ソル・モナージュ

ソル:モナージュ』 (SOL MOONARGE) は、1994年1月7日に日本のアイレムから発売されたPCエンジンSUPER CD-ROM2ロールプレイングゲーム。通称「ソルモナ」。

ソル・モナージュ
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 PCエンジンSUPER CD-ROM2 (PCE)
開発元 アイレム
発売元 アイレム
プロデューサー Moto
ディレクター さとうしゅう
デザイナー さとうしゅう
シナリオ さとうしゅう
プログラマー やまもとしゅんいち
音楽 平嶋理経
美術 風上旬
人数 1人
メディア CD-ROM
発売日 日本 199401071994年1月7日
その他 型式:ICCD3004
テンプレートを表示

主人公の剣士「ソレイユ」を操作し、国宝の太陽の剣を持ち出したまま行方不明となった予言者サージを捜し出す事を目的としている。アイレムが刊行していたファンクラブ会報『ドラゴンフライ』内の1コーナー「みんなで作ろうRPG」において、一般ユーザーから募集したアイデアを元に製作されたゲーム。ゲームタイトルはゲーム誌『月刊PCエンジン』誌上で募集された。

開発はアイレムが行い、企画・シナリオはさとうしゅうが担当、音楽はスーパーファミコン用ソフト『がんばれ大工の源さん』(1993年)を手掛けた平嶋理経が担当、キャラクター・デザインはスーパーファミコン用ソフト『SUPER R-TYPE』(1991年)や『ダイナウォーズ 恐竜王国への大冒険』(1992年)を手掛けた漫画家風上旬が担当している。

アイレムが1994年にゲーム開発から一旦撤退した時期と重なり、会社の事情により販売本数が極端に少なく、市場から姿を一瞬で消した。1年後、NECホームエレクトロニクスより、名作限定版として再版されたがコレクター性が高く、なかなか市場に出回らずプレミアムソフトとなっている。

2008年携帯電話ゲームとして移植され、Yahoo!ケータイ版はエグゼクリエイトから、iモード版はコトブキソリューションから配信された。

ゲーム内容編集

地震が多発し人々が不安に陥っている王国を舞台に、国宝の太陽の剣を持ち出したまま行方不明となっている予言者サージを捜し出す事を王様から依頼され、剣士ソレイユが旅に出るという内容[1]

フィールドには昼夜の概念があり、時間の経過とともに変化するシステムとなっている[1]。戦闘はコマンド選択式のオーソドックスなものであるが、戦闘時に選択したコマンドの回数によってキャラクターのタイプが変化していく事を特徴としており、攻撃コマンドが多い場合は戦士タイプ、魔法コマンドが多い場合は魔法使いタイプとなる[1]。また、逃げるコマンドを多用した場合は盗賊タイプとなる[1]

その他、IIボタンを押す事でフィールドを早く移動する事が可能となる[1]

登場人物編集

ソレイユ
ソニア
ルナ&ルーン
マッピー
パスタ
ノース
シルバー
ブラック
ナレーター
ポンチ
ボンゴレ
英語ナレーター
  • 声 - えがわたか

移植版編集

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 ソル:モナージュ 2章 剣士ソレイユの章   2008年3月12日[2][3]
SoftBank 3G
S!アプリ
エグゼクリエイト エグゼクリエイト ダウンロード
(遊んで★ファンタジア)
-
2 ソル:モナージュ 番外編 ピノの冒険   2008年5月1日[2]
SoftBank 3G
(S!アプリ)
エグゼクリエイト エグゼクリエイト ダウンロード
(遊んで★ファンタジア)
-
3 ソル:モナージュ ソニアの章 新たなる旅立ち編   2008年6月2日[2][4]
SoftBank 3G
(S!アプリ)
エグゼクリエイト エグゼクリエイト ダウンロード
(遊んで★ファンタジア)
-
4 ソル:モナージュ 3章 明かされる真実   2008年8月1日[2]
SoftBank 3G
(S!アプリ)
エグゼクリエイト エグゼクリエイト ダウンロード
(遊んで★ファンタジア)
-
5 ソルモナージュ~剣士ソレイユ編   2008年10月24日[5]
FOMA903i、703iシリーズ
iアプリ
エグゼクリエイト コトブキソリューション ダウンロード -
6 ソルモナージュ~第二章 新たなる旅立ち編   2008年11月21日[5][6][7]
FOMA903i、703iシリーズ
(iアプリ)
エグゼクリエイト コトブキソリューション ダウンロード
(ケムコスペース200)
-
7 ソルモナージュ~第三章 明かされる真実編   2008年12月19日[5]
FOMA903i、703iシリーズ
(iアプリ)
エグゼクリエイト コトブキソリューション ダウンロード
(ケムコスペース200)
-

