バスビー・バークレー

この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • バスビー・バークレー
  • バスビー・バークレイ
  • バズビー・バークレー
  • バズビー・バークレイ
  • バズビー・バークリー

バスビー・バークレーBusby Berkeley1895年11月29日 - 1976年3月14日[1])は、アメリカ合衆国ミュージカルコレオグラファー映画監督である。

Busby Berkeley
バスビー・バークレー
バスビー・バークレー
1935年頃のバスビー・バークレー
本名 ウィリアム・バークレイ・イーノズ
(William Berkeley Enos)
別名義 バズ (Buzz)
生年月日 (1895-11-29) 1895年11月29日
没年月日 (1976-03-14) 1976年3月14日(80歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州パームデザート
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 コレオグラファー映画監督
ジャンル 舞台映画
活動期間 1927年 - 1971年
活動内容 1900年 5歳で初舞台
1925年 ブロードウェイで舞踊監督
1930年 映画界に進出
1933年 監督デビュー
配偶者 エスター・ミューア 1929年 - 1931年
マーナ・ケネディ 1934年 - 1936年
クレア・ジェイムズ 離婚
マイラ・ステッフェンズ 離婚
マーグ・ペンバートン 1945年 - 1945年
エッタ・ダン 1958年 - 1976年
主な作品
コレオグラファー
四十二番街
フットライト・パレード
踊る三十七年
監督
ゴールド・ディガース36年
私を野球につれてって
 
受賞
アカデミー賞
1936年 第8回アカデミー賞舞踊監督賞
ゴールド・ディガース36年
1937年 第9回アカデミー賞舞踊監督賞
踊る三十七年
1938年 第10回アカデミー賞舞踊監督賞
大学祭り
その他の賞
1971年 第21回ベルリン国際映画祭UNICRIT小像
テンプレートを表示

幾何学模様の複合的なパターンの複雑なミュージカル演出を考案した。大勢のショーガールを多用し、映像の中で万華鏡のようなファンタジックな世界を作り出した。

人物・来歴編集

1895年(明治28年)11月29日、アメリカ合衆国、カリフォルニア州ロサンゼルスに生まれる。

1900年(明治33年)、演劇一家の家族の劇団で、5歳で初舞台を踏む。第一次世界大戦では、野戦砲隊の中尉として従軍した。1920年代にはブロードウェイで舞踊監督として20本以上の舞台で活躍し、1925年(大正14年)には『ホルカ・ポルカ』のコレオグラファーとしてクレジットされている。

1930年(昭和5年)、映画界に進出、サミュエル・ゴールドウィン・スタジオで製作されたソーントン・フリーランド監督のミュージカル・コメディ映画『ウーピー』の舞踊演出をする。1933年(昭和8年)には、ジョージ・エイミーとの共同監督作『シー・ハド・トゥ・セイ・イエス』で映画監督としてデビューした。1936年(昭和11年)から3年連続で、アカデミー賞ダンス監督賞を受賞している。

1954年(昭和29年)のマーヴィン・ルロイ監督の『ローズ・マリー』を振付演出した以降は、ブロードウェイに戻り、もともとの舞台の演出に腕を振るった。映画界での最後の仕事は、1962年(昭和37年)、チャールズ・ウォルターズ監督の『ジャンボ』であった。

1976年(昭和51年)3月14日、カリフォルニア州パームスプリングスで死去した。満80歳没。

生い立ち編集

1895年11月29日、アメリカ合衆国、カリフォルニア州ロサンゼルスにて父フランシス・イーノズと母で舞台女優のガートルード・バークレー(1864年 - 1946年)のもとに生まれた。バークレーが8歳の時に父が亡くなった。フランシスが運営する劇団ティム・フローリーズ・ストックにガートルードの友人たちが所属しており、うち2人にちなんで名付けられた。女優エイミー・バズビーから「バズ」、「バズビー」の呼び名を得て[2][3]シャーロック・ホームズ役を演じた俳優ウィリアム・ジレットから「ウィリアム」を得て「バズビー・バークレー・ウィリアム・イーノズ」[4]、また一説によると「バズビー」をニックネームに「バークレー・ウィリアム・イーノズ」と名付けられた[2][5]。出生証明書の幼名欄は空白であった[4]

バークレーがまだ子供の頃、ガートルードは舞台だけでなくサイレント映画でも母親役を演じていた。バークレーは5歳の頃に舞台デビューした。1917年、バークレーはマサチューセッツ州アソルに住み、広報営業の職に就いていた[6]第一次世界大戦中、バークレーは野戦砲隊中尉となり、1,200名の兵士の複雑な訓練を指揮した[7]

キャリア編集

初期編集

1920年代、バークレーはヒット作『A Connecticut Yankee』など20作前後のブロードウェイ・ミュージカルのダンス演出を行っていた。振付師として、バークレーはコーラスガールたちのダンスのスキルはあまり問題にせず、力量に合わせて魅力的な幾何学模様のフォームを形作った。バークレーの振り付けた楽曲はブロードウェイにおいて最大かつ最も訓練されたものであった[8][9]

