キャロル (映画)

物語編集

1950年代ニューヨーク。テレーズはデパートで働いていたが、将来は写真家になることを夢見ていた。クリスマスを目前に賑わうデパートの玩具売り場で、テレーズがキャロルという人妻に出会ったのはそんなときだ。稀に見る美しさと気品、そして寂しさを湛えた表情の持ち主である彼女に、テレーズは魂を奪われてしまう。

キャロルは、ショーウィンドーに置き忘れた手袋をテレーズが届けたのをきっかけに、彼女を昼食に誘い、また自宅に迎える。恋人リチャードと逢うときにはない高揚感に震えるテレーズ。キャロルは彼女に、関係の冷めた夫ハージと娘の養育権問題で揉めていることを洩らした。それを機にふたりの関係は急速に濃密なものとなってゆく。

だが、それを疎ましく思ったハージはキャロルから親権を奪う申し立てをする。元より親友のアビーと親密すぎる仲を保っていたことも含め、テレーズとの交際を重ねる彼女は母親に相応しくないというのだ。自暴自棄でテレーズに八つ当たりをしたキャロルだったが、深い詫びとともに審問の前に旅につきあってほしいと訴えた。テレーズはキャロルを責めることもなく同行に同意、キャロルがハンドルを握る車に乗り込む。

そしてその道すがらモーテルで情を交わしたふたりは、接近してきた探偵から、情事の様子を録音したテープを依頼主たるハージに送りつけたことを告げられる。キャロルは街に戻りハージらと対峙するが、逆に彼らの訴えを認める発言をするのだった。他方、テレーズとキャロルの関係は断ち切られたも同然となり、テレーズは写真撮影に没頭する日々を送る。だが、ふたりの情愛の残り火はまだ燃え尽きてはいなかった。

キャスト編集

※ブラウンスタインの出演シーンは上映時間短縮のために大幅にカットされた[5]

製作編集

構想編集

本作の原作となったパトリシア・ハイスミスの自伝的小説『The Price of Salt』はクレア・モーガン名義で1952年に出版された。1990年になってようやく、『The Price of Salt』はパトリシア・ハイスミスが執筆した小説であったことが公にされた[6]

フィルム4・プロダクションズナンバー9・フィルムズは本作の映画化に11年を要した[7]。ハイスミスは友人であったフィリス・ナジーに自身の小説を映画向けに脚色してはどうかと提案した。それを受けて、ナジーは『The Price of Salt』の脚色に取り掛かり、1996年に脚本の初稿を書き上げた[8][9]。ナンバー9・フィルムズ所属の映画プロデューサー、エリザベス・カールセン2004年にナジーの脚本を読み、その映画化に着手することを決めた。ハイスミスの小説の著作権を管理する人物との交渉は難航したが、2011年、カールソンは『The Price of Salt』の映画化権を獲得した[10]

2012年5月、ジョン・クローリーが本作のメガホンを取り、ケイト・ブランシェットミア・ワシコウスカが主演を務めることになったと報じられた。また、フィルム4・プロダクションズのテッサ・ロスが製作総指揮を務め、ナンバー9・フィルムズのエリザベス・カールセンとスティーヴン・ウーリーが製作を務めることも決まった[11][12]2013年5月、クローリーの降板を受けて、トッド・ヘインズが監督に起用された。そして、ヘインズと長年タッグを組んできた映画プロデューサーのクリスティン・ヴェイコンも製作を担当することになった[13]。5月下旬、ワインスタイン・カンパニーが本作の北米配給権を獲得した[14]

トッド・ヘインズはデザイナーのサンディ・パウエルから、カールセンが制作している映画の話を耳にしていたという。2013年になって、ヘインズはカールセンが新たな監督を探しているという話を聞き、自分から連絡を取ろうとしたが、その前にカールセンのほうからクリスティン・ヴェイコンを通して打診があった[15]。ヘインズはナジーと脚本の修正を行った[16][17][18]

