メインメニューを開く
徳島平野と讃岐山脈の地形図
徳島平野と讃岐山脈(国際宇宙ステーションから撮影)

徳島平野(とくしまへいや)は、徳島県北部にひろがる平野である。一級河川吉野川によって形成された沖積平野であり、河口三角州徳島市が位置する。当平野を挟んで阿讃山脈側)と四国山地側)が対峙しており、北は徳島自動車道及び高松自動車道、南は国道192号、東は紀伊水道に囲まれている。

農業編集

徳島平野では農業が盛んであり、収穫された農産物京阪神を中心に出荷される。関西地方における徳島産農産物の市場占有率は極めて高く、その性質は関東地方北関東と相通ずるものがある。徳島県も新鮮なっ!とくしま通信の中で自県のことを「関西台所」と表現しているほどである。

徳島平野の市町村編集

治水編集

徳島平野では、吉野川の氾濫を防ぐべく治水がこれまで積極的に行われてきた。このため、下水道の整備が後回しにされる傾向が強く、徳島県の下水道普及率は全国ワースト1位となっている。