初期の映画作品ではサミュエル・ゴールドウィンによるエディ・カンターのミュージカルにおいて、コーラスガール個々の顔に次々とクローズアップする「parade of faces」、舞台中あるいは舞台外にもダンサーを動かし万華鏡のようなパターンを形作るなどの技術を向上していった[10] 。バークレーの万華鏡のような演出を頭上から撮影する技術は、カンターの出演作や、1932年のユニバーサル・ピクチャーズドラマ映画夜の世界』の楽曲『Who's Your Little Who-Zis?』でみられるように独創的で影響力のあるものであった。

革新的な振付編集

バークレーの振付曲の定番は、舞台の領域内で始まるが、すぐに撮影におさまる範囲でその領域を出て、拍手をする観客が映りカーテンが降りる。通常は4台のカメラを使用するが、バークレーは自身のビジョンをコントロールするため1台のカメラで成し遂げるため、監督はそれを編集することができなかった[11]。振付師としてバークレーはミュージカル曲の演出を独立して進めることに同意されており、映画の筋書きから大幅にずれることも多かった。バークレーは映画の他のシーンをほとんど見ていなかった[11]。バークレーが振り付けた曲は多くがアップビートで、要旨に反して美しさに焦点を当てたものであり、そのコストは1分間で1万ドル前後となり、映画の予算を越えることもあった[11]。ほぼ唯一の例外は『ゴールド・ディガース』の戦争にまつわる切ない楽曲『Remember My Forgotten Man』で、世界恐慌のさなか、第一次世界大戦退役軍人への不当な扱いに抗議の意を込められた。

バークレーはワーナー・ブラザースの5作品、『四十二番街』、『フットライト・パレード』、『ゴールド・ディガース』、『泥酔夢』、『流行の王様』およびドロレス・デル・リオの『カリアンテ』、『ワンダー・バー』を掛け持ち、バークレーの人気は不況でエンタメに飢えていた人々から支えられていた。バークレーは常に演出に深い意味はないとし、自身の目標は常にトップでいることであり、過去の作品は再演しないと主張していた。

バークレーの壮大な演出は次第に流行遅れとなり、ストレートの監督も行なった。この結果、1939年の『ゼイ・メイド・ミー・ア・クリミナル』はジョン・ガーフィールドの最高ヒット映画の1つとなった。この作品はバークレーにとって唯一のミュージカルでない監督映画となった[12]。バークレーはジュディ・ガーランドなどメトロ・ゴールドウィン・メイヤーのスターたちと不仲であることで知られる。1943年、ガーランドとの不仲により『ガール・クレイジー』を解雇となった。ただし収録済みであった楽曲『アイ・ガット・リズム』はそのまま作品に残った[13]

1943年、20世紀フォックスの『バズビー・バークリーの集まれ!仲間たち』でカルメン・ミランダの楽曲『Lady in the Tutti-Frutti Hat』の振付を行なった。興行的に成功したが、バークレーとフォックス上層部は製作費の問題で合意できなかった[9]。1940年代後期、バークレーはMGMに戻り、テクニカラー時代の終盤でエスター・ウィリアムズの作品など多くの傑作を製作した。バークレーのコレオグラファーとしての最後の作品は1962年、MGMの『ジャンボ (映画)英語版』となった。

後年編集

1960年代後期、キャンプの流行により、バークレーのミュージカルは再び脚光を浴び、各地の大学で講義を行なった。「Gold Diggers of 1933」をもじった「"Cold Diggers of 1969"」として風邪薬であるコンタック・カプセルの1930年代風コマーシャルの監督を行ない、時計の針に見立てたダンサーたちを頭上から撮影した[14]。75歳となったバークレーはブロードウェイに復帰し、『ノー・ノー・ナネット』再演の演出をし、ワーナー時代の同僚で『四十二番街』のスターであるルビー・キーラーが主演しヒットした。1970年、バークレーとキーラーは映画『The Phynx』にカメオ出演した。

私生活編集

バークレーは6回結婚した[15]。その中には女優マーナ・ケネディエスター・ミューア、エッタ・ダンがいる。1938年、愛情のもつれによりキャロル・ランディスに関わる訴訟を起こされた。ロレイン・スタインとは婚約はしたが結婚にはいたらなかった[16]

バークレーは飲酒を好み、しばしば風呂に浸かりながらマティーニを飲んでいた。母親が亡くなると仕事に身が入らなくなり、自殺未遂を企て、1946年7月、睡眠薬を過剰摂取し手首を切った[17]。長期入院し、精神状態に大きな影響が出た[18]

