メインメニューを開く

ジョン・アンダーソン (音楽家)

イングランドの歌手

ジョン・アンダーソンJon Anderson1944年10月25日 - )は、イギリスミュージシャンボーカリスト作詞家プログレッシブ・ロック・バンド、イエスの元リード・ボーカリスト。

ジョン・アンダーソン
Jon Anderson
Jon Anderson with ukulele 2.jpg
サンパウロでのライブ(2011年12月)
基本情報
出生名 John Roy Anderson
生誕 (1944-10-25) 1944年10月25日(74歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド ランカシャー アクリントン
ジャンル プログレッシブ・ロック
シンフォニック・ロック
ポップ・ロック
ニューエイジ・ミュージック
職業 歌手
作詞家
作曲家
画家
ギタリスト
ハープ奏者
担当楽器 キーボードパーカッションハープギター
活動期間 1968年 - 現在
共同作業者 イエス
ザ・ウォリアーズ
ジョン・アンド・ヴァンゲリス
ABWH
キング・クリムゾン
公式サイト Official website
ジョン・アンダーソン(1977年8月30日)

目次

来歴編集

イギリスアクリントン出身。父はスコットランド系、母はアイルランド系のイギリス人だった。学校を卒業し、15歳から様々な職を転々とする。地元のサッカークラブチームであるアクリントン・スタンリーFCへ入る夢も持っていたが、165cmという小柄な体型からあきらめるしかなかった。1962年ザ・ウォリアーズに兄のトニー・アンダーソンと共にボーカリストとして加入。1967年に解散した。その後、ハンス・クリスチャンの芸名のシンガーとしてシングル盤2枚を発表している。

1968年にメイベル・グリアーズ・トイショップに在籍していたクリス・スクワイアと出会い、意気投合した彼らはビル・ブルーフォードピーター・バンクストニー・ケイと共にイエスを結成し、1969年にデビュー・アルバム『イエス・ファースト・アルバム』を発表する。1976年には初のソロ・アルバム『サンヒローのオリアス』を発表している。

1979年リック・ウェイクマンと共にイエスを脱退する。その後しばらくソロ活動を行うが、1983年にイエスに復帰し『ロンリー・ハート』が大ヒットを記録する。しかし、音楽性の違いから1988年にまたしてもバンドを脱退。1989年にはイエスのキャリア中に出会ったメンバーとアンダーソン・ブルーフォード・ウェイクマン・ハウ(略称:ABWH)名義でアルバム『閃光』を発表している。1990年にはABWHとイエスの合体という形で、アンダーソンはイエスに復帰した。

ギリシャ人のキーボード奏者・ヴァンゲリスとの連名で共作アルバムを数枚発表し、時々、ライブでも共演している。

1992年には喜多郎の作品に参加し、喜多郎と共にワールド・ツアーを行なっている。

2008年に体調不良を理由にイエスでのシンガーとしての活動を、バンドおよびマネージメント・サイドから拒否され、現在はイエスでの活動を行なっていない。イエスは代理のシンガー、ベノワ・ディヴィッドを擁立して2008年以降、ライブ活動を行ない、2012年にはジョン・デイヴィソンに交代している。

2008年にスロバキア人作曲家のペテル・マハイジックは、ジョン・アンダーソンが歌う「Sadness of Flowing」という曲が収録された『Namah』というタイトルのアルバムを発表した。2009年には、アンダーソンとマハイジックはブラチスラヴァのTribute to Freedomコンサートにて共演し、2012年にはロンドンオリンピックの一環として、サドラーズウェルズ劇場にてジョイント・コンサートを開いた。

アンダーソンは2009年以降、ソロ・シンガーとしてライブ活動中。2010年秋にはリック・ウェイクマンとの共演の英国ツアーを「プロジェクト 360」の名義で行ない、連名のスタジオ・アルバムとライブ・アルバムを発表している。

2012年にはスロバキアのシンガーソングライター・Miroslav Žbirkaとライブで共演した。

2013年にはアイスランドのバンド Todmobile とライブで共演した。

2014年にバイオリニストのジャン=リュック・ポンティとのバンド、アンダーソン・ポンティ・バンドを結成し、活動を開始した。同年7月に、Kickstarter での同バンドへの投資募集を発表している。

