メインメニューを開く

トヨタ・ピクシスエポック

トヨタ自動車の軽乗用車

概要編集

子会社のダイハツ工業からOEM供給を受ける形式で2011年9月に発売を開始したトヨタブランドの軽自動車「ピクシス」シリーズはこれまで、ムーヴ コンテベースの軽トールワゴンであるピクシス スペースハイゼット トラックベースの軽トラックであるピクシス トラックハイゼット カーゴベースの軽キャブオーバーバンであるピクシス バンの3車種を発売してきた。

今回、第3弾として発売されるピクシスエポックはミラ イースミラシリーズ、以下イース)をベースにした優れた低燃費と購入しやすい価格が特徴の軽ハッチバック軽セダン)である。

2012年12月に富士重工業(現・SUBARU)から同じイースをベースとしたプレオ+(プラス)(2018年3月まではプレオシリーズ)が発売され、3兄弟車種となった。

沿革編集

初代 LA300A/310A型(2012年 - 2017年)編集

トヨタ・ピクシスエポック(初代)
LA300A/310A型
X"SA"(後期型)
販売期間 2012年5月10日 - 2017年5月11日
設計統括 上田亨
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドア ハッチバック
エンジン KF-VE型 658cc 直3 DOHC DVVT
駆動方式 前輪駆動 / 四輪駆動
最高出力 52ps/6,800rpm

49ps/6,800rpm
最大トルク 6.1kg・m/5,200rpm

5.8kg・m/5,200rpm
変速機 CVT
サスペンション 前:マクファーソン・ストラット
後:トーションビーム(FF)
3リンク(4WD)
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,500mm
ホイールベース 2,455mm
車両重量 730kg(FF全車)
790kg(4WD全車)
姉妹車 ダイハツ・ミライース(初代)
スバル・プレオプラス(初代)
製造事業者 ダイハツ工業
プラットフォーム Aプラットフォーム
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示
2012年5月10日
発表・同時に販売開始[1]
グレード体系・装備内容・ボディカラー・価格はイースと同一で、エンブレム類が異なる程度である。なお、リアのエンブレム配置は車名エンブレムが左上、「eco IDLE(エコアイドル)」エンブレムが右下とイースとは逆の配置となる。
2013年8月19日
マイナーチェンジ(イース、プレオ+も同日にマイナーチェンジ)[2]
エンジンに「クールドi-EGR」やCVTサーモコントローラーなどを採用するとともに、フロントデザインの変更やタイヤディフレクターの採用。さらに、2WD車はフロアアンダーカバーとローダウンサスペンションも採用したことで空力性能を高めるなど燃費性能を高め、JC08モードで2WD車は33.4km/L、4WD車は30.4km/Lにそれぞれ向上された。また、60km/h以上で走行の際、急ブレーキ時にハザードランプを点滅させることにより、後続車に注意を促すエマージェンシーストップシグナルを全車に標準装備するとともに、トヨタブランドの車種としては初採用となる、低速域衝突回避支援ブレーキ機能、誤発進抑制制御機能、先行車発進お知らせ機能、VSC&TRCで構成された衝突被害軽減ブレーキスマートアシスト」(以下「スマアシ」)[注 1]を一部のグレードに設定し、安全性能も強化。サスペンションの特性とフロントシート形状を変更することで乗り心地を、吸遮音材の性能向上や配置変更により静粛性をそれぞれ高めた。さらに、フロントデザインの変更に加え、インパネセンター部の配色も変更された。ボディカラーは「D」を除く全グレードで変更を行い、「シェルローズ」を廃止する替わりに、エポックでは設定がなかった[注 2]「ライトローズマイカメタリック」、「アーバンナイトブルークリスタルメタリック(オプションカラー)」、新色の「シャイニングレッド」の3色を追加した。グレード体系が一部変更となり、最上位グレードの「G」・「Gf」はスマアシやヘッドランプ自動消灯システム、オート格納式ドアミラー(「Gf」はヒーター付)を追加して装備を充実し、「G"SA"」・「Gf"SA"」に改名し、スマアシを標準装備した「L"SA"」・「Lf"SA"」・「X"SA"」・「Xf"SA"」を新設した。
2014年7月9日
一部改良(イース、プレオ+も同日に一部改良)[3]
圧縮比向上などエンジンの改良により、JC08モード燃費で2WD車は35.2km/L、4WD車は32.2km/Lにそれぞれ向上。併せて、X系グレードと「G"SA"」・「Gf"SA"」には、ブラックシート表皮を採用した「ブラックインテリアパック」をオプション設定した。本オプションを適用した場合、グレードにより、16cm 4ドアスピーカー(「G"SA"」のみ)、助手席用シートアンダートレイ(「G"SA"」・「Gf"SA"」)、革巻ステアリングホイール(メッキオーナメント付、X系グレード・「Gf"SA"」)、プレミアムシャインブラックのオーディオパネル(X系グレード)が追加で装備される。
2015年4月8日
一部改良(仕様変更扱い、イース、プレオ+も同日に一部改良[注 3])。
アイドリングストップ機能「eco IDLE」を改良し、エンジン再始動の条件にステアリング操作を追加。また、坂道発進時、ブレーキペダルからアクセルペダルに踏みかえる時に車両の後退を防ぐヒルホールドシステムを全車に標準装備した。バックドアに貼り付けられていたeco IDLEエンブレムを廃止。
2016年7月22日
仕様変更。OEM元のイース同様、ボディカラーの「アーバンナイトブルークリスタルメタリック(オプションカラー)」を廃止。
2017年3月31日
初代イース、および初代プレオ+と共に生産終了。在庫分のみの販売となる。
2017年5月12日
フルモデルチェンジに伴い初代モデルの販売を終了。

