ノーカントリー

2007年のアメリカ映画

ノーカントリー』(原題: No Country for Old Men)は、2007年製作のアメリカ映画コーエン兄弟製作のスリラー映画

ノーカントリー
No Country for Old Men
No Country For Old Men Logo.png
監督 ジョエル・コーエン
イーサン・コーエン
脚本 ジョエル・コーエン
イーサン・コーエン
原作 コーマック・マッカーシー
血と暴力の国
製作 スコット・ルーディン
ジョエル・コーエン
イーサン・コーエン
製作総指揮 ロバート・グラフ
マーク・ロイバル
出演者 トミー・リー・ジョーンズ
ハビエル・バルデム
ジョシュ・ブローリン
ウディ・ハレルソン
ケリー・マクドナルド
ギャレット・ディラハント
音楽 カーター・バーウェル
撮影 ロジャー・ディーキンス
編集 ロデリック・ジェインズ
製作会社 ミラマックス
パラマウント・ヴァンテージ
スコット・ルーディン・プロダクションズ
マイク・ゾス・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 パラマウント/ショウゲート
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年11月21日
日本の旗 2008年3月15日
上映時間 122分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $30,000,000
興行収入 $171,627,166[1]
テンプレートを表示

アメリカメキシコの国境地帯を舞台に、麻薬取引の大金を巡って凄惨な殺戮劇が繰り広げられる。

概要編集

2005年に発表されたコーマック・マッカーシーの小説『血と暴力の国』(原題: No Country for Old Men、扶桑社ミステリー文庫)の映画化作品。原題はウィリアム・バトラー・イェイツの詩「Sailing to Byzantium」の第1句が引用されている。

第60回カンヌ国際映画祭、第32回トロント国際映画祭などで先行上映された後、2007年11月9日アメリカの一部の映画館で限定公開された。同年11月21日に全米公開され、アメリカとカナダで約7400万ドル、それ以外の国で約8700万ドルの興行収入を挙げた[1]。コーエン兄弟制作映画としては、2003年に公開された『ディボース・ショウ』を上回るヒット作となった。

2007年度の第80回アカデミー賞で8部門にノミネートされ、作品賞監督賞助演男優賞脚色賞の計4冠を受賞。その他にも受賞多数(受賞した映画賞の一覧は下部に掲載)。日本でも2008年度のキネマ旬報外国語映画ベスト・テン第1位を獲得した。

アメリカではR指定、日本ではR-15指定を受けた。

日本では今作からパラマウントの作品は『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』までパラマウント・ジャパンの配給となる。

あらすじ編集

メキシコ国境に近いテキサスの荒野。帰還兵の男が、麻薬取引中に銃撃戦が行われたと思しき現場に出くわす。複数の死体の近くには、200万ドルの大金が残されていた。彼は、危険と知りつつそれを持ち帰ってしまう。そしてそれがきっかけで、冷酷な謎の暗殺者に追われる身となる。

登場人物・キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

エド・トム・ベル保安官
演 - トミー・リー・ジョーンズ菅生隆之
保安官。殺人現場から200万ドルを持ち去ったルウェリン・モスが殺し屋アントン・シガーに狙われていることを知り、2人の行方を追う。
アントン・シガー英語版
演 - ハビエル・バルデム谷昌樹
殺し屋。持ち去られた200万ドルを狙っている。独自のルールを持っている狂人。顔を見て生きている人間はいないという。
ルウェリン・モス
演 - ジョシュ・ブローリン谷口節
元溶接工。ベトナム帰還兵。偶然見つけた200万ドルを持ち去ったことで、持ち主であるギャングやアントン・シガーに追われることになる。
カーソン・ウェルズ
演 - ウディ・ハレルソン乃村健次
賞金稼ぎ。ベトナム帰還兵。アントン・シガーを知る数少ない男としてギャングのボスに雇われる。
カーラ・ジーン・モス
演 - ケリー・マクドナルド小林沙苗
ルウェリン・モスの妻。気弱な性格。ルウェリンの指示でオデッサの実家へ避難する。
ウェンデル保安官助手
演 - ギャレット・ディラハント加瀬康之
エド・トム・ベルの助手。
ロレッタ・ベル
演 - テス・ハーパー小幡あけみ
エド・トム・ベルの妻。
エリス
演 - バリー・コービン大塚周夫
エド・トム・ベルの叔父。元保安官。犯人に撃たれたことで足が不自由になっている。
ガソリンスタンド店主
演 - ジーン・ジョーンズ
アントン・シガーが訪れたガソリンスタンドの店主。彼の機嫌を損ねるが、コイントスに勝ったため見逃される。
ウェルズの雇い主
演 - スティーヴン・ルート
ギャングのボス。

スタッフ編集

作品解説編集

コーエン兄弟は本作品を、自分たちが監督した映画の中で飛びぬけて暴力的な作品だと語っている[2]

撮影編集

コーエン兄弟は映画の撮影を2006年5月23日に開始、主にテキサス州ニューメキシコ州を中心にロケーション撮影が行われた[3]

評価編集

レビュー・アグリゲーターRotten Tomatoesでは288件のレビューで支持率は93%、平均点は8.70/10となった[4]Metacriticでは38件のレビューを基に加重平均値が92/100となった[5]

主な受賞編集

2007年編集

2008年編集

2009年編集

  • 映画館大賞「映画館スタッフが選ぶ、2008年に最もスクリーンで輝いた映画」第9位

2016年編集

  • イギリスBBC主催の投票では、世界の177人の批評家が「21世紀の偉大な映画ベスト100」の第10位に選出した[6]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b No Country for Old Men (2007)” (英語). Box Office Mojo. 2011年2月25日閲覧。
  2. ^ The Making of No Country for Old Men(『ノーカントリー』製作の模様を扱ったドキュメンタリー、ミラマックス版DVD収録)
  3. ^ コーエン兄弟のファンサイトyouknow-forkids.comによる映画の紹介[1](参照:2009年4月1日)
  4. ^ No Country for Old Men (2007)”. Rotten Tomatoes. Fandango Media. 2022年7月3日閲覧。
  5. ^ No Country for Old Men Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2022年7月3日閲覧。
  6. ^ “The 21st Century’s 100 greatest films”. BBC. (2016年8月23日). http://www.bbc.com/culture/story/20160819-the-21st-centurys-100-greatest-films 2019年1月16日閲覧。 

外部リンク編集