2013年8月、ワシコウスカが降板し、その代わりにルーニー・マーラが起用された[19]。マーラにオファーが来たのは『ドラゴン・タトゥーの女』(2011年公開)の撮影が終了した後だったという。マーラは脚本を気に入り、ブランシェットと共演してみたいと思ったが、『ドラゴン・タトゥーの女』の撮影に伴う疲労感ですぐにオファーを受け入れる気になれなかった。ヘインズが監督に着任し、再度マーラにオファーが来てようやく契約にサインすることができたという[20][21]2014年1月、カーター・バーウェルが本作で使用される楽曲を作曲することになった[22]。22日、サラ・ポールソンカイル・チャンドラーが本作に出演すると報じられた[23][24]。2月、コーリー・マイケル・スミスジェイク・レイシーの出演が決まった[25][26]。3月12日、本作の撮影監督にエドワード・ラックマンが着任したとの報道があった[27]。4月、ジョン・マガロがダニー役に起用されたと報じられた[28]。9日、キャリー・ブラウンスタインの出演が決まった[29]

フィリス・ナジーの提案で、本作のタイトルは『The Price of Salt』ではなく、1990年に原作小説が再版されたときの『Carol』の方になった。その理由に関してナジーは「ハイスミス自身が『Carol』というタイトルに強いこだわりを持っていたから。」だと述べている[30]。ヘインズはタイトルに関して「原作小説はテレーズの視点から記述されている。物語において、あらゆる欲望はキャロルに向いている。キャロルとはあまり関係のないものや不安定な感情も盛り込まれてはいる。そういったものが映画の大半でテレーズに降りかかり、新しい感情を生み出すのである。主体と客体の関係は物語の中で揺り動いているが、その不安定な関係の総体こそがキャロルなんだ。」と述べている[31]

撮影編集

2014年3月12日、オハイオ州シンシナティで本作の主要撮影が始まった[32][33]。主要撮影のロケ地には、ハミルトン郡ワイオミングシェビオットケンタッキー州アレクサンドリアも選ばれた[34][35][36][37]。なお、本作の撮影にはスーパー16mmフィルムが使用された[38]。4月25日に主要撮影は終了した。

2014年12月15日、ヘインズは製作の全工程が終了したと発表した[39]

公開編集

2014年5月16日、フィルム4・プロダクションズは『ロンドン・イヴニング・スタンダード』に本作の画像を掲載した[7]。2014年の終わりごろには本作は完成していたが、製作サイドは映画祭への出品を望んでいたため、全米公開は2015年となった。2015年1月5日には、別の画像を公開した[40]

本作は2015年5月に開催された第68回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、パルムドールを争ったが受賞には至らなかった[41]。なお、本作はテルライド映画祭ニューヨーク映画祭ロンドン映画祭シカゴ国際映画祭にも出品された[42][43][44][45]

評価編集

本作はカンヌ国際映画祭で上映され、高い評価を受けた[46][47]

映画批評家のトッド・マッカーシーは、本作を2015年の映画ベスト10で第10位に挙げている[48]

