ボニー・レイット

ボニー・レイット (Bonnie Raitt1949年11月8日 - ) は、米国ロックギタリストシンガー、活動家。ブルースR&Bの色合いの濃いサウンドが特長。また、女性スライド・ギタリストの草分け的存在としても知られている。

ボニー・レイット
Bonnie Raitt
Bonnie Raitt 2000.jpg
ボニー・レイット (2000年3月)
基本情報
出生名 Bonnie Lynn Raitt
生誕 (1949-11-08) 1949年11月8日(70歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州バーバンク
ジャンル ロックブルースR&B
職業 ギタリスト歌手
担当楽器 ギターボーカル
活動期間 1971年 -
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
キャピトル・レコード
公式サイト www.bonnieraitt.com

1970年代、レイットはブルース、ロック、フォーク、カントリーの要素を取り入れたルーツに影響を受けた一連のアルバムをリリースした。1989年、数年にわたって批評家の称賛を得たが商業的にはほとんど成功しなかった後、アルバム『ニック・オブ・タイム』が大ヒットした。「Something to Talk About」「Love Sneakin 'Up on You」およびブルース・ホーンズビーのピアノをフィーチャーしたバラード「I Can't Make You Love Me」を収録した次の2枚のアルバム、『ラック・オブ・ザ・ドロウ』(1991年)と『ロンギング・イン・ゼア・ハーツ』(1994年)も数百万枚を売り上げた。

レイットはグラミー賞を10回受賞している。

ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第50位[1]

2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第89位。

オーストラリアのカントリー・ミュージック・アーティスト、グレーム・コナーズは、「ボニー・レイットは他の誰にもできない歌詞で何かをします。彼女はそれを曲げて、あなたの心にぴったりとねじ込みます」と述べている。[2]

来歴編集

カリフォルニア州バーバンクに生まれる。父親はブロードウェイで活躍したスター、ジョン・レイット(1917年-2005年)。母親は彼の最初の妻でピアニストのマージョリー・ヘイドック。レイットはスコットランド系であり、彼女の祖先はネアンの近くにレイト城を建設した。[3]彼女はクエーカーの伝統で育った。[4] 幼い頃にニューヨーク州のポール・スミスにあるキャンプ・レジス・アップルジャックでギターを弾き始めた。その後、ボトルネックスタイルのギター演奏に気付いた。レイットは、ニューヨークで「学校や夏のキャンプで少し」演奏したと言っている。

ニューヨーク州ポキプシーのオークウッド・フレンズ・スクールを卒業後、1967年にラドクリフ大学に入学し、社会関係とアフリカの研究を専攻した。「計画は、ジュリウス・ニエレレ大統領が民主主義と社会主義に基づいた政府を作っているタンザニアに旅行することだった」とレイットは語った。[5]レイットはブルース・プロモーターのディック・ウォーターマンと友人になった。[4]大学2年生の間、レイットは学期を終えて、ウォーターマンや他の地元のミュージシャンと共にフィラデルフィアに移った。レイットはそれが「すべてを変えた機会」だったと言う。[4]ウォーターマンを通じてミシシッピ・フレッド・マクダウェルハウリン・ウルフシッピー・ウォレスといったブルース・アーティストたちと親交を深めていった。

略歴編集

1970年–1976年編集

1970年の夏、彼女は兄弟のデイヴィッドのスタンドアップ・ベースとともにフィリー・フォーク・フェスティバルでミシシッピ・フレッド・マクダウェルと共演し、ニューヨークのガスライト・カフェでジョン・ハモンドのオープニングを務め、彼女のパフォーマンスについての言葉を広め始め、また『ニューズウィーク』誌のリポーターの目に留まった。大手レコード会社のスカウトはすぐに彼女のショーを見るためにショーにやってきた。レイットは最終的にワーナーブラザーズからの申し出を受け入れ、1971年にデビュー・アルバム『ボニー・レイット」をすぐにリリースした。アルバムは音楽出版社に温かく迎えられ、多くのライターが音楽解釈や、当時、ポピュラー音楽界の女性はギタリストとして高い評価を得ていなかったがボトルネック・ギタリストとしてのスキルを賞賛された。

