メインメニューを開く

ミリアム・オレマンスMiriam Oremans, 1972年9月9日 - )は、オランダ北ブラバント州出身の元女子プロテニス選手。シドニー五輪の女子ダブルスで銀メダルを獲得した選手である。1992年ウィンブルドン混合ダブルス部門で、同じオランダヤッコ・エルティンとペアを組んだ準優勝もある。キャリアを通じてウィンブルドン選手権を最も得意にした。WTAツアーでシングルスの優勝はなかったが、ダブルスで3勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス25位、ダブルス19位。

ミリアム・オレマンス
Miriam Oremans
Tennis pictogram.svg
Miriam Oremans.JPG
ミリアム・オレマンス
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
出身地 同・北ブラバント州
生年月日 (1972-09-09) 1972年9月9日(46歳)
身長 169cm
体重 65kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1989年
引退年 2002年
ツアー通算 3勝
シングルス 0勝
ダブルス 3勝
生涯通算成績 481勝451敗
シングルス 289勝256敗
ダブルス 192勝195敗
生涯獲得賞金 $1,648,499
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(1993・2000)
全仏 3回戦(1994・96)
全英 4回戦(1993・98)
全米 3回戦(1997)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 3回戦(1998・99・2001・02)
全仏 2回戦(1992-94・98・2002)
全英 ベスト4(1997)
全米 2回戦(1992-94・96・2002)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全豪 ベスト8(1999)
全仏 ベスト8(1997)
全英 準優勝(1992)
全米 2回戦(1995)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 25位(1993年7月26日)
ダブルス 19位(1997年7月7日)
獲得メダル
女子 テニス
オリンピック
2000 シドニー ダブルス

目次

来歴編集

1989年にプロ入り。1990年全米オープンで予選3試合を勝ち上がり、本戦デビューを果たす。1992年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップオランダ代表選手となり、現役引退する2003年までフェド杯代表の座を維持した。この年、オレマンスはウィンブルドンの混合ダブルスで活躍した。オランダの先輩選手ヤッコ・エルティンとペアを組んだオレマンスは、決勝でシリル・スークチェコ)&ラリサ・ネーランドラトビア)組に 6-7, 2-6 で敗れて準優勝になった。ウィンブルドンの女子ダブルスでも、1997年サビーネ・アペルマンスベルギー)と組んで準決勝に進出している。

オレマンスは4大大会のシングルスでも、ウィンブルドンで好成績を出し、1993年1998年の2度4回戦に進出した。1993年の4回戦では、この大会の準優勝者になったヤナ・ノボトナに 5-7, 6-4, 4-6 のフルセットで惜敗している。1994年全仏オープン1回戦で、この年限りでのシングルス引退を表明していた37歳のマルチナ・ナブラチロワを破る活躍があった。1998年ウィンブルドンでは、オレマンスは5年ぶり2度目の4回戦でナターシャ・ズベレワに敗れている。ウィンブルドン以外の4大大会では、いずれも3回戦進出が自己最高成績であった。

シドニー五輪が開かれた2000年、オレマンスは年頭の全豪オープンで7年ぶり2度目の3回戦に進出し、第4シードのマリー・ピエルスに敗れた。オリンピックでは、シングルスは2回戦でモニカ・セレシュに敗れたが、クリスティ・ボーグルトとペアを組んだ女子ダブルスで決勝に進出する。2人は準決勝でベラルーシ代表のナターシャ・ズベレワ&オリガ・バラバンシコワ組を破ったが、決勝ではビーナスセリーナのウィリアムズ姉妹組に 1-6, 1-6 で完敗した。オレマンスとボーグルトはオリンピックのオランダ代表選手として、史上初めてのテニス銀メダルを獲得したことになる。