受賞編集

受賞一覧
賞/映画祭 カテゴリ 対象者 結果 出典
カンヌ国際映画祭 パルムドール ノミネート [49][50]
女優賞 ルーニー・マーラ (エマニュエル・ベルコとタイ受賞) 受賞
クィア・パルム 受賞
フランクフルト・ブックフェア 脚色賞 受賞 [51]
ゴッサム・インディペンデント映画賞 作品賞 ノミネート [52]
脚本賞 フィリス・ナジー ノミネート
女優賞 ケイト・ブランシェット ノミネート
シカゴ国際映画祭 ゴールド・Q・ヒューゴ賞 受賞 [53]
英国インディペンデント映画賞 外国映画賞 ノミネート [54]
インディペンデント・スピリット賞 作品賞 ノミネート [55]
監督賞 トッド・ヘインズ ノミネート
主演女優賞 ケイト・ブランシェット ノミネート
ルーニー・マーラ ノミネート
脚本賞 フィリス・ナジー ノミネート
撮影賞 エドワード・ラックマン 受賞
ハリウッド・ミュージック・イン・メディア賞 長編映画作曲賞 カーター・バーウェル ノミネート
フィルム・フェスト・ジェント 観客賞 受賞
キャメリメージ国際映画祭 ゴールデン・フロッグ賞 受賞
特別賞-衣装 サンディ・パウエル 受賞
ニューヨーク映画批評家協会賞 作品賞 受賞
監督賞 トッド・ヘインズ 受賞
脚本賞 フィリス・ナジー 受賞
撮影賞 エドワード・ラックマン 受賞
ボストン映画批評家協会賞 監督賞 トッド・ヘインズ 受賞
撮影賞 エドワード・ラックマン 受賞
ニューヨーク・オンライン映画批評家協会賞 助演女優賞 ルーニー・マーラ 受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞 作曲賞 カーター・バーウェル 受賞
監督賞 トッド・ヘインズ
撮影賞 エドワード・ラックマン
トロント映画批評家協会賞 作品賞 受賞
監督賞 トッド・ヘインズ 受賞
オンライン映画批評家協会賞 作品賞 ノミネート
監督賞 トッド・ヘインズ ノミネート
主演女優賞 ケイト・ブランシェット 受賞
助演女優賞 ルーニー・マーラ 受賞
脚本賞 フィリス・ナジー 受賞
撮影賞 エドワード・ラックマン ノミネート
ダラス・フォートワース映画批評家協会賞 助演女優賞 ルーニー・マーラ 受賞
サンフランシスコ映画批評家協会賞 美術賞 ジュディ・ベッカー 受賞
全米映画批評家協会賞 監督賞 トッド・ヘインズ 受賞
撮影賞 エドワード・ラックマン 受賞
作品賞 ノミネート
オーストラリア映画テレビ芸術アカデミー賞インターナショナル・アワード 作品賞 ノミネート
監督賞 トッド・ヘインズ ノミネート
主演女優賞 ケイト・ブランシェット ノミネート
助演女優賞 ルーニー・マーラ ノミネート
脚色賞 フィリス・ナジー ノミネート
アメリカ脚本家組合賞 脚色賞 フィリス・ナジー ノミネート
アメリカ衣装デザイナー組合賞 時代劇部門 サンディ・パウエル ノミネート
英国アカデミー賞 作品賞 ノミネート
監督賞 トッド・ヘインズ ノミネート
主演女優賞 ケイト・ブランシェット ノミネート
助演女優賞 ルーニー・マーラ ノミネート
脚色賞 フィリス・ナジー ノミネート
撮影賞 エドワード・ラックマン ノミネート
衣装デザイン賞 サンディ・パウエル ノミネート
美術賞 ジュディ・ベッカーヘザー・ロフラー ノミネート
メイキャップ&ヘア賞 パトリシア・リーガン ノミネート
ゴールデン・グローブ賞 作品賞・ドラマ ノミネート
監督賞 トッド・ヘインズ ノミネート
主演女優賞・ドラマ ケイト・ブランシェット ノミネート
助演女優賞・ドラマ ルーニー・マーラ ノミネート
作曲賞 カーター・バーウェル ノミネート
アカデミー賞 主演女優賞 ケイト・ブランシェット ノミネート
助演女優賞 ルーニー・マーラ ノミネート
脚色賞 フィリス・ナジー ノミネート
撮影賞 エドワード・ラックマン ノミネート
衣装デザイン賞 サンディ・パウエル ノミネート
作曲賞 カーター・バーウェル ノミネート
アメリカ映画俳優組合賞 主演女優賞 ケイト・ブランシェット ノミネート
助演女優賞 ルーニー・マーラ ノミネート
サテライト賞 作品賞 ノミネート
主演女優賞 ケイト・ブランシェット ノミネート
助演女優賞 ルーニー・マーラ ノミネート
作曲賞 カーター・バーウェル ノミネート
編集賞 アルフォンソ・ゴンサウヴェス ノミネート
放送映画批評家協会賞 作品賞 ノミネート
監督賞 トッド・ヘインズ ノミネート
主演女優賞 ケイト・ブランシェット ノミネート
助演女優賞 ルーニー・マーラ ノミネート
撮影賞 エドワード・ラックマン ノミネート
作曲賞 カーター・バーウェル ノミネート
衣装賞 サンディ・パウエル ノミネート
メーキャップ ノミネート
美術賞 ジュディ・ベッカー ノミネート
ロンドン映画批評家協会賞 作品賞 ノミネート
監督賞 トッド・ヘインズ ノミネート
主演女優賞 ケイト・ブランシェット ノミネート
助演女優賞 ルーニー・マーラ ノミネート
脚本賞 フィリス・ナジー ノミネート
音楽賞 カーター・バーウェル ノミネート
撮影賞 エドワード・ラックマン ノミネート
AFI(アメリカン・フィルム・インスティテュート)賞 作品賞(本年度ベスト10選考) ノミネート
エル シネマ大賞 2016 エルシネマ大賞 受賞 [56]
キネマ旬報ベスト・テン 外国映画ベスト・テン 2位 [57]