彼女のパフォーマンスを目にした人々から賞賛され、仲間から尊敬されてはいたものの、レイットの作品に対する世間の賞賛を得ることはほとんどなかった。評論家の評価はは成長し続けたが、レコードの売上は控えめなままだった。セカンド・アルバム『ギヴ・イット・アップ』は1972年にポジティブなレビューに向けてリリースされた。[6] 多くの批評家はそれを彼女の最高の作品とみなしているが、その評価は彼女の商業的成功には結びつかなかった。1973年のアルバム『テイキン・マイ・タイム」も批評家の称賛を受けたが、その評価も売上と一致しなかった。

レイットは『ローリング・ストーン』誌の1975年のカバーストーリーを含む、より広範囲な報道をされ始めたが、1974年のアルバム『ストリートライツ』で、彼女の作品のレビューはますます複雑になった。この時点で、レイットはすでにさまざまなプロデューサーとさまざまなスタイルを試していて、1975年のアルバム『ホーム・プレイト』に続くより主流のサウンドを採用し始めた。1976年、レイットはウォーレン・ジヴォンのセルフタイトル・アルバムに参加した。

1977年–1988年編集

 
1976年-1977年、バークレー・コミュニティ・シアターで演奏するレイット

1977年のアルバム『愛に乾杯』は「悲しき街角」のリメイクでヒットシングルを生み出しレイットに最初の商業的なブレイクをもたらした。アル・グリーンにインスパイアされたリズミカルなグルーヴに基づいたヘビーなリズム・アンド・ブルースに鋳直してのレコーディング、「悲しき街角」のレイット・バージョンは多くの批評家に嫌われていた。しかし、この曲の商業的成功は、ワーナー・ブラザーズコロンビア・レコードでの間にレイットとの契約をめぐる入札戦争を引き起こした。「当時、コロンビアとワーナーの大きな戦争が続いていました」と、1990年のインタビューでレイットは回想している。「ジェームス・テイラーはワーナー・ブラザーズを去り、コロンビアでビッグアルバムを作ったばかりだった...そして、ワーナーはコロンビアからポール・サイモンの契約を奪いました。ワーナーは私がコロンビアでヒットレコードを持つことを望みませんでした。だから、私は自分の契約を再交渉しました、そして、それらは基本的にコロンビアの申し出と一致しました。率直に言って、この取引は本当に大きなものでした」。

ワーナー・ブラザーズは、1979年のレイットの次のアルバム『愛に生きる』に高い期待を抱いていたが、リリースは貧弱なレビューと控えめな販売となった。1979年、ニューヨーク市のマディソン・スクエア・ガーデンで5人のミュージシャン・ユナイテッド・フォー・セーフ・エナジー(MUSE)コンサートの開催を手伝ったときに、レイットは商業的に成功した。ショーは3枚組のゴールド・アルバム『No Nukes』と同名のワーナー・ブラザースの長編映画を生み出した。ショーには、共同創設者のジャクソン・ブラウングラハム・ナッシュジョン・ホール、レイット、ブルース・スプリングスティーントム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズドゥービー・ブラザーズカーリー・サイモンジェームス・テイラーギル・スコット・ヘロンなどが参加した。

1980年、彼女はパラマウント映画『アーバン・カウボーイ』に出演し、「Don't It Make You Wanna Dance」を歌った。

1982年の 次作『グリーン・ライト』で、レイットは以前のレコードの音を再検討するために意識的に試みた。しかし、彼女の驚いたことに、彼女の仲間やメディアの多くは、彼女の新しいサウンドと急成長しているニュー・ウェイヴの動きを比較していた。アルバムは長年の間、レイットにとって最強のレビューを受けたが、売り上げは改善せず、これはワーナー・ブラザーズとの関係に深刻な影響を与えた。

