メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はロペス第二姓(母方の)はディアス=ゲラです。

フェリシアーノ・ロペス・ディアス=ゲラFeliciano López Díaz-Guerra, 1981年9月20日 - )は、スペイントレド出身の男子プロテニス選手。身長188cm、体重85kg、左利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。自己最高ランキングはシングルス12位、ダブルス9位。ATPツアーでシングルス7勝、ダブルス5勝を挙げている。デビスカップにおいて、スペインの4度の優勝に貢献。

フェリシアーノ・ロペス
Feliciano López
Tennis pictogram.svg
Feliciano Lopez on the practice court.jpg
フェリシアーノ・ロペス
基本情報
フルネーム Feliciano López Díaz-Guerra
国籍 スペインの旗 スペイン
出身地 同・トレド
居住地 同・マドリード
生年月日 (1981-09-20) 1981年9月20日(37歳)
身長 188cm
体重 85kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1997年
ツアー通算 12勝
シングルス 7勝
ダブルス 5勝
生涯獲得賞金 17,068,121 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2012)
全仏 4回戦(2004)
全英 ベスト8(2005・08・11)
全米 ベスト8(2015)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(2009)
全仏 優勝(2016)
全英 3回戦(2008)
全米 準優勝(2017)
優勝回数 1(仏1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 12位(2015年3月2日)
ダブルス 9位(2016年11月7日)
2019年7月12日現在

スペイン人男子として1972年マニュエル・オランテス以来となるウィンブルドンベスト8進出を果たした。 2016年全仏オープン男子ダブルスで同スペインのマルク・ロペスとペアを組み優勝した。

目次

来歴編集

ロペスは父親の手ほどきで、5歳からテニスを始めた。1997年に15歳でプロ転向。2003年全豪オープンで3回戦へ進出し、2004年全仏オープングスタボ・クエルテンとの4回戦まで進出した。8月にはスペイン代表選手の1人として、アテネ五輪に単複出場を果たす。トミー・ロブレドと組んだダブルスでは1回戦で第6シードのエトリス/ロドリゲス組に敗れたものの、シングルスでは第8シードのセバスチャン・グロジャンとの3回戦まで進出した。10月にはで行われたBA-CAテニス・トロフィーの決勝でギリェルモ・カナスを破り、ATPツアーシングルス初優勝。フェルナンド・ベルダスコと組んだダブルスでも、ストックホルム・オープンで初優勝を飾っている。

2005年、ロペスはスペインの男子選手として1972年マニュエル・オランテス以来33年ぶりとなるウィンブルドンのベスト8進出を果たした。その準々決勝ではレイトン・ヒューイットに5-7, 4-6, 7-6のストレートで敗れている。2008年ウィンブルドンで3年ぶり2度目のベスト8に入ったが、ノーシードから勝ち上がったマラト・サフィンに敗れ、自身初の4大大会ベスト4進出はならなかった。

デビスカップ2008で、フェリシアーノ・ロペスはダビド・フェレールフェルナンド・ベルダスコとともに、デビスカップスペイン代表を4年ぶり3度目の優勝に導いた。11月21日-23日にかけて行われたアルゼンチンとの決勝戦は、敵地アルゼンチンのコートで行われた。ロペスはシングルス第2試合で新鋭フアン・マルティン・デル・ポトロを下すと、ダブルス第3試合でも親友ベルダスコとのコンビで、ナルバンディアン/カレリ組に勝利を収め、デビスカップスペイン代表の優勝に大きく貢献した[1]

2011年ウィンブルドンではロペスはノーシードから勝ち上がり自己3度目のベスト8に進出した。準々決勝ではアンディ・マリーに3-6, 4-6, 4-6で敗れた。

2012年のロンドン五輪で2度目の五輪に出場した。シングルスでは3回戦でフランスのジョー=ウィルフリード・ツォンガに6-7, 4-6で敗れた。ダビド・フェレールと組んだダブルスでは準決勝でフランスのロドラ/ツォンガ組に3-6, 6-4, 16-18で競り負けた。3位決定戦でもフランスのベネトー/ガスケ組に6-7, 2-6で敗れ銅メダルを逃した。

2014年の8月のロジャーズ・カップでは3回戦で第4シードトマーシュ・ベルディハを、準々決勝で第6シードで地元カナダのミロシュ・ラオニッチを破り、準決勝進出。準決勝で第2シードのロジャー・フェデラーに敗れた。さらに10月の上海マスターズでは2回戦で第2シードのラファエル・ナダルを、3回戦でジョン・イズナー、準々決勝でミハイル・ユージニーを破り今季2度目のマスターズ準決勝進出。準決勝でジル・シモンに敗れた。年間最終ランキングで14位となり、ロペスより上位の3人が辞退したため、ATPワールドツアー・ファイナルの交代選手の2番手に選出された。ただし、本戦出場はなかった。

