ビクトル・エストレーリャ・ブルゴス

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はエストレーリャ第二姓(母方の)はブルゴスです。(Template:スペイン語圏の姓名
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ビクトル・エストレージャ・ブルゴス

ビクトル・エストレーリャ・ブルゴスVictor Estrella Burgos , 1980年8月2日 - )は、ドミニカ共和国サンティアゴ・デ・ロス・カバリェロス出身の元男子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス43位、ダブルス135位。身長173cm。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。

ビクトル・エストレーリャ・ブルゴス
Victor Estrella Burgos
Tennis pictogram.svg
Estrella Burgos RG15 (10) (19302075202).jpg
ビクトル・エストレーリャ・ブルゴス
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 同・サンティアゴ・デ・ロス・カバリェロス
居住地 同・サンティアゴ・デ・ロス・カバリェロス
生年月日 (1980-08-02) 1980年8月2日(40歳)
身長 173cm
体重 77kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2002年
引退年 2019年
ツアー通算 3勝
シングルス 3勝
ダブルス 0勝
シングルス 84勝81敗
ダブルス 37勝46敗
生涯獲得賞金 2,163,776 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2017)
全仏 2回戦(2016・17)
全英 2回戦(2015)
全米 3回戦(2014)
優勝回数 3
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(2016、2018)
全仏 1回戦(2015・17)
全英 1回戦(2015)
全米 3回戦(2016)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 43位(2015年7月13日)
ダブルス 135位(2015年7月13日)
獲得メダル
男子 テニス
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
パンアメリカン競技大会
2011
2019年11月17日現在

日本語では、"Victor"には「ビクトル」「ビクター」など、"Estrella Burgos"は「エストレーリャ・ブルゴス」「エストレージャ・ブルゴス」「エステラ・ブルゴス」「エストレラ・ブルゴス」などの表記が存在する。

ドミニカ共和国初のATPツアー優勝者であり、シングルスで3勝をあげたが、そのすべてがエクアドル・オープンでのものである。

エクアドル・オープンでは初開催の2015年から3連覇を成し遂げ、16連勝を達成した。

来歴編集

2002年にプロ転向。経済的に行き詰まり一度は引退するも2006年に現役復帰。その後も2012年に右肘の故障で離脱するなど苦しみながらも、地道にランキングを上げ2014年3月に33歳でトップ100入りし、2014年全仏オープンで4大大会初出場を果たす。大会史上最年長デビューとなった2014年全米オープンではグランドスラム初勝利を果たすと、2回戦で17歳年下のボルナ・チョリッチに勝利、3回戦で第5シードのミロシュ・ラオニッチに敗れたものの、3セットともタイブレークに持ち込む善戦を見せた。

2015年エクアドル・オープンでATPツアー初の決勝進出。決勝でフェリシアーノ・ロペスに6–2, 6–7(5), 7–6(5)で勝利し、ツアー初優勝を果たす。34歳6ヶ月でのATPツアー優勝は、ATPがオープン化以降初優勝としては当時の最年長の記録となった[1] (現在の最年長初優勝記録はパオロ・ロレンツィの34歳7ヶ月)。この優勝で48位になり、トップ50入りした。

前回優勝者として迎えた2016年のエクアドル・オープンは2年連続で決勝に進出。決勝でトマス・ベルッチに4–6, 7–6(5), 6–4で勝利し、大会2連覇を果たした。

2017年もエクアドル・オープンの決勝に進出し、決勝でパオロ・ロレンツィに6–7(2), 7–5, 7–6(6)で勝利し、3連覇を果たした。

2018年のエクアドル・オープン2回戦でついに敗れ、世界ランキングもトップ100圏外となってしまった。その後も結果を残せず、年間最終ランキングでは278位まで落ちた。

2019年はチャレンジャーツアーのみ出場したが早期敗退に終わり、10月に故郷・ドミニカ共和国で開催されたサントドミンゴ・オープンで引退。最後の試合となった2回戦で敗れると涙を流し、試合後にはセレモニーが開かれた[2]

ATPツアー決勝進出結果編集

シングルス: 3回 (3勝0敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-0)
ATPワールドツアー・250シリーズ (3-0)
サーフェス別タイトル
ハード (0–0)
クレー (3-0)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2015年2月8日   キト クレー   フェリシアーノ・ロペス 6–2, 6–7(5), 7–6(5)
優勝 2. 2016年2月7日   キト クレー   トマス・ベルッチ 4–6, 7–6(5), 6–4
優勝 3. 2017年2月12日   キト クレー   パオロ・ロレンツィ 6–7(2), 7–5, 7–6(6)

ダブルス: 2回 (0勝2敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2015年2月7日   キト クレー   ジョアン・ソウザ   ゲロ・クレッチマー
  アレクサンダー・サチュコ
5–7, 6–7(3)
準優勝 2. 2016年4月9日   ヒューストン クレー   サンティアゴ・ゴンサレス   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
4–6, 6–3, [10–8]

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A P WG Z# PO G S SF-B NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, P=開催延期
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, G=オリンピック金メダル, S=オリンピック銀メダル, SF-B=オリンピック銅メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン A A A A A A A 1R 1R 2R 1R A 1–4
全仏オープン A LQ A LQ LQ A 1R 1R 2R 2R LQ A 2–4
ウィンブルドン A LQ A LQ A LQ 1R 2R 1R 1R A A 1–4
全米オープン LQ LQ A LQ LQ LQ 3R 1R 1R A LQ A 2–3

脚注編集

外部リンク編集