アルバム『Tongue and Groove』とワーナー・ブラザーズからの解放編集

1983年、レイトが『Tongue and Groove』というタイトルの次作となるアルバムの作業を終えたとき、ワーナー・ブラザーズは「家を掃除」し、ヴァン・モリソンアーロ・ガスリーなどの主要アーティストを名簿から削除した。『Tongue and Groove』のマスタリングが完了した翌日、レーベルはレイットもリストから脱落させた。アルバムは無期限に棚上げされ、レイットはレコードレーベルなしで放置された。それまでに、レイットはアルコールと薬物乱用の問題にも苦労していた。[7]

個人的および職業上の問題にもかかわらず、レイットは引き続き政治活動に参加し、ツアーに参加した。1985年、レイットはギタリストのスティーブン・ヴァン・ザントによって書かれプロデュースされた反アパルトヘイトのレコード「サン・シティ」で歌い、ビデオにも出演した。ファーム・エイドアムネスティ・インターナショナル・コンサートへの参加に加えて、レイットは1987年にモスクワを訪れ、後にショータイムテレビネットワークで公開された最初のソビエト/アメリカ平和コンサートに参加した。また1987年には「コントラ・エイドを止めるためのロサンゼルスでのカウントダウン'87」を開催した。利益は、ミュージシャンのドン・ヘンリーハービー・ハンコックホリー・ニアなどと一緒になった。

ワーナー・ブラザーズは、彼女をレーベルから離して2年後、レイットに『Tongue and Groove』をリリースする計画を通知した。「あまり公平ではないと言った」とレイットは回想する。「この時点で、彼らはある種の気分が悪くなったと思う。つまり、自分の名声を維持するために貯金を切り崩してツアーをしていて、絵を描く能力はどんどん減っていました。 だから彼らは私を入れて、その半分をカッティングしなおすことに同意しました、それで『ナイン・ライヴズ』が出ました」。1986年にリリースされた重大かつ商業的な失望であるアルバム『ナイン・ライヴズ』は、ワーナー・ブラザーズにとってのレイットの最後のレコーディングである。

1987年後半、レイットは歌手k.d.ラングおよびジェニファー・ウォーンズと、ロイ・オービソンのテレビ番組「ロイ・オービソンと仲間たち、黒と白の夜」の女性バックグランド・ボーカリストとして活躍した。この高く評価された放送に続いて、レイットは新しいマテリアルの制​​作を始めた。その時までに、彼女は薬物乱用の問題を解決したため、清潔で落ち着いた状態だった。レイットは後に、ミネソタ州フェアのコンサートでのスティーヴィー・レイ・ヴォーンの助けの功績を認めた。[8] この間、レイットはプリンス所有のペイズリー・パーク・レーベルとの契約を検討したが、交渉は最終的に失敗した。その代わりにキャピトル・レコードドン・ウォズのプロダクション・ガイダンスの下で、ポップとロックのブルージーなミックスを録音し始めた。

レイットはハル・ウィルナーを介してウォズに出会った。ウォズはA&Mディズニー音楽へのトリビュートアルバム『Stay Awake』をまとめていた。ウォズとウィルナーは両方とも、レイットが映画『ダンボ』の中の子守歌「ベイビーマイン」のためにウォズによって作成されたアダルト・コンテンポラリー・アレンジメントでリードを歌うことを望んでいた。レイットはセッションに非常に満足しており、次のアルバムをプロデュースするようウォズに依頼した。

1989年–1999年: 商業的なブレイク編集

 
1990年グラミー賞のレイット

 

アルバム"Stay Awake"でウォズと仕事をした後、レイットのマネージメント事務所のゴールド・マウンテンは新しいレコード契約について多くのレーベルにアプローチし、キャピトル・レコードのA&R部門の責任者ティム・ディヴァインによってキャピトルと契約した。ほぼ20年をかけた後で、キャピトルでレイットは10枚目のアルバム『ニック・オブ・タイムで遅まきながら商業的成功を達成した。1989年の春にリリースされた『ニック・オブ・タイム』は1990年初頭のレイットのグラミー総取りに続いて、米国チャートのトップに躍り出た。このアルバムは、『ローリング・ストーン』誌の「史上最高のアルバム500件のリスト」の230番に選ばれた。レイット自身は、10回目の試みが「私の最初の素面のアルバム」であると指摘した。[9][10]