1935年9月、バークレーは交通事故を起こし、5人が怪我をし、2人が亡くなった[19]。バークレーは負傷し、法廷に向かう際ストレッチャーに載せられた[20]。『タイム』誌によると、以下の証言によりバークレーは表情を曇らせた。「目撃者は、ある夜ロサンゼルス郡のルーズベルト・ハイウェイで運転者のバークレーが速度を落とし、車線を変えた時に1台の車に衝突し、他の車に横から衝突した。他の目撃者はバークレーから酒の匂いがしたと語った[19]」。

最初の2回の裁判では求刑第二級殺人であったが評決不能陪審で終了し、3回目の裁判で罪を逃れた。

1976年3月14日、80歳でカリフォルニア州パームスプリングスで自然死した[21]。カリフォルニア州カセドラルにあるデザート・メモリアル・パークに埋葬された[1][22]

レガシー編集

1988年、全米ダンス殿堂博物館に殿堂入りした。

ブロードウェイ編集

フィルモグラフィ編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b Palm Springs Cemetery District, "Interments of Interest"
  2. ^ a b Joseph F. Clarke (1977). Pseudonyms. BCA. p. 112 
  3. ^ Amy Busby portrait gallery; New York Public Library Retrieved April 28, 2015
  4. ^ a b Spivak, Jeffrey, Buzz, The Life and Art of Busby Berkeley (University Press of Kentucky, 2010), pp. 6–7.
  5. ^ Busby Berkeley – Hollywood's Golden Age”. 2021年12月12日閲覧。
  6. ^ U.S., World War I Draft Registration Cards, 1917–1918 for Busby Berkeley Enos
  7. ^ Spivak, Jeffrey (2010-11-29) (英語). Buzz: The Life and Art of Busby Berkeley. University Press of Kentucky. ISBN 978-0-8131-4008-7. https://books.google.com/books?id=3_VzEl8irxcC&q=Second+lt.+busby+berkeley+military++drills&pg=PT58 
  8. ^ Spivak, Jeffrey (2011). Buzz : the life and art of Busby Berkeley. Lexington: University Press of Kentucky. ISBN 9780813126449. OCLC 703155214 
  9. ^ a b Rubin, Martin (1993). Showstoppers : Busby Berkeley and the tradition of spectacle. New York: Columbia University Press. ISBN 0231080549. OCLC 26930276 
  10. ^ Mackrell, Judith (2017年3月23日). “A kaleidoscope of legs: Busby Berkeley's flamboyant dance fantasies” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/stage/2017/mar/23/busby-berkeley-dance-42nd-street-choreography-film-musicals 2018年12月10日閲覧。 
  11. ^ a b c Turan, Kenneth (2008年8月1日). “Busby Berkeley's dance numbers are still eye-popping” (英語). Los Angeles Times. ISSN 0458-3035. http://articles.latimes.com/2008/aug/01/entertainment/et-busby1 2018年12月10日閲覧。 
  12. ^ McGrath, Patrick J. (2006-08-23) (英語). John Garfield: The Illustrated Career in Films and on Stage. McFarland. ISBN 978-0-7864-2848-9. https://books.google.com/books?id=YfRpu4IB89AC&q=they+made+me+a+criminal+busby+berkeley&pg=PA22 
  13. ^ Hugh Fordin, The World of Entertainment: The Freed Unit at MGM, 1975
  14. ^ Kenneth., Roman (2009). The king of Madison Avenue : David Ogilvy and the making of modern advertising (1st ed.). New York: Palgrave Macmillan. ISBN 9781403978950. OCLC 256763859. https://archive.org/details/kingofmadisonave00roma 
  15. ^ Hanley, Robert (1976). "Busby Berkeley, the Dance Director, Dies", in the New York Times, March 15, 1976, p. 33
  16. ^ Fleming, E.J. (2005). Carole Landis: A Tragic Life in Hollywood. Jefferson, N.C.: McFarland and Co. 978-0-7864-2200-5, p. 49
  17. ^ “1583 Alvito Way 18Jul1946 Busby Berkeley Suicide Attempt p1”. Los Angeles Times: pp. 2. (1946年7月18日). https://www.newspapers.com/clip/42539658/1583-alvito-way-18jul1946-busby/ 2020年2月25日閲覧。 
  18. ^ Spivak, Jeffrey, Buzz, The Life and Art of Busby Berkeley (University Press of Kentucky, 2010), p. 221.
  19. ^ a b People, Sep. 30, 1935, from Time magazine
  20. ^ Choreographer and film director Busby Berkeley being carried into his manslaughter trial on a stretcher, a Los Angeles Times photo from the website of the UCLA Charles E. Young Research Library
  21. ^ Johns, Howard, (2004). Palm Springs Confidential: Playground of the Stars. Fort Lee, New Jersey: Barricade Books. 1-56980-297-1
  22. ^ Brooks, Patricia; Brooks, Jonathan (2006). “Chapter 8: East L.A. and the Desert”. Laid to Rest in California: a guide to the cemeteries and grave sites of the rich and famous. Guilford, CT: Globe Pequot Press. pp. 240–2. ISBN 978-0-7627-4101-4. OCLC 70284362 

外部リンク編集