メインメニューを開く

シャオキロン Shaochilong (中国語で「サメの歯をもつ」を意味する) は、中華人民共和国・ウランスハイ累層の白亜紀中ごろチューロニアン(約9200万年前)のカルカロドントサウルス科獣脚類恐竜絶滅の一つである。 模式種、シャオキロン・マオルトゥエンシス S. maortuensis は、もともとキランタイサウルス・マオルトゥエンシスと命名されていたが、2009年に再記載・再分類が行われた。

シャオキロン
生息年代: 92 Ma
Shaochilong.jpg
シノルニトミムスを捕食するシャオキロンの復元図
地質時代
約1億3000万年前(中生代白亜紀前期チューロニアン)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
下目 : テタヌラ下目 Tetanurae
階級なし : カルノサウルス類 Carnosauria
上科 : アロサウルス上科 Allosauroidea
: カルカロドントサウルス科 Carcharodontosauridae
: シャオキロン属 Shaochilong
学名
Shaochilong
Brusatte et al., 2009
タイプ種
S. maortuensis
和名
シャオキロン
英名
Shaochilong
下位分類(
  • S. maortuensis
    Brusatte et al., 2009

発見編集

ホロタイプ IVPP V2885.1-7 は、一個体分の頭骨断片、胴椎、六つの尾椎だけで構成されており、既知の唯一の標本である。本標本は内モンゴル自治区で発見され、1964年にキランタイサウルス属の種として記載された[1]。チューレとロウハットは2002年と2001年にその属には含まれないと指摘し、恐らく原始的なコエルロサウルス類であるとした。しかしながら2009年にブルサッテらはそれを、アジア初のカルカロドントサウルス科として再分類した[2]。本属はもともと疑問名アラシャンサウルス Alashansaurus が用いられていた[3]

IVPP V2885.1 は恐らく成体かそれに近い個体だった。上顎骨に基づく全長は5~6mと推定される。大腿骨は61.5cmで、体重が約500kgになったことが推定できる[4]

分類編集

ブルサッテらの系統解析によると、シャオキロンはかなり派生的なカルカロドントサウルス類である。カルカロドントサウルス類はアロサウルス上科の中で最も進化したものである。シャオキロンは、同じローラシア大陸のカルカロドントサウルス類(ネオヴェナトルコンカヴェナトルアクロカントサウルスなど)よりも、ゴンドワナ大陸のそれ(ティラノティタンマプサウルスギガノトサウルスカルカロドントサウルスなど)により近縁であると思われる。シャオキロンはローラシア大陸のアロサウルス上科の中で最も新しい時代のもので、この事は白亜紀中ごろではまだティラノサウルス類ではなく基盤的テタヌラ類がその地域の支配的な大型獣脚類だったこと、および彼等カルカロドントサウルス類が消えティラノサウルス類が大型捕食者として台頭してきたのは白亜紀の最後になって突然起こった事であることを示唆する。

以下のクラドグラムは2013年のノヴァスらの分析に基づく[5]



アロサウルス


カルカロドントサウルス科

ネオヴェナトル



エオカルカリア



コンカヴェナトル




アクロカントサウルス




シャオキロン


カルカロドントサウルス亜科

カルカロドントサウルス


ギガノトサウルス族

ティラノティタン




マプサウルス



ギガノトサウルス









出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ Hu, S.-Y. (1964). "Carnosaurian remains from Alashan, Inner Mongolia." Vertebrata PalAsiatica, 8: 42–63. [In Chinese, with English summary]
  2. ^ Brusatte, S.; Benson, R.; Chure, D.; Xu, X.; Sullivan, C.; Hone, D. (2009). “The first definitive carcharodontosaurid (Dinosauria: Theropoda) from Asia and the delayed ascent of tyrannosaurids”. Naturwissenschaften 96 (9): 1051–1058. doi:10.1007/s00114-009-0565-2. PMID 19488730. 
  3. ^ Glut, D. (2003). Dinosaurs - The Encyclopedia - Supplement 3. McFarland Press: Jefferson, NC.
  4. ^ Brusatte, S.L.; Chure, D.J.; Benson, R.B.J.; Xu, X. (2010). “The osteology of Shaochilong maortuensis, a carcharodontosaurid (Dinosauria: Theropoda) from the Late Cretaceous of Asia”. Zootaxa 2334: 1–46. http://mapress.com/zootaxa/2010/f/z02334p046f.pdf. 
  5. ^ Novas, Fernando E. (2013). “Evolution of the carnivorous dinosaurs during the Cretaceous: The evidence from Patagonia”. Cretaceous Research 45: 174–215. doi:10.1016/j.cretres.2013.04.001. 

関連項目編集