同時に、レイットはアルバム『ヒーラー』でのジョン・リー・フッカーとのデュエット「I'm in the Mood」で第4回グラミー賞を受賞した。『ニック・オブ・タイム』はレイットと一緒に今日まで録音やツアーを共にするリッキー・ファターとジェームズ・ハッチ・ハチンソンの長年のリズム・セクションをフィーチャーした多くのレコーディングの最初だった(以前、ファターはレイットのアルバム『グリーン・ライト』でプレイし、ハッチンソンは『ナイン・ライヴズ』で共に働いていた)。『ニック・オブ・タイム』は米国だけで600万枚以上を売り上げた。

レイットは1991年のアルバム 『ラック・オブ・ザ・ドロウ』でグラミー賞を3回受賞し、アメリカで約800万枚を売り上げてこの成功を確かなものにした。3年後の1994年に、レイットは2枚目となるナンバー1・アルバム『ロンギング・イン・ゼア・ハーツ』でグラミー賞を2つ追加した。これらのアルバムは両方ともマルチプラチナの成功だった。レイットとウォズのコラボレーションは1995年のライブアルバム『ロード・テステッド』で友好的に終了した。このライブ・アルバムは堅実なレビューを得て、ゴールドを認定するのに十分なほど売れた。

「ロック・ステディ」は、ブライアン・アダムスとグレッチェン・ピーターズが1995年に書いたヒット曲。この曲は、ブライアン・アダムスとボニー・レイットのロード・テステッド・ツアーのデュエット用に書かれたもので、レイットのアルバム収録の1曲にもなった。この曲のオリジナル・デモ・バージョンは、アダムスの1996年のシングル「Let's Make a Night to Remember」に収録されている。

1997年B.B.キングのアルバム『デューシズ・ワイルド』に収録された「Baby I Love You」でB.B.とデュエットした。

次のスタジオ・アルバムのためにレイットははマイケル・フルームとチャド・ブレイクをプロデューサーとして雇った。「ドン・ウォズとの仕事が大好きでしたが、自分とファンに一息ついて何か違うことをしたかったのです」とレイットは言っている。フルームとブレイクとのレイットの作品は、1998年にアルバム『ファンダメンタル』としてリリースされた。

2000年–2007年編集

2000年3月、レイットはオハイオ州クリーブランドロックンロールの殿堂入りし、翌2001年には、父ジョンと揃ってハリウッド・ボウルの殿堂入りもした。アルバム『シルバー・ライニング』は2002年にリリースされた。米国では、ビルボードチャートで13位に達し、後にゴールド認定を受けている。シングル「暗闇を抜けて (I Ca n't Help You Now)」、「新しい人生 (Time of Our Lives)」、タイトルトラックの「希望の光 (Silver Lining)」が収録されており、3枚のシングルはすべて、米国アダルトコンテンポラリーチャートの上位40以内にはいった。

2002年3月19日に、レイットはレコード業界への貢献によってヴァイン通り沿いの ハリウッド名声の歩道の星を獲得した。[11][12] 2003年、キャピトル・レコードは、コンピレーション・アルバム『The Best of Bonnie Raitt』をリリースした。1989年から2002年までのキャピトルからリリースされた『ニック・オブ・タイム』『ラック・オブ・ザ・ドロウ』『ロンギング・イン・ゼア・ハーツ 』『ロード・テステッド』『ファンダメンタル』『シルバー・ライニング』という各アルバムからの曲が含まれている。レイットはトゥーツ・アンド・ザ・メイタルズのアルバム『True Love』にフィーチャーされ、2004年に最優秀レゲエ・アルバムでグラミー賞を受賞した。[13]

2003年マーティン・スコセッシの映画シリーズ「ザ・ブルース・ムービー・プロジェクト (The Blues)」の中の作品、ヴィム・ヴェンダーズ監督の『ソウル・オブ・マン』に出演し、2曲を披露。また翌2004年のライヴ映画『ライトニン・イン・ア・ボトル』(アントワーン・フークア監督)にも登場している。

