ティラノティタン

ティラノティタン Tyrannotitanアルゼンチン・チュブ県の白亜紀前期アプト階地層から発見されているカルカロドントサウルス科に属する獣脚類恐竜。基盤的なギガノトサウルス族とされる。模式種ティラノティタン・クブテンシス Tyrannotitan chubutensisのみで知られる。属名は古代ギリシャ語で「暴君の巨人」を意味し、種小名チュブ県に因む。しばしばサブカルチャーの分野ではティラノサウルスに似た姿で復元されたりティラノサウルス類であるかのように描かれたりする[1][2]が、系統的には遠縁である。

ティラノティタン
生息年代: 98–96 Ma
Dinosaurios los gigantes argentinos.jpg
ティラノティタンの組立骨格
地質時代
約11,220万年- 約11,210万年前(中生代白亜紀前期アプチアンw:Aptian〉)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜下綱 Archosauria
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
下目 : テタヌラ下目 Tetanurae
階級なし : カルノサウルス類 Carnosauria
上科 : アロサウルス上科 Allosauroidea
: カルカロドントサウルス科 Carcharodontosauridae
: ティラノティタン属 Tyrannotitan
学名
Tyrannotitan
Novas et al., 2005
タイプ種
T. chubutensis
和名
ティラノティタン
英名
Tyrannotitan
下位分類(
  • ティラノティタン・クブテンシス
    T. chubutensis Novas et al., 2005

説明編集

 
クブティサウルスを貪るティラノティタンの復元図
 
ヒトとのサイズ比較

ティラノティタンは地質学的に最古の大型カルカロドントサウルス科で、北米のアクロカントサウルスよりも更に古いとされる[3][4]。既知のカルカロドントサウルス類と違い、この動物は仙椎の含気孔を欠く。肩甲烏口骨ギガノトサウルスよりも癒合している。腕はまだ原始的で小さかった。肩甲骨の関節丘のほとんどは破損している。

関節丘の軸から90度の角度で曲がった隆起はティラノサウルス類を想起させる。両者の発見されている標本数が少ないためタクサ間の形態差は性的二形なのか異なる進化を遂げた別種なのかわからないが、恐らく性的二形ではないように思われる。一番手前の骨盤にはとても高い神経棘が発達している(形状から判断して、椎体本体の約2倍の高さ)。眼窩窓の基部は頬骨に90度の角度で入り込む。ギガノトサウルスの復元された丸い基盤とは対照的であり、カルカロドントサウルスとは良く一致する。また歯骨の歯はチゼル様であり、しわを帯びたエナメル質の表面、粗い鋸歯状の近心および遠位の竜条、および側方に平坦化した歯冠を有する。これらは他のカルカロドントサウルス類のものと実際的に相同である[5]。ノバスらによるとパラタイプ大腿骨は1.40mの長さである。ギガノトサウルス族の基盤的メンバーとして復元された。ギガノトサウルス族とされる根拠となった特徴は、広い基部をもつ頬骨における眼窩後部の導入、そして弱々しい第4転子を有する大腿骨および遠位端に浅く広い伸長溝である[5][6]

発見と種編集

 
知られている骨要素
 
脊椎と坐骨

ティラノティタン・クブテンシス Tyrannotitan chubutensis は2005年に Fernando E. Novas、Silvina de Valais、Pat Vickers-Rich、そして Tom Rich によって記載された[7]。化石はアルゼンチン・チュブ県から北に28kmのフアニタ牧場で発見され、その地層セロバルチーノ累層 (アプト階、11220万~11210万年前)のものと信じられている。

ホロタイプは MPEF-PV 1156 と記載され、部分的な歯骨、胴椎(第3~8、第11~14)、尾椎の最前端、肋骨血道弓、断片的な肩甲烏口骨、上腕骨尺骨、部分的な腸骨大腿骨脛骨、2つの中足骨で構成される。

追加の標本(MPEF-PV 1157)は頬骨、右の歯骨、歯、第一頸椎、頸椎、9個の胴椎(?)第7, 第10, 第13、癒合した5つの仙椎、骨盤遠位の寄せ集め、肋骨、右大腿骨、断片的な左の中足骨2つ、そして趾骨(2-1, 2-2, 3-3)で構成される。

全長は11.4~12.2m以上と推定される[8][9]。2010年にグレゴリー・ポールは13mと見積もった[10]。体重は4.9~7tの間と見積もられた[4][10]

分類編集

以下はノバスらによる2013年のカルカロドントサウルス類内におけるティラノティタンのポジションを示したクラドグラム[11]

アロサウルス

カルカロドントサウルス科

ネオヴェナトル

エオカルカリア

コンカヴェナトル

アクロカントサウルス

シャオキロン

カルカロドントサウルス亜科

カルカロドントサウルス

ギガノトサウルス族

ティラノティタン

マプサウルス

ギガノトサウルス

出典編集

  1. ^ Jurassic Park The Game
  2. ^ Dinomaster Club – Tyrannotitan”. 2017年6月12日閲覧。
  3. ^ Bates KT, Manning PL, Hodgetts D, Sellers WI (2009) Estimating Mass Properties of Dinosaurs Using Laser Imaging and 3D Computer Modelling. PLoS ONE 4(2): e4532. doi:10.1371/journal.pone.0004532. 
  4. ^ a b Nicolás E. Campione, David C. Evans, Caleb M. Brown, Matthew T. Carrano (2014). Body mass estimation in non-avian bipeds using a theoretical conversion to quadruped stylopodial proportions. Methods in Ecology and Evolution. doi:10.1111/2041-210X.12226. 
  5. ^ a b Canale, J.I, Novas, F.E, Pol, D. (2015) : "Osteology and phylogenetic relationships of Tyrannotitan chubutensis Novas, de Valais, Vickers-Rich and Rich, 2005 (Theropoda: Carcharodontosauridae) from the Lower Cretaceous of Patagonia, Argentina" ; Historical Biology, Volume 27, Issue 1, 2015, pages 1- 32 Published online: 27 Oct 2014 DOI: 10.1080/08912963.2013.861830. 
  6. ^ Coria R. A. & Currie P. J. 2006. — A new carcharodontosaurid (Dinosauria, Theropoda) from the Upper Cretaceous of Argentina. Geodiversitas 28 (1) : 71-118.. 
  7. ^ Novas, F. E.; S. de Valais; P. Vickers-Rich; T. Rich (2005). “A large Cretaceous theropod from Patagonia, Argentina, and the evolution of carcharodontosaurids”. Naturwissenschaften 92 (5): 226–230. doi:10.1007/s00114-005-0623-3. PMID 15834691. 
  8. ^ Mortimer, M. (2004年). “Carnosauria”. The Theropod Database. 2012年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年10月22日閲覧。
  9. ^ Dinosaurs: the most complete, up-to-date encyclopedia for dinosaur lovers of all ages. United States of America: Random House. (2007). ISBN 0-375-82419-7. http://www.geol.umd.edu/~tholtz/dinoappendix/HoltzappendixWinter2011.pdf 
  10. ^ a b Gregory S. Paul (2010). The Princeton Field Guide to Dinosaurs. United States of America: Princeton University Press. ISBN 9780691137209 
  11. ^ Novas, Fernando E. (2013). “Evolution of the carnivorous dinosaurs during the Cretaceous: The evidence from Patagonia”. Cretaceous Research 45: 174–215. doi:10.1016/j.cretres.2013.04.001.