メインメニューを開く

第49回グラミー賞 (49th Annual Grammy Awards) は2007年2月11日ロサンゼルスステイプルズ・センターで開催された。

目次

概要編集

前年の第48回グラミー賞FOXアメリカン・アイドルに押され、視聴率が伸びなかったため、2007年は日曜日に行なわれることが決まった。

主要部門受賞者編集

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門編集

年間最優秀レコード賞
年間最優秀アルバム賞
年間最優秀楽曲賞
最優秀新人賞

ポップ編集

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
最優秀ポップ・パフォーマンス賞デュオ/グループ
最優秀ポップ・コラボレーション賞
最優秀ポップ・インストゥルメンタル賞
最優秀ポップ・インストゥメンタル・アルバム賞
最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞

トラディッショナル・ポップ編集

最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・アルバム賞

ダンス編集

最優秀ダンス・レコーディング賞
最優秀エレクトリック/ダンス・アルバム賞

ロック編集

最優秀ソロ・ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
最優秀ロック・パフォーマンス・デュオ/グループ
最優秀ハードロック・パフォーマンス賞
最優秀メタル・パフォーマンス賞
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
最優秀ロック楽曲賞
最優秀ロック・アルバム賞

オルタナティヴ編集

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞

R&B編集

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
最優秀R&Bパフォーマンス・デュオ/グループ賞
最優秀トラディッショナルR&Bボーカル・パフォーマンス賞
最優秀アーバン/オルタナティヴ・パフォーマンス賞
最優秀R&B楽曲賞
最優秀R&Bアルバム賞
最優秀コンテンポラリーR&Bアルバム賞

ラップ編集

最優秀ソロ・ラップ・パフォーマンス賞
最優秀ラップ・パフォーマンス・デュオ/グループ
最優秀ラップ・コラボレーション賞
最優秀ラップ楽曲賞
最優秀ラップ・アルバム賞

カントリー編集

最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
最優秀男性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
最優秀カントリー・パフォーマンス・デュオ/グループ
最優秀カントリー・コラボレーション賞
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
最優秀カントリー楽曲賞
最優秀カントリー・アルバム賞
最優秀ブルーグラス・アルバム賞

ニューエイジ編集

最優秀ニューエイジ・アルバム賞

ジャズ編集

最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞
最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム賞
最優秀ジャズ・インストゥメンタル賞 - 奏者
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・アルバム賞 - インディビデュアル/グループ
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム賞
最優秀ラテン・ジャズ・アルバム賞

ラテン編集

最優秀ラテン・ポップ・アルバム賞
最優秀ラテン・ロック/オルタナティヴ・アルバム賞
最優秀トロピカル・ラテン・ポップ・アルバム賞
最優秀メキシカン/メキシカン-アメリカン・アルバム賞
最優秀テハーノ・アルバム賞
『Sigue El Taconazo』 - Chente Barrera y Taconazo
最優秀ノルテーニョ・アルバム
最優秀バンダ・アルバム

レゲエ編集

最優秀レゲエ・アルバム賞

ポルカ編集

最優秀ポルカ・アルバム賞

ワールドミュージック編集

最優秀トラディッショナル・ワールドミュージック・アルバム賞
最優秀コンテンポラリー・ワールドミュージック・アルバム賞

コメディ編集

最優秀コメディ・アルバム賞

制作・エンジニアリング編集

プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカル)
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(クラシカル)
  • エレーヌ・マートン

ミュージック・ビデオ編集

最優秀短編ミュージック・ビデオ
最優秀長編ミュージック・ビデオ

特別賞編集

ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー
特別功労賞生涯業績賞

脚注編集

  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2011年10月15日閲覧。
  2. ^ Edna Gundersen (2007年2月12日). “Don Henley lauded as MusiCares Person of the Year”. USA TODAY. 2011年10月15日閲覧。

外部リンク編集