アルバム『ソウルズ・アライク』は2005年9月にリリースされた。米国では、ビルボードチャートでトップ20に達した。シングル「アイ・ウィル・ナット・ビー・ブローケン (I Will Not Be Broken)」と「アイ・ドント・ウォント・エニシング・トゥ・チェンジ (I Do n't Want Anything to Change)」が含まれており、どちらも米国アダルトコンテンポラリーチャートのトップ40にランクインしている。2006年に特別ゲストにケブ・モ、アリソン・クラウス、ベン・ハーパー、ジョン・クリアリー、ノラ・ジョーンズをフィーチャーし、絶賛されたVH1のクラシック・ディケーズ・クラシック・ロック・ライブ・コンサート・シリーズの一環として撮影されたライブDVD / CD『Bonnie Raitt and Friends』をリリースした。 DVDは8月15日にキャピトルレコードによってリリースされた。2005年9月30日にニュージャージー州アトランティックシティでライブ録音された『Bonnie Raitt and Friends』にはコンサートのVH1クラシックの放送に含まれていない4曲のデュエットを含む、これまでにないパフォーマンスとインタビュー映像を収録している。付属のCDには、ベン・ハーパーをフィーチャーしたラジオ・シングル「トゥー・ライト・イン・ザ・ナイトタイム (Two Lights in the Nighttime)」を含む11曲が収録されていまる。 2007年、レイットは『Goin' Home: A Tribute to Fats Domino』に貢献した。レイットはジョン・クリアリーと共にファッツ・ドミノの「I'm In Love Again」と「All by Myself」のメドレーを歌った。

2008年-現在編集

レイットは2008年6月7日にギャリソン・ケイラーのラジオ番組『プレイリー・ホーム・コンパニオン』の放送に出演した。彼女はケビン・”ケブ・モ"・ムーアとともに"No Getting Over Over You"と"There Ai n't Nothin 'in Ramblin'"の2曲のブルースを演奏した。レイットはまた、リチャード・トンプソンと「薄暗い部屋で (Dimming of the Day)」を歌った。このショーは2006年10月にレイットと彼女のバンドとともに行われた別のショーとともに、プレーリー・ホーム・コンパニオンのウェブサイトにアーカイブされている。レイットは2011年のBBCで特集された「ジャマイカから出てきた最も影響力のあるアーティストの秘話」と解説されたドキュメンタリー「レゲエが魂を手に入れた:トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズの物語」に出演した[14][15]

2012年2月、レイットは2012年の第54回グラミー賞でアリシア・キーズとデュエットを行いエタ・ジェイムズを称えた。 2012年4月、レイットは2005年以来となる『スリップストリーム』というタイトルのスタジオ・アルバムをリリースした。アルバムは1994年の 『ロンギング・イン・ゼア・ハーツ』以来のトップ10アルバムをマークし、米国Billboard 200チャートの6位になった。このアルバムはアメリカのソングライター誌によって「彼女の40年のキャリアの中で最高の1つ」と評された[16]。2012年9月、レイットは”30 Songs / 30 Days”と呼ばれるキャンペーンで取り上げられた。これは、ニコラス・クリストフとシェリル・ウーダンの本で概説されたプロジェクトに触発されたマルチプラットフォームメディアプロジェクトである「空の半分:抑圧を世界中の女性の機会に変える」を支援するためである[17]。2013年、レイットはフォイ・ヴァンスのアルバム『Joy of Nothing』に参加した[18]

2015年5月30日、レオン・ラッセル、ボニー・レイット、アイヴァン・ネヴィルは、カリフォルニア州アゴーラ・ヒルズのキャニオン・クラブでパフォーマンスを行い、癌と闘っていたマーティ・グレブのための資金を集めた。グレブは彼らのアルバムのいくつかで演奏していた[19]

2016年2月、レイットは17枚目のスタジオ・アルバム『ディグ・イン・ディープ』をリリースした。このアルバムは、米国Billboard 200チャートの11位となり[20] 、好評を得た[21]。このアルバムにはシングル”Gypsy in Me”と、INXSの曲”Need You Tonight”のカバーが収録されている。