出典編集

  1. ^ The 2015 Official Selection”. 2015年10月25日閲覧。
  2. ^ Killer Films’ Co-Founders Christine Vachon and Pamela Koffler on Lesbian Romance ‘Carol’ and Indie Resilience”. The Hollywood Reporter (2015年9月25日). 2015年9月27日閲覧。
  3. ^ Carol (2015)”. 2016年1月23日閲覧。
  4. ^ キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.43
  5. ^ Carrie Brownstein: Fill in the Blank”. 2015年10月27日閲覧。
  6. ^ Passion project: meet the indie super-producer behind Cannes hot ticket Carol”. 2015年10月27日閲覧。
  7. ^ a b Patricia Highsmith’s lesbian tale brought to the screen after 11-year battle”. 2015年10月27日閲覧。
  8. ^ DP/30 in Cannes: Carol, Phyllis Nagy”. 2015年10月27日閲覧。
  9. ^ Cannes: Todd Haynes and Writer Phyllis Nagy Talk 'Carol,' Glamorous Stars, Highsmith and More”. 2015年10月27日閲覧。
  10. ^ TALENT TALK: CAROL”. 2015年10月27日閲覧。
  11. ^ Cate Blanchett & Mia Wasikowska To Star In John Crowley's Patricia Highsmith Adaptation 'Carol'”. 2015年10月27日閲覧。
  12. ^ CANNES TOLDJA! The Weinstein Company Acquires U.S. Rights To Todd Haynes-Helmed ‘Carol’”. 2015年10月27日閲覧。
  13. ^ Todd Haynes to direct Carol”. 2015年10月27日閲覧。
  14. ^ Weinstein Co. Acquires U.S. Rights to Todd Haynes' 'Carol'”. 2015年10月27日閲覧。
  15. ^ Cannes: Todd Haynes Says Lesbian Breakout 'Carol' Is About "Love Itself as Something Criminal" (Q&A)”. 2015年10月27日閲覧。
  16. ^ 5 things we learned about 'Carol' at NYFF”. 2015年10月27日閲覧。
  17. ^ Cate Blanchett: Praise is so problematic”. 2015年10月27日閲覧。
  18. ^ 'Carol' Producer Christine Vachon Talks Being Queen of the Croisette”. 2015年10月27日閲覧。
  19. ^ Rooney Mara replaces Mia Wasikowska on Carol”. 2015年10月27日閲覧。
  20. ^ ‘Carol’s Quest: Lesbian Drama’s 15-Year Journey To Cannes”. 2015年10月27日閲覧。
  21. ^ Cate Blanchett, Rooney Mara & Todd Haynes On Bringing ‘Carol’ To Life – Cannes Video”. 2015年10月27日閲覧。
  22. ^ Carter Burwell Scoring Todd Haynes' 'Carol' & Danny Elfman Bound To 'Fifty Shades Of Grey'”. 2015年10月27日閲覧。
  23. ^ Sarah Paulson Joins Todd Haynes Pic ‘Carol’ (EXCLUSIVE)”. 2015年10月27日閲覧。
  24. ^ Kyle Chandler Joins Todd Haynes’ ‘Carol’”. 2015年10月27日閲覧。
  25. ^ Chad Lindberg Catches ‘Midnight Rider’; Cory Michael Smith Joins ‘Carol’; Penelope Mitchell Added To ‘The Fear Of Darkness’”. 2015年10月27日閲覧。
  26. ^ 'The Office' Actor Joins Cate Blanchett, Rooney Mara in 'Carol' (Exclusive)”. 2015年10月27日閲覧。
  27. ^ Production Starts Today on Todd Haynes’ ‘Carol’ Starring Cate Blanchett”. 2015年10月27日閲覧。
  28. ^ ‘Not Fade Away’ Star John Magaro Joins Rooney Mara in ‘Carol’ (Exclusive)”. 2015年10月27日閲覧。
  29. ^ 'Portlandia's' Carrie Brownstein Joins Cate Blanchett in 'Carol' (Exclusive)”. 2015年10月27日閲覧。
  30. ^ Carol Press Conference in Full - Cate Blanchett & Rooney Mara”. 2015年10月27日閲覧。
  31. ^ Todd Haynes”. 2015年10月27日閲覧。
