メインメニューを開く
ナイル川デルタ。世界最大級の三角州地形である。

三角州(さんかくす、三角洲とも[1]、英語: Delta)とは、河口付近において、河川によって運ばれた物質が堆積することにより形成された地形である[2]。河口において河川流が分流し、枝分かれした分流路と海岸線のなす形がギリシア文字デルタΔ)に似ていることから、デルタとも呼ばれる[3]

目次

概説編集

河川の上流から流れてきたなどが堆積することにより形成される。大河の場合は河口に複数の三角州が形成されることもあり、それらを総体的にデルタまたは三角州と呼ぶこともある。

形成の条件は、河川からの十分な量の土砂供給があること、河口付近の海底地形が土砂を堆積できる形態であること、河口付近の潮流が土砂を侵食し過ぎないことである。

上記の条件の組み合わせにより、三角州の形態は単純なデルタ状ではなく円弧状三角州カスプ状[尖状]三角州鳥趾状三角州となる。

一般にモンスーンアジアの河川は傾斜が急で流量も大きいため、河川の運搬作用が大きく、河口に三角州を形成している場合が多い。モンスーンアジアで三角州は主に水田に利用されている。

世界の三角州編集

日本の三角州編集

日本を代表する規模の大きな三角州の街は、淀川とその支流からなる三角州に形成された大阪市と、庄内川とその支流からなる三角州に形成された名古屋市

福岡市広島市も三角州に街が形成されており、阿武川とその支流からなる三角州の萩市など、三角州の街は多い。

箇所 

脚注編集

  1. ^ 海津ほか 2012, p. 38.
  2. ^ 貝塚 1985, p. 48.
  3. ^ 小池 2010, p. 147.

参考文献編集

  • 貝塚爽平「川のつくる堆積地形」『写真と図で見る地形学』貝塚爽平太田陽子・小疇尚・小池一之・野上道男町田洋米倉伸之、東京大学出版会、1985年、46-57頁。ISBN 978-4-13-062080-2
  • 小池一之「沖積低地の発達と変化に富んだ海岸線」『日本列島の地形学』太田陽子・小池一之・鎮西清高・野上道男・町田洋・松田時彦、東京大学出版会、2010年、146-153頁。ISBN 978-4-13-062717-7
  • 『沖積低地の地形環境学』海津正倫、古今書院、2012年。ISBN 978-4-7722-5263-8

関連項目編集

外部リンク編集