ジェリー・ラゴヴォイ

ジョーダン・"ジェリー"・ラゴヴォイ(Jordan "Jerry" Ragovoy、1930年9月4日 - 2011年7月13日[1][2])は、アメリカ合衆国ソングライター音楽プロデューサー

ラゴヴォイの作品で最も知られているのは、ノーマン・ミード(Norman Meade)という筆名で発表した「タイム・イズ・オン・マイ・サイド 」で、もともとはカイ・ウィンディングや、ソウル歌手のアーマ・トーマスがレコード化していたが、ローリング・ストーンズが取り上げたことで有名になった。ラゴヴォイはまた、「ステイ・ウィズ・ミー (Stay with Me)」の作者でもあるが、オリジナルをロレーン・エリソン(Lorraine Ellison)がレコーディングしたこの曲は、2007年第49回グラミー賞の授賞式でメアリー・J. ブライジによって(メドレーに組み込まれて)歌われた。

ラゴヴォイは、東海岸ソウルミュージックを陰で支えた重要な人物であり、1960年代においてニューヨークフィラデルフィアから生まれたソウルの古典的名作とされるレコードに関わって、しばしばゴスペル的な感覚のある曲を、単独ないし共作で書いていた[3]。代表的作品としては、ガーネット・ミムズの「クライ・ベイビー」、アーマ・フランクリンの「心のかけら (Piece of My Heart)」、ハワード・テイト英語版の「愛は生きているうちに (Get It While You Can)」といった、後にジャニス・ジョプリンがカバーした曲や、上述の「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」、「ステイ・ウィズ・ミー」がある[3]。 ラゴヴォイはまた、一流のソウルのレコードに、プロデューサーや編曲者としても関わった[3]

経歴編集

ラゴヴォイは、ペンシルベニア州フィラデルフィアで、ハンガリー出身のユダヤ人検眼士の息子として生まれた[4]。 ラゴヴォイがレコード制作の関わるようになったのは、ザ・キャステラーズ(The Castelles)の1953年の曲「My Girl Awaits Me」が最初だった。

ラゴヴォイは、ファビアン英語版フランキー・アヴァロンのヒットを出していたフィラデルフィアのチャンセラー・レコード(Chancellor Records)で働き、1962年Billboard Hot 100の22位まで上昇した The Majors の「A Wonderful Dream」を書いた[3]。このころから、ラゴヴォイは、もうひとりの白人ソウル・ソングライター/プロデューサー、バート・バーンズ(Bert Berns)との共作も始めており、1963年Billboard Hot 100の4位まで上昇したガーネット・ミムズ・アンド・ジ・エンチャンターズの「クライ・ベイビー」も、この2人の共作であった[3]

やはりバーンズとの共作である、有名な「心のかけら」は、最初はアーマ・フランクリンによってレコード化されたが、後に、ジャニス・ジョプリンビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー(Big Brother and the Holding Company)による有名なカバーが出た。1966年から1968年までの間、ラゴヴォイは、音楽プロデューサーソングライターとしてワーナー・ブラザース・レコード傘下のロマ・レコード(Loma Records)で働いた。ジャニス・ジョプリンが取り上げたラゴヴォイの曲はほかにも、もともとロマ・レコードからロレーン・エリソンが出した「Try (Just a Little Bit Harder)」、上述の「クライ・ベイビー」、「愛は生きているうちに」、そして「My Baby」がある。ジョプリンが死ぬ前に、ラゴヴォイは、ジョプリンの次のアルバムのために「I'm Gonna Rock My Way to Heaven」(天国までロックし続けていく、の意)を用意していた。この曲はラゴヴォイが2011年7月に亡くなる直前まで録音されることも演奏されることもなかったが、ジョプリンを取り上げたミュージカル『One Night with Janis Joplin』(作・演出:Randy Johnson、編曲・音楽監督:Len Rhodes)の中に取り上げられ、演奏された。2011年5月27日オレゴン州ポートランドポートランド・センター・ステージ(Portland Center Stage)でこの作品がプレミア公開初日を迎えたときには、ラゴヴォイも客席にいた。

ラゴヴォイは、ボニー・レイットミルクウッド(Milkwood)のプロデュースも手がけていた[3]。しかし、音楽産業へのラゴヴォイの貢献は、1970年代以降は縮小していった[3]

1973年、ラゴヴォイは、ミュージカル『ほっといてくれ、僕は知らない英語版』からのアルバムで、第15回グラミー賞においてオリジナル・キャスト・ショー・アルバム作曲賞をプロデューサーとして獲得した。