レイットは外科的介入を必要とする最近発見された医学的問題のため、2018年春夏ツーリングスケジュールの最初の期間をキャンセルした。彼女は、「完全な回復」が期待されており、2018年6月に予定された日付でツアーを再開する予定であると報告した[22]

薬物およびアルコールの使用と回復編集

レイットはアルコールと薬物を使用していたが、1980年代後半に心理療法を開始し、匿名のアルコール依存症者たちに参加した。レイットは「本物であるためにはパーティーのライフスタイルを生きなければならないと思っていましたが、実際、長くしすぎると、あなたがするのはだらしないか死んでいるだけです」[23]と語った。彼女は1987年にクリーンになった。アルコールの問題を認めて飲酒をやめる勇気を与えたのは、スティーヴィー・レイ・ヴォーンが落ち着いたときにさらに優れたミュージシャンであることに気づいたからだと述べて、スティーヴィー・レイ・ヴォーンを称賛した[24]。彼女はまた、「遅い夜の生活」が自分のためにならないことに気付いたのでやめたのだとも言っている[25]。1989年に「天使たちが私を連れて行ってくれているような気がします。集中力と規律が強くなり、結果として自尊心が高まります」と語った。[26]

私生活編集

レイットは両親、兄弟、親友の死後も含めて、サバティカルを取っている。彼女は「私が多くの損失を経験したとき、私は休みを取った」と言った[23]。レイットと俳優のマイケル・オキーフは1991年4月27日に結婚した。彼らは1999年11月9日に離婚を発表し[27]、理由としてはお互いの経歴がかなりの時間差を生じさせたように思われることであるとしている[28]

社会、政治活動編集

ボニーは、社会活動、政治活動に積極的に関わってきたことでも知られている。1980年マディソン・スクエア・ガーデンで開催された核廃絶を訴えるコンサート「ノー・ニュークス」、ファーム・エイドアムネスティ・インターナショナルのなどベネフィット・コンサートへの参加、また南アフリカの人種隔離政策を取り上げたプロテスト・ソング"Sun City"への参加などがあり、また、1988年設立のリズム・アンド・ブルース基金 (Rhythm & Blues Foundation - R&Bアーティストに対する支援、音楽の保存などを目的とする団体)の創設者のひとりとして名を連ねている。

レイットの政治的関与は1970年代初期に遡る。 1972年のアルバム「ギブ・イット・アップ」の裏には「北ベトナムの人々へ」と献辞が印刷されていた。 レイットのウェブサイトはファンに環境の保護についての詳細を学ぶよう促している。 彼女は1979年に安全なエネルギーのためのミュージシャンズ・ユナイテッドの創設メンバーであり、より大きな反核運動の触媒となり、アバロン同盟やサバイバル同盟などのグループに関与した。 1994年、ディック・ウォーターマンの要請で、シオン山記念基金を通じて指導者の一人であるブルース・ギタリストのフレッド・マクダウェルの墓石の交換に資金を提供した。 レイットはその後、マウント・ザイオン記念基金と共に再びミュージシャンのメンフィス・ミニー、サム・チャトモン、トミー・ジョンソンのためにミシシッピの記念墓石に資金を提供した。

2004年7月のストックホルム・ジャズ・フェスティバルでレイットは座っていた(後に再選した)ジョージWブッシュ大統領にクラシックを捧げた。 1979年のアルバム『愛に生きる』でフィーチャーされた曲「Your Good Thing(Is About To End)」のオープニング・リックに入る前に彼女は「ジョージ・ブッシュのためにこれを歌うつもりだ」と言われた。 2002年にレイットはLittle Kids Rockの公式サポーターとして署名した。LittleKids Rockは全米の公立学校の子供たちに無料の楽器と無料のレッスンを提供する非営利団体で、プログラムで子供たちを訪問し、名誉会員として組織の理事会に参加しています

