ハローデイ

株式会社ハローデイ(英称:Hallo Day Co.,Ltd.)は、福岡県北九州市小倉南区徳力に本社を置き、福岡県を中心にスーパーマーケットハローデイを展開している企業である。

株式会社ハローデイ
Hallo Day Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
802-0974
福岡県北九州市小倉南区徳力3丁目6-16
設立 1958年12月
業種 小売業
法人番号 4290801003094
事業内容 スーパーマーケットの経営
代表者 加治敬通(代表取締役社長)
資本金 3億6,182万円(2013年3月20日現在)
売上高 584億4,400万円(2010年3月期)
従業員数 2,956人(2013年3月期)
(内:正社員888名、パートナー・アルバイト2,068名※)
(※1日8時間換算/月平均人数)
外部リンク http://www.halloday.co.jp/
テンプレートを表示
食彩館ハローデイ姪浜店
福岡市西区
ハローデイくるめりあ六ツ門店
久留米市、現在は閉店。)

目次

概要編集

1989年、父・加治久典が社長を務め、事業の多角化に失敗し破綻寸前であった株式会社かじやに、息子・加治敬通が入社。既存店舗の店長に就任すると、翌年には純利益が出るほどに成長した[1]

店内や商品のディスプレーに工夫を凝らし、アミューズメントパーク化していることが特長であり、これは客を楽しませるためであると同時に、従業員が楽しんで仕事をするためでもある。経営も19期連続で増収増益を続けており[2]、日本一視察が多いスーパーと呼ばれている[3]

沿革編集

  • 1958年12月 - 有限会社かじやとして会社設立。
  • 1971年 - 株式会社に改組。
  • 1971年 - 徳力店開店。
  • 1975年 - 中間店開店。
  • 1981年 - 寿屋と業務提携、寿屋グループ(後のラララグループ)入り。
  • 1988年 - 株式会社ハローデイに商号変更。この頃、寿屋グループを離脱。
  • 1998年 - 福岡市1号店となる「ハローデイ千早店」開店。
  • 2004年10月22日 - 山口県に山口1号店となる「ハローデイ海峡ゆめタワー前店」開店。
  • 2007年8月 - 筑後地区に進出、久留米市に国分店開店。
  • 2007年9月27日 - 熊本県熊本市東区長嶺西シュロアモール長嶺に熊本1号店となる「ハローデイ長嶺店」開店。
  • 2008年6月13日 - 加治久典が会長に退き、息子の敬通が社長に就任[4]
  • 2009年 - 創立50周年を迎える。
  • 2014年4月6日 - 加治久典が癌性リンパ管症で死去(享年76)。近親者のみで葬儀を行い、翌週北九州市内のホテルでお別れの会が催された。
  • 2014年 - 徳力店建物老朽化のため、同居していた本社を同第2駐車場を閉鎖し、跡地に移転。
  • 2015年8月11日 - 楽天Edyと提携し、Edyを搭載した「ハロちゃんカード」の利用を開始[5]
  • 2016年3月20日 - 徳力店、老朽化に伴う建て替え準備のため18時で閉店。翌日から営業再開まで近隣の南方・横代・足原店行シャトルバスの運行を開始。
  • 2017年7月6日 - 建て替えを進めていた徳力店を「徳力本店」として営業再開。

運営店舗編集

店舗情報についてはハローデイ公式サイト - 店舗紹介を参照。福岡県熊本県山口県において店舗を運営している。

福岡県編集

北九州エリア

  • 徳力本店(北九州市小倉南区)
  • 門司港店(北九州市門司区
  • 西門司店(北九州市門司区)
  • 足原店(北九州市小倉北区
  • 井堀店(北九州市小倉北区
  • ハローパーク大手町(北九州市小倉北区
  • 南方店(北九州市小倉南区)
  • 貫店(北九州市小倉南区)
  • 横代店(北九州市小倉南区)
  • 下曽根店(北九州市小倉南区
  • 下上津役店(北九州市八幡西区
  • 黒崎店(北九州市八幡西区)
  • 共立大前店(北九州市八幡西区)
  • 若松店(北九州市若松区

福岡エリア

旧・西新ビブレの跡地(建替)、2006年まではボンラパス西新
  • 次郎丸店(福岡市早良区)
  • 香椎店(福岡市東区
ダイエー香椎店
  • 松崎店(福岡市東区)
旧・寿屋松崎店
  • 千早店(福岡市東区)
旧・寿屋名島店
旧・寿屋新宮店
  • 新宮中央店(糟屋郡新宮町)
旧・ボンラパス新宮中央店
旧・ダイエー春日店(建替)
  • 大佐野店(太宰府市
  • 国分店(久留米市)
  • 別府店

筑豊エリア

熊本県編集

旧・ニコニコドー菊南店

山口県編集

過去に存在した店舗編集

福岡県

  • 長行店
閉店後も店舗建物をグループの従業員研修施設(トレーニングセンター)として使っていた。老朽化のため他所へ移し建物は取り壊された。
  • 茶屋の原店(北九州市八幡西区、2004年閉店)
  • 芦屋店(遠賀郡芦屋町)
  • 幸神店(北九州市八幡西区)
  • 霧ケ丘店(北九州市小倉北区) 現・しまむら霧ヶ丘店
  • 飯倉店(福岡市城南区、2003年開店 - 2008年11月20日閉店)
  • 植木店(直方市)
  • 感田店(直方市)
  • くるめりあ六ツ門店(久留米市、2010年7月開店 - 2012年11月6日閉店)
旧・ダイエー六ツ門店、現・マミーズプレミアム六ツ門

関連会社編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集