ミリアム・オレマンスは2002年のシーズンを最後に、女子テニスツアーから引退した。最後の年も、ウィンブルドンではエレニ・ダニリドゥギリシャ)との3回戦まで勝ち進んでいる。2002年全米オープンが、オレマンスの最後のツアー出場になった。シングルスでは1回戦でペトラ・マンデュラハンガリー)に敗れ、一緒に五輪銀メダルを獲得したクリスティ・ボーグルトとのダブルスでは2回戦で敗退した。フェドカップには2003年4月まで出場を続け、オランダのフェド杯代表選手として最長記録となる「12年連続出場」の偉業を残した。

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 5回 (0勝5敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0–0)
ティア I (0–0)
ティア II (0–1)
ティア III (0–3)
ティア IV & V (0–1)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1993年6月19日   イーストボーン   マルチナ・ナブラチロワ 6-2, 2-6, 3-6
準優勝 2. 1997年6月22日   ロスマーレン   ルクサンドラ・ドラゴミル 7-5, 2-6, 4-6
準優勝 3. 1998年6月15日   ロスマーレン   ジュリー・アラール=デキュジス 3-6, 4-6
準優勝 4. 2000年10月29日   ブラチスラヴァ ハード (室内)   ダヤ・ベダノワ 1-6, 7-5, 3-6
準優勝 5. 2001年6月11日   バーミンガム   ナタリー・トージア 3-6, 5-7

ダブルス: 12回 (3勝9敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 1992年2月16日   リンツ カーペット (室内)   モニク・キエネ   クラウディア・ポーヴィック
  ラファエラ・レジ
6-4, 6-2
準優勝 1. 1995年5月28日   ストラスブール クレー   サビーネ・アペルマンス   リンゼイ・ダベンポート
  メアリー・ジョー・フェルナンデス
2-6, 3-6
準優勝 2. 1996年5月25日   マドリード クレー   サビーネ・アペルマンス   ヤナ・ノボトナ
  アランチャ・サンチェス・ビカリオ
6-7, 2-6
準優勝 3. 1996年10月6日   ライプツィヒ カーペット (室内)   サビーネ・アペルマンス   クリスティ・ボーグルト
  ナタリー・トージア
4-6, 4-6
準優勝 4. 1997年3月29日   マイアミ ハード   サビーネ・アペルマンス   アランチャ・サンチェス・ビカリオ
  ナターシャ・ズベレワ
2-6, 3-6
優勝 2. 1998年2月15日   パリ カーペット (室内)   サビーネ・アペルマンス   アンナ・クルニコワ
  ラリサ・ネーランド
1–6, 6–3, 7–6
優勝 3. 1998年6月21日   ロスマーレン   サビーネ・アペルマンス   カタリナ・クリステア
  エヴァ・メリチャロバ
6–7, 7–6, 7–6
準優勝 5. 2000年9月28日   シドニー五輪 ハード   クリスティ・ボーグルト   ビーナス・ウィリアムズ
  セリーナ・ウィリアムズ
1–6, 1–6
準優勝 6. 2001年2月18日   ドーハ ハード   クリスティ・ボーグルト   サンドリーヌ・テスチュ
  ロベルタ・ビンチ
5–7, 6–7(4)
準優勝 7. 2001年5月20日   アントワープ クレー   クリスティ・ボーグルト   エルス・カレンズ
  ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
3–6, 6–3, 4–6
準優勝 8. 2001年6月18日   スヘルトーヘンボス   キム・クライシュテルス   ルクサンドラ・ドラゴミル
  ナディア・ペトロワ
6-7(5), 7-6(5), 4-6
準優勝 9. 2002年1月6日   ゴールドコースト ハード   アサ・スベンソン   メガン・ショーネシー
  ジュスティーヌ・エナン
1-6, 6-7(6)

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 通算成績
全豪オープン A 1R LQ 3R 1R 2R 1R 1R 2R 1R 3R 2R 1R 7–11
全仏オープン A LQ LQ 2R 3R 2R 3R 1R 2R 1R 2R 1R 1R 8–10
ウィンブルドン A 1R 1R 4R 1R 3R 2R 1R 4R 1R 3R 1R 3R 13–12
全米オープン 2R LQ LQ 1R 1R 1R 2R 3R 1R 1R 2R 2R 1R 5–10

外部リンク編集