2015年2月エクアドル・オープン決勝にて通算サービスエース数7000本を達成。7009本は歴代9位、現役では3位の記録[2]。3月2日付の世界ランキングで自己最高の12位を記録した。 全米オープンでは3回戦でミロシュ・ラオニッチに、4回戦でファビオ・フォニーニに勝利しウィンブルドン以外では初のベスト8に進出。準々決勝ではノバク・ジョコビッチに1-6, 6-3, 3-6, 6-7(2)で敗れた。

2016年2月22日、ドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権にてキャリア通算400勝を達成[3]

2016年全仏オープン男子ダブルスではマルク・ロペスと組んで、3回戦で第1シードのエルベール/マユ組を7-6(7), 6-1で破ると、準決勝でディフェンディングチャンピオンのドディグ/メロ組を6-2, 3-6, 7-5で破り、自身初のグランドスラム決勝進出を果たす。決勝ではブライアン兄弟に6-4, 6-7(6), 6-3で勝利し初のグランドスラムタイトルを獲得した[4]

7月のスイス・オープン・グシュタードでは決勝でロビン・ハーセを破り、シングルスでのクレー初優勝を果たした。

2017年、クイーンズ・クラブ選手権では決勝でマリン・チリッチに4-6, 7-6(2), 7-6(8)で勝利し、優勝した。全米オープンのダブルスでは準決勝でブライアン兄弟を下して決勝に進出。決勝ではホリア・テカウ/ジャン=ジュリアン・ロジェ組に敗れ、準優勝だった。

2019年からムチュア・マドリード・オープンのトーナメントディレクターに就任することが発表された[5]

2018年は準々決勝より先に進んだ大会がないように目立った結果は残せず、年間最終ランキングを64位で終えた。ウィンブルドン選手権シングルスに出場したことで、グランドスラム連続出場が歴代最長となる66大会連続になった[6]

2019年も前半戦は良い成績を残せず、一時は世界ランキングが113位まで後退した。しかしクイーンズ・クラブ選手権において、シングルスでは決勝でジル・シモンを6-2, 6-7(4), 7-6(2)で下して優勝、アンディ・マリーと組んだダブルスでも優勝し、37歳にして単複2冠を達成した[7]

プレースタイル編集

クレーコートが多いスペイン育ちの選手としては珍しく、サーブ&ボレーが得意なネットプレーヤーである。特にウィンブルドンの3度のベスト8進出からも分かるように、球足が速く、サーブ&ボレーが活きてくるグラス(芝生)コートを最も得意とする。サーブも強力でバックハンドスライスも多用するベースラインでの打ち合いにも優れている。[8]

ATPツアー決勝進出結果編集

シングルス: 18回 (7勝11敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (3–3)
ATPワールドツアー・250シリーズ (4–8)
サーフェス別タイトル
ハード (2–6)
クレー (1–3)
芝 (4–2)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2004年3月1日   ドバイ ハード   ロジャー・フェデラー 6–4, 1–6, 2–6
優勝 1. 2004年10月11日   ウィーン ハード (室内)   ギリェルモ・カナス 6–4, 1–6, 7–5, 3–6, 7–5
準優勝 2. 2005年8月22日   ニューヘイブン ハード   ジェームズ・ブレーク 6–3, 5–7, 1–6
準優勝 3. 2006年7月10日   グシュタード クレー   リシャール・ガスケ 6–7(4-7), 7–6(7-3), 3–6, 3–6
準優勝 4. 2008年3月8日   ドバイ ハード   アンディ・ロディック 7–6(10-8), 4–6, 2–6
優勝 2. 2010年2月6日   ヨハネスブルグ ハード   ステファン・ロベール 7–5, 6–1
準優勝 5. 2011年5月1日   ベオグラード クレー   ノバク・ジョコビッチ 6–7(4-7), 2–6
準優勝 6. 2013年2月24日   メンフィス ハード (室内)   錦織圭 2–6, 3–6
優勝 3. 2013年6月22日   イーストボーン   ジル・シモン 7–6(7-2), 6–7(5-7), 6–0
準優勝 7. 2014年6月15日   ロンドン   グリゴール・ディミトロフ 7–6(10-8), 6–7(1-7), 6–7(6-8)
優勝 4. 2014年6月21日   イーストボーン   リシャール・ガスケ 6–3, 6–7(5-7), 7–5
準優勝 8. 2015年2月8日   キト クレー   ビクトル・エストレーリャ・ブルゴス 2–6, 7–6(7-5), 6–7(5-7)
準優勝 9. 2015年10月4日   クアラルンプール ハード   ダビド・フェレール 5-7, 5-7
優勝 5. 2016年7月24日   グシュタード クレー   ロビン・ハーセ 6–4, 7–5
準優勝 10. 2016年8月13日   ロス・カボス ハード   イボ・カロビッチ 6-7(5-7), 4-6
準優勝 11. 2017年6月18日   シュツットガルト   リュカ・プイユ 6–4, 6–7(5-7), 4–6
優勝 6. 2017年6月25日   ロンドン   マリン・チリッチ 4–6, 7–6(7-2), 7–6(10-8)
優勝 7. 2019年6月24日   ロンドン   ジル・シモン 6-2, 6-7(4-7), 7-6(7-2)