2代目 LA350A/360A型(2017年 - )編集

トヨタ・ピクシスエポック(2代目)
LA350A/360A型
L 4WD
販売期間 2017年5月12日-
乗車定員 4名
ボディタイプ 5ドアハッチバック
エンジン KF型:
658cc 直列3気筒DOHC
駆動方式 前輪駆動(2WD車)
四輪駆動(4WD車)
最高出力 36kW (49PS)/6,800rpm
最大トルク 57N・m (5.8kgf・m)/
5,200rpm
変速機 CVT
サスペンション 前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング(2WD)
後:3リンク式コイルスプリング(4WD)
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,500mm(2WD)
1,510mm(4WD)
ホイールベース 2,455mm
車両重量 650-670kg(2WD)
720-740kg(4WD)
製造事業者 ダイハツ工業
ベース車両 ミライース(2代目)
プラットフォーム Dモノコック
(新Aプラットフォーム)
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示
2017年5月12日
「ミラ イース」、「プレオ+」から3日遅れてフルモデルチェンジ。[4]
外観は初代同様、エンブレム類が変更されている点に加え、「G"SA III"」では、14インチアルミホイールのセンターキャップの意匠がブラック(トヨタのCI入り)に変更されている違いがある[注 4]。パワートレインは初代モデルを踏襲しているが、アクセルペダルに対するエンジン反応をよくしたことで発進や追越時の加速性能を向上。初代・後期型モデルで導入済みの衝突回避支援システム「スマートアシスト」はピクシスシリーズで初となるステレオカメラ方式の「スマートアシストIII」となったことで、衝突回避支援ブレーキ機能を対歩行者にも対応したほか、オートハイビームなどを追加。内装ではドライビングポジションの改善などを行い、バックドアは登録車に採用されていることが多いスイッチ式バックドアオープナーを標準装備した。
グレード構成・車両本体価格・装備内容・オプション内容は2代目ミライースと同一である。そのため、4WD車は2WD車と同じグレード名に統一の上、初代の「L」・「L"SA"」・「X"SA"」・「G"SA"」は踏襲され、「L"SA"」・「X"SA"」・「G"SA"」は「スマートアシストIII」の搭載に伴って「L"SA III"」・「X"SA III"」・「G"SA III"」にそれぞれ改名。また、「X」は「X"SA III"」へ統合のため廃止し、廉価グレードの「D」も廃止。替わって、ビジネス向けグレードの「B」と「B"SA III"」を追加した。
ボディカラーも2代目ミライースに準じており、初代モデルのボディカラーのうち「プラムブラウンクリスタルマイカ(メーカーオプション)」、「ブライトシルバーメタリック」、「パールホワイトIII(メーカーオプション)」、「ブラックマイカメタリック」の4色を継続設定し、「ホワイト」は色番号を<W19>に変更の上、「B」・「L」(其々の"SA III"を含む)専用色に移行。また、新規色の「スカイブルーメタリック」、「スプラッシュブルーメタリック(「X"SA III"」・「G"SA III"」専用色)」、「マゼンタベリーマイカメタリック(「L」・「L"SA III"」・「X"SA III"」・「G"SA III"」専用色)」、「レモンスカッシュクリスタルメタリック(「X"SA III"」・「G"SA III"」専用色)」の4色を追加した。なお、「B」・「B"SA III"」はイース同様に「スカイブルーメタリック」、「ブライトシルバーメタリック」、「ホワイト」の3色のみとなる。
2018年8月1日
一部改良(仕様変更扱い)。燃料消費率と排出ガスがWLTCモードに対応(燃料消費率に関してはJC08モードも併記)し、「平成30年排出ガス基準50%低減レベル(☆☆☆☆)」認定が新たに取得された。