2008年、レイトは2004年の津波による東南アジアでの救援活動を支援するために、Aid Still RequiredのCDに歌を寄付した。 レイットは2005年の秋/冬と2006年の春/夏/秋のツアーで、非営利の環境団体であるReverbと協力した。 [29] レイットは原子力の拡大に反対するNo Nukesグループの一部である。 2007年、No Nukesはバッファロー・スプリングフィールドの曲「フォー・ホワット・イッツ・ワース」の新バージョンのミュージックビデオを録音した。 [30][31][32] 2008年の民主党予備選挙で、レイットは、ジャクソン・ブラウンおよびベーシストのジェームス・”ハッチ”・ハチンソンとともに、ジョン・エドワーズ候補のキャンペーンパフォーマンスに出演した。

ギター編集

レイットの主要なツーリングギターはカスタマイズされたフェンダー・ストラトキャスターで、「ブラウニー (Brownie)」と呼ばれている。これが1996年のシグネチャー・モデルのベースとなった。レイットはフェンダーのシグネチャーラインを受け取った最初の女性ミュージシャンである。

私のブラウンの始まりは――ボディは1965年のもので、ネックははもうすこし後のです。1969年の朝の3時に120ドルで手に入れたハイブリッドのようなものです。それはペイントのないもので、1969年以来、私はそれをすべてのギグに使用しました。[33]

日本公演編集

3月11日,13日,14日 久保講堂(東京)、15日 名古屋市公会堂、17日 横浜市民会館、18日 大阪サンケイホール

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

ライブ・アルバム編集

  • Decades Rock Live: Bonnie Raitt and Friends (2006年、Capitol)

コンピレーション・アルバム編集

  • The Bonnie Raitt Collection (1990年、Warner Bros.)
  • Road Tested (1995年、Capitol)
  • Best of Bonnie Raitt (2003年、Capitol)
  • Starbucks Opus Collection (2011年、Rhino Entertainment Company)
  • Now & Then (2011年、Redwing Records)

