メインメニューを開く

サンタクロース』(Santa Claus: The Movie)は1985年イギリスアメリカ合衆国ファンタジー映画。監督はヤノット・シュワルツ、出演はダドリー・ムーアジョン・リスゴーなど。

サンタクロース
Santa Claus: The Movie
監督 ヤノット・シュワルツ
脚本 デイヴィッド・ニューマン
原案 デイヴィッド・ニューマン
レスリー・ニューマン
製作 イリヤ・サルキンド
ピエール・スペングラー英語版
出演者 ダドリー・ムーア
ジョン・リスゴー
デヴィッド・ハドルストン
音楽 ヘンリー・マンシーニ
主題歌 『It's Christmas
(All Over The World)』
シーナ・イーストン
撮影 アーサー・イベットソン英語版
編集 ピーター・ハリウッド
製作会社 トライスター・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 トライスター
日本の旗 日本ヘラルド/東北新社
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年11月27日
日本の旗 1985年12月7日
上映時間 107分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $50,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $23,717,291[1]
配給収入 日本の旗 10億円[2]
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

昔、あるところにクラウスという木こりの老人がいた。 クラウスは毎年クリスマスになると、近くに住む子どもたちに自分が作った木の玩具(おもちゃ)を配って回る、優しい心の持ち主であった。 ある年のクリスマスのこと、クラウスと妻のアニアは、クリスマスプレゼントを届ける途中で凍え死んでしまう。 そこに空から不思議な光が降りてくる。 彼等が死んでしまうのは惜しいと思った妖精王は、2人に新しい命を与える。 蘇った夫妻が光に導かれて辿り着いたところは妖精の国だった。 妖精たちは、世界中の子どもたちにプレゼントする玩具を作っていたのだが、それを配ってくれる人を捜していたのである。 クラウスはその仕事を喜んでひきうけることにする。 そして永遠の生命を与えられ、サンタクロースになったのである。


同時上映、アカデミーショー受賞三大作「トムとジェリー

  • 「猫の演奏会(ピアノコンサート)」
  • 「食いしん坊の子ネズミ(台所戦争)」
  • 「ネズミの二銃士(パーティ荒らし)」

登場人物編集

パッチ
妖精の村から人間界に出て行った妖精。発想や技術は妖精村一だが、功を焦る癖がある。
B・Z
金儲けの為なら手段を択ばない悪い大玩具会社のオーナー。パッチと手を組む。
クラウス
きこり。妖精たちに頼まれサンタクロースとなる。
老妖精
クラウスにサンタクロースの名を与える。
アニヤ・クラウス
クラウスの妻。
タウザー
B・Zの気弱な部下。色の趣味が悪い。
ジョー
天涯孤独の貧しい少年。
コーネリア
両親を亡くし、伯父のB・Zに育てられた孤独な少女。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
劇場公開版 テレビ朝日
パッチ ダドリー・ムーア 青野武 富山敬
B・Z ジョン・リスゴー 阪脩 羽佐間道夫
クラウス デヴィッド・ハドルストン 若山弦蔵 黒沢良
老妖精 バージェス・メレディス
アニヤ・クラウス ジュディ・コーンウェル英語版 中西妙子 藤波京子
タウザー ジェフリー・クレイマー英語版 納谷六朗 安原義人
ジョー クリスチャン・フィッツパトリック 菊池英博 田中真弓
コーネリア キャリー・ケイ・ハイム英語版 渕崎ゆり子 玉川砂記子
ドーリー ジョン・バラード英語版 永井一郎 辻村真人
パフィ アンソニー・オドネル英語版 嶋俊介
ホンカ ピーター・オファレル 伊井篤史
ブーグ ティム・スターン 藤城裕士
  • 劇場公開版:1985年12月7日公開
台本:木原たけし、演出:佐藤敏夫、製作:東北新社
翻訳:森みさ 、演出:福永莞爾 、効果:リレーション 、調整:荒井孝、担当:東北新社
  • 2012年6月に公開から26年ぶりにようやく日本でも、オリジナルの初のシネマスコープサイズでDVDおよびブルーレイが発売された。しかし日本語吹替は未収録。

参考文献編集

  1. ^ a b Santa Claus: The Movie (1985)” (英語). Box Office Mojo. 2011年12月18日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)450頁

関連項目編集

外部リンク編集