組アルバムとして発表され、A面とB面にはスタジオ録音、C面には1969年12月15日にロンドンのライシーアム劇場で開催された[1] 『for a UNICEF charity show』[2] に出演した時の音源、D面には1971年6月6日にニューヨーク・フィルモア・イーストにて開催されたフランク・ザッパ・アンド・ザ・マザーズ・オブ・インヴェンション(以下、マザーズ)のコンサートのアンコールにゲスト出演した時の音源が、それぞれ収録されている[注釈 1]

    『for a UNICEF charity show』からは「コールド・ターキー」と「ドント・ウォリー・キョーコ」の演奏が収録されており、エリック・クラプトンジョージ・ハリスンキース・ムーンビリー・プレストンらが参加している[3]

    マザーズとの共演はレノン側が単独で編集を行い、ウォルター・ワードの「ウェル」以外の曲の曲名と作者名も全てレノン側が決定した。「ジャムラグ」ではマザーズが1969年に発表したザッパ作の'King Kong'が演奏されているが、ザッパの許諾なしで改題され、クレジットもレノン/オノ作とされた[4][注釈 2]。「オー」はマザーズが退場した後のレノンとヨーコの演奏である。

    アルバム・ジャケット編集

    アルバム・カバーは新聞を模しており、記事は歌詞になっている。ニクソン毛沢東が裸踊りをする合成写真、女性のヌード・イラストは、一部店舗ではステッカーで隠されて販売された。アメリカ盤の内袋には"New Army Pay Rise!"という1970年4月1日号「THE SUN」の記事が複写されている。

    Live Jamの内袋はマザーズのFillmore East - June 1971[注釈 3]のカバーをレノン自ら手書きで校正したものが使われている。

    アルバムには自由の女神像のカードが付けられ(たいまつは拳に変えられている)、更にアメリカ盤には「National Committee for John & Yoko」への郵便書簡が付いている。

    リイシュー編集

    2005年には、最新のリミックスとリマスタリングを施し、ボーナストラックとしてハッピー・クリスマス(戦争は終った)と、カップリング曲であるヨーコの「リッスン・ザ・スノウ・イズ・フォーリング」を追加したバージョンが発売された。

    2010年には最新のリマスタリングを施した紙ジャケット仕様の2枚組CDとして発売された。

    また、発売から50年の節目となる2022年には、最新のリミックス&リマスタリングを施し、デモ音源や未公開音源、別ミックスの音源を収録した『サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ:アルティメイト・コレクション』の発売が予定されている[5]

    収録曲編集

    ディスク1:Sometime In New York City編集

    1. 女は世界の奴隷か!  Woman is the Nigger of the World (John Lennon and Yoko Ono)
    2. シスターズ・オー・シスターズ  Sisters, O Sisters (Ono)
    3. アッティカ・ステート  Attica State (Lennon and Ono)
    4. ボーン・イン・ア・プリズン  Born in the Prison (Ono)
    5. ニューヨーク・シティ  New York City (Lennon)
    6. 血まみれの日曜日  Sunday Bloody Sunday (Lennon and Ono)
    7. ザ・ラック・オブ・ジ・アイリッシュ  The Luck of the Irish (Lennon and Ono)
    8. ジョン・シンクレア  John Sinclair (Lennon)
    9. アンジェラ  Angela (Lennon and Ono)
    10. ウィアー・オール・ウォーター  We're All Water (Ono)

    ディスク2:Live Jam編集

    Performed live at the Lyceum Ballroom in London, England on 15 December 1969, for a UNICEF charity 編集

    1. コールド・ターキー  Cold Turkey (Lennon)
    2. ドント・ウォリー・キョーコ  Don't Worry Kyoko (Ono)

    Recorded live at the Fillmore East in New York City with Frank Zappa and The Mothers of Invention on 6 June 1971編集

    1. ウェル(ベイビー・プリーズ・ドント・ゴー)  Well (Baby Please Don't Go) (Walter Ward)
    2. ジャムラグ  Jamrag (Lennon and Ono)
    3. スカンバッグ  Scumbag (Lennon/Ono/Zappa)
    4. オー  Au (Lennon and Ono)

    2005年のリミックス/リマスター版編集

    2005年のリミックス/リマスター版ではライヴ・ジャム後半の3曲がカットされ、シングル・リリースの2曲が追加された。 ※2005年発表のリミックス/リマスター盤の曲目。