2003年、ラゴヴォイは、再びハワード・テイトと組み、作・編曲、プロデュースを担当して、CD『Howard Tate Rediscovered』をリリースした[5]

2008年には、エース・レコード(Ace Records)が、『The Jerry Ragovoy Story: Time Is on My Side』と題して、ラゴヴォイ作品のコンピレーション・アルバムを出した。

ラゴヴォイは、2011年7月13日に心臓発作により、80歳で亡くなった[2]

代表作編集

タイトル オリジナル盤アーティスト その他の録音
"About This Thing Called Love" ファビアン英語版
"Ain't Nobody Home" ハワード・テイト英語版 B.B.キングボニー・レイット
"All I Know is The Way I Feel" アーマ・トーマス ハワード・テイトポインター・シスターズ
"A Wonderful Dream" The Majors
"Cloudy with a Chance of Tears" ザ・マンハッタンズ英語版
"Cry Baby" ガーネット・ミムズ・アンド・ジ・エンチャンターズ ジャニス・ジョプリン
"Eight Days on the Road" ハワード・テイト アレサ・フランクリンフォガット
"Either Side of the Same Town" ハワード・テイト エルヴィス・コステロ
愛は生きているうちに "Get It While You Can" ハワード・テイト ジャニス・ジョプリン
"Heart Be Still" ロレーン・エリソン
"I Can't Wait Until I See My Baby's Face" ベイビー・ワシントン英語版 アレサ・フランクリンダスティ・スプリングフィールドディオンヌ・ワーウィックマデリーン・ベル英語版、Pat Thomas
"I'll Make It Up to You" ガーネット・ミムズ・アンド・ジ・エンチャンターズ マンフレッド・マン
"I'll Take Good Care of You" ガーネット・ミムズ・アンド・ジ・エンチャンターズ
"It's Been Such a Long Way Home" ガーネット・ミムズ・アンド・ジ・エンチャンターズ
"It Was Easier to Hurt Her" ガーネット・ミムズ・アンド・ジ・エンチャンターズ クリス・ファーロウダスティ・スプリングフィールド
"Looking for You" ガーネット・ミムズ・アンド・ジ・エンチャンターズ クリス・ファーロウ
"Love Makin' Music" バリー・ホワイト
"Morning Light" ( Don Benolielとの共作) ルイ・ジョーダン ロイヤル・クラウン・レビュー英語版
"Move Me No Mountain" ディオンヌ・ワーウィック ハンク・クロフォード英語版チャカ・カーンソウル・II・ソウルラブ・アンリミテッド英語版
"My Baby" ガーネット・ミムズ・アンド・ジ・エンチャンターズ ジャニス・ジョプリンヤードバーズ
"My Girl Awaits Me" ザ・キャッスルズ英語版
"One Way Love" ザ・ドリフターズ ブライアン・フェリー
"Pata Pata" ミリアム・マケバ オシビサパーシー・フェイス
心のかけら "Piece of My Heart" アーマ・フランクリン ビッグ・ブラザー&ホールディング・カンパニーダスティ・スプリングフィールドザ・ムーブボニー・タイラーフェイス・ヒル
"Ring Bell" ミリアム・マケバ
"Stay with Me" ロレーン・エリソン ウォーカー・ブラザーズベット・ミドラーTerry ReidPhil SeymourMichael GrimmTen Wheel Drive
"Stop" ハワード・テイト ジェイムス・ギャング英語版ジミ・ヘンドリックスバンド・オブ・ジプシーズ、スーパー・セッション
"Sure Thing" ディオンヌ・ワーウィック
タイム・イズ・オン・マイ・サイド "Time Is on My Side" カイ・ウィンディング アーマ・トーマスザ・ローリング・ストーンズムーディー・ブルーストレイシー・ネルソン英語版
"Try (Just a Little Bit Harder)" ロレーン・エリソン ジャニス・ジョプリン
"What's It Gonna Be" ダスティ・スプリングフィールド バーバラ・アクリン英語版
"Where Did My Baby Go" バターフィールド・ブルース・バンド英語版
"You Better Believe It" スモール・フェイセス
"You Don't Know Nothing About Love" カール・ホール英語版 ロレーン・エリソン英語版レネ・ゲイヤー
"You Got It" ダイアナ・ロス

[6][2]

出典・脚注編集

外部リンク編集