ダミル・ジュムールDamir Džumhur,ボスニア語発音: [dǎːmir dʒûmxur] , 1992年5月20日 - )は、ボスニア・ヘルツェゴビナサラエヴォ出身の男子プロテニス選手。これまでにATPツアーでシングルス3勝を挙げている。身長175cm。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。自己最高ランキングはシングルス23位、ダブルス122位。「ジュムホール」「ジュムフル」の表記も見られる。

ダミル・ジュムール
Damir Džumhur
2022年全仏オープンでのダミル・ジュムール
基本情報
フルネーム Damir Dzumhur
国籍 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
出身地 同・サラエヴォ
生年月日 (1992-05-20) 1992年5月20日(32歳)
身長 175cm
体重 70kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2011年
ツアー通算 3勝
シングルス 3勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 4,878,520 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2014・18)
全仏 3回戦(2015・18)
ウィンブルドン(英) 2回戦(2016-18)
全米 3回戦(2017)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(2018・19)
全仏 1回戦(2018)
ウィンブルドン(英) 1回戦(2015・18)
全米 1回戦(2017・18)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 23位(2018年7月2日)
ダブルス 122位(2018年6月25日)
2023年4月19日現在

ダミル・ジュムールは現役のボスニア・ヘルツェゴビナのテニス選手の中でNo.1のランキングを記録。

選手経歴 編集

ジュニア時代 編集

5歳からテニスを始める。少年時代に子役俳優として活動した経歴を持つ。

2011年 プロ転向 編集

2011年にプロに転向する。4大大会では2014年全豪オープンで予選を勝ち上がり初出場。トマーシュ・ベルディハとの3回戦まで進出した。

2016年 リオ五輪出場 編集

2016年リオデジャネイロオリンピックでオリンピックに初出場した。1回戦でイスラエルドゥディ・セラに4–6, 4–6で敗れた。

2017年 ツアー初優勝 編集

2017年8月のウィンストン・セーラム・オープンでツアー初の決勝に進出した。決勝でロベルト・バウティスタ・アグートに4–6, 4–6で敗れ準優勝となった。9月のサンクトペテルブルク・オープンで2度目の決勝に進出し、ファビオ・フォニーニを3–6, 6–4, 6–2で破りATPツアー初優勝を果たした[1]。大会後の9月25日付のランキングで40位となりトップ50入りを果たす。10月のクレムリン・カップでも決勝進出し、リカルダス・ベランキスを6-2, 1-6, 6-4で降してツアー2勝目を挙げる。

2018年 ツアー3勝目 編集

2018年は6月のアンタルヤ・オープン決勝でアドリアン・マナリノに6-1, 1-6, 6-1で勝利しツアー3勝目を挙げる。7月2日付のランキングで自己最高の23位を記録している。

ATPツアー決勝進出結果 編集

シングルス: 4回 (3勝1敗) 編集

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-0)
ATPワールドツアー・250シリーズ (3-1)
サーフェス別タイトル
ハード (2–1)
クレー (0-0)
芝 (1-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2017年8月26日   ウィンストン・セーラム ハード   ロベルト・バウティスタ・アグート 4–6, 4–6
優勝 1. 2017年9月24日   サンクトペテルブルク ハード (室内)   ファビオ・フォニーニ 3–6, 6–4, 6–2
優勝 2. 2017年10月22日   モスクワ ハード (室内)   リカルダス・ベランキス 6–2, 1–6, 6–4
優勝 3. 2018年6月30日   アンタルヤ   アドリアン・マナリノ 6–1, 1–6, 6–1

ダブルス: 1回 (0勝1敗) 編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2017年10月22日   モスクワ ハード (室内)   アントニオ・サンチッチ   マックス・ミルヌイ
  フィリップ・オズワルド
3–6, 5–7

成績 編集

略語の説明
 W   F  SF QF #R RR Q# LQ  A  Z# PO  G   S   B  NMS  P  NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, Z#=デビスカップ/BJKカップ地域ゾーン, PO=デビスカップ/BJKカッププレーオフ, G=オリンピック金メダル, S=オリンピック銀メダル, B=オリンピック銅メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, P=開催延期, NH=開催なし.

大会 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン A LQ 3R LQ 2R 1R 3R 1R 5–5
全仏オープン A A 1R 3R 1R 1R 3R 1R 4–6
ウィンブルドン LQ A LQ 1R 2R 2R 2R 1R 3–5
全米オープン LQ LQ 1R 1R 2R 3R 1R 2R 4-6

大会最高成績 編集

大会 成績
ATPツアーファイナルズ A 出場なし
インディアンウェルズ 2R 2017, 2018
マイアミ 4R 2016
モンテカルロ 3R 2016
マドリード 2R 2018
ローマ 2R 2018
カナダ 1R 2018
シンシナティ 1R 2018
上海 2R 2017, 2018
パリ 3R 2018
オリンピック 1R 2016
デビスカップ WG1 2021
ATPカップ A 出場なし

脚注 編集

外部リンク 編集