脚注編集

  1. ^ Rolling Stone. “100 Greatest Singers: Bonnie Raitt”. 2013年5月26日閲覧。
  2. ^ Chris Coleman (2008年1月18日). “Summer Conversations January 2008”. ABC New South Wales. (Australian Broadcasting Corporation). 2008年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月7日閲覧。
  3. ^ Italie, Hillel (1991年12月14日). “Bonnie Raitt discovers her roots”. en:Lawrence Journal-World. Associated Press. https://news.google.com/newspapers?nid=2199&dat=19910714&id=R1cyAAAAIBAJ&sjid=XeYFAAAAIBAJ&pg=6928,3407930 2016年12月24日閲覧。 
  4. ^ a b c “Bonnie Raitt's Aha! Moment”. en:O, The Oprah Magazine 3 (7): 47–48. (July 2002). 
  5. ^ Bonnie Raitt”. bonnieraitt.com. Bonnie Raitt. 2014年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月19日閲覧。
  6. ^ Bonnie Raiit: Give It Up”. AllMusic. 2019年1月24日閲覧。
  7. ^ Benjamin, Scott (2009年2月18日). “Bonnie Raitt Will Not Be Broken”. CBS News. オリジナルの2012年4月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120422171711/http://www.cbsnews.com/2100-3445_162-1209936.html 2012年4月13日閲覧。 
  8. ^ Jon Bream (2002年8月22日). “Grand stands: A longtime fairgoer's most unforgettable shows”. StarTribune.com. 2007年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月7日閲覧。
  9. ^ “500 Greatest Albums of All Time”. Rolling Stone. (May 31, 2012). オリジナルのJuly 9, 2012時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120709165037/http://www.rollingstone.com/music/lists/500-greatest-albums-of-all-time-20120531/bonnie-raitt-nick-of-time-19691231 2012年9月1日閲覧。. 
  10. ^ Newman, Melinda (September 3, 2005). “Up Front: Don (Was)”. Billboard. https://books.google.com/books?id=DRYEAAAAMBAJ&pg=PA28&dq=bonnie+raitt+tim+devine+signed&hl=en&sa=X&ei=qE46VbHtJcmUNtyugYgH&ved=0CCcQ6AEwAg#v=onepage&q=bonnie%20raitt%20tim%20devine%20signed&f=false 2015年4月24日閲覧。. 
  11. ^ Bonnie Raitt | Hollywood Walk of Fame” (英語). www.walkoffame.com. 2018年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月18日閲覧。
  12. ^ Bonnie Raitt - Hollywood Star Walk - Los Angeles Times” (英語). projects.latimes.com. 2017年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月18日閲覧。
  13. ^ Linear CD Notes”. Tootsandthemaytals.net (2014年10月4日). 2016年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月2日閲覧。
  14. ^ Toots and the Maytals: Reggae Got Soul - BBC Four”. BBC. 2016年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月2日閲覧。
  15. ^ Toots & The Maytals - Reggae Got Soul - Documentary Trailer”. Youtube.com (2013年8月15日). 2017年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月2日閲覧。
  16. ^ “Bonnie Raitt: Slipstream”. American Songwriter. オリジナルのApril 5, 2012時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120405231417/http://www.americansongwriter.com/2012/04/bonnie-raitt-slipstream/ 2012年4月10日閲覧。. 
  17. ^ 30 Songs / 30 Days for Half the Sky | Half The Sky Archived October 14, 2012, at the Wayback Machine.. Halftheskymovement.org (August 30, 2012). Retrieved on 2012-09-16.
  18. ^ Foy Vance Debut Album Archived June 15, 2013, at the Wayback Machine. Folk Radio
  19. ^ Bonnie Raitt, Friends Rock to Raise Funds for Marty Grebb”. Californiarocker.com (2015年5月30日). 2020年3月7日閲覧。
  20. ^ “Bonnie Raitt - Chart history”. Billboard. オリジナルのJune 3, 2016時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160603114030/http://www.billboard.com/artist/296425/bonnie-raitt/chart?f=305 2016年5月12日閲覧。. 
  21. ^ Reviews for Dig in Deep by Bonnie Raitt”. Metacritic. 2016年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月12日閲覧。
  22. ^ Aswad, Jem (2018年4月30日). “Bonnie Raitt Cancels Tour Dates with James Taylor Due to Surgery”. Variety.com. 2018年5月30日閲覧。
  23. ^ a b Bonnie Raitt talks new album,' 25 years of sobriety and Whitney Houston – 04/11/2012 | Entertainment News from”. OnTheRedCarpet.com. 2013年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月19日閲覧。
  24. ^ Why Honesty About Hitchens' Addictions Matters”. Samefacts.com (2011年12月20日). 2013年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月19日閲覧。
  25. ^ Bonnie Raitt Will Not Be Broken”. CBS News (2006年1月15日). 2014年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月19日閲覧。
  26. ^ “The Long and Winding Road to Recovery and Renewal”. Psychology Today. http://www.psychologytoday.com/articles/200910/the-long-and-winding-road-recovery-and-renewal 2014年4月19日閲覧。. 
  27. ^ “Bonnie Raitt and Michael O'Keefe Divorcing”. Entertainment Wire (Business Wire). (1999年11月9日). http://findarticles.com/p/articles/mi_m0EIN/is_1999_Nov_9/ai_57433327/?tag=content;col1 2011年4月15日閲覧。 
  28. ^ “Left Singing the Blues”. People.com. (November 29, 1999). オリジナルのJune 25, 2014時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140625102003/http://www.people.com/people/article/0,,20129891,00.html 2014年4月19日閲覧。. 
  29. ^ Bonnie Raitt's 2006 tour”. Reverb. 2011年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月7日閲覧。
  30. ^ Daniel Kreps. “"For What It's Worth," No Nukes Reunite After Thirty Years”. NukeFree.org. 2011年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月7日閲覧。
  31. ^ Support Musicians Acting to Stop New Reactors”. Nuclear Information and Resource Service (2007年10月12日). 2011年4月7日閲覧。
  32. ^ Raitt to rock against new reactors”. Charleston Regional Business Journal (2009年1月13日). 2011年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月7日閲覧。
  33. ^ Bonnie Raitt: Return of the Blues Baroness” (2012年3月9日). 2014年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月7日閲覧。

外部リンク編集