メインメニューを開く

ジャガランディHerpailurus yagouaroundi)は、食肉目ネコ科Herpailurus属に分類される食肉類。本種のみでHerpailurus属を構成する。中央アメリカ南アメリカに棲息する。

ジャガランディ
ジャガランディ
ジャガランディ Herpailurus yagouaroundi
保全状況評価[1][2]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svgワシントン条約附属書I[注釈 1]
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 食肉目 Carnivora
: ネコ科 Felidae
: Herpailurus
: ジャガランディ
H. yagouaroundi
学名
Herpailurus yagouaroundi
(É. Geoffroy Saint-Hilaire, 1803)[2]
シノニム

Felis yagouaroundi
É. Geoffroy Saint-Hilaire, 1803[2]
Puma yagouaroundi
(É. Geoffroy Saint-Hilaire, 1803)[2]

和名
ジャガランディ
英名
Jaguarundi[2]
分布域
分布域

目次

呼称編集

かつては色の違いによって2つの別の種だと考えられ、灰色系のものは Jaguarundi、茶色系のものは Eyra と呼ばれていた。しかし、この2つは同種であり、同じ親から生まれた子供の中にも灰色の子と茶色の子が混在することがある。生まれたときのわずかな斑点以外、体毛に模様はない。スペイン語圏の国の一部ではジャガランディは「小さなライオン」を意味する「Leoncillo」と呼ばれる。

生物的特徴編集

 
ジャガランディ

形態編集

平均的個体は体長約65cm、尾長約45cm、体重約6kg。 ほっそりとした体形で、イタチカワウソと相似。体色に斑紋などは無く、毛の色は黒から茶色、灰色、鈍い赤などである。また、1本の毛の色が途中で変わる場合がある。 脚は短く、比較的長い尾を持つ。頭がやや長く、ネコ科に特有の丸みを帯びた印象は無い。虹彩が褐色で、瞳孔は丸く収縮する。耳は短くて丸い。

生態編集

棲息地は流水のそばの標高の低い草地である。また、ときには熱帯の植物の密度が濃い地帯に棲息することもある。単独、または、番(つがい)で行動する。昼行性か夜行性かは棲息する場所に依存する。地上や樹上を素早く移動することができ、泳ぎも上手い。木のそばを好むが、狩りは地上や水辺で行う。魚、ウサギのような小さな哺乳類爬虫類シギダチョウのような地上に巣を作るカエルなどを食糧とする。

繁殖編集

70日程の妊娠期間の後、一度に1匹から4匹の子を産む。幼獣は約2年で成獣となる。

系統分類編集

染色体の数と遺伝子の構造の研究から、ジャガランディはより大きい種であるピューマの近縁種であることが明らかになっている。上位分類のピューマ属はこの2種によって構成されているが、以前は双方ともネコ属に分類されていた。

2006年に行われたネコ科の遺伝子解析によると、現生するオオヤマネコベンガルヤマネコ、ピューマなどの祖先は、約800から850万年前にベーリング地峡を渡ってアメリカ大陸に入ってきたことが明らかとなった。これらの血統はその後、分岐したと考えられている。

最近の知見では、ジャガランディとピューマは、アフリカ西アジアに棲息するチーターに(現生種では)最も近縁であるとの示唆がされているが、はっきりした結論はまだ出ていない。現生のチーターが属するチーター属genus Acinonyx)はアメリカ大陸のピューマ属から分化してユーラシア大陸に戻ってきたという説が提唱されているが、チーター属はユーラシアで独自に進化を遂げたとする研究者もいる。ネコ亜科の動物がアメリカに渡った経緯については、まだ判明していないことが多い。

下位分類編集

下位分類群の 8亜種を示す。表記内容は順に、学名、英語名(存在するもののみ)、特記事項(棲息地を含む)。

保護編集

ジャガランディは毛皮目的で狩りの対象となっているが、それ以上に棲息域の破壊が影響して個体数が減少している。

ジャガランディはフランス領ギアナギアナ宇宙センターの周辺で見ることができる。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 南アメリカ大陸の個体群はワシントン条約附属書II

出典編集

  1. ^ Appendices I, II and III<https://www.cites.org/>(Accessed April 03, 2019)
  2. ^ a b c d e Caso, A., de Oliveira, T. & Carvajal, S.V. 2015. Herpailurus yagouaroundi. The IUCN Red List of Threatened Species 2015: e.T9948A50653167. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2015-2.RLTS.T9948A50653167.en. Downloaded on 03 April 2019.

関連項目編集