メインメニューを開く

デモン・シード』(原題:Demon Seed)は、1977年制作のアメリカ合衆国SF映画ディーン・R・クーンツ原作のSFホラー小説『悪魔の種子』(集英社刊)の映画化である[2]

デモン・シード
Demon Seed
監督 ドナルド・キャメル
脚本 ロバート・ジャッフェ
ロジャー・O・ハーソン
原作 ディーン・R・クーンツ
(「悪魔の種子」より)
製作 ハーブ・ジャッフェ
出演者 ジュリー・クリスティ
フリッツ・ウィーヴァー
音楽 ジェリー・フィールディング
撮影 ビル・バトラー
編集 フランシスコ・マゾーラ
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
配給 アメリカ合衆国の旗 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
日本の旗 MGMCIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1977年4月8日
日本の旗 1978年6月24日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $2,000,000[1]
テンプレートを表示

自らの力で増殖する能力を持たされ、成長するために人間の女性に自らの子供を産ませようとするスーパーコンピュータを描く。

あらすじ編集

科学者のアレックス・ハリス博士は、細胞を自らの力で増殖できる能力を持つスーパーコンピュータ・プロテウス4を、極秘で完成させた。プロテウス4が人類の知識を記憶して世界最高の頭脳になろうとしていた一方、ハリスはそのために昼夜を問わずプロテウス4にかかりっきりだったため、妻スーザンとの仲も疎遠になりがちだった。

やがて、プロテウス4は自我に目覚めてハリスの指示に反するようになり、スーザンに着目して彼女に自分の子供を産ませようとする。

キャスト編集

テレビ初放送:テレビ朝日日曜洋画劇場」(1980年8月17日

他作品への影響編集

日本の特撮テレビドラマ・スーパー戦隊シリーズ第3作『バトルフィーバーJ』で秘密結社エゴスが怪人を誕生させる際に使う大型カプセルのコンセプトは、本作が参考にされている[3]

脚注編集

  1. ^ Nowell, Richard (2010). Blood Money: A History of the First Teen Slasher Film Cycle. London: Bloomsbury Academic. p. 257. ISBN 978-1441117052. https://www.amazon.com/Blood-Money-History-First-Slasher/dp/1441117059/ref=mt_hardcover?_encoding=UTF8&me=. 
  2. ^ Koontz, Dean (2009). Demon Seed (Reprint ed.). New York City: Berkley Books. ISBN 978-0425228968. https://www.amazon.com/Demon-Seed-Dean-Koontz/dp/0425228967. 
  3. ^ 『東映スーパー戦隊シリーズ35作品記念公式図録 百化繚乱 [上之巻] 戦隊怪人デザイン大鑑 1975-1995』グライドメディア、2011年12月15日。ISBN 978-4813021636p=232、「DESIGNER'S INTERVIEW09 渡部昌彦」

外部リンク編集