  32. ^ Cate Blanchett, Rooney Mara to shoot 'Carol' movie here”. 2015年10月27日閲覧。
  33. ^ 'Carol' filming starts at Eden Park overlook”. 2015年10月27日閲覧。
  34. ^ 'Carol' filming ends early Friday morning”. 2015年10月27日閲覧。
  35. ^ Academy Award winner Cate Blanchett filming in Lebanon today”. 2015年10月27日閲覧。
  36. ^ Hamilton goes into time warp for movie shoot”. 2015年10月27日閲覧。
  37. ^ 'Carol' filming continues Monday in Over the Rhine”. 2015年10月27日閲覧。
  38. ^ http://www.afcinema.com/Ed-Lachman-ASC-parle-de-son-travail-sur-Carol-de-Todd-Haynes.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter&lang=fr”. 2015年10月27日閲覧。
  39. ^ Todd Haynes Discusses ‘Safe,’ Letting Go of the Past, Working With Julianne Moore, and ‘Carol’”. 2015年10月27日閲覧。
  40. ^ Todd Haynes' 'Carol' Likely Headed For Fall Release, Plus New Image From The Film”. 2015年10月27日閲覧。
  41. ^ Screenings Guide”. 2015年10月27日閲覧。
  42. ^ Telluride 2015: 10 Must-See Films To Watch Out Of A Killer Line-Up”. 2015年10月27日閲覧。
  43. ^ The New York Film Festival Sets 26 Films for the 2015 Main Slate”. 2015年10月27日閲覧。
  44. ^ 59th BFI London Film Festival American Express® Gala announced as the UK premiere of Carol”. 2015年10月27日閲覧。
  45. ^ 'Carol,' 'The Club' Win Honors at 51st Chicago International Film Festival”. 2015年10月27日閲覧。
  46. ^ Todd Haynes Is Working On A Limited TV Series About The '70s 'Source Family' Cult, Plus First 'Carol' Reactions From Cannes”. 2015年10月27日閲覧。
  47. ^ Cate Blanchett’s Lesbian Drama ‘Carol’ Sparks Early Oscar Buzz”. 2015年10月27日閲覧。
  48. ^ 米ハリウッド・レポーターが選ぶ2015年の映画ベスト10”. 映画.com (2015年12月22日). 2015年12月25日閲覧。
  49. ^ Cannes: Cate Blanchett, Rooney Mara Drama ‘Carol’ Wins Queer Palm Award”. TheWrap (2015年5月23日). 2015年6月7日閲覧。
  50. ^ Frosch, Jon (2015年5月24日). “Critic's Notebook: With Cannes Prizes, Coen Brothers Keep It Weird”. The Hollywood Reporter. 2015年5月24日閲覧。
  51. ^ Todd Haynes’ ‘Carol’ Wins Frankfurt Book Fair Prize for Adaptation”. Variety (2015年10月21日). 2015年10月22日閲覧。
  52. ^ Gotham Awards Nominations: ‘Diary of a Teenage Girl,’ ‘Carol’ Lead the Pack”. Variety (2015年10月22日). 2015年10月22日閲覧。
  53. ^ 51st Chicago International Film Festival Reveals Its Competition Winners At Awards Night”. Chicago International Film Festival. 2015年10月24日閲覧。
  54. ^ Colin Farrell and Rachel Weisz's latest project The Lobster leads the 2015 Moet British Independent Film Awards nominations with seven nods”. 2015年10月24日閲覧。
  55. ^ ‘Carol,’ ‘Spotlight,’ ‘Beasts of No Nation’ Lead Spirit Awards Nominations”. Variety. 2015年11月29日閲覧。
  56. ^ “黒木華がELLE主催の映画アワード受賞、2016年の充実ぶりに「輝けた!」”. 映画ナタリー. (2016年12月20日). http://natalie.mu/eiga/news/213952 2016年12月21日閲覧。 
  57. ^ “キネマ旬報ベスト・テン決定、「この世界の片隅に」「ハドソン川の奇跡」が1位に”. 映画ナタリー. (2017年1月10日). http://natalie.mu/eiga/news/216247 2017年1月10日閲覧。 

外部リンク編集