車名の由来編集

エポック(EPOCH)とは、「(新)時代」を意味する[1]

取扱チャネル編集

なお、他の「ピクシス」シリーズ同様、軽自動車市場比率の高い地域で取扱希望のあった青森県秋田県鳥取県島根県四国地区、福岡県を除く九州沖縄地区においては、トヨタ店トヨペット店を含めた全てのトヨタの販売店での取り扱いとなる。

また、新車の展示については取扱店舗から更に選定された「ピクシス・ステーション」と呼ばれる一部の店舗に限られる。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 警告文はスバルのEyeSightと同じ「スマートアシストに頼った運転は、絶対に行わないでください。」。
  2. ^ 元々はイースの特別仕様車「memorial edition」の設定色だった。
  3. ^ この改良より、イース・プレオ+にはそれぞれの最上級グレードに2トーンカラー仕様(独自の「Dラッピング」を用いた「デザインフィルムトップ」)が設定されているが、エポックには未設定で、2トーンカラー仕様専用色の「フェスタイエロー」もエポックでは設定されていない。
  4. ^ イースの「G"SA III"」、プレオ+の「G スマートアシスト」の場合はシルバーのセンターキャップとなる。

出典編集

  1. ^ a b “TOYOTA、新型軽乗用車『ピクシス エポック』を発売” (プレスリリース), トヨタ自動車株式会社, (2012年5月10日), http://www2.toyota.co.jp/jp/news/12/05/nt12_024.html 2012年8月19日閲覧。 
  2. ^ “TOYOTA、ピクシス エポックをマイナーチェンジ” (プレスリリース), トヨタ自動車株式会社, (2013年8月19日), http://newsroom.toyota.co.jp/en/detail/1748250 2017年5月12日閲覧。 
  3. ^ “TOYOTA、ピクシス エポックを一部改良” (プレスリリース), トヨタ自動車株式会社, (2014年7月9日), http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/3434162 2014年7月9日閲覧。 
  4. ^ “TOYOTA、ピクシスエポックをフルモデルチェンジ” (プレスリリース), トヨタ自動車株式会社, (2017年5月12日), https://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/16740699 

関連項目編集

外部リンク編集