メインメニューを開く

ダヤ・ベダノワDája Bedáňová, 1983年3月9日 - )は、チェコオストラヴァ出身の元女子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス16位、ダブルス34位。WTAツアーでシングルス1勝、ダブルス1勝を挙げた。彼女の本名は「ダニエラ・ベダノワ」(Daniela Bedáňová)というが、愛称の「ダヤ」で女子ツアーに選手登録していた。

ダヤ・ベダノワ
Dája Bedáňová
Tennis pictogram.svg
基本情報
愛称 ダヤ
国籍  チェコ
出身地 同・オストラヴァ
生年月日 (1983-03-09) 1983年3月9日(36歳)
身長 171cm
体重 54kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2000年
引退年 2005年
ツアー通算 2勝
シングルス 1勝
ダブルス 1勝
生涯通算成績 197勝173敗
シングルス 138勝109敗
ダブルス 59勝64敗
生涯獲得賞金 $902,005
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2001)
全仏 3回戦(2001)
全英 3回戦(2002)
全米 ベスト8(2001)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(2002)
全仏 3回戦(2002)
全英 3回戦(2003)
全米 3回戦(2001)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 16位(2002年7月29日)
ダブルス 34位(2002年6月10日)

目次

来歴編集

ベダノワは1999年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップチェコ代表選手に選ばれ、2000年に17歳でプロ入りした。プロ転向の年から目覚ましい躍進を見せ、シドニー五輪オリンピックのチェコ代表選手に選ばれる。初出場のオリンピックで、ベダノワは女子シングルス2回戦に進み、フランス代表のジュリー・アラール=デキュジスに敗れた。オリンピック終了後、ベダノワは「トヨタ・プリンセス・カップ」で初来日し、予選3試合を勝ち抜いた後、本戦準決勝まで進出した。本戦2回戦でアメリ・モレスモ、準々決勝でエミー・フレージャーを破って勝ち進んだベダノワは、準決勝でセリーナ・ウィリアムズに敗退する。1ヶ月後の10月29日、ベダノワはスロバキアブラチスラヴァ大会の決勝でミリアム・オレマンスオランダ)を 6-1, 5-7, 6-3 で破り、ツアー初優勝を達成した。この年の顕著な活躍を評価されて、ベダノワは2000年度の女子テニス協会「最優秀新人賞」を受賞した。

2001年もベダノワの快進撃は続き、全豪オープンセリーナ・ウィリアムズとの4回戦に進み、全仏オープンではシルビア・ファリナ・エリアイタリア)との3回戦に進出する。同年の全米オープンでベダノワは4大大会の自己最高成績を出し、4回戦でモニカ・セレシュを 7-5, 4-6, 6-3 で破る勝利を挙げた。続く準々決勝では、幼なじみだったマルチナ・ヒンギスに 2-6, 0-6 で敗れている。10月のブラチスラヴァ大会では、前年度優勝のシングルスは1回戦で敗退したが、ダブルスでエレーナ・ボビナロシア)とペアを組んで優勝した。2002年全豪オープンでは、女子ダブルスで同じチェコのクベタ・ヘルドリコバとペアを組み、リサ・レイモンドアメリカ)&レネ・スタブスオーストラリア)組との準々決勝まで勝ち進んだ。2002年ウィンブルドンジェニファー・カプリアティとの3回戦に進んだ後、ベダノワはシングルスで自己最高の「16位」にランクされた。

ところが、2003年に入るとベダノワのテニス成績は急降下し始め、アキレス腱故障などを抱えるようになった。全米オープン1回戦でマリア・エレナ・カメリンイタリア)に敗れた試合が、彼女の最後の4大大会本戦出場になる。2004年2005年はWTAツアーの下部組織の大会を回り、日本岐阜福岡の大会に出場したこともあった。2005年シーズンの終わりに、ダヤ・ベダノワはわずか22歳の若さで現役を引退した。

ベダノワは2010年4月に同じチェコのテニス選手であるヤン・ハジェクと結婚した。

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 1回 (1勝0敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0–0)
ティア I (0–0)
ティア II (0–0)
ティア III (0–0)
ティア IV & V (1–0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2000年10月29日   ブラチスラヴァ ハード (室内)   ミリアム・オレマンス 6-1, 5-7, 6-3

ダブルス: 2回 (1勝1敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2001年10月21日   ブラチスラヴァ ハード (室内)   エレーナ・ボビナ   ナタリー・ドシー
  メイレン・ツー
6–3, 6–4
準優勝 1. 2003年1月12日   キャンベラ ハード   ディナラ・サフィナ   エミリー・ロワ
  タチアナ・ガルビン
3-6, 6-3, 4-6

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2000 2001 2002 2003 2004 通算成績
全豪オープン A 4R 2R 2R LQ 5–3
全仏オープン LQ 3R 1R 1R A 2–3
ウィンブルドン 1R 1R 3R 2R A 3–4
全米オープン 1R QF 4R 1R A 7–4

外部リンク編集