メインメニューを開く

ニューヨーク・シティ・フットボール・クラブ英語: New York City Football Club)は、アメリカ合衆国の都市ニューヨークをホームタウンとする、アメリカ合衆国およびカナダのプロサッカーリーグ(メジャーリーグサッカー(MLS))に加盟するプロサッカークラブ。2015年に参入し、ニューヨーク・ヤンキースの本拠地であるヤンキー・スタジアムを専用スタジアム建設までの仮本拠地として使用している。

ニューヨーク・シティFC
原語表記 New York City Football Club
愛称 City、NYCFC
クラブカラー     水色
創設年 2015年
所属リーグ メジャーリーグサッカー
所属ディビジョン イースタン・カンファレンス
ホームタウン ニューヨーク
ホームスタジアム Le Yankee Stadium.jpgヤンキー・スタジアム
収容人数 33,444 (最大:49,642)
運営法人 シティ・フットボール・グループ (80%)
ヤンキー・グローバル・エンタープライゼズ (20%)
代表者 スペインの旗 フェラン・ソリアーノ
監督 スペインの旗 ドメネク・トレント
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

目次

概要編集

ニューヨーク・シティFCはニューヨーク・レッドブルズに次ぐニューヨークで2番目のプロサッカークラブ。2013年に、イングランド・プレミアリーグマンチェスター・シティFCと、MLBニューヨーク・ヤンキースによる共同出資で創立された。

歴史編集

クラブ創設編集

2013年5月、2015年から MLSに参戦することが発表。マンチェスター・シティFCが過半数の所有権となり、ニューヨーク・ヤンキースが所有グループのメンバーとなる。また、シティ・フットボール・グループの一員として活動。

2014年6月2日、元スペイン代表FWのダビド・ビジャの獲得を発表。ニューヨーク・シティFCにとって、1人目のプロ選手契約がビジャである。ビジャを獲得した直後に元イングランド代表MFのフランク・ランパードの契約も実現させ、二枚看板を手に入れることに成功した。ビジャとランパードがニューヨーク・シティFCと契約したのは2014年夏のこと。チームがMLSに参入する2015年シーズンの開幕まではまだ9ヵ月ほどあったのだが、”シティネットワーク”を利用し、MLSの2015シーズンが開幕するまでビジャを メルボルン・シティFCにローン移籍させた。そして、ランパードも大本営であるマンチェスター・シティFCにローン移籍。新チームへの移籍を実現させるだけでなく、新チームが発足するまで自分たちのクラブでプレーさせた。その後、ビジャは2015シーズンMLS開幕の2015年3月からチームに加入し、ランパードに関しては2015年の夏からチームに合流した。

2015年シーズン編集

チームの初代監督に就任したのはアメリカ人のジェイソン・クレイスである。2015年の夏の移籍市場で元イタリア代表MFのアンドレア・ピルロの獲得に成功した[1]

参入シーズン初年度はメジャーリーグサッカー(MLS)で東地区8位、通算17位。USオープンカップは4回戦敗退で終えた。

2016年シーズン編集

2016年にフジテレビNEXTが放映権を獲得し、大都市ニューヨークを拠点とするニューヨーク・レッドブルズとのダービーマッチが、日本で最初の放送カードに選ばれた。そして、ヤンキースタジアムで行われた試合は0-7とニューヨーク・レッドブルズに大敗し、思わぬ衝撃の結末であった[2]

2017年シーズン編集

シーズン前にアルゼンチン代表経験のあるMFマキシミリアーノ・モラレス、ベネズエラ代表MFヤンヘル・エレーラ、フィンランド代表MFアレクサンデル・リングポートランド・ティンバーズからコスタリカ代表FWロドニー・ウォレス、シカゴ・ファイアーからアメリカ代表GKショーン・ジョンソンなどを補強した。

ニューヨーク・レッドブルズとのニューヨーク・ダービーを2勝1分け1敗と勝ち越すなど好調を維持し、リーグ戦では東地区は前年度と同じく2位、通算でも2位とクラブ史上最高の成績で終えた。

しかし、プレーオフでは1回戦のコロンバス・クルーとの試合に1stレグ1-4、2ndレグ2-0の合計4-3で敗れ、ベスト8で終えた。

シーズン終了後に元イタリア代表MFアンドレア・ピルロの退団と、現役引退が正式に発表された。

過去の成績編集

ディビジョン プレーオフ USオープンカップ 平均観客数
レギュラー 全体
2015 34 10 17 7 49 58 37 東8位 17位 - 4回戦敗退 29,016
2016 34 15 10 9 62 57 54 東2位 4位 C-準決勝敗退 4回戦敗退 27,196
2017 34 16 9 9 56 43 57 東2位 2位 C-準決勝敗退 4回戦敗退 22,643
2018 34 16 8 10 59 45 56 東3位 7位 C-準決勝敗退 4回戦敗退 23,211
2019 東位

ユニフォーム編集

歴代ユニフォーム編集

  • ホーム
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2015
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2016
  • アウェイ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2015
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2016–

スポンサー編集

年度 メーカー 胸スポンサー
2015- adidas ETIHAD

現所属メンバー編集

2018シーズンの基本メンバー

2019年3月1日現在
No. Pos. 選手名
1   GK ショーン・ジョンソン( )
2   DF ベン・スウェット
3   DF アントン・ティネルホルム
4   DF マクシム・シャノ
6   DF アレハンデル・カジェンス
8   MF アレクサンデル・リング  
10   MF マキシミリアーノ・モラレス
11   FW バレンティン・カステジャーノス
12   MF エベニーザー・オフォーリ
13   GK ルイス・バラサ
14   MF フアン・パブロ・トーレス( )
15   MF トニー・ロッチャ
No. Pos. 選手名
16   MF ジェイムズ・サンズ
17   FW ジョナサン・ルイス
18   GK ジェフ・カルドウェル
19   MF ヘスス・メディナ
21   MF ダニエル・ベドヤ
22   DF ロナルド・マタリータ
25   DF ジョー・スカリー
28   FW アレクサンドル・ミトリツァ
29   FW イスマエル・タジューリ( , )
33   DF セバスチャン・イベアガ( )
41   GK ブラッド・ストゥヴァー
55   MF キートン・パークス

※括弧内の国旗はその他保有国籍、もしくは市民権を示す。

監督

ローン移籍編集

in
No. Pos. 選手名
12   MF エベニーザー・オフォーリ (VfBシュトゥットガルト)
No. Pos. 選手名
55   MF キートン・パークス (SLベンフィカ)
out
No. Pos. 選手名

歴代監督編集

歴代所属選手編集

脚注編集

外部リンク編集