ジョン・クリアリー

ジョン・クリアリーJon Cleary1962年8月11日[1] - )は、米国ルイジアナ州ニューオーリンズを拠点に活動するシンガーピアニストイギリス出身だが17歳のときに渡米。今では、ニューオーリンズを代表するピアニストの一人として知られている。プロフェッサー・ロングヘアらのニューオーリンズR&Bを影響を色濃く受けながらも、ファンク、ラテンなど幅広い音楽的要素を取り入れたサウンドが特長。ボニー・レイットのバンド・メンバーとしてツアーとレコーディングに参加したことでも知られている。

ジョン・クリアリー
Jon Cleary
JonClearyLMF2008.jpg
ジョン・クリアリー (2008年)
基本情報
出生名 Jonathan Cleary
生誕 (1962-08-11) 1962年8月11日(58歳)
イングランドの旗 イングランドロンドン北部
ジャンル R&B
ブルース
ファンク
ラテン音楽
職業 ミュージシャン
担当楽器 ピアノ
活動期間 1994年 -
レーベル ヴァージン/ポイントブランク、ベイシン・ストリート、FHQ
共同作業者 ボニー・レイット
タジ・マハール
スヌークス・イーグリン
ジョン・スコフィールド
公式サイト www.joncleary.com

来歴編集

1962年ロンドンの北部に生まれる。父親や伯父、祖母、祖父が歌手またはミュージシャンという音楽的な家系だった[1]。5歳でギターを手にし、15歳で初めてのバンドを結成する[2]

1980年、17歳の時に渡米する。ニューオーリンズの著名なクラブ、メイプル・リーフ・バーでペンキ塗りの仕事をする傍ら、音楽活動をするようになった[1][2]。ニューオーリンズでピアノの魅力に取り憑かれたクリアリーは、本格的にピアノに取り組むようになった[2]

ニューオーリンズでは、ウォルター"ウルフマン"ワシントンスヌークス・イーグリンアーニー・ケイドージョン・ムーニーなどのミュージシャンたちとの共演を重ねた[1]1992年には、ダーウィン"ビッグD"パーキンズ(ギター)、コーネル・ウィリアムズ(ベース)、ジェフリー"ジェリービーン"アレクサンダーをメンバーとした自身のバンド、アブソリュート・モンスター・ジェントルメンを結成。バンド名はジョニー・"ギター"・ワトソンの曲名から取られている。1994年には、ニューオーリンズのミュージシャンたちをバックにレコーディングされたソロ・デビュー・アルバム『アリゲーター・リップス&ダーティ・ライス』をリリースした。

ビザの問題から出国を余儀なくされたクリアリーは、この後、一時的にイギリスに拠点を移したが[2]1995年にはニューオーリンズに戻っている[1]。この頃、クリアリーはタジ・マハールのツアーに参加。続いて、ボニー・レイットからも声がかかり、彼女のバンドに迎え入れられた。ツアーに同行し、彼女の2002年のアルバム『シルバー・ライニング』にも参加した。

1999年には、メジャー・レーベルのヴァージン/ポイントブランクよりセカンド・アルバム『Moonburn』をリリース。続いて地元ニューオーリンズのレーベル、ベイシン・ストリートより2枚のアルバムを発表するなど、順調に作品をリリースしていった。

2008年には自主制作による初のライブ・アルバム『Mo Hippa』をリリース。同年秋には、アブソリュート・モンスター・ジェントルメンとしての初となる日本ツアーのために来日し、横浜、東京、名古屋、大阪の4都市で公演を行った[3]

また同年、ジョン・スコフィールドの新バンド、パイアティ・ストリート・バンドに参加。翌2009年、アルバム『パイアティ・ストリート』がリリースとなった。このバンドはニューオーリンズのミュージシャンが中心となったもので、アルバムには他にジョージ・ポーターJr.ジョン・ブッテらが参加している。2009年9月、クリアリーは同バンドとともに再来日を果たした[4]

2012年、アラン・トゥーサンの曲のカバー集『Occapella』をリリース。翌2013年には5月、9月と相次いで来日公演を行った[5]

2016年、アルバム『Go Go Juice』で初のグラミー賞を受賞した(リージョナル・ルーツ・ミュージック・アルバム)[6]

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • 『アリゲーター・リップス&ダーティ・ライス』 - Alligator Lips & Dirty Rice (1994年、Ace)
  • Moonburn (1999年、Virgin/Poinblank)
  • Jon Cleary & the Absolute Monster Gentlemen (2002年、Basin Street)
  • Pin Your Spin (2004年、Basin Street)
  • Do Not Disturb (2007年、FHQ) ※EP
  • Mo Hippa (2008年、FHQ)
  • Occapella (2012年、FHQ)
  • Go Go Juice (2015年、FHQ)
  • Live at CHICKIE WaH WaH (2017年、FHQ)
  • 『ダイナマイト』 - Dyna-Mite (2018年、FHQ)

参考文献編集

外部リンク編集