2016年には、スウェーデンのプログレッシブ・ロック・バンド、カイパザ・フラワー・キングスのギタリストとして知られるロイネ・ストルトと共に、アンダーソン/ストルトの名義でアルバムを発表している。

2016年に、元イエスのメンバーであるリック・ウェイクマントレヴァー・ラビンアンダーソン・ラビン・ウェイクマン (ARW)を結成し、ワールド・ツアーを開始。このバンドは翌年4月に、イエス・フィーチャリング・アンダーソン・ラビン・ウェイクマンに改名している。


三弦ギターであるストラムスティックの奏者としても知られている。

家族編集

かつて、アフリカ系イギリス人であるジェニファー・ベイカーと婚姻をしており(1970年 - 1995年)、2人の娘、デボラ・アンダーソンジェイド・アンダーソン、息子のダミアン・アンダーソンもミュージシャンとして活動をしている。1997年にジェーン・ルーテンバーガーと再婚した。2009年にはアメリカの市民権を取得した。

ディスコグラフィ編集

ソロ・スタジオ・アルバム編集

ソロ・ライブ・アルバム編集

  • Live from La La Land (2007年)

ソロ・コレクション編集

  • The Lost Tapes (2006年–2008年) ※ライブ、未発表デモ音源等のアルバム集。20枚組のCDボックス・セットとして計画されたが、7枚のみリリースされている。
    • Interview (2006年)
    • The Mother's Day Concert (2006年)
    • Searching For The Songs (2006年)
    • Live in Sheffield 1980 (2006年)
    • Watching The Flags That Fly (2006年)
    • The Lost Tapes of Opio (2007年)
    • From Me To You (2008年)

※イエスでデビューする以前の1968年に、アンダーソンはハンス・クリスチャンという芸名のソロ・シンガーとして2種のシングル盤を発売している。(「Never My Love / All Of The Time」および「Autobiography Of A Mississippi Hobo / Sonata Of Love」)

ザ・ウォリアーズ編集

  • "You Came Along b/w Don't Make Me Blue" (1964年)
  • 『ボルトン・クラブ65』 - Bolton Club 65 (1965年)

イエス編集

ライブ・アルバム、コンピレーション・アルバム等の詳細はイエスの作品を参照

アンダーソン・ブルーフォード・ウェイクマン・ハウ編集

  • 閃光』 - Anderson Bruford Wakeman Howe(1989年)
  • イエス・ミュージックの夜』 - An Evening Of Yes Music Plus(1993年) ※ライブ・アルバム
  • Live at the NEC – Oct 24th 1989(2010年)

コラボレーション編集

ジョン・アンド・ヴァンゲリス名義
  • ショート・ストーリーズ』 - Short Stories (1979年)
  • 『フレンズ・オブ・ミスター・カイロ』 - The Friends of Mr. Cairo (1981年)
  • 『プライヴェイト・コレクション』 - Private Collection (1983年)
  • 『ベスト・オブ・ジョン・アンド・ヴァンゲリス』 - The Best of Jon & Vangelis (ベスト盤 1984年)
  • 『ページ・オブ・ライフ』 - Page of Life (Arista盤 1991年)
  • "Wisdom Chain" (CDシングル 1991年)
  • Chronicles (ベスト盤 1994年)
  • Page of Life (OmTown盤 1998年)
喜多郎
  • 『レイディ・オブ・ドリームス』 - Dreams(1992年 別ジャケット、内容の違う盤あり)
ジョン・アンダーソン・アンド・リック・ウェイクマン名義
  • 『ザ・リヴィング・トゥリー』 - The Living Tree (2010年)
  • 『ザ・リヴィング・トゥリー・イン・コンサート パート1』 - The Living Tree in Concert Part One (2012年)
アンダーソン・ポンティ・バンド
  • 『ベター・レイト・ザン・ネヴァー - 真世界への旅』 - Better Late Than Never (2015年)
アンダーソン/ストルト
  • 『インヴェンション・オヴ・ナレッジ』 - Invention of Knowledge (2016年)

参加作品編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ [1], Peter Machajdik
  2. ^ [2], CD Namah

外部リンク編集