スタッフ編集

  • プランナー:さとうしゅう
  • チーフ・デザイナー:風上旬
  • デザイナー:Great Choukei、Zurio
  • チーフ・プログラマー:やまもとしゅんいち
  • ビジュアル・プログラマー:いがこうじ
  • ミュージック・コンポーザー:平嶋理経
  • シナリオ:さとうしゅう
  • シナリオ・アシスト:風上旬、やまもとしゅんいち
  • B.G.スタイリング:Great Choukei、Zurio
  • ビジュアル・スタイリング:いがこうじ
  • ツール:やまもとしゅんいち
  • テクニカル・コーディネーター:こばやしきよし、Fukuchan
  • サウンド・アドバイザー:Jitta
  • コミック「Develop's Dong!」「Minnade tsukuroh R.P.G」:風上旬
  • レコーディング・プロデューサー:きもとはやと、さとうゆきお(FROM オフロード)
  • レコーディング・エンジニア:安田慎一、かしまたかみつ(from FMサウンズ)
  • サウンド・エフェクト:いしいうめお(from サウンドフリーク)
  • コーオペレーション:青二プロダクション
  • プロデューサー:Moto
  • テクニカル・ディレクター:やまもとしんいち
  • アート・ディレクター:風上旬
  • ディレクター:さとうしゅう
  • スペシャル・サンクス:アイレム・スタッフ

評価編集

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通23/40点[8]
月刊PCエンジン86/100点
電撃PCエンジン83.75/100点
PC Engine FAN21.9/30点[9]

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では6・5・6・6の合計23点(満40点)[8]、『月刊PCエンジン』では90・80・90・85・85の平均86点(満100点)、『電撃PCエンジン』では85・90・85・75の平均83.75点(満100点)、『PC Engine FAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、21.9点(満30点)となっている[9]。1998年に刊行されたゲーム誌『超絶 大技林 '98年春版』(徳間書店)では、「アイレムのファンクラブから立ち上がった作品。従来のRPGに対する不満を解決するためさまざまなアイデアを導入している。そのひとつが戦闘時のコマンド選択により、キャラの成長が決定するシステムだ」と紹介されている[9]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.9 3.6 3.5 3.5 3.6 3.9 21.9

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 「PCエンジンソフト完全カタログ 1994年」『懐かしゲーム機大百科 PCエンジン完全ガイド 1987-1999』スタンダーズ、2018年6月15日、179頁。ISBN 9784866362670
  2. ^ a b c d 更新情報” (日本語). エグゼクリエイト. エグゼクリエイト. 2020年2月24日閲覧。
  3. ^ GAME Watch編集部 (2008年3月). “ダイジェスト・ニュース” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2020年2月24日閲覧。
  4. ^ GAME Watch編集部 (2008年6月). “ダイジェスト・ニュース” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2020年2月24日閲覧。
  5. ^ a b c 過去のお知らせ2008” (日本語). ケムコのゲーム. ケムコ. 2020年2月24日閲覧。
  6. ^ ドコモ向けRPG「ソルモナージュ~第2章 新たなる旅立ち編」配信” (日本語). ITmedia Moblie. アイティメディア (2008年11月20日). 2020年2月24日閲覧。
  7. ^ ドコモ向けRPG「ソルモナージュ~第2章 新たなる旅立ち編」配信” (日本語). ねとらぼ. アイティメディア (2008年11月20日). 2020年2月24日閲覧。
  8. ^ a b ソル・モナージュ まとめ [PCエンジン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2016年1月6日閲覧。
  9. ^ a b c 「超絶 大技林 '98年春版」『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 607頁、 ASIN B00J16900U

外部リンク編集