    1. 女は世界の奴隷か!  Woman is the Nigger of the World
    2. シスターズ・オー・シスターズ  Sisters, O Sisters (Ono)
    3. アッティカ・ステート  Attica State
      • リマスターのみ
    4. ボーン・イン・ア・プリズン  Born in the Prison (Ono)
    5. ニューヨーク・シティ  New York City
    6. 血まみれの日曜日  Sunday Bloody Sunday
    7. ザ・ラック・オブ・ジ・アイリッシュ  The Luck of the Irish
    8. ジョン・シンクレア  John Sinclair
      • リマスターのみ
    9. アンジェラ  Angela
    10. ウィアー・オール・ウォーター  We're All Water (Ono)
    11. コールド・ターキー  Cold Turkey
    12. ドント・ウォリー・キョーコ  Don't Worry Kyoko (Ono)
    13. ウェル(ベイビー・プリーズ・ドント・ゴー)  Well (Baby Please Don't Go) (Walter Ward)
    ボーナス・トラック
    1. リッスン・ザ・スノウ・イズ・フォーリング Listen, the Snow is Falling (ono)
    2. ハッピー・クリスマス(戦争は終った) Happy Xmas (War is Over)

    参加ミュージシャン編集

    ディスク1:Sometime In New York City編集

    • ウェイン 'Tex' ガブリエル
      • Guitar(#1,2,3,4,5,6,7,10)
    • ゲーリー・ヴァン・ショコ
      • Bass(#1-10)
    • リチャード・フランク Jr.
      • Drums(#1-10)
      • Percussion(#1-10)
    • アダム・イッポリート
      • Piano(#1-10)
      • Organ(#1-10)
    • ジョン・ラ・ボス
      • Piano(#4)
    • スタン・ブロンスタイン
      • Saxophone(#1,2,3,4,5,6,9,10)
      • Flute(#7)

    ディスク2:Live Jam編集

    Performed live at the Lyceum Ballroom in London, England on 15 December 1969, for a UNICEF charity編集

    Recorded live at the Fillmore East in New York City with Frank Zappa and The Mothers of Invention on 6 June 1971編集

    脚注編集

    [脚注の使い方]

    出典編集

    1. ^ Blaney, John (2005). John Lennon: Listen to This Book (illustrated ed.). [S.l.]: Paper Jukebox. p. 41. ISBN 978-0-9544528-1-0 
    2. ^ Urish, Ben; Bielen, Kenneth G. (2007). The Words and Music of John Lennon. Greenwood Publishing Group. p. 15. ISBN 978-0-275-99180-7 
    3. ^ Edmondson, Jacqueline (2010). John Lennon: A Biography (illustrated ed.). Santa Barbara, CA: Greenwood. p. 131. ISBN 978-0-313-37938-3 
    4. ^ Mastropolo, Frank (2016年6月6日). “That Time John Lennon and Frank Zappa Jammed at the Fillmore East”. Ultimate Classic Rock. Diffuser Network. 2017年8月8日閲覧。
    5. ^ John & Yoko / Sometime in New York City”. sometimeinnyc.com. 2022年1月4日閲覧。

    注釈編集

    1. ^ この日のレノン夫妻の出演時以外のマザーズの演奏は、Fillmore East – June 1971(1971年)とTHE MOTHERS 1971(2022年)に収録された。
    2. ^ ザッパによる編集は、彼が病没する約1年前に発表したアルバム『プレイグラウンド・サイコティクス』(1992年)に'Well' (Ward)、'Say Please' (Lennon, Ono, Zappa)、 'Aaawk' (Lennon, Ono, Zappa)、'Scumbag' (Lennon, Ono, Kaylan, Zappa)、'A Small Eternity with Yoko Ono' (Lennon, Ono)の5曲となって収録された。この編集では「ジャムラグ」に含められてしまった'King Kong'は省かれ、'Scumbag'ではハワード・カイランマーク・ボルマンのボーカルが明瞭になった。2022年にザッパの遺族により発表されたTHE MOTHERS 1971には、'Well'、'King Kong'、'Say Please'、'Aaawk'、'Scumbag'、'A Small Eternity with Yoko Ono'の6曲が収録された。'Well'はこれまでに発表された音源の約2倍の長さの相当する約9分間の演奏であった。
    3. ^ この日のマザーズのコンサートから、レノン夫妻の出演時以外の音源を収録して、1971年に発表されたライブ・アルバム。

    外部リンク編集