ダブルス: 16回 (5勝11敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2001年5月6日   マヨルカ クレー   フランシスコ・ロイグ   ドナルド・ジョンソン
  ジャレッド・パーマー
5–7, 3–6
準優勝 2. 2004年4月18日   バレンシア クレー   マルク・ロペス   ガストン・エトリス
  マルティン・ロドリゲス
5–7, 6–7
優勝 1. 2004年11月1日   ストックホルム ハード
(室内)
  フェルナンド・ベルダスコ   ウェイン・アーサーズ
  ポール・ハンリー
6–4, 6–4
準優勝 3. 2005年4月24日   バルセロナ クレー   ラファエル・ナダル   リアンダー・パエス
  ネナド・ジモニッチ
3–6, 3–6
準優勝 4. 2011年2月26日   ドバイ ハード   ジェレミー・シャルディー   セルジー・スタホフスキー
  ミハイル・ユージニー
6–4, 3–6, [3–10]
準優勝 5. 2014年3月1日   アカプルコ ハード   マックス・ミルヌイ   ケビン・アンダーソン
  マシュー・エブデン
3–6, 3–6
準優勝 6. 2014年5月18日   ローマ クレー   ロビン・ハーセ   ダニエル・ネスター
  ネナド・ジモニッチ
4–6, 6–7(2)
準優勝 7. 2015年11月1日   バレンシア ハード
(室内)
  マックス・ミルヌイ   エリック・ブトラック
  スコット・リプスキー
6–7(4), 3-6
優勝 2. 2016年1月8日   ドーハ ハード   マルク・ロペス   フィリップ・ペッシュナー
  アレクサンダー・ペヤ
6-4, 6-3
準優勝 8. 2016年2月27日   ドバイ ハード   マルク・ロペス   シモーネ・ボレッリ
  アンドレアス・セッピ
2–6, 6-3, [12-14]
優勝 3. 2016年6月4日   全仏オープン クレー   マルク・ロペス   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
6-4, 6-7(6), 6-3
準優勝 9. 2017年3月5日   アカプルコ ハード   ジョン・イズナー   ジェイミー・マリー
  ブルーノ・ソアレス
3-6, 3-6
準優勝 10. 2017年4月23日   モンテカルロ クレー   マルク・ロペス   ロハン・ボパンナ
  パブロ・クエバス
3-6, 6-3, [4-10]
準優勝 11. 2017年9月10日   全米オープン ハード   マルク・ロペス   ジャン=ジュリアン・ロジェ
  ホリア・テカウ
4-6, 3-6
優勝 4. 2018年4月29日   バルセロナ クレー   マルク・ロペス   アイサム=ウル=ハク・クレシ
  ジャン=ジュリアン・ロジェ
7-6(5), 6-4
優勝 5. 2019年6月23日   ロンドン   アンディ・マレー   ラジーブ・ラム
  ジョー・ソールズベリー
7-6(6), 5-7, [10-5]

デビスカップ編集

優勝 (4)編集

  スペインチーム ラウンド/相手
2004年 ラファエル・ナダル
カルロス・モヤ
トミー・ロブレド
フアン・カルロス・フェレーロ
フェリシアーノ・ロペス
アルベルト・マルティン
1R:チェコ 2–3 スペイン
QF: スペイン 4–1 オランダ
SF: スペイン 4–1 フランス
FN: スペイン 3–2 アメリカ
2008年 ラファエル・ナダル
ダビド・フェレール
フェルナンド・ベルダスコ
フェリシアーノ・ロペス
トミー・ロブレド
ニコラス・アルマグロ
1R: ペルー 0–5 スペイン
QF: ドイツ 1–4 スペイン
SF: スペイン 4–1 アメリカ
FN: アルゼンチン 1–3 スペイン
2009年 ラファエル・ナダル
フェルナンド・ベルダスコ
ダビド・フェレール
フェリシアーノ・ロペス
トミー・ロブレド
フアン・カルロス・フェレーロ
1R: スペイン 4–1 セルビア
QF: スペイン 3–2 ドイツ
SF: スペイン 4–1 イスラエル
FN: スペイン 5–0 チェコ
2011年 ラファエル・ナダル
ダビド・フェレール
フェルナンド・ベルダスコ
フェリシアーノ・ロペス
マルセル・グラノリェルス
1R: ベルギー 1–4 スペイン
QF: アメリカ 1–3 スペイン
SF: スペイン 4–1 フランス
FN: スペイン 3–1 アルゼンチン

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン A A A 3R 1R 3R 3R 2R 2R 1R 3R 2R 4R 2R 3R 4R 3R 1R 1R 1R 22–17
全仏オープン A 1R 2R 1R 4R 1R 1R 1R 1R 2R 1R 1R 1R 3R 2R 1R 3R 3R 1R 1R 12–19
ウィンブルドン LQ A 4R 4R 3R QF 1R 3R QF 1R 3R QF 1R 3R 4R 2R 3R 1R 2R 2R 34–18
全米オープン A A 2R 1R 3R 2R 2R 4R 1R 1R 4R 3R 3R 3R 3R QF 2R 3R 1R 3R 28–18

脚注編集

外部リンク編集