スターキングマン (Star King Man) は日本中央競馬会に登録されていた外国産の元競走馬である。引退後に種牡馬となった。競走馬時代の担当調教助手牧浦充徳(現調教師)。

スターキングマン
欧字表記 Star King Man
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1999年4月14日
死没 2012年10月
抹消日 2007年12月6日
Kingmambo
Princesse Timide
母の父 Blushing Groom
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 ジョン・ゲインズ・サラブレッド社
馬主 (有)クローバークラブ
→(株)ゴールドレーシング
調教師 森秀行栗東
競走成績
生涯成績 42戦7勝
21戦3勝(中央競馬
20戦4勝(地方競馬
1戦0勝(日本国外)
獲得賞金 4億967万9000円
1億4922万9000円(中央競馬)
2億6045万円(地方競馬)
0円(日本国外)
テンプレートを表示

経歴編集

競走馬時代編集

2002年(3歳)、2月24日阪神競馬場で行われた3歳新馬戦でデビューし、単勝3番人気で2着となり、同じ開催中の3月17日に生涯唯一の芝レースとなった新馬戦では、6番人気で6着だった。その後休養し、7月13日の未勝利戦を制し、デビュー3戦めで初勝利を挙げ、続く地方競馬初遠征となった笠松競馬場での蘇水峡特別も制し、さらに盛岡競馬場での東京カップけやき賞も制し、初の重賞挑戦となるエルムステークスに出走したが10着だった。その後初のGI出走となったダービーグランプリで2着となったが、続く3走は10着、12着、8着だった。

2003年(4歳)、この年初戦のガーネットステークスでは、15番人気で3着となるが、その後は4戦し3着が1回と目立った成績はなかった。そして5月11日サウジアラビアロイヤルカップは6番人気だったが、タイムパラドックスらを相手に勝利し、4勝目を挙げた。続く欅ステークスもタイムパラドックスらを相手に勝利した。続くプロキオンステークスは2番人気で9着、クラスターカップは1番人気で2着となった。そして9月の日本テレビ盃アグネスデジタルらを相手にレースを制し、重賞初勝利を挙げた。続くGI戦線は、マイルチャンピオンシップ南部杯を3番人気で3着、JBCクラシックを6番人気で2着、ジャパンカップダートを5番人気で4着となり、12月の東京大賞典を2番人気で制し、GI初勝利を挙げた。

2004年(5歳)、前年の勢いに乗った川崎記念では1番人気となるが2着だった。その後のかしわ記念は1番人気で5着、帝王賞は3番人気で6着となり、レース後休養に入った。

2005年(6歳)、3月のマーチステークスで実戦復帰を果たすが13番人気で11着だった。その後重賞6戦で2着2回、3着2回となりジャパンカップダートでは、13番人気で3着となった。当初除外の対象だった東京大賞典は、サカラートの回避により出走できたが、5番人気で10着だった。

2006年(7歳)、フェブラリーステークス13着後に初の海外遠征を行うことになった。当初ゴドルフィンマイルに選出されていたがドバイワールドカップに出走となった。しかしレースは8着という結果に終わった。なおのちにブラスハットの失格により7着に繰上がっている。帰国初戦は7月のマーキュリーカップで、1番人気に支持されたが5着だった。続くしらかばステークスは10着だったが、日本テレビ盃では3番人気で2着となり、白山大賞典では3番人気で5着だった。しかしレース後は休養に入った。

2007年(8歳)、この年は1走もせず、12月6日付で競走馬登録を抹消され、種牡馬入りが発表された。12月13日ブリーダーズ・スタリオン・ステーションに到着した。

種牡馬時代編集

試情馬(アテ馬)も兼任する形で2008年から種牡馬として供用され、2011年に初年度産駒がデビューした。

初年度の種付け頭数が17頭。以後種付け頭数は毎年漸減を続けた事もあり、2012年から青森県の太田ファームで供用されていたが、同年10月に死亡した[1]。正式な訃報は出ておらず、死因及び死の詳細は不明である。

出典編集

  1. ^ スターキングマン(USA)”. 競走馬のふるさと案内所. 2014年6月30日閲覧。

血統表編集

スターキングマン血統キングマンボ系 / Nasrullah 5×4×4=15.63%、Nearco 5×5×5=9.38%) (血統表の出典)

Kingmambo
1990 鹿毛
父の父
Mr.Prospector
1970 鹿毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
父の母
Miesque
1984 鹿毛
Nureyev Northern Dancer
Special
Pasadoble Prove Out
Santa Quilla

Princesse Timide
1980 黒鹿毛
Blushing Groom
1974 栗毛
Red God Nasrullah
Spring Run
Runaway Bride Wild Risk
Aimee
母の母
Rigid Princess
1974 黒鹿毛
Never Bend Nasrullah
Lalun
Crowned Queen Royal Charger
Pagan Worship F-No.14-c


外部リンク編集